若き天才の一撃!アヤックス時代のスナイデルが決めた芸術的ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

2020.10.15 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元オランダ代表MFのヴェスレイ・スナイデル氏がアヤックス時代に決めたゴールだ。

◆若き日のスナイデルが決めた豪快なロングシュート

レアル・マドリーやインテルなどで活躍し、数多くのタイトルを勝ち取った名手スナイデル氏。2019年夏に現役を引退するまで、その類い稀なフットボールセンスで観客を魅了した。

そんなスナイデル氏はオランダの名門アヤックスで育ったが、そのアヤックス時代の2007年3月18日に行われたエールディビジ第29節のPSV戦では豪快なロングシュートを決めている。

アヤックスが先制し、1-0とリードして迎えた44分、右サイドでボールを持ったスナイデルは、鋭いカットインで中央へ方向を変える。スペースを作り出したスナイデルは、充分な助走を取って左足を一閃。

ボックスの外から放たれたシュートは、鋭い弾道でカーブしながらゴールへ向かうと、GKのリーチから完全に離れたゴール左上のコースに飛んでいき、サイドネットに突き刺さった。

このゴールで相手を突き放したアヤックス。その後も得点を重ね、5-1で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

フェルナンジーニョが決めた豪快なアンストッパブルミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのブラジル代表MFフェルナンジーニョが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フェルナンジーニョが決めたアンストッパブルなゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bFlLV3I1byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ブラジルのアトレチコ・パラナエンセでのデビューを経て、ウクライナのシャフタール・ドネツクでブレイクしたフェルナンジーニョ。2013年夏にマンチェスター・シティに加入し、ステップアップを果たしている。 チームにとって欠かせない存在となっているフェルナンジーニョだが、2018年10月20日に行われた、プレミアリーグ第9節のバーンリー戦では、豪快なミドルシュートを決めている。 2-0とシティリードの56分、シティが左コーナーキックのチャンスを得る。クロスは相手DFにクリアされるも、このこぼれ球にフェルナンジーニョが反応。ペナルティアーク内からダイレクトでシュートを放つと、ボールはゴール右上の完璧なコースに一直線に突き刺さり、見事な追加点となった。 この後も得点を重ねたシティが5-0の大勝を収めている。 2020.10.23 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

カカが初めてのマドリッド・ダービーで決めた、相手の一瞬の隙を突く美しいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのカカ氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カカが初めてのダービーマッチで決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWUmlod3pqUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルの名門サンパウロでキャリアをスタートさせたカカ氏は、ミランで大ブレイク。世界最高峰のアタッカーとしての評価を受けると、2009年夏にレアル・マドリーに加入した。 4シーズンを過ごしたマドリーでは、公式戦120試合に出場し29ゴール39アシストを記録したカカ氏だが、2009年11月7日に行われたラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”では、見事なゴールを決めている。 開始早々の4分、MFラサナ・ディアラが相手陣内中央でボールを持つと、右サイドのDFセルヒオ・ラモスとのパス交換で中央突破を図る。ラモスへのパスは相手に奪われてしまうものの、すぐさまプレスをかけ、ボールを取り返すことに成功する。 相手へのタックルがそのままパスになり、カカにボールが渡ると、カカがボックスの外から鋭いロングシュート。右足から放たれたシュートは滑らかな弧を描き、カーブしながらゴール左に決まった。 カカの美しいゴールで早々に先制点を奪ったマドリー。その後も攻勢を強み、一時は3-0でリードするも、66分にラモスが一発レッドを受け、数的不利の中3-2と1点差まで迫られたが、なんとか逃げ切りに成功している。 2020.10.22 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

キレキレの天才カッサーノがサンプドリアで決めた単独突破ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリアで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“悪童”カッサーノが決めた圧巻のソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjMUUyT2Z6cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バーリでのデビューを経て、2001年に加入したローマで大ブレイクし、若き天才として名を馳せたカッサーノ氏。2006年1月にはレアル・マドリーに移籍を果たしたものの、素行の悪さや不摂生がたたり、その後は多くのクラブを転々とした。 ムラこそあったものの、天性のフットボールセンスでスーパーゴールを多く決めたカッサーノ氏だが、2009年1月28日に行われた、セリエA第21節のラツィオ戦では圧巻のソロゴールを決めている。 前半に両チームにゴールが生まれ、1-1で迎えた51分、左サイド深くでカッサーノがボールを受ける。素早くプレスに来た相手DFと1vs1の駆け引きになるものの、左右への大きな振りと細かいターンで鮮やかに相手をかわし、ボックス内に侵入。 続いてプレスに来た別のDFも鋭いターンで簡単にかわすと、ゴール左の角度の厳しい位置から豪快なシュートを放つ。右足のシュートはゴール右のサイドネットに突き刺さり、単独突破でのゴールを決めてみせた。 このゴールで勝ち越しに成功したサンプドリアは、さらに1点を加え、3-1で勝利している。 2020.10.22 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バチュアイがパレスで決めた、フィジカルとテクニックが詰まった豪快至近距離ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はクリスタル・パレスのベルギー代表FWミッチー・バチュアイが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バチュアイがゴール前での強さとテクニックを見せる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4Sk5ib0FpeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセイユで頭角を現したバチュアイは2016年夏にチェルシーに加入。その後レンタルで数々のクラブを渡り歩いたバチュアイは、どのクラブでの一定の活躍を見せている。 今シーズンからは2018-19シーズンの後半戦をレンタルで過ごしたクリスタル・パレスに再びレンタルで復帰しているが、2019年5月12日に行われたプレミアリーグ第38節ボーンマス戦では、力強いゴールを決めている。 0-0と同点で迎えた24分、右サイドを鮮やかなワンタッチパスで崩したクリスタル・パレス。右サイド深部でFWウィルフリード・ザハがボールを持つと、クロスを上げるが、これは相手のディフレクションが入り、ボールは高く上がったままボックス内に飛んでいく。すると、ゴール前にポジションを取っていたバチュアイが、相手との競り合いでもガッチリとポジションをキープし、落下点に入る。そのまま落ちてくるボールに対し、豪快なボレーシュートを放ち、相手GKに反応の隙を与えずにゴールネットに突き刺した。 このバチュアイのゴールで先制したクリスタル・パレス。この後打ち合いの展開になったが、バチュアイの2ゴールなどで大量5ゴールを決め、5-3で勝利している。 2020.10.21 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベの宝石、ディバラが決めた惚れ惚れするようなコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ディバラが決めた美しいカーリングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMNjYxVUlJNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くして母国のインスティトゥートからパレルモに引き抜かれたディバラは、同クラブでブレイク。2015年夏にユベントスへ移籍し、ステップアップを果たしている。 今ではエースとしてユベントスの背番号「10」を背負うディバラだが、2016年3月11日に行われた、セリエA第29節のサッスオーロ戦では、美しいゴールで勝利に貢献している。 0-0で迎えた36分、最終ラインからのボールをハーフウェイラインで受けたMFフアン・クアドラードがディバラとの鮮やかなワンツーを決め、右サイドを突破する。相手のプレッシャーをものともしないスピードを見せたクアドラードがそのままボックス右まで侵入すると、ボックスの手前に引いてフリーになっていたディバラにパスを送る。 ボールを足下に収めたディバラはコンパクトな振りからミドルシュートを放つと、左足から放たれたシュートは美しい弧を描き、GKのリーチを避けるように変化しながらゴール左上の完璧なコースに決まった。 ディバラの美しいゴールで先制したユベントス。これがこの試合唯一の得点となり、ユベントスが1-0で勝利している。 2020.10.20 19:00 Tue
twitterfacebook