「感慨深い」メッシのバルセロナデビューから16年が経過

2020.10.17 15:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)がバルセロナで公式戦デビューを飾ってから2020年10月16日で16年が経った。長らくバルセロナの絶対的エースに君臨するメッシだが、今夏に退団を志願。プレシーズン始動に先駆けた新型コロナウイルスの検査やトレーニング参加を拒み、確固たる姿勢を示したが、来夏までの契約に付随する解除金7億ユーロ(約873億7000万円)の存在も大きな障壁となり、最終的に残留を表明した。

バルセロナでの17シーズン目を迎えているメッシだが、デビュー当時の映像をバルセロナのクラブ公式ツイッターが公開している。

◆メッシのバルセロナデビュー戦を映像で振り返る

メッシがデビューを果たしたのは、2004年10月16日に行われたラ・リーガ第7節、エスパニョールとの“バルセロナダービー”だった。フランク・ライカールト政権下のバルセロナにおいて、この試合でメッシが初めてのベンチ入りを果たす。

バルセロナは左からロナウジーニョヘンリク・ラーションサミュエル・エトーの3トップを採用し、メッシはベンチスタートとなったが、バルセロナの勝利が近づいた82分、その時がやってくる。

デコとの交代で背番号「30」のメッシが投入される。そのプレー時間は8分程度だったものの、試合のラストプレーでは右サイドからのカットインを仕掛けるなど、その実力の片鱗を示した。

当時17歳と3カ月22日だったメッシは、翌2005-06シーズンから徐々に出場機会を増やすと、ここまで公式戦734試合に出場し635ゴール279アシストを記録。34個ものタイトルを獲得してきた。

これまで毎年のように10月16日になると各SNSに上げられていたメッシのデビュー戦の映像だが、メッシがバルセロナの選手としてみるのは今年が最後になるのだろうか。「バルセロナのために最善を尽くす」と語っているメッシだが、残り1年の契約を更新するかは不透明なため、例年よりも感慨深いものとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサに朗報! テア・シュテーゲン&ユムティティが練習復帰!

バルセロナは29日、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンとフランス代表DFサミュエル・ユムティティの練習復帰を明かした。 テア・シュテーゲンは今年8月半ばに右膝蓋腱の手術を受け、全治2カ月半と診断されていた。これにより、今シーズンここまでのすべての公式戦を欠場していたが、29日に行われたトレーニングセッションで全体練習への復帰を果たした。 また、ユムティティは新型コロナウイルスの陽性反応、ヒザの問題によって同じく今シーズンここまでのすべての公式戦を欠場していた。しかし、29日のトレーニングセッションではグループと共に幾つかのメニューをこなしており、復帰が近づいている。 一方、28日に行われたチャンピオンズリーグのユベントス戦で負傷交代したウルグアイ代表DFロナルド・アラウホに関しては右足の大腿二頭筋の損傷が確認された。 現時点で離脱期間は不明も、31日に行われるラ・リーガ第8節のアラベス戦の欠場は決定的だ。 2020.10.30 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第8節プレビュー】CL連戦続く中、強豪は下位との対戦に!

