ウルブス、加入2年目で飛躍遂げるペドロ・ネトと新契約締結! A・トラオレとの定位置争いをリード

2020.11.04 04:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンは3日、U-21ポルトガル代表FWペドロ・ネト(20)と2025年6月30日までの新契約を締結した。ブラガでトップチームデビューを飾ったペドロ・ネトは、2019年夏に同胞MFブルーノ・ジョルダン(ファマリカンにレンタル中)と共にラツィオから完全移籍でウルブスに加入。

加入1年目は途中出場を中心に公式戦44試合5ゴール5アシストの活躍を見せると、ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタがリバプールに旅立った今シーズンはここまで公式戦8試合1ゴール2アシストの数字を残している。

ウイングを主戦場に攻撃的MFでもプレー可能な突破力と攻撃センスに長けた万能型アタッカーは、ここ数試合ではスペイン代表FWアダマ・トラオレとのポジション争いで優位に立ち、右ウイングのファーストチョイスとして印象的なパフォーマンスを続けている。

昨夏の加入時には2024年までの契約を結んでいたが、ここまでの印象的な活躍を高く評価するクラブが昇給と今後の流出阻止を目的に、新たな5年契約を打診して今回の正式サインに至った。
コメント
関連ニュース
thumb

ウルブズ、頭蓋骨骨折のヒメネスの代役にバレンシアのマキシ・ゴメスに注目か

ウォルバーハンプトンが、バレンシアのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(24)に興味を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ウルブズでは、先日のアーセナル戦でメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが相手DFダビド・ルイスとの衝突で頭部を強打し、意識不明のまま病院へ緊急搬送。頭蓋骨骨折と診断され、手術を受ける事態に至った。 命にかかわる大ケガのため、復帰までには長い時間を要することになりそうだが、クラブはその穴埋めのために、冬の市場に向けて新たなストライカーを模索しているようだ。 その候補の一人に挙がっているのがマキシ・ゴメスだ。昨夏にセルタからバレンシアに加入し、ラ・リーガ33試合で9ゴール3アシストを記録。ヒメネスほどの器用さはないものの、ゴール感覚に優れた生粋のストライカーだ。 バレンシアとの契約解除金は1億4000万ユーロ(約177億円)となっているが、現実的なオファーが届けば検討の余地を残している模様。実際に今夏はウェストハム移籍も取り沙汰されていた。 『アス』によれば、マキシ・ゴメスは元バレンシア指揮官のヌーノ・エスピリト・サント監督を好んでいるようで、また、財政難によって強いられた今夏の大量放出はまだ終わっていないかもしれないと推測している。 2020.12.04 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

頭蓋骨骨折のヒメネスが負傷後最初のツイート「励ましのメッセージありがとう」

頭蓋骨骨折と診断され手術を受けたウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスがメッセージを発した。 ウォルバーハンプトンは29日、プレミアリーグ第10節でアーセナルと対戦。ヒメネスは先発出場を果たしたが、前半5分にアーセナルが得たFKで元ブラジル代表DFダビド・ルイスがヘディングシュート。しかし、その際にヒメネスの頭部と強く接触していた。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ウォルヴァーハンプトン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o9e55sv2ud3a19f9r3nxum1ng" async></script></div> ピッチ上に倒れたヒメネスは意識不明の状態。そのままストレッチャーに乗せられて退場。病院で意識を取り戻したが、頭蓋骨骨折と診断され、手術を受けていた。 ヒメネスに関しては術後の経過が良いとウォルバーハンプトンが発表していたが、自身のツイッター(@Raul_Jimenez9)を更新。多くの励ましのメッセージに感謝のツイートをした。 「励ましのメッセージをありがとう」 「僕は監視下にあり、すぐにピッチに戻ることを願っています」 この衝突後、ダビド・ルイスは頭に包帯を巻いてプレーを続行。しかし、包帯越しに血が染み出したこともありとちゅ交代していた。 偶発的なプレー中の事故とはいえ、最悪命に関わるほどの衝撃的なシーンだったが、ヒメネスがしっかりと回復してピッチに戻ってくる日が待たれる。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/CPQDuq7B9E">pic.twitter.com/CPQDuq7B9E</a></p>&mdash; Raúl Jiménez (@Raul_Jimenez9) <a href="https://twitter.com/Raul_Jimenez9/status/1333558015325245440?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.01 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

頭部負傷後プレー続行のD・ルイス、エデルソンが懸念表明「頭のケガは即交代すべき」

マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンは、頭部を負傷したウォルバーハンプトンのFWラウール・ヒメネスとアーセナルのDFダビド・ルイスを心配している。クラブ公式サイトが伝えた。 ヒメネスとD・ルイスは、11月29日に行われたプレミアリーグ第10節の試合中に頭部同士が激突。その場に倒れたヒメネスはただちに交代となり、病院に運ばれた後で頭蓋骨骨折が発表された。一方で、D・ルイスは頭部から血を流しながらもプレーを続行。ハーフタイムに交代となるまで、30分程度プレーした。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ウォルヴァーハンプトン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o9e55sv2ud3a19f9r3nxum1ng" async></script></div> この痛ましい出来事について、D・ルイスの同胞でありヒメネスとはベンフィカ時代のチームメイトだったエデルソンが、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節ポルト戦の試合前会見で、「見ていてとても心配だった」と心境を明かしている。 「事故的なものだったと思う。頭と頭がぶつかる、非常に困難なものだった。この瞬間には、すべての配慮とケアがとても重要になる」 また、かつてリバプールのFWサディオ・マネに頭を蹴られ、負傷退場した経験を持つエデルソンは、負傷後もD・ルイスがプレーをし続けたことについて、大きな疑問を抱いたと語っている。 「頭はデリケートな部分だし、特別な注意が必要になる体の部位だ。頭に打撃があったときは、選手がプレーを続けることができるかどうか関係なく、交代するべきだと思う。その時は大丈夫だと感じても、試合終了後には変わっているかもしれない」 「お互い意図的なものではなかったと思うし、彼らはボールを奪い合いに行っただけだ。しかし、僕たちは頭部負傷のリスクについて知っている。ヒメネスが一刻も早く戻ってくることを願っているよ」 2020.12.01 16:27 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で頭部を衝突し意識を失って運ばれたFWヒメネスは頭蓋骨骨折で手術

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスだが、頭蓋骨骨折の重傷を負ったことが判明した。クラブ公式サイトが伝えた。 ウォルバーハンプトンは29日、プレミアリーグ第10節でアーセナルと対戦。ヒメネスは先発出場を果たしたが、前半5分にアーセナルが得たFKで元ブラジル代表DFダビド・ルイスがヘディングシュート。しかし、その際にヒメネスの頭部と強く接触していた。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ウォルヴァーハンプトン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o9e55sv2ud3a19f9r3nxum1ng" async></script></div> ピッチ上に倒れたヒメネスは意識不明の状態。そのままストレッチャーに乗せられて退場していた。 病院で意識を取り戻したとされていたヒメネスだが、頭蓋骨を骨折していたことが判明。手術を受けたとクラブが発表した。 「ラウール(・ヒメネス)は昨夜ロンドンの病院で手術を受け、経過は良好です」 「それ以降、彼はパートナーのダニエラと会い、現在休んでいる。彼は回復するまでの数日の間、観察下に置かれる予定です」 「クラブは、アーセナルのメディカルスタッフ、NHSの救急医療隊員、病院のスタッフ、外科医が技術と早期対応が助けになったことに感謝したいと思います」 「クラブはラウールと彼の家族に、新たな情報が出される前に、プライバシーの一定の期間とプライバシーが守られることを求めます」 今シーズンのヒメネスは、ここまで10試合に出場しチーム最多の4ゴールを記録。先日の日本代表戦にも出場し、先制ゴールを記録していた。 2020.11.30 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ラウール・ヒメネスの意識が回復 アーセナル戦でD・ルイスと頭部衝突のアクシデント

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが意識を取り戻したようだ。 ヒメネスは29日に行われたプレミアリーグ第10節のアーセナル戦に先発出場したものの、開始早々の5分、CK時に、アーセナルのDFダビド・ルイスと激突し、プレー続行不可能となると、そのまま交代していた。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ウォルヴァーハンプトン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o9e55sv2ud3a19f9r3nxum1ng" async></script></div> 衝突後のヒメネスは全く動けなかったため、心配も大きかったが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ヒメネスは直行した病院で意識を取り戻したとのことだ。 ウォルバーハンプトンの公式ツイッターは次のようにコメントしている。 「ラウール・ヒメネスの負傷に対する支援のメッセージをみんなに感謝します。私たちの医療チームは状況を注意深くみています」 また、ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督もコメント。検査中ではあるが、一旦は無事なことを明かした。 「彼は今検査をしているが、意識はある。問題の大きさの中では大丈夫な方だ」 「チームメイトの反応で、みんながレッドカードに値すると言っていた。彼らがそう言うのは、それが深刻だからだ。それは誰にとっても悪い瞬間だった」 「両チームと選手、アーセナルの選手は彼のことを心配しており、すべてがうまくいくことを願っている」 「彼は話しているし、意識もある。しかし、今は適切な評価をしなければならない。ただ、彼は守られている」 また、エース負傷のアクシデントがありながらも、アーセナルに2-1で勝利したチームをたたえている。 「今日はとても誇りに思っている。いつもそうだが、特に今日は、このチームが意志や信念を示した。本当に良かった」 2020.11.30 14:30 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly