ユーロ予選POを控えるスコットランド代表MFアームストロングが新型コロナ陽性…同部屋のティアニーとクリスティも隔離措置

2020.10.08 09:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スコットランドサッカー協会(SFA)は7日、サウサンプトンに所属するMFスチュアート・アームストロング新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。SFAによれば、アームストロングは5日にPCR検査を実施した際は陰性だったものの、7日に行われた再検査で陽性反応が確認されたとのことだ。

アームストロングは今後、10日間自主隔離を行うことになり、来年開催のユーロ予選プレーオフのイスラエル代表戦、UEFAネーションズリーグ2020-21の2試合に出場することができなくなった。

なお、他の選手は全員陰性だったものの、ホテルで同部屋だったアーセナルのDFキーラン・ティアニーとセルティックのDFライアン・クリスティ、フィジオセラピスト1名、マッサージ師1名が濃厚接触者に認定されたとのこと。今後、2週間の自主隔離を行うという。

この一大事を受けて、スコットランド代表のスティーブ・クラーク監督がコメント。選手だけでなくチーム、そして周囲への影響を心配した。

「これは残念なニュースだが、一番大事なのは関わった個人と、より大きなグループの健康と安全だ」

「陽性反応が通知されると、すぐにチームのメディカルスタッフがスコットランド政府のアドバイザーに連絡をした。そして、地元の健康保健所に報告した」

「選手とバックルームスタッフを保有するそれぞれのクラブに連絡した。明日の大きな試合に備える必要がある」
コメント
関連ニュース
thumb

3日前にユーロ出場を決めたスロバキアとスコットランドの一戦はスロバキアが制してリーグB残留に望み《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグB・グループ2第5節、スロバキア代表vsスコットランド代表が15日に行われ、1-0でスロバキアが勝利した。 勝利すれば最終戦を前にリーグA昇格が決まるスコットランド(勝ち点10)と、敗戦すれば最終戦を前にリーグC降格が決まるスロバキア(勝ち点1)の一戦。 3日前のプレーオフで共に劇的勝利によってユーロ出場を決めたスロバキアとスコットランドの試合。スロバキアはハムシクやシュクリニアルらが先発。対するスコットランドはロバートソンが負傷離脱となった中、ティアニーやアームストロングらが先発となった。 勝利が必須なスロバキアが前がかる入りを見せた中、カウンターやミドルシュートでスコットランドが応戦する展開で立ち上がっていった。 やや膠着状態となって迎えた32分、スロバキアが先制する。中央でパスを受けたグレグシュがゴール左にミドルシュートを蹴り込んだ。 迎えた後半、前がかるスコットランドをいなしたスロバキアがリードを保ったまま時間を進める。そのまま1-0でシャットアウトとしたスロバキアがリーグB残留に望みを繫げる勝利を飾った。 スロバキアは3日後にチェコ代表と、スコットランドはイスラエル代表と最終戦を戦う。 2020.11.16 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

スコットランドをユーロに導いた英雄GKの振る舞い話題! VAR確認後、勝利確信の魂の咆哮

スコットランド代表をユーロ本大会に導いたGKデイビッド・マーシャルのPK戦における振る舞いが話題だ。イギリス『talk SPOTRT』が伝えている。 スコットランドは12日、敵地で行われたユーロ2020予選プレーオフ・グループC決勝でセルビア代表と対戦。1-1のイーブンで120分の戦いを終えた中、PK戦を5-4で制して6大会ぶり3度目の本大会出場を決めた。 後半立ち上がりの52分にDFライアン・クリスティのゴールで先手を奪ったスコットランドだが、後半終了間際の90分に相手のセットプレーからFWルカ・ヨビッチにヘディングシュートを決められて、土壇場でユーロ行きの切符がその手から離れる。 それでも、追いついて勢いづくセルビアの攻勢を何とか凌いでPK戦に持ち込むと、ここで値千金の仕事を見せたのが、35歳のベテラン守護神だった。 互いに4人ずつが成功して迎えた5人目では先攻スコットランドのMFケニー・マクリーンが冷静に決めて王手をかける。 ここでセルビアの5人目はエースストライカーのFWアレクサンドル・ミトロビッチ。右隅を狙った強烈なシュートに対して、完璧な反応を見せたマーシャルは左手で見事に弾き出した。 この瞬間、スコットランドの6大会ぶり3度目の本大会出場が決定したが、殊勲のマーシャルは、即座にガッツポーズや仲間の元に走り出すことなく奇妙な反応を見せた。 目の前でPK戦を裁いていたマテウ・ラオス主審に対して、自身の足がゴールラインにかかっていたかを確認するため、「VARからなんか反応ある?」とばかりに耳を覆うようなジェスチャーで反応をみる。さらに、直後には両手でサムアップのジェスチャーをみせ、再度「問題ないよね?」との確認を行った。 その後、ラオス主審から問題ないとの反応を受け取ったマーシャルは、ここで初めて勝利を確信する魂の咆哮。そして、大仕事をやってのけた英雄の元にはすぐさま仲間たちが駆け寄ってきて悲願達成を祝い合った。 なお、同試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』のフラッシュインタビューに応じた殊勲の守護神は、「同点ゴールを決められた後、チームメイトたちがそこからのプレッシャーにどれだけうまく対処したかについて正直言葉がないよ。どうやってやったのかわからないけど、特に前半以降は勝利に値した」とチームを称賛。最後に、「本当に幸せな気分だ。だけど、正直なところ、今ここ(インタビューの場)にはいたくないんだ」と、早々にインタビューを切り上げて仲間の元に向かっていった。 <div id="cws_ad">◆VAR確認後、勝利確信の魂の咆哮<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OH MAN <a href="https://t.co/eh6Ut7eWJM">pic.twitter.com/eh6Ut7eWJM</a></p>&mdash; Jim (@Barcajim3) <a href="https://twitter.com/Barcajim3/status/1327016187247661059?ref_src=twsrc%5Etfw">November 12, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad">◆圧巻のPKセーブ!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Titanic music needed <a href="https://twitter.com/hashtag/Scotland?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Scotland</a> <a href="https://t.co/km0KPrwOus">pic.twitter.com/km0KPrwOus</a></p>&mdash; David (@mcnabxi) <a href="https://twitter.com/mcnabxi/status/1327022178173415437?ref_src=twsrc%5Etfw">November 12, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.13 16:24 Fri
twitterfacebook
thumb

PK戦の末にセルビアを下したスコットランドが6大会ぶり3度目の本大会出場を決める!《ユーロ2020予選プレーオフ》

ユーロ2020予選プレーオフ・グループC決勝のセルビア代表vsスコットランド代表が12日に行われ、1-1で120分が終了。その後行われたPK戦の結果、4-5でスコットランドが勝利した。この結果、スコットランドが6大会ぶり3度目の本大会出場を決めた。 先月行われた準決勝でノルウェー代表を延長戦の末に下したセルビアと、イスラエル代表をPK戦の末に下したスコットランドのユーロ本選を懸けた一戦。 立ち上がりは積極的な入りを見せたスコットランドがペースを握るも、アタッキングサードでのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。すると、23分にセルビアの反撃に遭う。 タディッチの右クロスをボックス中央で収めたミトロビッチが後方に落とすと、ボックス手前に駆け上がったルキッチがダイレクトシュート。しかし、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 対するスコットランドは32分、C・マクレガーのパスでボックス左に侵入したJ・マッギンが左足を振り抜いたが、このシュートは相手GKのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはスコットランド。52分、敵陣でパスカットしたC・マクレガーのラストパスをペナルティアーク右で受けたR・クリスティがカットインから左足でシュート。これが右ポストの内側を叩きながらもそのままネットに吸い込まれた。 先制を許したセルビアは70分、ラゾビッチの右クロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチが頭で合わせたが、このシュートは左サイドネットに外れた。さらに85分には、カタイとのパス交換で左サイドを抜け出したムラデノビッチのクロスを中央のヨビッチが頭で合わせたが、これはわずかにゴール左に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、セルビアが粘りを見せる。90分、ムラデノビッチの左CKを中央でフリーのヨビッチが叩きつけるヘディンシュートをゴール右に流し込んだ。結局、試合は1-1のまま90分が終了。 その後に行われた延長戦でもスコアは動かず、迎えたPK戦では、5人全員が成功したスコットランドに対し、セルビアは5人目のミトロビッチが失敗。この結果、5-4でスコットランドが本大会に駒を進めた。 また、グループD決勝のジョージア代表vs北マケドニア代表は、0-1で北マケドニアが勝利。この結果、北マケドニアが初のユーロ出場を決めた。 2020.11.13 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナ影響でティアニーのシティ戦出場は困難か…アルテタが現状説明

アーセナルに所属するスコットランド代表DFキーラン・ティアニーのマンチェスター・シティ戦出場は現時点で難しいようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ティアニーは今月のインターナショナルマッチウィークでスコットランド代表に招集されていた。 だが、7日にスコットランドサッカー協会(SFA)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したサウサンプトンMFスチュアート・アームストロングと同部屋だったティアニーと、セルティックDFライアン・クリスティを濃厚接触者と認定し、2週間の自主隔離措置を講じた。 ティアニー自身はSFAが定めるソーシャル・ディスタンスなどのガイドラインを遵守し、これまでの検査で陰性が確認されている。だが、コロナウイルスに関する各種ルールは国や地域ごとに大きく異なるため、現時点では前述の隔離期間が明け、陰性が確認されない限り、起用は不可能な状況だ。 17日に敵地で行われるプレミアリーグ第5節のシティ戦を控える中、公式会見に出席したアーセナルのミケル・アルテタ監督は、チームにとって重要な主力選手であるティアニーの起用の可否について説明。 現在、クラブ、SFA、スコットランド当局との話し合いの中で解決策を探っていることを明かした。 「これは非常に複雑な状況だ。自分たちのプレーヤーを国外に派遣してコントロールを失っている」 「幾つかの当局はプレミアリーグとは異なる規制を設けている」 「我々はまだ幾つかの話し合いをしているところだが、今日(15日)の午後にはより多くの情報が得られるはずだ」 「ただ、個人の医学的な状況についてはこれ以上話せない」 最後に、スペイン人指揮官はシティ戦でティアニーがプレー可能かどうか問われると、「そうなることを願っている」と、切なる願いを口にした。 2020.10.15 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーロ予選プレーオフに臨むスコットランド、ティアニーら主力3選手がコロナ陽性で欠場へ

ユーロ2020予選プレーオフに臨むスコットランド代表で主力3選手が欠場するようだ。イギリス『BBC』が報じている。 いずれの選手も新型コロナウイルスの検査結果で陽性反応を示した。欠場となるのはDFキーラン・ティアニー(アーセナル)、MFスチュアート・アームストロング(サウサンプトン)、MFライアン・クリスティ(セルティック)の3選手。 主力3選手を欠くスコットランドは8日にイスラエル代表とのユーロ2020予選プレーオフ準決勝を、11日にUEFAネーションズリーグ2020-21でスロバキア代表戦を、14日にチェコ代表戦を戦う。 2020.10.08 01:00 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly