シーズン初戦で2ゴールのバルサFWアンス・ファティが同僚メッシを語る「一緒にプレーするのは子供の頃からの夢」

2020.09.28 12:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティがビジャレアル戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。バルセロナは27日、ラ・リーガ第3節でビジャレアルと対戦。ロナルド・クーマン監督を迎えた今シーズン最初の公式戦となったが、15分にジョルディ・アルバのアシストからアンス・ファティがネットを揺らし先制。19分にはロングカウンターからフィリペ・コウチーニョのパスを受けたアンス・ファティが2点目を決める。

35分にはPKを獲得するとリオネル・メッシが冷静に決めて3点目。終了間際にはオウンゴールで追加点を挙げて、前半だけで4点リード。そのまま逃げ切って勝利した。

アンス・ファティはシーズン初戦を振り返り、メッシとともにプレーしたことについて改めてコメント。大きな助けとなっていると語った。

「メッシとプレーすることは子供の頃からの夢だったけど、今ではそれが実現できるようになった」

「彼はいつも僕を助けてくれるし、アドバイスをくれる。僕はとても幸せだよ。彼はピッチでもピッチ外でもトレーニングでも僕を大いに助けてくれる」

「僕は最高の選手とプレーしている。真実は、すべての試合とすべてのチャンスで、僕はイリュージョンに遭遇するんだ」

今シーズンの公式戦初ゴールを決めたアンス・ファティだが、貪欲にゴールを求めていくとコメント。チームとしては常に改善していきたいと語った。

「ストライカーがそれを手にした時、もっと欲しがるものだ。最初のゴールはジョルディ(・アルバ)のパスがとても良かった。僕はそれに合わせるだけだった」

「前半にも見られたと思うけど、僕たちは本当に改善し続けたいと思っている。これは前に進むための方法だよ」

「僕が望んでいるのは日々改善し続け、最高のチームメイトから学び続けルコとだ。彼らはいつだって最高だし、僕を毎日助けてくれる」
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスとの古巣戦控えるピャニッチ「非常に難しい試合になる」

バルセロナのボスニアヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが古巣戦を前に思いを語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第2節でユベントスのホームに乗り込むバルセロナ。今夏にユベントスから加入したピャニッチにとっては古巣対決となる。 そんな一戦を前に会見に臨んだ同選手は、古巣戦を「楽しみ」と語りながらも、互いに首位を目指すチーム同士の対決に難しい試合になると話している。 「バルセロナでプレーできてとても嬉しいよ。ここに居られて興奮している。ユベントスでは素晴らしい4年間を過ごした。あそこには良い思い出がある。皆に会えるのが楽しみだよ」 「でも(ユベントス戦は)難しい試合になる。相手も僕らたちと同じように首位を目指しているはずだからね。準備が必要だ」 そう語ったピャニッチだが、ここまで公式戦3試合の出場のみ。この現状に「もっとプレーしたい」と語りながらも、適応が順調だと強調している。 「プレーしたいと思うのは普通のことだ。今後そうなることを願っている。だが、今のところ順調だよ。コロナウイルスのせいで合流が遅れたけど、コンディションは良いからチャンピオンズリーグとラ・リーガでチームを助けたい。必ず貢献できるはずさ」 「ラ・リーガでは望んでいる状況ではないが、チームがうまくやっていくことだけに集中している。シーズンはまだまだ長い。持っているクオリティを示せれば、偉大なことが成し遂げられると思う」 2020.10.28 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第2節プレビュー②】ユーベvsバルサのビッグマッチ開催!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節の8試合が28日に開催される。ここではE~Hの第2節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループE:4チームが初勝利を目指す <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 FCクラスノダールvsチェルシー 《29:00》 セビージャvsレンヌ 突破候補のチェルシーとセビージャが勝ち点1を分け合い、レンヌとFCクラスノダールも引き分けに終わったグループE。迎える第2節では初勝利を懸けて4チームが激突する。 ホームでセビージャにゴールレスドローに終わったチェルシー。負けられない気持ちが先行する内容となった中、クラスノダールとのアウェイ戦は勝ちにいきたい一戦となる。直近のマンチェスター・ユナイテッド戦でも守備から入った中、ゴールレスドローに終わったチェルシーは、リスクを負ってゴールを奪いに行けるか。ランパード監督の手綱捌きに注目だ。 セビージャはラ・リーガでは格下相手にここ2試合連敗と躓いている。直近のエイバル戦では終盤の猛攻虚しく0-1の逃げ切りを許したが、同じく公式戦4試合勝ちのない(3分け1敗)レンヌをサンチェス・ピスファンに迎え、流れを変える勝利を掴めるか。 ◆グループF:黒星スタートのドルトムントとゼニトが対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 ドルトムントvsゼニト クラブ・ブルージュvsラツィオ 首位通過の本命であると思われたドルトムントがラツィオに敗れたグループF。また、グループ最弱と見られたクラブ・ブルージュがアウェイでのゼニト戦で勝利をもぎ取っている。迎える第2節は黒星スタートとなったドルトムントとゼニトが対戦する。 ラツィオ戦では相手のカウンターにハマり、1-3と完敗したドルトムント。まずい試合を見せてしまったが、直近のシャルケとのレヴィア・ダービーでは4バックに変更した中で勝利を取り戻し、ブンデスリーガでは4勝1敗と好スタートを切った。突破のためには確実に勝利が求められる中、今季もさすがの得点力を発揮しているFWハーランドの活躍に期待が懸かる。 12シーズンぶりのCL出場でドルトムント相手に勝利を飾ったラツィオは、クラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨む。グループの本命相手に実力を出し切れたチームは、直近のボローニャ戦では後半に反撃に転じ、2-1と逆転勝利を飾った。こちらもエースのFWインモービレが得点をコンスタントに重ね、公式戦連勝と勢いに乗れそうな中、クラブ・ブルージュを下して2連勝スタートとなるか。 ◆グループG:本命の2強が激突! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 ユベントスvsバルセロナ フェレンツヴァーロシュvsディナモ・キエフ グループGの開幕節では本命の2強が順当に白星スタートを切った。その2強が第2節で激突する。 ディナモ・キエフとの開幕節では内容が芳しくないながらFWモラタの2ゴールで辛勝したユベントス。ただ、セリエAでは格下相手にここ2試合引き分けと躓いている。直近のヴェローナ戦ではFWディバラの先発復帰で攻撃面が大幅に改善したが、VARにも泣いて勝ち切るには至らなかった。ピルロ新監督への風当たりが益々強くなっている中、引き続きFWロナウドをコロナで欠き、さらにDFボヌッチが負傷と流れが悪いが、急造バックラインでFWメッシを止めることができるか。 一方、開幕節を5発圧勝してフェレンツヴァーロシュとの格の違いを見せつけたバルセロナだったが、レアル・マドリーとのクラシコでは疑惑のPK判定も響いて、ラ・リーガでは2連敗となった。こちらもクーマン監督への風当たりが強くなりそうな中、クラシコでは攻撃を牽引していたMFコウチーニョが負傷し欠場が濃厚。メッシは当然ながら、リーガで早くも4ゴールを挙げているFWアンス・ファティの活躍に期待だ。 今夏の移籍市場でトレードの形となったMFピャニッチとMFアルトゥールの出場があれば、彼らのプレーにも要注目だ。 ◆グループH:PSG下したユナイテッドがライプツィヒと対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 イスタンブールBBSKvsパリ・サンジェルマン 《29:00》 マンチェスター・ユナイテッドvsライプツィヒ グループHの開幕節ではPSGとユナイテッドが対戦し、ユナイテッドが終盤のFWラッシュフォード弾で2-1と競り勝った。大きな勝利を手にしたユナイテッドが第2節で昨季ベスト4のライプツィヒをオールド・トラフォードに迎える。 PSGを下す好スタートを切ったユナイテッドはプレミアリーグでは直近のチェルシー戦では優勢に試合を進めた中、相手GKメンディの好守もあって0-0で引き分けた。FWカバーニもデビューを果たした中、徐々に調子が上向きなユナイテッドは、突破候補のライバルであるライプツィヒを叩いて連勝発進となるか。 一方、イスタンブールBBSK相手に伏兵DFアンヘリーニョの2ゴールで白星スタートとしたライプツィヒは、ブンデスリーガでも好スタートを切っている。4勝1分けで首位に立つチームは、直近のヘルタ・ベルリン戦では相手に退場者が出た中、2-1と競り勝った。相手によってシステムを変えてくる知将ナーゲルスマン監督がユナイテッド相手にどんな戦術を用意してくるかが楽しみだ。 そしてホームでユナイテッドに敗れて黒星スタートとなったPSGは、必勝のイスタンブールBBSKとのアウェイ戦に臨む。 2020.10.28 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、最新検査でもコロナ陽性…メッシとの2年半ぶりの対決は実現せず

期待されていたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの世紀の対決は水の泡となってしまったようだ。 現フットボール界の二大巨頭であるC・ロナウドとメッシ。前者がかつてレアル・マドリーに在籍していた頃は、ラ・リーガで幾度となくしのぎを削ってきた両雄だが、ユベントスに移籍した2018年夏以来、2人がピッチの上で顔を合わせることはなかった。 そんな中、今季のチャンピオンズリーグ(CL)ではユベントスとバルセロナが同じグループGに入り、最後に戦った2018年5月から2年半ぶりの対決が期待されていた。 しかし、C・ロナウドは今月13日に新型コロナウイルスに感染。その後、21日の検査でも陽性反応が確認されると、イタリア『メディアセット』によれば、28日のバルセロナ戦前の検査でも三度陽性に。この結果、ポルトガル代表FWはバルセロナ戦の欠場が確定。メッシとの共演は持ち越しとなってしまった。 ユベントスとバルセロナは、互いにCL開幕節で白星を飾っており、連勝を懸けた一戦になる。なお、両チームの次の対戦は12月8日に予定されている。 2020.10.28 13:52 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、バルトメウ会長辞任へ! 前日の否定から一転…

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が27日に辞任を決断したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』など複数の地元メディアが伝えている。 バルセロナではバルトメウ会長率いるクラブ理事会の不信任投票を求める署名が集まり、同投票の実施が決定。これにより、不信任での解任ではなく辞任を決断するかに思われていた中、バルトメウ会長は26日に「辞任が頭をよぎったことは一度もない」と、その可能性を否定していた。 だが、『ムンド・デポルティボ』によると、同会長はその発言からわずか1日後となった27日に翻意し、自身を含むクラブ理事会全員の辞任を決断したという。 その背景にはカタルーニャの地元当局に対して要請していた投票の延期が、27日午前に却下されたことも一因としてあるようだ。 2014年1月にバルセロナの会長に就任したバルトメウ会長は在任期間に4度のラ・リーガ優勝、1度のチャンピオンズリーグ制覇、4度のコパ・デル・レイ制覇をもたらした。 その一方で、ブラジル代表FWネイマール(現パリ・サンジェルマン)の獲得を巡る汚職問題、クラブ運営に関して多くの批判を浴び、今夏には絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団希望を公言するなど、多くの混乱をもたらしていた。 通常通りであれば、任期は2021年6月までとなっていたが、このタイミングでクラブを離れる決断に至った。 2020.10.28 04:41 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナが流れるような連携で鉄壁のビルバオディフェンスをこじ開ける【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バルセロナが堅牢なビルバオディフェンスをこじ開ける<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkVEhwRmFYYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> オランダでの欧州デビューを経て、リバプールで世界屈指のストライカーとしてブレイクを果たしたスアレス。2014年夏にバルセロナに引き抜かれると、主力の1人としてゴールを量産した。 抜群のスキルと天性のセンスで相手DFを翻弄するスアレスだが、2016年1月27日に行われた、コパ・デル・レイ準々決勝のアスレティック・ビルバオとの2ndレグでは、美しい連携からゴールを決めている。 前半にビルバオに先制を許し、0-1とバルセロナのビハインドで迎えた53分、ブロックを作って守りを固めてくる相手に対して、相手陣内中央付近でボールを持ったMFセルジ・ロベルトが相手最終ラインの裏へ浮き球のスルーパスを送る。 完璧なタイミングで裏へ動き出したFWリオネル・メッシがパスを受け、ボックス内に侵入すると、ゴール前へ横パス。走り込んだMFイバン・ラキティッチがダミーとなり相手を引きつけながらパスをスルーすると、ファーポストでスアレスがこれに合わせ、見事な同点弾となった。 このゴールで硬いビルバオディフェンスを崩し追いついたバルセロナ。終盤に勝ち越しに成功し、3-1と逆転勝利を収めている。 2020.10.27 19:30 Tue
twitterfacebook