ヘルタ、アーセナルからゲンドゥージをレンタル移籍で獲得!

2020.10.06 03:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは5日、アーセナルからU-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得した。背番号は8を着用する。2018年夏にロリアンからアーセナルに加入したゲンドゥージは、移籍初年度からウナイ・エメリ前監督の信頼を勝ち取ると、公式戦48試合に出場するなどブレイク。

昨季も主力として順調に出場数を重ねていたが、ミケル・アルテタ監督就任以降は序列を落とし始めると、6月のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でフランス人FWニール・マウペイと一悶着を起こしたのをきっかけに完全に信頼を失い、ベンチ外が続いていた。

そのゲンドゥージには今夏、恩師であるエメリ監督の就任したビジャレアルやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、バルセロナらビッグクラブが関心を示していたが、フランス代表として来夏に開催予定となっているユーロ2020の出場を目指す同選手は、より出場機会の得られる可能性が高いヘルタ・ベルリンへの移籍を選択した。

ヘルタ・ベルリンへの移籍が決まったゲンドゥージは、公式サイトで以下のように意気込みを語った。

「首脳陣との話し合いで僕は確信できた。僕は個人の成長のためでなく、クラブ全体のステップアップの手助けをしたいと思っている。僕はヘルタとベルリンのために戦うよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ハーランドが後半に4発のドルトムントがヘルタに逆転勝利!神童ムココが16歳でデビュー!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第8節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、5-2で逆転勝利した。 前節バイエルンに一歩及ばず敗れ、3位に後退したドルトムント(勝ち点15)は、代表帰りのサンチョやベリンガム、レイナらがベンチスタートに。そして16歳となった神童ムココが初めてベンチ入りを果たした。 12位ヘルタ・ベルリン(勝ち点7)に対し、3バックに戻したドルトムントは[3-4-2-1]で臨み、最前線にハーランド、2シャドーにロイスとブラントが構えた。 オープンな展開でスタートした中、8分にルケバキオのミドルシュートでゴールに迫られたドルトムントは17分、ロイスがオンターゲットのシュートを記録する。 徐々にドルトムントがポゼッションを高める展開となったが、33分にヘルタに先制された。ルケバキオのパスを受けたマテウス・クーニャに豪快なミドルシュートを叩き込まれた。 追う展開となったドルトムントはハーフタイムにかけて、フラットな[4-4-2]のブロックを作るヘルタを崩せず1点ビハインドのまま前半を終えた。 それでも迎えた後半開始2分に追いつく。ロイスのダイレクトパスでボックス右に抜け出したジャンのクロスをハーランドが押し込んだ。 さらに2分後、ドルトムントが一気に逆転する。ブラントのスルーパスでボックス左に侵入したハーランドがGKとの一対一を難なく制した。 逆転後、試合をコントロールしたドルトムントは62分、相手のバックパスミスをカットしたハーランドがGKとの一対一を制してハットトリック達成。 70分にはラファエウ・ゲレイロにもゴールが生まれ、4-1とした中、78分にPKでヘルタにゴールを許すも1分後にハーランドがこの試合4点目を決める。 そして85分にはムココが投入され、16歳1日でブンデスデビューを飾ったドルトムントが終わってみれば圧勝で首位バイエルンに1ポイント差としている。 2020.11.22 06:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、今夏加入のコルドバが左足首のじん帯損傷で年内全休へ

ヘルタ・ベルリンは8日、コロンビア人FWジョン・コルドバが左足首の負傷で戦線離脱することを報告した。 コルドバは7日に行われたブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦に先発。前半終了間際の44分には、ボックス内でウドゥオカイに倒され先制点となるPKを獲得。しかし、このプレーで左足首を負傷。そのままピッチを後にしていた。 ヘルタ・ベルリンが発表した検査結果によると、コルドバは左足首じん帯損傷で当面は戦列を離れるとのこと。 なお、ドイツ『キッカー』によれば、その後のメディア対応でブルーノ・ラバディア監督は「年内は起用できないものと想定している。これは非常に残念なことだよ」と、コルドバの復帰が新年になる可能性を示唆した。 今夏にケルンからヘルタ・ベルリンへ加入したコルドバは、ここまでブンデスリーガ全試合に出場3ゴールを記録していた。 2020.11.09 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、ヘルタにシャットアウト勝利で2勝目《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは17日、ブンデスリーガ第4節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節レバークーゼン戦を引き分けに持ち込んだシュツットガルトは、コートジボワール代表戦でフル出場し存在感を示した遠藤が4試合連続ボランチでスタメンとなった。 前節バイエルン相手に派手な打ち合いを演じたヘルタに対し、ポゼッションを譲る入りを見せたシュツットガルトは、8分に決定機。左クロスにカラジッチが頭で合わせたシュートが左ポストに直撃した。 それでも1分後、シュツットガルトが先制する。左サイドからのディダヴィのFKからケンプフのヘディングシュートが決まった。 先制後も自陣に構えながら耐えるシュツットガルトは33分にワマンギドゥカのシュートで牽制。ハーフタイムにかけても守勢に回ったシュツットガルトがヘルタの攻撃を封じて前半を終えた。 後半からルケバキオを投入してきたヘルタに対し、53分にピンチ。GKコベルがバックパス処理をもたついたところをルケバキオにプレスされ、ルーズボールをクーニャにシュートされたが、コベルが自身のミスをカバーした。 すると68分、耐えたシュツットガルトが加点する。ゴール正面からカストロの放ったミドルシュートがゴール左に決まった。 終盤にかけては危なげない試合運びを見せたシュツットガルトが試合をクローズ。2-0でシャットアウト勝利を飾り、2勝目を挙げている。 2020.10.18 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ゲンドゥージが新型コロナウイルス陽性反応、アーセナルからレンタル中もヘルタ・ベルリンは被害なし

ヘルタ・ベルリンは15日、U-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したと発表した。 クラブの発表によると、ゲンドゥージはU-21フランス代表の活動に参加。13日にチームへと戻り、予定通り検査を実施。14日の午後は個別トレーニングを実施していたが、その後に陽性反応が出たとのこと。2度目の検査を14日の夕方に行ったところ、再び陽性反応を示したとのことだ。 ゲンドゥージは無症状であり、元気に過ごしているというが、2度の陽性反応により10日間の隔離措置をとることが決定した。 移籍最終日にアーセナルからのレンタル移籍が発表されていたゲンドゥージだが、そのまま代表の活動に入ったため、チームメイトやスタッフとは一度も接触がなく、チームとしては問題は起こっていないようだ。 前述の通り、ゲンドゥージは昨シーズンの終盤からミケル・アルテタ監督の信頼を失い出場機会を失い、今シーズンもメンバーに入ることなくレンタル移籍することが決定していた。 2020.10.15 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタ入りのゲンドゥージが明かす移籍経緯 「プレー時間が僕の最優先事項だった」

ヘルタ・ベルリンのU-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(21)が今夏の移籍劇に言及した。 ゲンドゥージは2018年夏にロリアンからアーセナルに加入して、初年度から公式戦48試合(1得点2アシスト)に出場。翌シーズンも公式戦34試合(3アシスト)の出番を手にしたが、新型コロナウイルスによる中断明けの今年6月20日に行われたプレミアリーグ第30節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で愚行を働いて以降、1分たりともピッチに立てず、今夏にシーズンローンという形でヘルタ移籍が決定した。 代表ウィーク明け後の新天地デビューが予想されるゲンドゥージは8日に行われたU-21フランス代表の一員として戦ったU-21リヒテンシュタイン戦後、フランス『Canal+』で移籍の経緯を明かした。 「アーセナルでの時間が終わったというわけじゃない。僕は今年、ただただプレー時間が必要で、それこそが最も大事だった。まだ21歳で若いから、プレー時間が僕の最優先事項だったんだ」 「そういうわけで、ヘルタ・ベルリンに行った。壮大なリーグで自己表現ができると思っている。彼らは大きな野心を持ったすごく良いチームだ。だから、シーズンローンでの移籍を決めた」 「あのチームのために全力を尽くす。プレータイムが必要で、プレーが必要で、ピッチ上で楽しむことも必要だった。今年の僕のすべきことだ」 2020.10.10 08:30 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly