奥川雅也所属のザルツブルク、19歳の米国代表の逸材MFブレンデン・アーロンソンを獲得!

2020.10.17 00:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本人MF奥川雅也が所属するザルツブルクは16日、アメリカ代表MFブレンデン・アーロンソン(19)をMLSのフィラデルフィア・ユニオンから獲得したことを発表した。契約は2025年6月30日まで。アーロンソンは、アメリカでは「最も優れた才能を持つ若手の一人」と称される攻撃的MF。今年2月にはアメリカ代表デビューもしている。

移籍金は非公開だが、クラブは「アメリカ人選手としてはMLS史上最高額の移籍金」と伝えている。一方、『The Philadelphia Inquirer』によると、600万ドル(≒510万ユーロ/約6億3200万円)で、最大300万ドル(≒256万ユーロ/約3億1600万円)のボーナスが付くという。なお、正式加入はMLSが終了する12月以降になるようだ。

今季はここまで15試合に出場し、4ゴール2アシストを記録。MLS通算では、43試合で7ゴール3アシストという成績となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ぜひショボスライと契約を! CLでの活躍にガナーズファンが叫ぶ

チャンピオンズリーグ(CL)での活躍が目覚ましいザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライだが、これにアーセナルファンが興奮しているようだ。 ショボスライは母国のブタペストから2017年にザルツブルクに加入したサイドハーフを得意とする選手。20歳ながらすでにハンガリー代表では10試合の出場機会を得ており、2020年のゴールデンボーイ賞最終候補20名にも名を連ねている逸材だ。 昨シーズンのオーストリア・ブンデスリーガで27試合9ゴール14アシストの成績を残し頭角を現したが、今季の活躍も素晴らしく、リーグ戦ではここまで5試合で1ゴール4アシスト、さらにCLでは開幕から2試合連続ゴールを決めており、再び注目を浴びている。 そんなハンガリー代表MFに熱視線を注いているのがアーセナルサポーターたちだ。実はアーセナルは昨夏にもショボスライ獲得が噂されており、ツイッターでは、ぜひ本腰を入れてくれと頼み込むユーザーが相次いでいる模様。 イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えるところでは、「1月にショボスライと契約を!」、「ドミニク・ショボスライ、それが(アーセナルに必要な)名前だ」といった旨のつぶやきがアーセナルの公式アカウント宛てに多く見られているという。 『transfermarkt』によると、現在の市場価値は2500万ユーロ(約30億円)と見積もられており、アーセナルにも手が出せる金額ではあるが、名前が挙がっている競合クラブは多く、とりわけザルツブルクと同じ親会社を持つライプツィヒは手ごわい相手になりそうだ。 果たしてアーセナルファンの叫びは届くのだろうか。 2020.10.28 18:21 Wed
twitterfacebook
thumb

フェリックス2発のアトレティコが一時逆転許すもザルツブルクに競り勝つ!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL) グループA第2節、アトレティコ・マドリーvsザルツブルクが27日に行われ、3-2でアトレティコが競り勝った。ザルツブルクのMF奥川雅也はベンチ入りも出場機会はなかった。 開幕節でバイエルンに0-4と完敗したアトレティコと、ロコモティフ・モスクワに2-2の引き分けに持ち込まれたザルツブルクの一戦。 アトレティコは3日前に行われ2-0で勝利したベティス戦のスタメンから4選手を変更。フェリックスがスタメンとなり、スアレスと2トップを形成した。 奥川がベンチスタートとなったザルツブルクに対し、アトレティコは右にM・ジョレンテ、左にコレアを配す[4-4-2]で臨み、積極的な入りを見せる。 すると14分に決定機。H・エレーラのフィードに反応したボックス中央のフェリックスが華麗なバイシクルシュートを放ったが、バーに直撃した。さらに16分、CKからスアレスが際どいボレーシュートを浴びせたアトレティコは29分に押し切る。ボックス手前右でルーズボールを拾ったM・ジョレンテが左足でゴール左へ蹴り込んだ。 先制したアトレティコは32分にフェリックスがGK強襲のシュートを浴びせると、1分後には追加点のチャンス。だが、スアレスのスルーパスに抜け出したM・ジョレンテはGKとの一対一を決めきれない。 すると40分にワンチャンスで同点とされる。ベリシャのラストパスに反応したボックス右のショボスライに右足アウトにかけたシュートでゴール左上へ豪快に決められた。 迎えた後半開始2分、アトレティコは逆転を許してしまう。左サイドを抜け出したウルマのクロスをファーサイドのベリシャに押し込まれた。 まさかの逆転を許したアトレティコだったが、52分にフェリックスがすかさず同点弾を奪う。コレアとのパス交換でボックス中央に侵入したフェリックスがゴールを決めきった。 その後は一進一退の攻防が続いた中、終盤の82分にアトレティコは3枚替えを敢行。スアレスらに代えてレマルらを投入した。 すると85分、CKの流れからボックス左のレマルの折り返しをフェリックスが受けてシュートを蹴り込み、勝ち越しに成功。アトレティコがザルツブルクに競り勝ち、1勝1敗スタートとしている。敗れたザルツブルクは1分け1敗スタートとなった。 2020.10.28 07:24 Wed
twitterfacebook
thumb

奥川が途中出場のザルツブルク、一時逆転もロコモティフにドロー《CL》

ザルツブルクは21日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA開幕節でロコモティフ・モスクワをホームに迎え、2-2で引き分けた。ザルツブルクのMF奥川雅也は73分から出場している。 バイエルンとアトレティコ・マドリーが同居するグループA。 奥川のゴールなどでマッカビ・テルアビブとのプレーオフを制し、2季連続でのCL出場を果たしたオーストリア王者のザルツブルクが、3季連続出場のロコモティフをホームに迎えた一戦。 奥川がベンチスタートとなったザルツブルクは、エデルやチョルルカ、クリホヴィアクらが先発となったロコモティフに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだ中、オープンな展開で立ち上がっていく。 ユヌゾビッチが最終ラインに下がって攻撃を組み立てるザルツブルクは、14分にショボスライのミドルシュートでゴールに迫るも、19分に先制された。右CKからエデルに頭で合わせられた。 失点を受けて押し込む時間を増やすザルツブルクは、39分にカマラのミドルシュートでゴールに迫ると、45分に追いつく。ショートCKを受けたボックス手前左のショボスライが無回転気味のミドルシュートを放つと、バーの下に直撃したボールがゴールに吸い込まれた。 ファインゴールでザルツブルクが同点として迎えた後半、圧力をかける入りとすると開始5分に逆転した。ダカのポストプレーを受けたボックス手前右のユヌゾビッチが右足を振り抜くと、ミドルシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれた。 追う展開となったロコモティフがエデルやスモロフを諦めてゼ・ルイスやリサコビッチらを投入してきたのに対し、主導権を握るザルツブルクがリードを保っていく。 しかし73分に奥川が右サイドに投入された中、ザルツブルクは75分に同点とされてしまう。奥川がファウルをアピールするも流されたプレーから、リサコビッチにヘディングシュートを決められた。 終盤にかけては膠着状態となっていた中、追加タイムにはダカに決定機が訪れるも、GKとの一対一を決めきれず。奥川も見せ場を作れなかった中、ザルツブルクは悔やまれるドロースタートとなった。 ザルツブルク 2-2 ロコモティフ・モスクワ 【ザルツブルク】 ショボスライ(前45) ユヌゾビッチ(後5) 【ロコモティフ・モスクワ】 エデル(前19) リサコビッチ(後30) 2020.10.22 03:48 Thu
twitterfacebook
thumb

奥川が値千金のPK奪取! ザルツブルクが2年連続グループステージ進出!《CLプレーオフ》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ・2ndレグの3試合が9月30日に行われた。 CLグループステージ参戦を懸けたプレーオフは、国内リーグ王者同士が対戦するチャンピオンズパス、UEFAカントリーランキングで5位以下の各国リーグ上位チーム同士が対戦するリーグパスに分かれている。 チャンピオンズパスではMF奥川雅也が在籍するレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)が、ホームでマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦。 敵地での初戦を奥川の決勝ゴールにより、2-1で先勝したザルツブルクは、この試合でも先手を奪う。前線でのコイタのボール奪取からこぼれ球に反応したパトソン・ダカがゴール左隅に強烈なシュートを突き刺し、16分に先制した。 その後、30分にはカルゼフに強烈なミドルシュートを決められて同点に追い付かれるも、前半終了間際には相手ボックス内でルーズボールを競った奥川が相手のファウルを誘い、値千金のPK奪取。これをショボスライが冷静に決めて勝ち越しに成功した。 後半は拮抗した展開となったが、68分に右サイドのヴァルチからのクロスをダカが頭で合わせ、突破に大きく近づく3点目を奪った。その後、2戦連続大きな仕事を果たした奥川を終盤に下げたザルツブルクがこのまま逃げ切り、2戦合計5-2で2年連続のグループステージ進出を果たした。 また、ミッティラン(デンマーク)とスラビア・プラハ(チェコ)は、1stレグを0-0、2ndレグを4-1としたミッティランが本大会行きを決めている。 リーグパスではFCクラスノダール(ロシア)がPAOK(ギリシャ)を相手に1stレグに続く2-1の勝利を収め、2戦合計4-2のスコアで突破を決めた。 CLプレーオフ2ndレグの結果は以下の通り。 ■CLプレーオフ2ndレグ ◆チャンピオンズパス ▽9/30(水) ミッティラン 4-1(AGG:4-1) スラビア・プラハ ザルツブルク 3-1(AGG:5-2) マッカビ・テルアビブ ▽9/29(火) オモニア 0-0(AGG:0-2) オリンピアコス フェレンツヴァーロシュ 0-0(AGG:3-3) モルデ ◆リーグパス ▽9/30(火) PAOK 1-2(AGG:2-4) FCクラスノダール ▽9/29(火) ディナモ・キエフ 3-0(AGG:5-1) ヘント 2020.10.01 06:18 Thu
twitterfacebook
thumb

奥川雅也が逆転ゴール決めたザルツブルクが敵地で先勝!《CLプレーオフ》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ・1stレグの3試合が22日に行われた。 CLグループステージ参戦を懸けたプレーオフは、国内リーグ王者同士が対戦するチャンピオンズパス、UEFAカントリーランキングで5位以下の各国リーグ上位チーム同士が対戦するリーグパスに分かれている。 チャンピオンズパスではMF奥川雅也が在籍するレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)が、敵地でマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦。 試合は開始9分に裏へ抜け出したFWダン・ビトンの見事なミドルループが決まり、ホームのマッカビ・テルアビブが先制。しかし、ザルツブルクも後半立ち上がりの49分にFWパトソン・ダカの仕掛けから得たPKをMFドミニク・ショボスライが冷静に決めて同点に追いつく。 さらに、57分には先発出場の奥川が大仕事。ボックス左に抜け出したFWセク・コイタの丁寧な折り返しを、ゴール前に飛び込んでワンタッチで流し込み、貴重な逆転ゴールを挙げた。その後、殊勲の奥川は76分に交代でピッチを後にしたものの、チームはこのゴールを守り切り、敵地で先勝した。 また、スラビア・プラハ(チェコ)とミッティラン(デンマーク)の初戦はゴールレスドローに終わっている。 リーグパスでは3回戦で強豪ベンフィカ(ポルトガル)を破ったPAOK(ギリシャ)が、FCクラスノダール(ロシア)と対戦。試合はアウェイのPAOKが開始直後にPKを得るが、キッカーのMFディミトリオス・ペルカスが相手GKに止められてしまい、絶好の先制機を逸する。それでも、32分にペルカスは左サイドからの折り返しを冷静にワンタッチで流し込み、PK失敗を払しょくする先制点を奪った。 だが、ホームのクラスノダールは直後の39分にPKで同点に追いつくと、1-1で折り返した後半の70分にはMFレミ・カベラのゴールで試合を引っくり返す。そして、試合はこのまま2-1でタイムアップを迎え、逆転のクラスノダールが先勝した。 なお、プレーオフ1stレグの残り3試合は23日に行われ、29日と30日に2ndレグが開催される。CLプレーオフ1stレグの結果および日程は以下の通り。 ■CLプレーオフ1stレグ ◆チャンピオンズパス ▽9/22(火) スラビア・プラハ 0-0 ミッティラン マッカビ・テルアビブ 1-2 ザルツブルク ▽9/23(水) オリンピアコス vs オモニア モルデ vs フェレンツヴァーロシュ ◆リーグパス ▽9/22(火) FCクラスノダール 2-1 PAOK ▽9/23(水) ヘント vs ディナモ・キエフ 2020.09.23 14:03 Wed
twitterfacebook