先週末に開催された第7節では、王者レアル・マドリーが全世界注目の“エル・クラシコ”を制した他、強豪クラブではアトレティコ・マドリーを除きセビージャ、ビジャレアルが勝ち点を取りこぼす一節となった。 チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の連戦が続く間に開催される今節は、ヨーロッパの戦いに参戦中の各クラブが比較的与しやすい相手と対戦する。 宿敵バルセロナを敵地で3-1のスコアで下したマドリーは、連勝を目指してFW岡崎慎司を擁する昇格組のウエスカをホームで迎え撃つ。前節のクラシコ戦では決勝点となったPKを巡る判定が物議を醸したが、後半に守備面の修正を図って盛り返すなど、勝利に相応しい内容だった。ただ、直近のCLではボルシアMG相手に試合終了間際のFWベンゼマ、MFカゼミロの連続ゴールで辛くも2-2のドローの持ち込む低調な戦いを見せており、王者の本領発揮にはまだまだ時間がかかりそうだ。 ここまでCL2戦未勝利という中、来週ミッドウィークにインテルとの重要なホームゲームを控えており、今回のウエスカ戦ではその一戦に万全の状態で臨むため、ある程度のターンオーバーが見込まれる。その中でMFモドリッチと共に、ボルシアMG戦で好パフォーマンスを見せたMFアザールのプレーに注目したい。今季ラ・リーガ初出場が期待される中で真価を示せるか。なお、王者相手に戦列復帰が期待された岡崎はすでに練習復帰しているものの、現地報道では欠場が濃厚だという。 一方、クラシコで敗れてラ・リーガ連敗のバルセロナは、27日にバルトメウ会長含むクラブ首脳が不信任投票を前に辞任するという重大な事案が発生した。ただ、その影響が危惧されたCLのユベントス戦では前会長と確執があったFWメッシが1ゴール1アシストを含む圧巻のパフォーマンスを披露すれば、同会長の置き土産となったMFペドリも17歳とは思えない異次元のパフォーマンスをみせ、クラシコ敗戦を払しょくする2-0の勝利を手にした。 その勢いに乗って連敗ストップを目指す今節はアラベスとのアウェイゲームに臨む。DFアラウホの負傷により、センターバックの選手層に問題を抱えているが、ユベントス戦を出場停止で欠場したDFピケが復帰するため、ひとまず大きな問題にはならないはずだ。今回の試合ではようやく本領発揮のメッシと共に、ペドリやFWアンス・ファティ、FWトリンコンといった若手アタッカー陣の活躍に期待したい。 バルセロナと同様にラ・リーガ連敗中のセビージャは敵地サン・マメスで難敵アスレティック・ビルバオと対戦する。直近のCLではスタッド・レンヌを攻守に圧倒してFWデ・ヨングのゴールで1-0の勝利を収めたが、再三の決定機を逃がしており得点力不足解消には至らず。そのため、リーグ屈指の守備陣を揃えるアスレティック相手に真価が試される。 また、直近ラ・リーガ連勝中のアトレティコはCLでもRBザルツブルクとの打ち合いを3-2で制し、復調の気配を漂わせる。直近3戦負けなしと好調を維持する曲者オサスナとの一戦では直近の公式戦2試合連発中のMFマルコス・ジョレンテのプレーに注目だ。 岡崎を除く日本人選手ではビジャレアルMF久保建英がバジャドリーとマンデーナイト開催の一戦、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁するエイバルがカディスとのフライデーナイト開催の一戦に臨む。 直近の公式戦3試合連続スタメン出場中の久保は、前節のカディス戦では精彩を欠いたものの、直近のELカラバフ戦では前半こそ左ウイングでのプレーに苦戦も、後半は盛り返して良いイメージを残して試合を終えている。ただ、エースFWジェラール・モレノの戦列復帰が見込まれるバジャドリー戦ではベンチスタートとなる可能性が高いようだ。 一方、前節セビージャをウノセロで破るなど、直近2勝1分けと好調を維持するエイバルでは開幕から全試合スタメンを飾っている乾の存在感が光る。対して武藤はそのセビージャ戦で出場なしに終わるなど、ラ・リーガ、チームへの順応に手間取っている印象だ。上位陣相手に好成績を収めている昇格組カディスとの一戦では直近4試合でわずか1失点の堅守をこじ開けられるか。 その他ではメガクラブを抑えて首位に立つレアル・ソシエダがセルタと、その首位チームを勝ち点1差で追うグラナダがレバンテと対戦する。 《ラ・リーガ第8節》 ▽10/30(金) 《29:00》 エイバル vs カディス ▽10/31(土) 《22:00》 レアル・マドリー vs ウエスカ 《24:00》 アスレティック・ビルバオ vs セビージャ 《26:30》 オサスナ vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 アラベス vs バルセロナ ▽11/1(日) 《22:00》 ベティス vs エルチェ 《24:00》 セルタ vs レアル・ソシエダ 《26:30》 グラナダ vs レバンテ 《29:00》 バレンシア vs ヘタフェ ▽11/2(月) 《29:00》 ビジャレアル vs バジャドリー 2020.10.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イニエスタがバルセロナでのデビュー戦に耽る「デビューの思い出はいつも特別」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、今からちょうど18年前のバルセロナでのファーストチームデビューを回想している。 バルセロナの下部組織であるラ・マシア出身のイニエスタは、当時の指揮官オランダ人指揮官のルイ・ファン・ハール氏に見出される形で、2002年10月に初めてファーストチームでベンチ入りすると、2002年10月29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのクラブ・ブルージュ戦でデビューを飾っていた。 イニエスタは29日に自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新。「18年前のブルージュ。デビューの思い出はいつも特別です」というコメントとともに、クラブ・ブルージュ戦の短いハイライト映像を投稿している。 映像では、当時まだ18歳で背番号「34」のイニエスタが登場。ゴールやアシストこそなかったものの、フル出場を果たしチームの勝利に貢献していた。 イニエスタを見出したファン・ハール氏は2003年にバルセロナを退団したものの、イニエスタは2004-05シーズンからクラブの主力に定着。卓越したボールコントロール技術と戦術眼、洞察力などフットボーラーに必要な能力を全て備え、クラブの黄金時代の中心選手となっていった。 デビューから18年が経ったが、イニエスタにとっては今もまだ感慨深い試合のようだ。 <div id="cws_ad">◆18歳のイニエスタがCLデビューを飾る<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">18 años atrás en Brujas. Mi debut siempre será un día muy especial<br> <a href="https://twitter.com/FCBarcelona?ref_src=twsrc%5Etfw">@fcbarcelona</a> <br><br>18年前のブルージュ。デビューの思い出はいつも特別です。 <a href="https://twitter.com/FCBarcelona?ref_src=twsrc%5Etfw">@fcbarcelona</a> <a href="https://t.co/NvBrurRNwR">pic.twitter.com/NvBrurRNwR</a></p>&mdash; Andrés Iniesta (@andresiniesta8) <a href="https://twitter.com/andresiniesta8/status/1321772128602148864?ref_src=twsrc%5Etfw">October 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.30 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

後ろから走り込んだロナウジーニョがズドン!バルセロナ時代の鮮やかなボレーシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョが決めた鮮やかなボレーシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuNUJnQW8zRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年夏に移籍したバルセロナでは、天性のアイデアとスキルを発揮し、多くのスーパーゴールを決めたロナウジーニョ氏だが、2004年4月10日に行われたラ・リーガ第32節のバジャドリー戦では、鮮やかなボレーシュートを決めている。 開始直後のゴールでバルセロナが先制し、1-0で迎えた30分、スルーパスに抜け出したFWハビエル・サビオラがボックス左までボールを運ぶと、鋭い切り返しから右足でクロスを上げる。 このクロスをファーサイドに走り込んだロナウジーニョが丁寧に合わせると、軽やかな足運びから鮮やかなボレーシュートをゴール左に決まった。 これにはGKも一歩も動けず。見事なゴールでリードを広げたバルセロナは、3-1で試合に勝利している。 2020.10.29 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが投稿で炎上、メッシとの対決お預けでPCR検査に不満

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのSNSでの発言が物議を醸しているようだ。 C・ロナウドは今月13日に新型コロナウイルスに感染。その後、21日の検査でも陽性反応が確認されると、27日の検査でも三度陽性となっていた。 <div id="cws_ad">◆お預けとなったメッシvsC・ロナウド CL決勝T最後の対戦の結末は?<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4ejNUSmNDUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスは28日にチャンピオンズリーグ(CL)グループG第2節でバルセロナと対戦。C・ロナウドにとってはレアル・マドリーに在籍時にしのぎを削ってきたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの2年半ぶりの対決となるはずだったが、欠場を余儀なくされていた。 自宅で隔離生活を送るC・ロナウドは、自身のインスタグラム(Cristiano)を更新。「気分は良く健康だ。頑張れユベントス」と投稿し、自身を欠くチームへのエールを送っていたが、問題となったのは、その後のコメントだ。C・ロナウドは試合を欠場することへの不満からか、「PCR検査なんてでたらめだ」と付け足していた。 すでに追加部分のコメントは削除されているものの、SNS上では投稿時の画面をスクリーンショットした画像が多く出回っている。 体が元気なのにもかかわらず、ピッチに立つことができない不満はよくわかるものの、今回のC・ロナウドの言動はやや軽率だったかもしれない。 C・ロナウドを欠いたユベントスはバルセロナに0-2で敗戦。両チームの次の対戦は12月8日に予定されている。 2020.10.29 15:15 Thu
twitterfacebook