シティ戦に臨むビラス=ボアス「胸を借りるつもりで」

2020.10.27 17:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦は胸を借りるつもりで挑むとコメントしている。27日に行われるCL・グループC第2節で同組最強のシティをホームに迎え打つマルセイユ。7シーズンぶりの大舞台で初戦はオリンピアコスに敗戦し、早速レベルの高さを体感したポルトガル人指揮官は、ヨーロッパでも屈指のスカッドを誇るシティ戦を前に、レッスンに臨む心境であることを明かした。

「選手たちにとって、シティと対戦することは私と同じように感じているに違いない。相手は優勝を目指すヨーロッパのビッグチーム。我々にとって自分たちの力量を測るチャンスになる」

「親善試合のバイエルン戦(7月31日)もそうだった。皆にとって非常に良い経験になった。今回もそうなるはずだ。ベロドロームが無観客なのはとても残念だがね」

「とにかくシティはハイラインで仕掛けてくるため、低い位置での守備を強いられることになる。一方で、彼らが引いたとしても、前線には(セルヒオ・)アグエロや(ラヒーム・)スターリング、(リヤド・)マフレズが待機している。対応しなければならない状況はたくさん訪れるだろう」

「(直近の)ロリアン戦はもう少し高い位置でプレーしたかったが、相手がロングボールを使ってきたから下がらざるを得なかった。自分たちのスタイルは少なからず相手次第ということだ」

「シティ戦は、我々のスタイルで戦えればと思う。流動的に相手のプレッシャーを取り除く解決策を見つけながらね。そしてハイプレスもロープレスも駆使しながらね。彼らには60から65%のボール支配を許すことになる。それは確実だ」
関連ニュース
thumb

マルセイユが本職不在の右SBに2選手を補強か?

マルセイユが右サイドバック2選手の補強に迫っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今夏の移籍市場で日本代表のDF酒井宏樹、DF長友佑都が退団したマルセイユではサイドバックのポジションが手薄となっている。とりわけ、酒井が長らく主力を務めた右サイドバックに関しては本職の選手が不在となっている。 そういった中、同ポジションの補強を最優先事項として進めていたクラブはようやく2選手の獲得に近づいているという。 一人目は今年1月にフィオレンティーナから半年間のレンタル移籍で加入し、公式戦22試合2ゴール4アシストの数字を残していたスペイン人DFポル・リロラ(23)。 マルセイユとフィオレンティーナはレンタル契約の際、1500万ユーロ(約19億5000万円)の買い取りオプションを契約に組み込んでいたが、マルセイユがオプション行使を見送ったことで、リロラは一度フィレンツェに戻ることになっていた。 しかし、マルセイユは1000万ユーロ(約13億円)の買い取り義務付きの1年間のレンタルという条件で改めて交渉を行い、合意に近づいている模様だ。 また、2人目はバレンシアに所属するデンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)だ。 2018年にセルタからバレンシアに加入したヴァスはここまで右サイドバックを主戦場に公式戦131試合に出場し、8ゴール14アシストを記録。昨シーズンも主力として活躍したが、バレンシアとの契約は今シーズン限りとなっている。 マルセイユとヴァスはすでに個人間で合意に至っており、現在はクラブ間での交渉が進んでいるようだ。 エビアン時代に3年間リーグ・アンを経験しているヴァスは右サイドの全ポジションに加え、左サイドやセントラルMFでもプレー可能な万能型で、その優れたキック精度はプレースキックの局面でも違いを生むはずだ。 2021.07.26 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ゲンドゥージに続きアーセナルからDFウィリアム・サリバをレンタルで獲得

マルセイユは15日、アーセナルに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 サリバは2019年夏にサンテチェンヌから移籍金2700万ポンド(現レートで約41億4000万円)でアーセナル入り。そのシーズンはレンタルでサンテチェンヌに残留し、昨シーズンから本格合流を果たした。 しかし、最初の半年間は出場どころかベンチ入りすらできず、リザーブチームで8試合に出場したのみ。苦境からの逆転を期して今年1月にレンタル移籍したニースでは、リーグ戦20試合に出場し主力として活躍した。 なお、マルセイユは13日にもアーセナルのフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(22)のレンタル移籍を発表しており、アーセナルから2人目の獲得となった。 2021.07.16 02:45 Fri
twitterfacebook
thumb

積極補強のマルセイユ、サントスからDFルアン・ペレスを完全移籍で獲得! 今夏8人目の新戦力

マルセイユは14日、サントスに所属するブラジル人DFルアン・ペレス(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、フランス『レキップ』によれば移籍金は450万ユーロ(約5億9000万円)とのことだ。 ルアン・ペレスは母国ブラジルのポルトゥゲーザでキャリアをスタートし、サンタ・クルス、レッドブル・ブラガンチーノ、ポンチプレッタといった国内クラブを渡り歩いてきた。2018年にはクラブ・ブルージュに完全移籍しヨーロッパ初上陸も、思うような活躍を見せられず、翌シーズンにはサントスへのレンタル移籍で母国に帰還。その後、完全移籍に移行し、ここまで公式戦89試合に出場し5ゴールを挙げている。 前述のように190cmの恵まれた体躯の持ち主だが、フィジカル自慢の“古風なザゲイロ”ではなく左サイドバックでもプレー可能なスピードと足元のテクニックを備えたモダンなタイプで、積極的な持ち出しや高精度の左足のキックで後方からゲームを作れる最後尾の司令塔だ。 今夏の移籍市場で大幅なスカッド刷新に動いているマルセイユは今夏、GKパウ・ロペスや、MFマテオ・ゲンドゥージ、FWジェンギズ・ウンデルらの積極補強を敢行しており、ルアン・ペレスが8人目の新戦力となる。 2021.07.15 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、マルセイユから若手CBペランをレンタル!

ストラスブールは14日、マルセイユからフランス人DFリュカ・ペラン(22)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 地元出身で幼少期からマルセイユの下部組織に在籍していたペランは、2019年9月に行われたディジョン戦でトップチームデビュー。ここまでトップチームで公式戦13試合に出場し、今年4月のモンペリエ戦では待望のリーグ・アン初ゴールも挙げていた。 また、昨シーズンまでマルセイユに在籍していた日本代表DF酒井宏樹(現浦和レッズ)は187cmのセンターバックに関して、「とても若い選手ですが、落ち着いていて、安定感があって安心感もあります」と、そのパフォーマンスを評価していた。 そして、新シーズンは日本代表GK川島永嗣の同僚として昨季15位のストラスブールの最終ラインを支えることになる。 2021.07.14 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユがサントスからDFルアン・ペレス獲得へ! 左利きのモダンなCB

マルセイユがサントスに所属するブラジル人DFルアン・ペレス(26)の獲得に迫っている。フランス『レキップ』が報じている。 今夏の移籍市場で大幅なスカッド刷新に動いているマルセイユ。最終ラインでは昨シーズンにドルトムントからレンタル加入していたアルゼンチン人DFレオナルド・バレルディ(22)の買い取りオプションを行使した他、アーセナルのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(20)のレンタル移籍が迫っている。 さらに、『レキップ』が伝えるところによれば、マルセイユは190cmの大型センターバックの獲得に迫っているようだ。 マルセイユとサントスはすでにルアン・ペレスの移籍に関して450万ユーロ(約5億9000万円)の金額でクラブ間合意に達しており、12日にマルセイユに降り立った同選手とはメディカルチェック受診後に2025年までの4年契約を結ぶ運びとなっているという。 ルアン・ペレスは母国ブラジルのポルトゥゲーザでキャリアをスタートし、サンタ・クルス、レッドブル・ブラガンチーノ、ポンチプレッタといった国内クラブを渡り歩いてきた。2018年にはクラブ・ブルージュに完全移籍しヨーロッパ初上陸も、思うような活躍を見せられず、翌シーズンにはサントスへのレンタル移籍で母国に帰還。その後、完全移籍に移行し、ここまで公式戦89試合に出場し5ゴールを挙げている。 前述のように190cmの恵まれた体躯の持ち主だが、フィジカル自慢の“古風なザゲイロ”ではなく左サイドバックでもプレー可能なスピードと足元のテクニックを備えたモダンなタイプで、積極的な持ち出しや高精度の左足のキックで後方からゲームを作れる最後尾の司令塔だ。 2021.07.13 17:36 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly