元スイス代表MFシュベクラーがウェスタン・シドニーへ完全移籍!2019.05.16 01:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは15日、ハノーファーから元スイス代表MFピルミン・シュベクラー(32)を完全移籍で獲得した。スイスのルツェルンやヤングボーイズでプレーしたシュベクラーは、2006年にレバークーゼンへ加入。その後、フランクフルトやホッフェンハイムを渡り歩いて、2017年夏に昇格組のハノーファーへ移籍。ハノーファーでは、在籍2シーズンで公式戦57試合に出場し10アシストを記録。今季はここまでブンデスリーガ26試合に出場していた。

ウェスタン・シドニーへの移籍が決まったシュベクラーは、公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「ウェスタン・シドニーに加入することが出来てとても興奮している。待ちきれず、到着するまでの日数をカウントダウンしているね」

「僕はレッド&ブラック(ウェスタン・シドニーの愛称)の一員になれたことをとても誇りに思っており、ここでプレーすることを楽しみにしているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

清水退団のミッチェル・デュークが地元のウェスタン・シドニーに加入「日本でプレーしたことは誇り」

オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは25日、オーストラリア代表FWミッチェル・デューク(28)の加入を発表した。契約期間は1年半となる。 シドニー出身のミッチェル・デュークは、幼少期にリバプール・レンジャーズでサッカーをスタート。その後、セントラルコースト・マリナーズの下部組織で育ち、2012年7月にトップチームへ昇格。2015年2月に清水エスパルスへと加入した。 清水には4シーズン在籍。通算成績はJ1で82試合出場2得点、J2で7試合出場1得点、リーグカップで13試合出場1得点、天皇杯で4試合出場1得点を記録。2018シーズンはJ1で22試合出場、リーグカップで4試合出場1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 ミッチェル・デュークは、今回の移籍に際しクラブと協力して両親へサプライズを敢行。地元クラブへの入団で、両親を喜ばせる動画もクラブが配信している。 移籍についてミッチェル・デュークは「僕はリバプール(オーストラリア)で育ったので、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズに行くことは簡単な決断だった」とコメント。「4年間過ごした日本から戻ることが非常に簡単な決断だったように、どこかでキャリアの中でこのクラブでプレーしたいという思いがあった」と、地元でのプレーに憧れていたことを明かした。 また、「オーストラリアに戻ってくる理由の大部分は、僕の家族とサッカーのレベルだった」と明かし、「僕のホームよりも僕がプレーするに適した場所はないよ。このクラブは故郷のクラブだ」と語っている。 Jリーグに関してもコメントし、清水で長くプレーできたことを誇りに思うと語った。 「Jリーグはおそらくアジア最高のリーグであり、4年間を日本で過ごせたことは誇りに思う。何人かの選手がそこに行き長くは続いていなかった。日本で100試合以上に出場できたことは誇りに思っている」 「多くの経験を積んんだし、僕は昇格、降格を経験している。僕が成長するのを助けたね。技術的な面では日本が一番だろう。選手として成長したことで、精神的にも大幅に向上したと思う」 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、かつて小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)や高萩洋次郎(FC東京)、田中裕介(ファジアーノ岡山)、楠神順平(清水エスパルス)らが在籍。今シーズンはAリーグでここまで16試合を戦い10チーム中8位と低迷している。なお、首位はパース・グローリー、本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは3位につけている。 2019.01.26 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

かつてドイツを沸かせたMFバウムヨハンがウェスタン・シドニーに加入

▽Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは9日、元U-21ドイツ代表MFアレクサンダー・バウムヨハン(31)が加入することを発表した。 ▽バウムヨハンは、シャルケの下部組織出身で、2004年7月にトップチームへ昇格するも出場機会が得られず。2007年7月にボルシアMGへとフリートランスファーで完全移籍する。 ▽すると、ボルシアMGの2年目に大ブレイク。ブンデスリーガで28試合に出場し3ゴール8アシストを記録。2009年7月にバイエルンへと引き抜かれるが、出場機会が得られず、2010年1月にシャルケへ復帰。その後はカイザースラウテルンやヘルタ・ベルリンを経て、2017年7月にブラジルのコリチーバへと完全移籍し、その後、ヴィトーリアへと移籍していた。ブンデスリーガでは、通算97試合に出場し4ゴール19アシストを記録している。 ▽ウェスタン・シドニーは、元ドイツ代表のマルクス・バッベル氏が監督を務めており、バウムヨハンは監督の存在も大きかったとコメントしている。 2018.08.10 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表DFのマルクス・バッベル氏がウェスタン・シドニーの監督に就任!

▽ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは19日、元ドイツ代表のマルクス・バッベル氏(45)の監督就任を発表した。 ▽現役時代にバイエルン、ハンブルガーSV、リバプール、シュツットガルトで活躍したDFマルクス・バッベル氏は現役引退後、2008年11月にアルミン・フェー監督の解任に伴った暫定監督への就任により、監督業をスタートさせた。これまでシュツットガルトやヘルタ・ベルリン、ホッフェンハイムを指揮。2014年10月からはスイスのルツェルンで指揮を執っており、今年1月に解任されて以降は、フリーになっていた。 ▽ウェスタン・シドニーはかつて北海道コンサドーレ札幌MF小野伸二やセレッソ大阪DF田中裕介、清水エスパルスMF楠神順平が所属していたクラブ。今シーズンはここまでリーグ戦で10チーム中7位と低迷していた。 2018.05.20 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

発煙筒はオーストラリアのサッカー文化?リーグの処分にWSWの元スター選手が反論

サポーターが発煙筒を使用したことなどによりFFA(オーストラリアサッカー連盟)より処罰を受けたウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)のOBシャノン・コール氏は、発煙筒の使用は保護されるべきオーストラリアのサッカー文化だと考えているようだ。<br><br>WSWは先月行われたAリーグの試合で、サポーターが発煙筒の使用やFFAを批判する内容のメッセージを掲げたとしてリーグからサッカー連盟より処罰を受けていた。そして、クラブは次の試合でゴール裏応援席を封鎖する決断を下した。オーストラリアではサッカー連盟とサポーターとの関係性が年々悪化しており、今季は過去最悪の状態に陥っている。<br><br>元WSWのスター選手であるコール氏は、FFAが自国のサッカー文化を壊そうとしていると批判するコメントをFacebook上に投稿した。<br><br>「数年前のサッカーフォーラムで『オーストラリアサッカー連盟はサッカーファンの情熱や文化を守らなければならない』と発言した。他のスポーツの観客と同じようにしてはいけないよ。僕たちは他のスポーツのファンとは違うんだ。サポーターは試合に参加し、WSWを昔から応援している人たちはこのことを誰よりも理解している」<br><br>さらに投稿の中でコール氏は、発煙筒の使用を許可しているMLS(メジャーリーグ・サッカー)のオーランド・シティを称賛した。<br><br>「僕たちのスポーツ文化こそが僕たちのスポーツを特別なものにしているんだ。背を向けてはいけない。クラブや選手に与えるのは罰ではなく解決策であるべきだ。もし解決策を持っていないのなら前に進もう、それは君の仕事ではないさ。MLSとオーランド・シティは素晴らしいよ。彼らのサッカー文化を守ろうとしているんだから」<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.08 15:37 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリアの強豪WSW、ゴール裏応援席を閉鎖…発煙筒など不適切行為によりリーグから処分

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)は、サポーターが起こした過激な行動を受け、4日に行われるパース・グローリー戦でゴール裏応援席を閉鎖することを決定した。<br><br>25日にWSWのホーム、アリアンツ・スタジアムで行われた「シドニー・ダービー」、シドニーFC戦でホームサポーターが発煙筒を使用。さらにFFA(オーストラリアサッカー連盟)を批判する不適切なシャツを着用し、問題となっていた。この事件により、WSWはリーグより執行猶予付きの勝ち点剥奪処分を受けた。<br><br>事件を受けてWSWチーフ・エグゼクティブのジョン・ツァツィマス氏は、次のような声明を発表した。<br><br>「WSWは試合における、いかなる攻撃的な振る舞いも、違法な発火装置の使用も認めません。われわれの大多数のサポーターが素晴らしく、とても協力的であることは理解しています。しかし、残念ながら少数の人たちにより、今回の決断をせざるを得ませんでした。今回の発煙筒に関する捜査は現在も継続中です」<br><br>「普段ゴール裏応援席をご利用のサポーターの方には、あらためて別エリアへのご案内をさせていただきます。ゴール裏応援席は、3月10日に行われるウェリントン・フェニックス戦より再度ご利用いただけますが、もし再び違反が確認された場合は、さらなる応援席の閉鎖に踏み切らなければなりません」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.28 15:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース