コートジボワール戦で約1年ぶり出場を目指す室屋成、先輩・酒井宏樹に対して「超えるよりも吸収したい」

2020.10.12 18:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ハノーファーに所属する日本代表DF室屋成(26)が11日にメディアの取材に応じた。昨年12月のEAFF E-1 サッカー選手権はケガで欠場したため、今回はおよそ1年ぶりの代表招集となった室屋。9日に行われたカメルーン代表との親善試合ではマルセイユDF酒井宏樹が先発フル出場したため出番はなかった。

明日13日に行われるコートジボワール代表戦では先発出場が期待される中、今夏に移籍したハノーファーでの生活に話題は集中。ここまでブンデスリーガ2部で2試合、DFBポカールで1試合に出場しているが、「個人的には環境が新しく変わって、早く慣れないと」と、まだまだ適応中であると話す。

サッカーにおいても「ストレスはないが、日本では簡単に解決出来ることが出来ない」と、やはり言語の壁に立ち塞がっている様子。並べて「試合中に指示を出せるぐらいの力はつけないと」との向上心も見せた。

また、プライベートでは海外のルーズな部分に苦労していると語る室屋だが、同じハノーファーに所属する日本代表MF原口元気にサポートしてもらっていると、よく原口の家にも遊びに行くことを明かしている。

日本代表では酒井が右サイドバックに君臨しているが、その酒井をはじめ、8月に引退した元日本代表DF内田篤人と比較し、「自分の良さは運動量と攻撃参加」と主張した上で、「超えるというよりも2人から得られる部分は多いので、2人から吸収して還元したいという思いが強い」とコメント。酒井に関しては「ガーナ戦の宏樹くんのプレーを見て改で凄い選手だと感じた。ああいうプレーを自分もしたい」と、自身のスタイルを貫きつつ、先輩たちの長所も取り入れていく姿勢を示した。

最後に、FC東京でチームメイトだったFW久保建英との共闘にも言及。「何でも出来る選手」と称賛した上で、「基本的に自分の役割は、彼が自由にやりやすいようにサポートすること」と、コートジボワール戦での共演を見据えた。
コメント
関連ニュース
thumb

この半年間の成長に手応えを感じているMF原口元気、最も伸びたのは「オフ・ザ・ボールの動き」

日本代表は6日、オランダのユトレヒトで2日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前に、MF原口元気(ハノーファー)がメディアの取材に臨んだ。 昨年12月以来の代表活動となる日本代表。今回はオランダでカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を戦う。 昨年11月以来の代表合流となった原口だが、今回の活動について「色々と規制はされていますけど、会話をすることであったり、コミュニケーションは取れるので、あまり普段と変わらずに」とコメント。「ただ、久々に1年ぶりに会いました、楽しいです、懐かしいですねで終わらないように、2試合勝っていけるようにと監督は言っていました」と語り、「仲良しチームではなく、2試合勝って行くというチームを今回は作れたらと思います」と、あくまでも結果にこだわって活動を過ごすと語った。 このタイミングでの日本代表の活動に関しては「なかなか国際的なイベントができない中で日本代表が最初にやらせてもらえる中で、監督も言っていましたが、元気が出るような試合ができたらと思いますし、素晴らしい試合をして見ている人の元気につながればと思います」と語り、日本で試合を楽しみにしているファンのために戦うと意気込んだ。 今回は欧州組のみでの代表活動となるが、このことについては「僕らがヨーロッパでプレーできているというのも、今までの先輩たちがヨーロッパで実績を積んできたから僕らがオファーをもらえたり、日本人としての評価をしてもらえている。たくさんの選手がヨーロッパでプレーできているのは、僕らだけの成果ではなく、日本代表、日本サッカーの成果だと感じています」と語り、自分たちだけでなく、今までの全ての選手のお陰だと語った。 ハノーファーでは改めて攻撃的なポジションを務めている原口。昨シーズンから調子をあげてきた中での代表戦となるが「今はボランチでやることはほぼないですし、サイドバックもないので、アタッカーとしてチームで使ってもらえているので、アタッカーとしての能力というのはこの半年ですごく伸びていると思います」と語り、「もう一回自分もそこで勝負したいと思っているので、しっかりと勝負したいと思います」と、改めて攻撃面で良さを出したいとコメントした。 最も大きく変化したポイントについては「この1年、半年ぐらいで自分として伸びたと感じるのはオフ・ザ・ボールの動きです。オフの時の動きやポジショニングはすごく改善しました。それによって得点数やアシスト数が急激に増えてきました」と代表活動がない期間の成長に手応えを感じているとコメント。「日本代表でプレーできると思うので、そういうところが表現できたらと思います」とこの2試合でも攻撃面で良さを見せたいと語った。 2020.10.06 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ハノーファー原口元気が今季初ゴール! 1得点1アシストの活躍で勝利の立役者に《ブンデスリーガ2部》

ハノーファーの原口元気が今月の日本代表活動に弾みをつけて合流する。 ブンデスリーガ2部を戦うハノーファーは3日にホームで行われた第3節でブラウンシュバイクと対戦。今夏にFC東京から加入した室屋成がベンチスタートになるなか、原口はトップ下で先発出場した。 前半こそ互いにゴールに迫る形を作りながらスコアが動かない展開が続いたが、後半からオープンに。51分に先制を許したハノーファーだが、その3分後に左サイドからボックス内に持ち上がった原口のアシストからマイナがゴールを決め、追いつく。 すると、71分に逆転したハノーファーは続く74分に3点目。ブラウンシュバイクも追いつこうと反撃に転じるが、86分にバイタルエリア中有で味方のパスを受けた原口が右足シュートをゴール右下に突き刺して、勝負の行方を決した。 ハノーファーは今季初ゴールを記録した原口の1得点1アシストもあり、2試合ぶりの白星。暫定ながら首位に浮上した。 ハノーファー 4-1 ブラウンシュバイク 【ハノーファー】 マイナ(後9) ヴァイダント(後26) フルト(後29) 原口元気(後41) 【ブラウンシュバイク】 コビランスキ(後6) 2020.10.04 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

デビューの室屋が2点目の起点に、室屋&原口スタメンのハノーファーが2回戦進出《DFBポカール》

ハノーファーは14日、DFBポカール1回戦でヴュルツブルガーとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。ハノーファーのMF原口元気は77分までプレー、DF室屋成はフル出場している。 2部同士の2回戦進出を懸けた新シーズンの公式戦初戦。原口とFC東京から今夏加入した室屋の両選手がスタメンとなったハノーファーは[4-3-3]を採用した。 原口が左インサイドMFで、室屋が右サイドバックでスタートしたハノーファーが立ち上がりから攻勢に出ると、23分に先制した。ストライカーのヴァイダントが単騎突破でボックス左へ侵入し、GKとの一対一を制した。 38分には左クロスに原口が頭で合わせるチャンスを作るなど、主導権を握り続けたハノーファーが1点をリードして前半を終えた。 そして迎えた後半もペースを握るハノーファーは、59分に加点。室屋のアーリークロスをドゥクシュが落とし、最後はカイザーが押し込んだ。 さらに78分、原口が直前に退いた中、CKからヒューバースのゴールも生まれたハノーファーは、終盤に2失点を喫したものの3-2で逃げ切り。2部同士の戦いを制し、2回戦へ進出している。 2020.09.15 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

原口&室屋のハノーファー、アラベスからガーナ代表FWトゥマシを獲得

FW原口元気とDF室屋成の所属するハノーファーは6日、アラベスのガーナ代表FWパトリック・トゥマシ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間で、移籍金は50万ユーロ(約6300万円)とのことだ。 2018年夏にカザフスタンのアスタナからアラベスに加入したウインガー兼ストライカーのトゥマシは、アラベスでは出場機会に恵まれず、昨季はトルコのガズィアンテプにレンタル移籍。そのガズィアンテプではスュペル・リグで26試合に出場して6ゴール5アシストを記録していた。 2020.09.07 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ハノーファーSDが3年契約を結ぶDF室屋成を語る「絶対的な付加価値になる」

ハノーファーのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるゲルハルト・ツーバー氏が、FC東京から加入する日本代表DF室屋成(26)について語った。 ハノーファーは14日、室屋の獲得を発表。メディカルチェック後に正式契約を結ぶとFC東京は発表した中、ハノーファーは3年契約を結んだと発表した。 大阪府出身の室屋は青森山田高校から明治大学に進学後、大学在学中の2016年2月にFC東京とプロ契約。主力右サイドバックとしてJ1リーグ通算107試合を誇り、昨年にJリーグベストイレブンに輝いていた。 15日に本拠地で行われるJ1リーグ第10節の名古屋グランパス戦を終えてからハノーファーに合流する室屋。ツーバー氏は、室屋を高く評価しており、チームの助けになると語った。 「室屋はテクニックに優れ、スピードがあり、両足が使えるサイドバックで良いクロスを持っている」 「彼は素晴らしいメンタリティを持っており、とても強さを持っている。左右の両方のサイドバックでプレーができる。絶対的な付加価値になる」 ハノーファーは、2019-20シーズンにサイドバックを務めていた選手が退団。新シーズンに向けてはサイドバックを本職とする選手が不在となっていた。 ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都にも興味を示していることが報じられており、室屋の獲得は願っても無い大きな戦力となりそうだ。 2020.08.14 18:45 Fri
twitterfacebook