スカッとゴール!後ろからのボールを上手く体を捻って捉えるイグアインのハイレベルボレー

2020.10.20 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

2020年10月20日にご紹介するのは、インテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがレアル・マドリー時代に決めたゴールです。

◆若きイグアインが巧妙なボレーで実力を示す

◆ここがスカッと!
半身からのアクロバティックなボレーシュート。イグアインのシュート技術の高さが詰まったゴールでした。シュートのタイミングで軽く跳びことでうまく調節しているのも見事です。

◆後ろからのロングボールを絶妙技術でコントロール
2007年に母国のリーベル・プレートから当時19歳の若さでレアル・マドリーへ加入したイグアイン。2013年にナポリに移籍するまで、公式戦264試合に出場し、122ゴール56アシストを記録ました。

元フランス代表FWカリム・ベンゼマとのポジション争いもあり、絶対的な主力ではなかったものの、2013年4月6日に行われたラ・リーガ第30節のレバンテ戦では、その能力の高さを示す見事なゴールを決めています。

1点を先制されて迎えた前半36分、MFシャビ・アロンソが後方からクロスを上げると、ボックス中央で待ち構えていたイグアインが、ゴールに背を向けながらも上手く体をひねりながら豪快なボレーを放ちます。少し下がりながらの難しいシュートでしたが、しっかりと捉えたシュートは相手GKのニアサイドを破りました。

その後ナポリで実力を証明したイグアインですが、今夏にユベントスを退団してメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミへ移籍。兄のフェデリコと同じクラブでプレーいています。

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! スナイパーのように狙いすましたトリソの無回転シュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月25日にご紹介するのは、今から6年前にフランス代表MFコランタン・トリソが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆フランス屈指の逸材MFトリソが決めた豪快な無回転ナックルシュート<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnRFc1Z3VEcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! がむしゃらに思い切り右足を振り抜くのではなく、狙いすましたコースにピタリと決める。しかもそれを無回転でやってのけるトリソの技術の高さが光るゴールです。 ◆その軌道はナックル 万能型のMFとして現在はバイエルンでプレーするトリソは、2017年までリヨンでプレー。 2015年1月25日に行われたリーグ・アン第22節のメス戦では、豪快なゴールを決めています。 1-0とリヨンリードの83分、左サイド深部からマイナスのボールをボックス外で受けたトリソは、しっかりと狙いを定めロングシュートを放つ。強烈なシュートは、無回転のまま飛んでいき、GKの手前で急激に落ちると、ゴール左に見事に決まりました。 ボックスの外とはいえども、トリソにフリーで持たせてはいけないことが良く分かるゴールです。 2021.01.25 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 軌道が読めないドログバの無回転ミドル

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月24日にご紹介するのは、今から10年前に元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆セーブ不能、ドログバの強烈ミドル!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhYk9HZE01dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 飛んだコースはGKの正面にも関わらず、その威力と無回転による予測不可能な動きでネットを揺らす、GK泣かせのスーパーゴールです。 ◆ドログバの右足シュートが炸裂 チェルシーの頼れるエースストライカーとして、4度のプレミアリーグ優勝や、チャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを獲得してきたドログバ氏。在籍した8シーズンで公式戦164ゴール86アシストを記録しました。 中でも見事だったのが、2011年1月24日に行われたプレミアリーグ第24節のボルトン戦でのゴール。 前半11分、MFフローラン・マルダからのパスを受けたドログバは、相手のプレッシャーが弱いことをみるやすかさず右足でミドルシュートを放ちます。ゴールまでは25m以上あったものの、シュートはグングンと伸び、浮き上がるような弾道でゴールネットに突き刺さりました。 後ろからの角度で観ると、無回転のシュートは全く予想のつかない軌道を描いており、相手GKユッシ・ヤースケライネンの反応が遅れたのも納得のゴールです。 2021.01.24 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 天才デレ・アリ、空中での反転トラップからそのままボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月23日にご紹介するのは、今から5年前にトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiZEdkTk44NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 浮き球のパスをトラップすると、2トラップ目で相手選手をかわしつつ反転、そしてそのままボレーシュートでゴール左隅に決める。デレ・アリの創造性溢れるワンダーゴールです。 ◆2015-16シーズンベストゴール 今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず、やや干されているデレ・アリですが、イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えてきました。 デレ・アリがブレイクを果たした2015-16シーズンの2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めています。 ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とします。 アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放ちます。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まりました。 このゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されています。 2021.01.23 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 冷静すぎるレコバの驚愕50m級ロングシュート!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月22日にご紹介するのは、今から23年前に元ウルグアイ代表MFアルバロ・レコバ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆レコバの驚愕50m級ロングシュート!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWY3I2cnRGcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 1点ビハインドで迎えた試合終盤、ハーフウェイライン付近でボールを持った時に相手GKが少し前に出ていたら、臆せずゴールを狙うことができるでしょうか。レコバ氏は迷いなく左足を振り切りました。 ◆“左足の独奏者” その左足から予測不可能なプレーを連発したレコバ氏は“左足の独奏者”と評され、卓越したテクニックと強烈な左足のシュートで名を馳せました。1998年1月25日に行われたセリエA第17節のエンポリ戦でのゴールもその一つです。 インテルが1点ビハインドという展開の中で、レコバは70分から途中出場を果たします。死に物狂いで同点を目指す中、82分、インテルは最後尾からボールをつないでいきます。 一度は相手のタックルでルーズボールとなるものの、そのこぼれ球はハーフウェイライン付近のレコバの元へと転がると、相手GKの位置を確認したレコバは助走もなく左足を一閃。相手GKが前に出ているのを見逃さずに、ゴールまで約50メートルの位置から驚愕のゴールを叩き込みました。 シュートはもちろん、驚くべきはレコバ氏の冷静さ。焦ってもおかしくない場面でしっかりと自信をコントロールしてゴールを決めるレコバ氏に驚きです。 2021.01.22 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 個の力が生み出した圧巻の独走ゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月21日にご紹介するのは、今から2年前にバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタが決めた圧巻の独走ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaMTFGRFpKaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 自陣から一人ドリブルでボールを運び、最後は勢いのままミドルシュートを叩き込む。まさにスカッとするゴールです。 ◆現代屈指のウインガー 今シーズンはレンタルでバイエルンに復帰しているドグラス・コスタは昨シーズンまでユベントスでプレー。セリエAでも持ち前のドリブル突破を幾度となく披露しました。 2019年1月21日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦では、見事な独走ゴールを決めています。 0-0で迎えた13分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたコスタがドリブルを開始。ブロックを作る相手DFの間を縫うようにドリブルしながら、タックルに来る相手を鋭いターンでいとも簡単にかわし、ペナルティーアーク内の手前まで侵入すると、最後は左足でロングシュートを放ちます。鋭いシュートはゴール右に決まり、見事な先制ゴールとなりました。 まさに個の力でもぎ取ったソロゴール。ブラジル人らしい突破力抜群のドリブルができる ドグラス・コスタならではのゴールでした。 2021.01.21 07:00 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly