「感慨深い」メッシのバルセロナデビューから16年が経過

2020.10.17 15:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)がバルセロナで公式戦デビューを飾ってから2020年10月16日で16年が経った。長らくバルセロナの絶対的エースに君臨するメッシだが、今夏に退団を志願。プレシーズン始動に先駆けた新型コロナウイルスの検査やトレーニング参加を拒み、確固たる姿勢を示したが、来夏までの契約に付随する解除金7億ユーロ(約873億7000万円)の存在も大きな障壁となり、最終的に残留を表明した。

バルセロナでの17シーズン目を迎えているメッシだが、デビュー当時の映像をバルセロナのクラブ公式ツイッターが公開している。

◆メッシのバルセロナデビュー戦を映像で振り返る

メッシがデビューを果たしたのは、2004年10月16日に行われたラ・リーガ第7節、エスパニョールとの“バルセロナダービー”だった。フランク・ライカールト政権下のバルセロナにおいて、この試合でメッシが初めてのベンチ入りを果たす。

バルセロナは左からロナウジーニョヘンリク・ラーションサミュエル・エトーの3トップを採用し、メッシはベンチスタートとなったが、バルセロナの勝利が近づいた82分、その時がやってくる。

デコとの交代で背番号「30」のメッシが投入される。そのプレー時間は8分程度だったものの、試合のラストプレーでは右サイドからのカットインを仕掛けるなど、その実力の片鱗を示した。

当時17歳と3カ月22日だったメッシは、翌2005-06シーズンから徐々に出場機会を増やすと、ここまで公式戦734試合に出場し635ゴール279アシストを記録。34個ものタイトルを獲得してきた。

これまで毎年のように10月16日になると各SNSに上げられていたメッシのデビュー戦の映像だが、メッシがバルセロナの選手としてみるのは今年が最後になるのだろうか。「バルセロナのために最善を尽くす」と語っているメッシだが、残り1年の契約を更新するかは不透明なため、例年よりも感慨深いものとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシが英雄マラドーナに捧ぐゴラッソ! グリーズマン1G1Aなど攻撃陣爆発のバルサが2戦ぶり白星!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、バルセロナvsオサスナが29日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。   前節、アトレティコ・マドリーに0-1のスコア以上の完敗となった13位のバルセロナは、同試合でDFピケとDFセルジ・ロベルトを負傷で失い、さらなる苦境に立たされている。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフを相手にFWメッシら複数の主力を温存した中、伏兵FWブラースヴァイトの2ゴールの活躍などで4-0の快勝。グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。   リーグ2戦ぶりの白星を目指す14位のオサスナとのホームゲームではアトレティコ戦から先発4人を変更。負傷のピケに代わってプリメーラデビューの21歳DFミンゲサが起用されたほか、セルジ・ロベルト、ピャニッチ、デンベレに代わってデスト、コウチーニョ、ブラースヴァイトが起用された。   クラブのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏を悼む厳かなムードでスタートした一戦。[5-3-2]の守備的な布陣に変更したアウェイチームに対して、バルセロナが積極的な入りを見せる。   この試合、ブラースヴァイトを最前線に置き、グリーズマンをセカンドトップに配した[4-2-3-1]の変則的な布陣で臨んだバルセロナは、その2トップがスペースとギャップへのランニングを繰り返して相手守備に揺さぶりをかける。11分にはメッシのスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス右ライン際でボールを残してGKを引き付け、中央でフリーのコウチーニョに繋ぐ。コウチーニョはすかさず右足を振り抜くが、ここは相手DFのゴールライン上のスーパークリアに阻まれる。   その後、相手に負傷者が出た中、相手陣内で押し込む時間が続くホームチームはコウチーニョやグリーズマンが際どいシュートを浴びせていく。そして29分、メッシの斜めのスルーパスに抜け出したジョルディ・アルバがボックス左で折り返したボールをゴール前のコウチーニョがシュート。   これはGKに弾かれるが、こぼれ球に詰めたブラースヴァイトが泥臭く身体に当てた浮き球のボールがネットへ向かう。これに反応したメッシが母国の英雄にして恩師マラドーナの代名詞である“神の手ゴール”のオマージュのような形でプレーに関与を試みるが、ボールに触れることはなく、ブラースヴァイトの公式戦2試合連発となる今季リーグ初ゴールが生まれた。   前半のうちにゴールをこじ開けたバルセロナは畳みかける攻めで2点目を奪う。42分、ボックス付近でメッシを起点に細かくボールを動かし、再び左サイド深くに侵攻したアルバが浮き球のクロス。これを相手DFが頭でクリアしたところに反応したグリーズマンが左足を一閃。弾丸ボレーシュートがゴールネットに突き刺さった。   グリーズマンのスーペルゴラッソにより、2点差を付けて試合を折り返したバルセロナはペドリに代えて負傷明けのブスケッツを投入。後半も立ち上がりから主導権を握ると、57分にはグリーズマン、ブラースヴァイトの身体を張ったプレーからボックス左のグリーズマンに相手のクリアが渡る。そして、すかさず折り返したボールをゴール前のコウチーニョがワンタッチで流し込んだ。   この3点目で勝利を大きく引き寄せた中、クーマン監督は61分にデスト、ブラースヴァイト、コウチーニョに代えてトリンコン、デンベレ、ジュニオール・フィルポを同時投入。だが、直後の63分には相手との接触プレーで右足首を痛めたラングレがプレー続行不可能となり、アレーニャが緊急投入される。   センターバックの新たな負傷者にややバタついて相手に押し返される場面もあったが、70分にはメッシの中央突破からこぼれ球を回収したトリンコンのスルーパスに抜け出したデンベレが冷静にネットを揺らす。だが、ここはVARのレビューの結果、トリンコンの戻りオフサイドを取られてゴールは認められない。   それでも、73分にはこの試合で最もゴールを渇望していたバルセロナの背番号10にゴールが生まれる。ペナルティアーク付近でトリンコンからパスを受けたメッシは左にドリブルで運びながらシュートコースが空いた瞬間に左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅の完璧なコースに決まった。   そして、メッシはゴール直後にユニフォームを脱ぎ、事前に着用していた自身とマラドーナ氏の古巣であるニューウェルズ・オールドボーイズの背番号10のユニフォーム姿で天国へ旅立った英雄へゴールを捧げた。   メッシの4点目で相手の心を完全に折ったバルセロナはその後危なげなく試合を締めくくり4-0の大勝。マラドーナ氏に捧げる快勝でリーグ2戦ぶりの白星を手にした。 2020.11.29 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシが自らの大記録達成に花を添えた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシの大記録達成に花を添えるハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0cFRBT0NRciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてバルセロナの下部組織に入団したメッシは、2005年にファーストチームデビューを飾ると、天才的なパフォーマンスを続け、チームの象徴へと成長。世界屈指の人気と実力を誇るバルセロナの顔として活躍を続けている。 これまでも数々の記録を打ち立ててきたメッシだが、2014年11月22日に行われたラ・リーガ第12節のセビージャ戦では、リーグ歴代得点記録を塗り替えた試合でハットトリックを決めている。 まずは0-0の21分、バルセロナがペナルティーアーク手前の絶好の位置でFKを得ると、キッカーのメッシがゴール左上の完璧なコースに直接FKを叩き込み、先制ゴールを記録する。 続いて3-1とバルセロナリードの73分、メッシのボックス内へのスルーパスに抜け出したFWネイマールのリターンパスに、ゴール前で滑り込みながら合わせて2ゴール目。このゴールでリーガ記録を塗り替えたメッシをチームメイトが胴上げで祝福した。 すると直後の78分、メッシが右サイドからドリブルで中央へ侵入すると、ネイマールとの細かいパス交換の後に、ボックス内から左足の強烈なシュート。ゴール左下にゴールを決め、自らの大記録に花を添えるハットトリックを決めている。 試合はメッシのハットトリックなど、大量5ゴールを挙げたバルセロナが5-1で勝利している。 2020.11.29 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

リーガ500試合目のメッシが、ネイマールとたった2人で相手守備陣を攻略した華麗なゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがネイマールとのコンビネーションで決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDaWtEYm93MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 13歳でバルセロナに入団したメッシは、2005年のファーストチーム昇格以来、圧巻のパフォーマンスを続け、チームの象徴的存在へと成長。美しいサッカーに重きを置くクラブの哲学を体現する選手として、美しいプレーで観客を魅了している。 個人技だけでなく、味方との連携からもゴールを量産するメッシだが、2015年12月30日に行われたラ・リーガ第17節のレアル・ベティス戦では、同僚との華麗な崩しからゴールを決めている。 1-0とバルセロナリードの33分、前線でボールを持ったFWネイマールが、メッシにボールを預けながらディフェンスラインの裏へ走る。メッシがふわりとした浮き球のパスをダイレクトでネイマールに返すと、ボックス内に抜け出したネイマールは飛び出してきたGKの手前でゴール前に横パス。DFたちの間のスペースでメッシがこのパスに合わせ、見事な追加点を挙げた。 この試合がラ・リーガ500試合目の試合だったメッシ。自らの記録達成にゴールで花を添えている。 2020.11.29 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレスとネイマールが華麗な連携でビルバオディフェンスをこじ開ける【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスとネイマールの美しい連携から決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyaGxhcmZFUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、即戦力として活躍。FWリオネル・メッシやFWネイマールらと強力なスリートップを形成し、得点を量産した。 抜群の攻撃センスとテクニックで相手DFを翻弄するスアレスだが、2016年1月17日に行われたラ・リーガ第20節のアスレティック・ビルバオ戦では、同僚との美しい連携からゴールを挙げている。 開始4分に相手GKの退場により、数的優位を得たバルセロナ。2-0とリードして迎えた47分、相手のブロックの隙間でパスを受けたネイマールがワンタッチで前線のスアレスにボールを送る。スアレスがこのボールをネイマールの進路に落としながら裏へ走ると、ネイマールが完璧なリターンパスを通し、見事な中央突破を決める。フリーでGKと1対1の状況を作ったスアレスが、冷静にゴールを決めた。 勝負を決める3点目を決めたバルセロナ。その後も10人の相手に得点を重ね、6-0で大勝を収めている。 2020.11.28 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

財政ひっ迫のバルサ、今季給与削減で基本合意 「経済状況転換の重要なマイルストーンに」

バルセロナは27日、今季のトップチーム給与削減に関する基本合意を発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大で財政的にひっ迫するバルセロナはこのたび、選手側と1億2200万ユーロ(約151億9000万円)の減給で合意。また、今後3年間にわたる5000万ユーロ(約62億2000万円)のボーナス支払いも据え置きになるという。 今回の合意内容は当事者である選手や監督およびコーチングスタッフにより、数日以内に最終的な手続きが行われる模様。スペイン『マルカ』によれば、当初こそ今月上旬の成立を目指した交渉だったが、新たに27日を期日に話し合いを続けたようだ。 なお、事前の報道によると、バルセロナは今回の経済的ダメージで1億9000万ユーロ(約236億5000万円)の給与調整が必要に。基本合意を受け、「最終合意に至れば、現在の経済状況を転換する上で非常に重要なマイルストーンになる」と綴っている。 2020.11.28 12:15 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly