ユナイテッドデビューのカバーニ、スールシャールは今後に期待 0-0に終わったチェルシー戦の評価は?

2020.10.25 10:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの今後に期待した。クラブ公式サイトが伝えている。カバーニは今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が切れ、デッドラインデイにユナイテッド入り。2週間の隔離措置を経て、24日に本拠地で行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦でベンチ入りすると、0-0の58分からピッチに入り、待望のユナイテッドデビューを果たした。

デビュー即ゴールとはならなかったが、出場早々に絶妙な動き出しからのワンタッチシュートでゴールに迫るなど、今後の活躍に期待を膨らませるプレーを随所に披露したカバーニ。オーレ・グンナー・スールシャール監督は試合後、ウルグアイ人ストライカーのデビューゲームをこう評した。

「自分ができることを垣間見せてくれた。今後、ボックス内で存在感を発揮してくれるだろう。ニアポストに向かってのナイスなランや素晴らしいフリックを披露した。チアゴ・シウバにブロックされた場面もゴールになりそうだった。(決まったら、)彼にとって、素晴らしい瞬間だっただろうね」

「彼にはクレバーな動き、素晴らしい走りがある。経験豊富なストライカーで、ボックス内にボールが入れば、ゴールを陥れることができる。もう練習で大きな影響力を発揮してくれているが、鋭さを取り戻すには試合をこなしていかないとね」

また、ノルウェー人指揮官はチェルシーと0-0の痛み分けに終わった結果にも言及。相手守備陣の奮闘が際立った試合だったと振り返っている。

「今週にヨーロッパで戦った2チームによる試合だった。それが少し見え隠れしたゲームだったと思う。前半は素晴らしいものじゃなかったが、後半に入り、プッシュできた。ストレトフォード・エンドがファンでいっぱいだったら、助けとなり、ボールもゴールラインを越えていたかもしれない。後半は相手を追い詰め、チャンスを作れてもいたが、チアゴ・シウバの素晴らしいブロックやGKの見事なセーブがあった」
コメント
関連ニュース
thumb

PSG戦途中交代のラッシュフォード、肩を再び負傷…ユナイテッドにエース離脱の恐れ

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが肩を負傷してしまったようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節でパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎え撃ち、1-3の敗北。依然として決勝トーナメント進出の可能性を残すものの、最終節を残してRBライプツィヒを含む3チームが突破を目指して勝ち点9でひしめく状況に持ち込まれてしまった。 エースのラッシュフォードはこの試合にも先発して、32分に同点ゴールをマークしたものの、1点ビハインドの74分にピッチを後に。オーレ・グンナー・スールシャール監督が試合後、イギリス『BT Sport』に話したところによれば、先の代表不参加にも繋がった肩を痛めての交代だったようだ。 「彼は肩のケガに悩まされている。回復までどれぐらいかかりそうなのか見守りたい。ウェストハム戦に間に合ってほしいが、今の段階で何もわからない」 今季もここまで公式戦16試合の出場で9得点5アシストを記録するラッシュフォード。5日にプレミアリーグ第11節のウェストハム戦が敵地で予定されるユナイテッドだが、生え抜きエースは間に合うのだろうか。 2020.12.03 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

スールシャール、PSGにリベンジ許して落胆も…「運命はまだ我々の手の中」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が肩を落とした。『UEFA.com』が報じている。 ユナイテッドは2日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。前半のうちに追いつき、勝ち越しのチャンスも作り出したが、1-3の敗北を喫した。 69分に勝ち越しを許した直後にブラジル代表MFフレッジが2度目の警告で退場となり、74分にフランス代表MFポール・ポグバらを投入して打開を図ったが、前がかったところでさらに失点して、力尽きた。 最終節を残して、RBライプツィヒを含む3チームが突破を目指して勝ち点9でひしめく状況に持ち込まれてしまったユナイテッド。スールシャール監督は試合後、僅差の戦いをモノにできなかったと悔いた。 「僅差のゲームだった。それこそ彼らが勝利した理由だ。我々も十分にチャンスを作ったが、生かせなかった」 一方で、「運命はまだ我々の手の中だ」とも。8日に敵地で行われる最終節のライプツィヒ戦を「勝てば突破できる」との状況を口にした上で、5-0で圧勝した前回対戦の結果がアドバンテージになると続けた。 「もちろん、今夜に突破を決められなかったのはフラストレーションだ。良い試合をしたが、そうならなかった。ライプツィヒとのホーム戦で披露したパフォーマンスは我々の有利に働いてくれるはずだ」 2020.12.03 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマール2発などでPSGがユナイテッドにリベンジ! グループHはライプツィヒ含む3チームが勝ち点9で並ぶ大混戦《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、マンチェスター・ユナイテッドvsパリ・サンジェルマン(PSG)が2日に行われ、アウェイのPSGが1-3で勝利した。 前節、イスタンブール・バシャクシェヒルに大勝でリベンジを果たし、首位をキープしたユナイテッド(勝ち点9)。現在、公式戦4連勝と好調を維持するチームは、前回対戦で2-1の勝利を挙げたPSG(勝ち点6)をホームで迎え撃ち、今節での決勝トーナメント進出を狙った。大逆転勝利を飾ったサウサンプトン戦からは先発3人を変更。グリーンウッド、マティッチ、ファン・デ・ベークに代わって古巣初対戦のカバーニ、マルシャル、マクトミネイが起用された。 一方、RBライプツィヒ(勝ち点6)との前節を1-0で競り勝ち決勝トーナメント進出への望みを自ら手繰り寄せたPSGは、前回対戦で敗れているユナイテッドに対してリベンジを狙った。2-2のドローに終わった直近のボルドー戦から先発4人を入れ替え、GKケイロル・ナバス、マルキーニョス、ディアロ、ダニーロが復帰した。 注目のビッグマッチは早い時間帯に動く。6分、ネイマールとのパス交換でペナルティアーク付近までドリブルで運んだムバッペが左足のシュート。これがDFに当たってボックス右のスペースにこぼれると、これに反応したネイマールが角度のないところから右足のシュートを流し込んだ。 ホームでいきなり先手を奪われたユナイテッドはすぐさま反撃を開始。引いて構えるアウェイチーム相手にボールを握って押し込み始めると、ブルーノ・フェルナンデスを起点にラッシュフォードがボックス付近で積極的に仕掛けてシュートを放っていく。 徐々に球際でのバトルが激しくなってきた中、20分過ぎにアクシデントが発生。パレデスと小競り合いを起こしたフレッジが顔面に軽く頭突きを見舞い、パレデスがピッチに倒れ込む。当該プレーをオルサート主審が見ていなかったことでオンフィールドレビューが行われると、レッドカード掲示と思われたがカードの色はイエローにとどまった。 ビハインドの中で数的不利を免れたユナイテッドは気持ちを切り替えて攻勢を仕掛けると、30分過ぎに同点に追いつく。32分、マルシャルのミドルシュートをGKナバスが弾いたボールを右サイド深くのワン=ビサカがマイナスに折り返す。そして、ラッシュフォードが右足ダイレクトで放ったシュートがダニーロの出した足に当たって大きくコースが変わり、ナバスの反応の逆を突く形でゴールネットを揺らした。 その後も追いついた勢いを持ってユナイテッドペースが続く中、試合は後半へと突入。立ち上がりの49分にマルシャルがいきなり決定機を迎えると、57分にはカバーニに大きな見せ場が訪れる。マルシャルのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したウルグアイ代表はボックス付近で狙いすましたループシュートを放つ。だが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに、こぼれ球をマルシャルが蹴り込むが、今度はDFの決死のブロックに阻まれた。 押し込まれながらも何とか2点目を防ぐPSGは64分にセットプレーの流れからマルキーニョスがクロスバー直撃のヘディングシュートで久々にゴールに迫る。さらに、65分にはケアンとパレデスに代えてバッカー、古巣対戦のエレーラをピッチに送り込む。 すると69分、右CKの流れからボックス手前でエレーラが放ったシュートをボックス右のディアロがワンタッチで内へ叩くと、これに反応したマルキーニョスが絶妙なトラップでボールを収めて右足のシュートを流し込んだ。 再び追う展開となったユナイテッドは直後の70分にエレーラへのアフターチャージでフレッジに2枚目のイエローカードが出されて今度こそ退場に。このアクシデントを受けて、ラッシュフォードを下げてポグバを投入。さらに、10人で同点を目指す中、カバーニとマルシャルに代えて、よりフレッシュなファン・デ・ベーク、グリーンウッドをピッチへ送りだした。 その後はPSGがボール支配率を高めてゲームコントロールを優先しつつ、当該成績で上回るため3点目を狙いに行く。 試合終盤にかけて人数の差を感じさせない白熱の攻防が繰り広げられた中、PSGが3点目を奪って試合を決める。91分、カウンターからボックス内へタイミングよく飛び出してきた途中出場のラフィーニャが相手DFとGKを引き付けてボックス左から丁寧な折り返し。これをゴール前でドフリーのネイマールが冷静に流し込んだ。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、グループHではユナイテッドにPSG、ライプツィヒが勝ち点9で並ぶ三つ巴の大混戦の中で最終節を迎えることに。その中でPSGは最終節が最下位のイスタンブールBBSKとの対戦となるため、突破に向けて優位な立場に。一方、ユナイテッドはライプツィヒとの直接対決で突破を目指すことに。 マンチェスター・ユナイテッド 1-3 パリ・サンジェルマン 【マンチェスター・ユナイテッド】 ラッシュフォード(前32) 【パリ・サンジェルマン】 ネイマール(前6) マルキーニョス(後24) ネイマール(後46) 2020.12.03 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトンDFを巡って争奪戦か ユナイテッドやチェルシー、トッテナムが関心

ブライトン&ホーヴ・アルビホンに所属するイングランド人DFベン・ホワイト(23)に対して、プレミアリーグの複数のビッグクラブからの関心があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 昨季レンタルで加入したリーズ・ユナイテッドでチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に貢献したホワイトは今夏にブライトンへ復帰。今季はここまでのプレミアリーグ全10試合にスタメン出場しており、『Wyscout's index rankings』によると、同選手はセンターバックにおいて、DFクル・ズマとDFチアゴ・シウバのチェルシーコンビとアーセナルのDFガブリエウに次ぐパフォーマンスを披露しているとのこと。 そのホワイトに興味を向けているクラブのひとつがマンチェスター・ユナイテッドだ。チームにはマルコス・ロホやDFフィル・ジョーンズなど、センターバックを主戦場とする選手の数は揃っているものの、いずれも今季未出場で構想外となっており、同ポジションの補強性が指摘されている。 また、トッテナムもホワイトを狙っており、今夏にスウォンジー・シティからDFジョー・ロドンを獲得したものの、DFトビー・アルデルヴァイレルトがケガがちなこともあり、新たなセンターバックのオプションとして国産の23歳を監視しているようだ。 さらに、上述したズマやチアゴ・シウバが好調を維持するチェルシーも将来的な投資の意味も含めてホワイトに注目している模様。 その一方で、DFヴィルヒル・ファン・ダイクの長期離脱により、今冬の移籍市場でセンターバックの補強に動くことが濃厚と見られているリバプールは「興味はない」と獲得の可能性を否定したという。 今夏にリーズが移籍金2500万ポンド(約34億9000万円)を提示してブライトンが拒絶していたが、ホワイトを巡る今後の動向に注目だ。 2020.12.02 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとの大一番を控えるトゥヘル、古巣戦のカバーニにメッセージ「休んでおいてほしい」

チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッド戦を控えるパリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が、古巣戦となるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニにジョークを送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 CL・グループHでここまで2勝2敗の2位に位置するPSG。2日に行われる第5節では、グループ首位に立つユナイテッドのホームに乗り込む。 負ければ3位転落の可能性もある大一番に向けて、トゥヘル監督は前回対戦(1-2の負け)で決勝ゴールを許したイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを称賛しつつ、警戒を強めている。 「我々はイングランドでプレーする彼を非常に高く評価している。パルク・デ・プランスではなくね。正直なところ、彼が我々に対して決めたゴールには少し迷惑しているよ」 「彼は若いのに大人びていて、ピッチ内外における責任感のある行動がとても印象的だ。私は今までに3回対戦してきたが、いつも穏やかで謙虚で素晴らしい人間なのだ。そのギャップが私は好きなんだ」 「個人的にスポーツ面ではっきりしているのは、スピード、得点力、判断力、フィニッシュ面で大きな脅威となることだ。彼は非常に正確なシュートをボックス内外から打ってくる。カウンターアタックも非常に速く、空中戦でのヘディングを強い」 「彼は試合に大きな影響を与えている。彼のようなアカデミー出身者がユナイテッドのようなビッグクラブに大きな影響を与えているのは素晴らしいことだ」 また、トゥヘル監督はPSG最多ゴール記録を保持し、初の古巣対戦となるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについても言及。冗談を交えながらこう述べている。 「彼は常にチームのためにベストを尽くす準備ができている。大きな身体的影響力を持つ彼にとって、ゴールは極めて自然なこと。24時間いつでも信頼できる男だ。試合に呼べばゴールを決めて守備もしてくれるのだ」 「彼が直近のサウサンプトン戦でマンチェスター・ユナイテッドのファンにあのパフォーマンスを見せられたのは個人的に嬉しく思う。彼は決定的な仕事をした」 「だが、明日の試合でそれを示す必要はない。彼が凄いのは知っている。だから少し休んでおいてくれないかな! 我々に実力を発揮する必要はないんだ。もしプレーするなら、我々も対処の仕方を考えなければならない」 2020.12.02 18:25 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly