ドイツ代表FWヴェルナーはトルコとの親善試合を欠場へ「少し風邪をひいている」

2020.10.07 12:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが親善試合を欠場することとなった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

UEFAネーションズリーグ2020-21に臨むドイツ代表に選ばれたヴェルナー。ドイツ代表はネーションズリーグの前の7日にトルコ代表との親善試合を行う。

しかし、トルコ戦に関してはヴェルナーは欠場することになると、アシスタントコーチのマルクス・ゾルク氏が明かした。

「ティモ・ヴェルナーは少し風邪をひいている。今日はチームに加わっていない」

7日のトルコ戦は欠場することとなるヴェルナーだが、数日でチームに加わり、10日に行われるネーションズリーグのウクライナ代表戦、13日に行われるスイス代表戦に向けて準備をするとのことだ。

また、移籍市場の最後まで去就が不透明だったチェルシーのDFアントニオ・リュディガーに関しては、1日遅れでチームに合流したとのこと。しかし、ヨアヒム・レーブ監督は「彼は間違いなく明日からスタートする」と火曜日の記者会見でコメントし、トルコ戦には出場可能のようだ。

ウェルナーはRBライプツィヒから今夏チェルシーへ移籍。ここまで5試合に出場し、EFLカップのトッテナム戦でチェルシーでの初ゴールを記録していた。

なお、すでにMFトニ・クロース(レアル・マドリー)とバイエルン勢、RBライプツィヒ勢はトルコ戦を回避することが発表されている。

関連ニュース
thumb

独代表ミュラー「ハンガリーはすごくやりづらい相手」 突破かかる最終節に気引き締め

ドイツ代表FWトーマス・ミュラーがチームにより気を引き締めるよう求めた。『UEFA.com』が報じている。 ドイツは19日にユーロ2020グループF第2節のポルトガル代表戦に臨み、15分に先制を許したが、前半のうちに2つのオウンゴールで逆転すると、後半もMFカイ・ハヴァーツ、MFロビン・ゴセンズの得点で突き放しにも成功。その後、1点を返されるが、4-2の勝利を収め、今大会初白星を手にした。 これで勝敗も1勝1敗の五分となり、突破の可能性を残して最終節に。2シャドーの一角としてフル出場のミュラーは試合後、決勝トーナメント進出を決められる状況を喜びつつ、23日に行われるハンガリー代表との最終節に慢心さを振り払って挑む必要性を主張した。 「どうしても3ポイントが必要だったし、自力で決められるようになった。でも、焦点をぶらしてはダメ。ハンガリーはすごくやりづらい相手だ」 また、前回覇者ポルトガルを下しての勝利を振り返り、「今日の試合は多くの面で良かったが、いくつか改善すべき点も少なからずあった。今夜はいくつかの攻撃で力強さもあったね」と語っている。 2021.06.20 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ハヴァーツ&ゴセンズが躍動!前回王者ポルトガル撃破のドイツが今大会初勝利!《ユーロ2020》

ユーロ2020グループF第2節のポルトガル代表vsドイツが19日に行われ、2-4でドイツが勝利した。 前回王者ポルトガルと最多3度の優勝を誇るドイツが、ドイツのフースバル・アレーナ・ミュンヘンで激突した一戦。 初戦のハンガリー代表戦を3-0と快勝したポルトガルは、前節と同じ先発メンバーを起用。最前線にC・ロナウドを据えた[4-2-3-1]の布陣で、2列目は右からベルナルド・シウバ、ブルーノ・フェルナンデス、ジョタが並んだ。 一方、初戦でワールドカップ王者のフランス代表に惜敗したドイツも、前節と同じ先発メンバーを採用。最前線にニャブリを据え、ハヴァーツとミュラーを2シャドーに並べた[3-4-3]の布陣で試合に臨んだ。 強豪国同士の一戦は、立ち上がりからボールを保持するドイツが早い時間にネットを揺らす。5分、右サイドで受けたキミッヒがアーリークロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだゴセンズがジャンピングボレーでゴールネットを揺らした。 このゴールでドイツの先制かと思われたが、ゴセンズの前で飛び込んだニャブリがオフサイドの判定となり、ゴールは取り消された。積極的な入りを見せるドイツは、10分にもハヴァーツのミドルシュートがゴール右隅を捉えたが、これはGKルイ・パトリシオの好セーブに弾かれた。 押し込まれる時間の続いたポルトガルだったが、カウンターから最初のチャンスで試合を動かす。15分、自陣CKのセカンドボールを拾ったベルナルド・シウバが右サイドを持ち上がると、中盤から対角にロングパスを供給。これをボックス左で収めたジョタがGKを引きつけて中央に折り返すと、最後はC・ロナウドが無人のゴールに流し込んだ。 先制されるも6割程度のボールポゼッションを維持するドイツは、両サイドを経由し何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、なかなか決定的な場面を作り出すことができない。それでも35分、キミッヒの右クロスからボックス左でフリーのゴセンズがダイレクトクロスを供給すると、ルベン・ディアスのクリアミスがゴール右隅に突き刺さった。 同点弾で勢いづくドイツは、39分にもミュラーの左クロスをゴール前に抜け出したハヴァーツがフリック。ゴール右に逸れたボールをキミッヒがダイレクトで折り返すと、ブロックに戻ったラファエウ・ゲレイロに当たったボールがゴールに吸い込まれた。 迎えた後半、1点を追うポルトガルはベルナルド・シウバを下げてレナト・サンチェスを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはドイツだった。51分、右サイドから細かなパスワークで中央に切り込むとミュラーのパスをボックス左で受けたゴセンズがダイレクトクロス。最後は走り込んだハヴァーツが難なくゴールに流し込んだ。 さらにドイツは60分、キミッヒの右クロスをファーサイドでフリーのゴセンズがヘディングシュートを突き刺し、4点目。直後にドイツはゴセンズとフンメルスを下げてハルステンベルクとジャンをピッチに送り出した。 3点差をつけられたポルトガルは、67分に反撃。左サイド獲得したFKからモウティーニョがクロスを供給すると、ゴールエリア右に駆け上がったC・ロナウドの折り返しをジョタがゴールに押し込んだ。 1点を返したポルトガルは、79分にもショートコーナーからボックス左手前でボールを受けたレナト・サンチェスが左ポスト直撃の強烈なミドルシュートでドイツゴールを脅かす。 その後も一進一退の攻防が続いたが、最後までスコアは動かず。前回王者から4得点を挙げたドイツが今大会初勝利。一方のポルトガルは、1勝1敗とし3戦目のフランス戦に臨むことになった。 2021.06.20 02:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表、クロステルマンが約2週間の離脱でグループステージ全休に

ライプツィヒのドイツ代表DFルーカス・クロステルマンが太ももを負傷した。 ドイツ『キッカー』によればクロステルマンは16日の練習中に負傷。少なくとも2週間の離脱になり、ユーロ2020のグループステージはもとより、6月下旬に行われるラウンド16に進出してもプレーできない可能性が高い。 初戦のフランス代表戦では出場機会のなかったクロステルマン。黒星スタートとなったドイツのヨアヒム・レーブ監督の選択肢を狭める離脱となってしまった。 2021.06.18 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キックオフ前に空からピッチに侵入で負傷者が…UEFAが危険行為に声明「必要な措置を講じる」

15日に行われたユーロ2020グループF第1節、フランス代表vsドイツ代表の一戦であわや大惨事という事態に陥った。 キックオフ直前、両チームの選手がピッチに散っていく中、スタジアム上空から黄色いパラグライダーに乗った人物が、かなりのスピードに乗ってピッチへと着陸。スタジアムは騒然となった。 イギリス『ガーディアン』によると、この流れでキックオフが遅れただけでなく、数名が負傷。パラグライダーはカメラを運ぶワイヤーに絡まり、その破片がピッチとスタンドに落下したとのことだ。 この乱入者のもとにはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが駆け寄り無事を確認していたが、医師の診察を受けた後に警備員に連れ去られた。 この人物は国際環境NGO『GREENPEACE』のメンバーで、パラシュートには「KICK OUT OIL!」という言葉と団体名が書かれていた。 『ガーディアン』は、今回の事態を受けたユーロを主催する欧州サッカー連盟(UEFA)の声明を伝えている。 「今夜のミュンヘンでのフランスとドイツの試合が始まる少し前に、抗議者が空中からスタジアムに侵入し、ピッチに着陸しようとしました」 「この軽率な行為は、この試合に関わる多くの人々に非常に深刻な影響をもたらす可能性があり、数人を負傷させ、彼らは現在入院中です。法務当局は必要な措置を講じます」 「UEFAとそのパートナーは、ユーロ2020で持続可能な社会のために全力で取り組んでおり、二酸化炭素排出量を削減するために多くの施策を実施しています。幸いなことに、試合はこのような無謀で危険な行動の影響を受けませんでしたが、それでも数人が負傷しました」 また、『GREENPEACE』のドイツ語版ツイッターは、一連の行動を「大会のスポンサー(フォルクスワーゲン)に対し、気候に悪影響を与えるディーゼル車とガソリン車の販売を中止させることを目的としていた」と説明。 負傷者が出たことに関しては、「本日の一連の事態について謝罪します。#Greenpeaceの行動において、技術的な不具合により緊急着陸を行い、1人が負傷したようです。 皆様のご健勝をお祈り申し上げます」と謝罪している。 <span class="paragraph-title">【動画】かなりのスピードでパラグライダーが突っ込む…</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kufwVIwtF8U" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.06.16 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

デシャン監督、試合前に不届き者侵入で被害被る

15日に行われたロ2020グループF第1節のドイツ代表戦で、フランス代表のディディエ・デシャン監督が傷を負う事態に見舞われていた。 今大会の最激戦区であるグループFの初戦となったこのカード。第1節としては全グループにおいて最好カードとして注目を浴びたが、そのキックオフ直前に事件が発生した。 舞台となったフースバル・アレーナ・ミュンヘンの上空から突如一人のパラグライダーがピッチへ着陸。黄色いパラシュートには「KICK OUT OIL!」というメッセージと、その男の所属組織を表す『GREENPEACE』の文字が書かれており、国際環境NGOである同団体は事件後、「大会のスポンサー(フォルクスワーゲン)に対し、気候に悪影響を与えるディーゼル車とガソリン車の販売を中止させることを目的としていた」と説明した。 幸運にも大きな被害は無く、試合も無事に執り行われたのだが、着陸直前にパラシュートがカメラを運ぶワイヤーに絡まり、その破片が落下。これを避けようとしたデシャン監督がベンチで軽傷を負っていたようだ。また、数名の負傷者も確認されており、入院中の者もいるとのこと。 試合後、デシャン監督は状況を振り返りながら、無事であることを報告している。 「(アシスタントコーチの)ガイ・ステファンと一緒に非難した時、ベンチでケガを負った。小さなコブができてしまったよ。だが問題ない。もっと深刻なケガになる恐れもあったが、幸運にもそうはならなかった」 なお、試合は1-0でフランスが勝利。初戦で見事に白星を手にしている。 2021.06.16 15:14 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly