ヘルタ、アーセナルからゲンドゥージをレンタル移籍で獲得!

2020.10.06 03:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは5日、アーセナルからU-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得した。背番号は8を着用する。

2018年夏にロリアンからアーセナルに加入したゲンドゥージは、移籍初年度からウナイ・エメリ前監督の信頼を勝ち取ると、公式戦48試合に出場するなどブレイク。

昨季も主力として順調に出場数を重ねていたが、ミケル・アルテタ監督就任以降は序列を落とし始めると、6月のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でフランス人FWニール・マウペイと一悶着を起こしたのをきっかけに完全に信頼を失い、ベンチ外が続いていた。

そのゲンドゥージには今夏、恩師であるエメリ監督の就任したビジャレアルやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、バルセロナらビッグクラブが関心を示していたが、フランス代表として来夏に開催予定となっているユーロ2020の出場を目指す同選手は、より出場機会の得られる可能性が高いヘルタ・ベルリンへの移籍を選択した。

ヘルタ・ベルリンへの移籍が決まったゲンドゥージは、公式サイトで以下のように意気込みを語った。

「首脳陣との話し合いで僕は確信できた。僕は個人の成長のためでなく、クラブ全体のステップアップの手助けをしたいと思っている。僕はヘルタとベルリンのために戦うよ」

コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメンが敵地でヘルタに4発快勝!大迫は終盤の投入で見せ場なし《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは23日、ブンデスリーガ第18節でヘルタ・ベルリンと対戦し4-1で勝利した。大迫は85分からプレーしている。 前節ボルシアMGに惜敗した13位ブレーメン(勝ち点18)が、3試合勝利のない14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)のホームに乗り込んだ一戦。大迫は3試合連続のベンチスタートとなった。 試合が動いたのは10分、左クロスをボックス内でゼルケが落とすと、これに反応したシュミットがミッテルシュタットのスライディングタックルで足を踏まれ、ブレーメンがPKを獲得。このPKをゼルケがゴール右に突き刺した。 先制したブレーメンだったが、すぐにヘルタ・ベルリンの反撃に遭う。19分、ボックス右から切り込んだマテウス・クーニャをエンボムが倒してしまいPKを献上。しかし、マテウス・クーニャのPKはGKパブレンカが完璧なシュートストップを披露し難を逃れた。 ピンチを凌いだブレーメンは、セットプレーから追加点を奪う。29分、ビッテンコートの右CKをニアに走り込んだトプラクが頭で合わせると、これがゴール右に突き刺さった。 その後、前半終了間際にコルドバのゴールで1点を返されたブレーメンだが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、積極的な入りを見せたヘルタ・ベルリンに対しブレーメンは57分に追加点を奪う。バイタルエリア手前でパスを受けたM・エッゲシュタインがゴール前にパスを送ると、絶妙なタイミングで飛び出したビッテンコートがワントラップから反転しシュートを流し込んだ。 リードを広げたブレーメンは、77分にもサージェントが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺し、4点目。その後、85分に4人目の交代カードとして大迫が投入されたが、シュートなどの見せ場は訪れず。 結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ。アウェイで快勝したブレーメンは、順位を一つ上げて12位に浮上している。 2021.01.24 04:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトがヘルタにシャットアウト勝利、堂安はポスト直撃のシュート《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは10日、ブンデスリーガ第15節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、1-0で勝利した。ビーレフェルトのMF堂安律は94分までプレーしている。 前節ボルシアMG戦を力負けした16位ビーレフェルト(勝ち点10)は、堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで開幕から15試合連続スタメンとなった。 12位ヘルタ・ベルリン(勝ち点16)に対し、ポゼッションを譲る入りとしたビーレフェルトは、自陣に構えてヘルタの攻撃を受け止めていく。 重心が重く攻撃には転じられずにいた中、ビーレフェルトは35分にPKを獲得しかける。堂安のパスを受けた右サイドのブルナーがクロスを上げると、ボックス内のクロスがシュタルクに倒されたとしてPK判定となった。 しかしVARが入った末、ノーファウル判定となり、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ビーレフェルトが前がかる入りとすると、64分に先制した。ロングスローの流れからルーズボールをボックス左のヤボが豪快に左足で蹴り込んだ。 先制したビーレフェルトは70分に堂安が追加点に迫る。右サイドからカットインした堂安が左足を一閃。シュートは惜しくも左ポストに直撃した。 終盤にかけてもビーレフェルトはヘルタの反撃を許さずシャットアウト勝利。今季4勝目を挙げた。 2021.01.11 04:02 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ヘルタの19歳チュニジア代表DFレキクを獲得

アーセナルは7日、ヘルタ・ベルリンに所属するチュニジア代表DFオマル・レキク(19)の獲得を発表した。 昨年10月にチュニジア代表に初選出されたレキクは、セビージャの元オランダ代表DFカリム・レキク(26)を実の兄に持つ。これまでマンチェスター・シティやマルセイユなど兄が在籍したクラブのアカデミーを渡り歩いてきた。 ヘルタではトップチームデビューは果たしていないものの、兄譲りの高い身体能力と守備的MFでもプレー可能な足下の技術を兼ね備えた有望なセンターバックだ。 なお、アーセナルは現時点でレキクを即戦力として考えておらず、U-23チームで実戦を積ませるとしている。 2021.01.08 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルリン・ダービー退場のウニオンMFアンドリッヒが3試合の出場停止

ドイツサッカー協会(DFB)は9日、ウニオン・ベルリンのドイツ人MFロバート・アンドリッヒを3試合の出場停止処分とした。 アンドリッヒは4日に行われたブンデスリーガ第10節ヘルタ・ベルリンとのダービーで先発するも、24分に相手MFリュカ・トゥザールに対して足裏を見せたタックルにより一発退場となっていた。 アンドリッヒは今季のブンデスリーガで10試合に出場して3ゴールを挙げ、6位と躍進しているウニオンの中心選手として活躍していた。 2020.12.10 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太復帰の10人ウニオン、ピョンテクの2発に沈みヘルタとのダービー逆転負け《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは4日、ブンデスリーガ第10節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節フランクフルト戦を3-3と打ち合って引き分けた6位ウニオン(勝ち点16)は、ハムストリングの負傷が癒えた遠藤が3試合ぶりに復帰しベンチスタートとなった。 13位ヘルタ(勝ち点8)とのベルリン・ダービー。自陣に引いてヘルタにボールを譲る展開としたウニオンは20分に先制する。イングヴァルトセンのスルーパスでボックス左に侵入したアウォニーがシュートを決めきった。 しかし23分、退場者を出してしまう。アンドリッヒがルーズボールを奪いに行くと、頭でボールを触りにかかったトゥザールの頭に高く上げた足が入ってしまった。 不運な形で10人となったウニオンは[5-3-1]で構えてヘルタの攻撃に対処。1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、ピョンテクとディルロスンを投入してきたヘルタに対し、引き続き守勢に回ったウニオンは51分に同点とされる。マテウス・クーニャのミドルシュートをGKが弾くと、ルーズボールをボックス右に詰めていたペカリークに蹴り込まれた。 同点となって以降もウニオンは引き続き守備ブロックを形成。しかし74分に逆転される。ディルロスンの左クロスを受けたボックス中央のピョンテクに反転から左足を振り抜かれると、ディフレクトしたシュートがゴールに吸い込まれた。 さらに77分、ディルロスンのクサビのパスがルーズとなったところをボックス中央のピョンテクにボレーで蹴り込まれ、リードを広げられてしまう。 追加タイムにはエースのクルーゼが負傷退場した中、1-3で敗れたウニオンは開幕節以来となる敗戦を喫している。 2020.12.05 06:31 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly