ハーフタイムに退場したWBAのビリッチ監督、最悪2試合のベンチ入り停止に

2020.09.22 19:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)のスラヴェン・ビリッチ監督に対し、イングランドサッカー協会(FA)が調査を行うようだ。

ビリッチ監督は、19日に行われたプレミアリーグ第2節のエバートン戦で、前半終了後に主審のマイク・ディーン氏に執拗に抗議。その際、レッドカードが提示され、退席処分となっていた。

FAはこの件に関し「9月19日のプレミアリーグのエバートン戦のハーフタイムにおけるWBAの監督の言動、フィールドでの行動は、不適切な行為である」と声明を発表した。

なお、この際に虐待的な言葉や侮辱的な言葉を使用していた場合は、最大で2試合のベンチ入り禁止措置がとられることになる。

前半アディショナルタイム。左サイドでキーラン・ギブスハメス・ロドリゲスが接触。ハメスが体を当てに行ってボールを奪いに行った際、ギブスがハメスの顔面にパンチを見舞い一発退場となった。

しかし、ビリッチ監督はこの行為ではなく、エバートンの同点ゴールのシーンについて審判に訴えに言ったとのこと。「アナリストが彼らの最初のゴールの前にファウルがあったと私に言った」と主張し、その抗議をしにいったことが退場になったと語っていた。

「監督として、私はレフェリーに何が起きたのかを尋ねる状況にあった」

「試合が進行中というわけではなく、ハーフタイムであり、誰もいなかった。私は不満な態度で彼に尋ねたが、一線は越えなかった。それでも私はレッドカードをもらった」

「監督として、境界線を越えていなければ、その権利を持っている。我々を殺したいと思うなら、我々を殺せばいいと彼に言った。それだけだ」

結果として、ドミニク・キャルバート=ルーウィンにキャリア初のハットトリックを決められるなど、5-2で惨敗に終わったWBA。追加での処分が下されないことを願うばかりだ。

関連ニュース
thumb

英2部QPR、チャーリー・オースティンの“完全”復帰を発表! 今年1月にWBAからレンタル

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のQPRが元イングランド代表FWチャーリー・オースティン(31)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 レンガ積み職人として働く傍ら、イングランドの下部リーグを渡り歩くなかで、着実にステップアップを図ってきたオースティン。2013年夏にチャンピオンシップのQPRへと加入し、プレミアリーグ昇格に導いた。 その後はサウサンプトンを経て、2019年夏にWBAに加入したが、振るわず。今年1月から古巣のQPRへとレンタル復帰すると、19試合出場で8ゴールを記録し、復活を印象づけたが、保有元のWBAが先日に契約満了による退団を発表した。 来季以降もQPRでプレーすることが決まったオースティンはクラブ公式サイトを通じて「僕はこのクラブのすべてが好きなんだ。QPRは家族のようなものであり、僕に合ったクラブだよ」と喜んだ。 2021.06.04 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

WBAがロブソン=カヌやイバノビッチら7名の退団を発表

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したWBAは27日、7選手の退団を発表した。 今シーズン限りで退団が発表された選手は、FWハル・ロブソン=カヌ(32)、FWチャーリー・オースティン(31)、FWカイル・エドワーズ(23)、MFカミル・グロシツキ(32)、DFブラニスラフ・イバノビッチ(37)、DFリー・ペリティエル(34)、GKアンディ・ロナーガン(37)となる。 2016年の夏にWBAに加入したロブソン=カヌは、在籍5シーズンで公式戦154試合に出場し24ゴールを記録。今季もプレミアリーグ19試合を含む公式戦21試合で5ゴールに終わっていた。 オースティンは2019年の夏に加入。加入初年度はチャンピオンシップで10ゴールを記録し昇格に貢献したが、今季は出場機会に恵まれず、今年1月からは古巣のQPRにレンタル移籍していた。 昨夏にゼニトから加入したイバノビッチは、3年半ぶりの復帰となったプレミアリーグで13試合に出場にとどまっていた。 また、2018年にエクセター・シティからレンタルバックしたエドワーズは今季公式戦8試合に出場。昨冬に加入したグロシツキは、今季公式戦5試合に出場。同じく昨冬に加入したペリティエルは、今季公式戦7試合に出場。今冬に加入したロナーガンは、EFLカップ1試合の出場となっていた。 2021.05.28 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

降格のWBA、アラダイス監督の辞任を発表

WBAは19日、シーズン終了後にサム・アラダイス監督(66)が辞任することを発表した。 “残留請負人”とも呼ばれるほど、これまでプレミアリーグで数々のクラブを指揮し、降格の危機から救ってきたアラダイス監督。今季は成績不振で解任されたスラヴェン・ビリッチ前監督の後任として昨年12月にWBAに就任し、およそ2年半ぶりに現場に戻ってきた。 しかし、百戦錬磨のビッグ・サムも今回は思うような成果を残すことができず、3試合を残した時点でチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定。個人としてはキャリア初の降格を味わうことになった。 それでもクラブは、契約が2022年6月まで残っていることもあり、来季以降の続投を望んだが、指揮官はそのオファーを拒否し、辞任を決断。「クラブには若くて野心的な監督が必要だ」とし、退任の理由を明かした。 「WBAは野心的なクラブのコミットメントを示す、ホーソンズに残るための寛大なオファーをくれた。しかし、真剣に検討した結果、そのオファーを受けないことにした」 「もし私が残留し、来シーズンの昇格を達成した場合、少なくとももう1シーズン続けることが期待され流だろうが、悲しいかな、それは私のキャリアの今の段階ではできないことだ」 「今、クラブには安定性と継続性が求められており、それを実現できるのは若くて野心的な監督であり、プレミアリーグのクラブとしてあるべき姿に戻すことができると私は考えている」 「選手やスタッフ、特にルーク・ダウリング(テクニカル・ディレクター)とシュー・ケー(最高経営責任者)には、非常に困難な挑戦に揺るぎなく取り組んでくれたことに感謝している。もちろん、この挑戦は、クラブの素晴らしいサポーターの方々が強制的に不在だったことでより困難なものとなった。ホーム最終戦となったウェストハム戦には、何人かのサポーターの方々が来られたことを嬉しく思う」 「クラブからは、私の後継者に求められる資質について意見を求められ、私は喜んで意見を述べさせてもらった。私の後任を探すのは、シーズン最終戦のリーズ・ユナイテッド戦の後だ。それまでの間、我々はその試合の準備に完全に集中し、できるだけ多くのポイントを獲得してシーズンを終えるために全力を尽くすよ」 2021.05.20 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「今より幸せになることはできない」劇的決勝弾のGKアリソンが喜びを語る

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーが、チームを勝利に導くゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第36節でWBAと対戦。すでに降格が決まっているWBAとの試合だったが、15分にハル・ロブソン=カヌに先制ゴールを許してします。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するトップ4フィニッシュに向けては全勝したいリバプール。33分にはモハメド・サラーのゴールで追いつき、1-1で試合を折り返す。 しかし、後半も攻め込むもののゴールが遠いリバプール。このまま1-1で引き分けに終わるかと思われたが、ラストプレーで奇跡が。後半アディショナルタイム、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのトレント・アレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘッド。これがゴール右隅に決まり、1-2でリバプールが勝利を収めた。 決勝ゴールを決めたアリソンは試合後に喜びのコメント。2月に他界した父への思い、そして家族への思いを語り、チームの勝利に貢献できたことを喜んだ。 「ここ数カ月、僕と僕の家族に対して起きた全てのことが感情的すぎるよ」 「でも、サッカーは僕の人生の一部だ。父と一緒に物心ついた時からプレーしていた。彼がここで見てくれていたら良いけど、きっと神様を味方につけて、お祝いしながら見てくれてるだろう」 「僕の家族のためでもあり、子供たちのためでもある。時々、戦っても戦っても、今日の午後ように物事がうまく進まないことだってある」 「このゴールを決められただけでも、とてもとても嬉しいんだ。よく戦っているチームを助けられたんだからね。僕たちは一緒に戦っているし、チャンピオンズリーグに出場するという強い目標があるからだ」 「僕たちはチャンピオンズリーグで優勝しているし、全ては予選から始まったことを知っているからね」 「今より幸せになることはできないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】守護神アリソンの奇跡のドンピシャヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Football eh.<br><br>Experience 5 minutes 33 seconds of unbridled joy with every angle of <a href="https://twitter.com/Alissonbecker?ref_src=twsrc%5Etfw">@Alissonbecker</a>&#39;s goal... <a href="https://t.co/QlgWJQ9QcA">pic.twitter.com/QlgWJQ9QcA</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1394034928044621825?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神アリソンがドンピシャヘッドで劇的ラストプレー弾! リバプールが驚異の粘りでトップ4に望み繋ぐ逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、WBAvsリバプールが16日にザ・ホーソンズで行われ、アウェイのリバプールが1-2で逆転勝利した。 現在、5位のリバプール(勝ち点60)は3日前に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの重要なアウェイゲームを4-2の逆転勝利で飾り、リーグ戦2連勝を達成。この重要な勝利によって1試合消化が多い4位のチェルシー(勝ち点64)とのポイント差を4位に縮めた。さらに、次節は3位のレスター・シティ(勝ち点66)とチェルシーが潰し合いとなるため、残り3試合で全勝できれば逆転でのトップ4フィニッシュが見えてきた。 前節、降格が決定した19位のWBA(勝ち点26)を相手に勝ち点3奪取必須の中2日の一戦では、ユナイテッド戦から先発2人を変更。足のケガで今季終了が明かされたジョタに代わってマネが復帰し、ベンチスタートのワイナルドゥムに代わってカーティス・ジョーンズが起用された。 ユナイテッド戦の激闘の疲労、勝ち点3必須の重圧か、ボールの主導権こそ握るものの、全体的に重さが見受けられるリバプール。すると、なかなか決定機まで持ち込めない展開の中でまさかの先制点まで奪われる。 15分、自陣でのルーズボールの競り合いをマテウス・ペレイラに回収されてリース・ウィリアムズとロバートソンの間のスペースに走り込んだロブソン=カヌにスルーパスを通されると、ボックス右からゴール左隅へ左足の丁寧なシュートを流し込まれた。 痛恨の失点を受けてすぐさま反撃に出たアウェイチームは24分、ボックス中央でチアゴの折り返しに反応したマネに絶好機も右足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。続く28分には後方からのフィードに抜け出したサラーがゴール右角度のないところからシュートを放つが、これはGKジョンストンに難なく対応された。 1-1のドローに終わった前回対戦同様に相手の堅守に手を焼くリバプールだったが、相手のミスからエースにゴールが生まれる。33分、ボックス手前の混戦からディアンガナが不用意に後ろに戻したパスをマネが引っかけると、これをサラーが見事な左足のダイレクトシュートで左隅に決め切った。 サラーのリーグ得点ランクトップタイの22点目で試合を振り出しに戻したリバプールは、直後の34分にも前からの守備で相手を嵌めてボックス中央のフィルミノに絶好機も、このシュートは惜しくも左ポストを叩いた。 その後、前半終盤にかけては36分にロブソン=カヌにあわや勝ち越しゴールを許しかけるが、ここはアレクサンダー=アーノルドの見事な絞りで応対。その後は再び攻勢を強めてマネらに決定機が訪れるが、相手の好守に阻まれて前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 迎えた後半、早い時間帯の逆転を目指して攻勢を仕掛ける。49分にはボックス右角でサラーが入れたクロスをマネがワンタッチで押し込むが、ここはオフサイドの判定となる。 以降もリスクを冒して前に出る中で相手のシンプルなロングカウンターから時折引っくり返される場面はあるものの、サラーを起点に鋭い仕掛けを見せる。57分には相手CKを撥ね返してのロングカウンターからアレクサンダー=アーノルドのスルーパスに抜け出したサラーに2点目のチャンスも、ここはシュートコースを消されてGKジョンストンの好守に遭う。 1-1のイーブンが続く中、クロップ監督は59分にC・ジョーンズを下げてシャキリを最初のカードとして投入。だが、この交代策も攻撃を活性化させるまでには至らず。 逆に71分には相手の右CKからアジャイに競り負けてゴール前のバートリーにワンタッチでゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドポジションでGKアリソンの視界を遮ったマット・フィリップスのオフサイドによって辛くも失点を免れる。続く78分にもロブソン・カヌに背後を取られてピンチを招くが、GKアリソンの好守で事なきを得た。 相手を押し込みながらも崩し切れない苦境が続くリバプールは83分にボックス右で仕掛けたアレクサンダー=アーノルドが深い切り返しでDFを外して左足を振り抜くが、これは枠を捉え切れず。直後にはリース・ウィリアムズを下げてワイナルドゥムを投入。これでファビーニョを最終ラインに下げる。 試合終盤にかけては逆転ゴールを目指して決死の猛攻を仕掛けたが、チアゴの枠を捉えたシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、ゴールが遠い。 このままゴールを割ることができず、逆転でのトップ4フィニッシュの夢が潰えるかに思われたが、最後の最後に昨季王者が驚異的な底力を見せた。後半ラストプレーとなった95分、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのアレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘディングで合わせると、これがゴール右隅に決まった。 そして、守護神アリソンによる劇的過ぎるゴールでWBAに競り勝ったリバプールが、トップ4フィニッシュを大きく引き寄せる圧巻の逆転勝利を飾った。 2021.05.17 02:37 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly