EL予選で今季スタートのピオリ監督、「我々は欧州の戦いに戻りたい」

2020.09.17 16:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランを率いるステファノ・ピオリ監督が、新シーズンの公式戦初戦となるシャムロック・ローヴァーズ戦に向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。ピオリ監督は、昨年10月にマルコ・ジャンパオロ前監督の後任としてミランの新指揮官に就任。就任時に13位と低迷していたチームを最終的に6位でフィニッシュさせ、ヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらした。

その後、シーズン最終盤にはラルフ・ラングニック氏の招へいにより、指揮官の座を追われるかに思われたが、最終的に新たな2年契約にサイン。新シーズンも引き続きロッソネリを率いることになった。

21日にボローニャとの2020-21シーズンのセリエA開幕節を控える中、17日に一足早くEL予備予選2回戦で新シーズンをスタートするピオリ監督は、アイルランドの強豪との新シーズンの初陣に向けて意気込みを語っている。

「新シーズンをスタートさせ、ヨーロッパリーグに繋がるこの道を良い形で終わらせようとしていることに興奮している」

「これはあくまでも予選であり、我々の目標はグループステージに到達することだ。ヨーロッパフットボールは、我々のような歴史あるクラブが所属する場所であり、我々はそこに戻りたいと思っている」

「我々のシーズンはシャムロック・ローヴァーズ戦から始まる。残念ながら、1人か2人の大きな欠場者が出ていますが、試合に向けたポジティブな要素に目を向ける必要がある。最初の試合がどれだけタフなものであるかはわかっている。相手は我々よりも、ここまで多くの試合をこなしている。我々は90分間、気を引き締めていかなければならない」

また、この一戦に向けた最新のチームニュースについても言及。コンディションが懸念される元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、ブレシアからの目玉の新戦力であるイタリア代表MFサンドロ・トナーリらがプレー可能だと説明している。

「我々には休養が必要だった。そのため、準備期間はあまりなかったが、準備はできているし、全力を尽くす必要がある。我々は非常に明確に、自分たちの最高のゲームをする必要がある。まずは自分たちのアイデンティティ、アイデア、ピッチ上での決断など、自分たちがやっていることに集中しなければならない」

「新しいプレーヤーは、我々がどのようなプレーをしたいのかという部分で、すでに明確なアイデアを持っている。今までは、トレーニングや親善試合を通じて、正しいメンタリティを発揮してきた。私は、このユニフォームを着ることの意味を知っているプレーヤーを指導している。それは良い兆候だ。全力を尽くすチームを見て、ファンはとても喜ぶはずだ。我々は結束の固いグループで、お互いに信頼し合っている」

「イブラヒモビッチが親善試合でもう少しプレーしてくれれば良かったが、彼は完全に回復していて、常に準備ができている。モチベーションも高く、依然として競争力もある」

「仮にイブラヒモビッチが欠場した場合は、レビッチがそのポジションをカバーし、レオンがセカンドストライカーとしてプレーすることになる」

「また、トナーリはまだ若いが、成熟していて準備ができている。彼はここにいることに満足しているし、自分に何ができるかをすでに見せてくれている」

また、今夏のメルカートではイブラヒモビッチら主力の残留に加え、トナーリ、レアル・マドリーのU-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスのレンタルなど、まずまずの成果を得ている。

ピオリ監督はここまでのクラブからのサポートに満足しつつ、来月初旬のメルカート閉幕まで現スカッドを見極めながら、必要に応じた補強を行いたいと考えている。

「クラブは昨シーズンから始めたことを継続する意思を示してくれた。契約更新から新戦力補強まで、良いビジネスができたと思うし、本当に満足している」

「市場が締まるまでしばらく時間があるが、現状はピッチ上で何が起こるかを考え、シーズンを最高の形でスタートすることだけを考えればいいと思っている。ここ数週間は、我々にとって何がベストな選択なのか、経営陣と共により深く考えることができた」
コメント
関連ニュース
thumb

好調スタートのミラン、マルディーニTDが冬の補強を示唆「チャンスがあれば契約する」

ミランのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が、冬の移籍市場についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 今夏の移籍市場では予定よりも資金を投じずに補強を終えていたミラン。昨シーズン終盤の好調ぶりは今シーズンも継続しており、ここまで5試合を終えて4勝1分けで首位。開幕4連勝と良いスタートを切っている。 夏にはMFサンドロ・トナーリ(ブレシア)やMFブラヒム・ディアス(レアル・マドリー)、DFジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド)と若手をレンタル移籍で獲得。また、DFシモン・ケアー(セビージャ)、MFアレクシス・サレマーカーズ(アンデルレヒト)、FWアンテ・レビッチ(フランクフルト)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したのはGKチプリアン・タタルサヌ(リヨン)とFWイェンス・ペッター・ハウゲ(ボデ/グリムト)の2名のみとなっていた。 補強の前にミランとしては、FWズラタン・イブラヒモビッチとGKジャンルイジ・ドンナルンマの契約延長を果たしたいところだが、マルディーニ氏はドンナルンマをチームに留まらせたいと考えているようだ。 「安定感があったからこそ、このままシーズンをスタートさせることができた彼はまだ21歳だが、我々のリーダーの1人であり、彼を残留させるために我々はできる限りの事をするだろう」 また、1月の移籍市場では補強する考えがあるとコメント。夏に資金を使っていないことにより、補強資金もしっかりあると明かした。 「1月にチームを強化するチャンスがあれば実行する。我々は競争力があるチームであることは理解しているが、もし我々が一歩前進できる様な選手と契約するチャンスがあれば、夏の移籍市場で資金を費やしていないので、彼らとも契約するだろう」 2020.10.27 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

2アシストのレオン、ローマとのドローに「やれることはやったからガッカリ」

ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオンが2アシストを記録したローマ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えた。 開幕4連勝のミランは26日にセリエA第5節でローマと対戦。レオンのアシストからFWズラタン・イブラヒモビッチとMFアレクシス・サレマーカーズのゴールなどで、3回リードするも、3度追いつかれて、3-3の引き分けに終わった。 この試合で攻撃を牽引する活躍を披露したレオンだが、イタリア『スカイ』で「勝利できなかったのは残念だ。たくさんの決定機を作った。今は仕事ができている」と何度も決定機を外したことを悔やみ、結果に肩を落とした。 「僕らは全試合に勝利したいんだ。順位表でトップをキープできたけど、試合に勝利するために全力を尽くしたからガッカリだ。僕らは集中して、自分たちの道を歩み、首位の座をキープしたい」 また、2ゴールを記録したイブラヒモビッチは「チーム全員の模範」だと称賛の言葉を贈った。 「イブラは僕たち全員の模範だ。チームの戦術と彼のゴールにも満足している。僕は常にチームを助けようとしているが、今日は勝てなかったので残念だ」 2020.10.27 12:57 Tue
twitterfacebook
thumb

3度リードも生かせず開幕5連勝ならずのミラン指揮官「パフォーマンスには満足」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、開幕からの連勝がストップを振り返った。イタリア『スカイ』が伝えた。 開幕4連勝のミランは26日にセリエA第5節でローマと対戦。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが2ゴールの活躍を見せ、3度リードするも、3度追いつかれて3-3の引き分けに終わった。 開幕からの連勝が「4」でストップしたピオリ監督は、パフォーマンスを讃えながらも3度追いつかれたことへの不満を口にした。 「パフォーマンスには満足している。3回リードしていたから後悔している。選手は満足していなかった」 「今は順位を見るときではない。後悔?あるよ。でも、最後まで戦っていたし、(アレッシオ・)ロマニョーリには最後にチャンスが訪れた。だが、正しい方法であり、それはこのパフォーマンスが裏付けている。両チームにこういったチャンスやピンチが事実があったにも関わらず、ローマはルーズボールを拾って上手くプレーしていた」 また、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認された守護神のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに代わって、ゴールマウスを守ったルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌにも言及。1失点目はクロスからの対応に目測を誤ってしまったが、「ミスは一部」と擁護した。 「ミスはフットボールの一部。彼はタイミングを間違い、デビュー戦で何かの代償を払った可能性がある。しかし、選手個人に焦点を合わせるのではなく、チームのパフォーマンスを向上させたい思っている。審判とVAR?何も言うことはない」 2020.10.27 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランvsローマは壮絶ドロー! イブラ3戦連続ドッピエッタも3度のリード守り切れず開幕5連勝ならず…《セリエA》

セリエA第5節、ミランvsローマが26日にサンシーロで行われ、3-3のドローに終わった。 前節、インテルとのダービーを2-1で制したセリエA開幕4連勝の首位ミランは、23日に行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦のセルティック戦も3-1で勝利。今年6月半ばのコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦以降、21戦無敗(16勝5分け)と圧倒的な強さを示している。 開幕5連勝を目指す今回のビッグマッチでは、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された守護神のドンナルンマがハウゲと共に招集外となり、今季新加入のGKタタルサヌがデビューを飾ったものの、フィールドプレーヤーはインテル戦と同じメンバーが起用された。 一方、フォンセカ体制2年目となった今季のローマは、選手登録違反によってヴェローナとの開幕節を0-3の敗戦扱い(実際の試合は0-0)となる最悪の船出となった。だが、以降はユベントスにドロー、ウディネーゼ、ベネヴェントに連勝を飾り、直近のELヤング・ボーイズ戦も一部主力を温存した中、2-1で逆転勝利を収めている。首位チームとのアウェイゲームではシステムを[3-4-2-1]に戻して、前線にはジェコとムヒタリアン、ペドロが並んだ。 マンデーナイト開催の注目のビッグマッチは開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドで仕掛けたレオンが左足でクロスを入れると、DFクンブラがクリアし切れずにファーに流れたボールを、飛び出したGKミランテの手前で長い足を伸ばして触ったイブラヒモビッチが流し込んだ。 イブラヒモビッチの2試合連続ゴールで幸先良くリードを奪ったミランは、その後もリズム良くボールを動かしながら追加点を狙っていく。 一方、ローマも左サイドのムヒタリアンを起点に徐々に相手陣内深くに侵攻すると、こちらも頼れる主砲が仕事を果たす。14分、右CKの場面でキッカーのペッレグリーニが右足インスウィングの浮き球のボールを入れると、飛び出したGKタタルサヌが触れずにファーへ流れたところをDFロマニョーリに競り勝ったジェコが頭で合わせ、こちらも2試合連続ゴールとした。 両主砲のゴールで振り出しに戻った試合は、ここから睨み合いの状況がしばらく続いていく。だが、前半半ばを過ぎて互いに2点目に迫る場面を作り出す。まずは28分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前のテオ・エルナンデスが左足で際どいシュートを放つと、その直後にもチャルハノールの正確なプレースキックに合わせたロマニョーリ、ケアーのセンターバックコンビが決定的なヘディングシュートを放つが、GKミランテの好守と右ポストに阻まれる。 一方のローマは30分過ぎにイバニェス、ペッレグリーニが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKタタルサヌの好セーブに阻まれた。 その後、前半終了間際の43分にはイブラヒモビッチが身体を張って得たペナルティアーク付近のFKから名手・チャルハノールが壁の間を抜く強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKミランテの好守に遭い、前半は1-1で終了を迎えた。 後半も引き続き拮抗した展開が予想されたが、前半同様に勢いを持った入りを見せたホームチームが電光石火のゴールを奪う。47分、左サイドをドリブルで突破したレオンが丁寧にマイナスの折り返しを入れると、タイミング良く中央に走り込んできたサレマーカーズが右足のワンタッチでニアを射抜いた。 前半の反省を生かせずにまたしても立ち上がりの失点となったローマはすぐさま反撃を開始。52分、自陣から長い距離を持ち上がったペドロから縦パスを受けた左サイドのムヒタリアンが正確な折り返しを入れる。これをボックス右に抜け出したジェコが右足インサイドのダイレクトシュートで合わすが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。 その後は連戦の疲労を感じさせる行ったり来たりのオープンな展開が続く中、試合の主役の座はジャコメッリ主審に移っていく。69分にはボックス内でムヒタリアンのシュートのこぼれ球に反応したペドロとベナセルが交錯。一見すると、ペドロのファウルのように見えたものの、ここでVARの介入もなく即PK判定が下される。これをキッカーのヴェレトゥが決めた。 この微妙な判定にミラン陣営の不満が募り、試合は徐々に荒れ模様の様相を見せるが、今度はミランにお返しのような判定が下される。78分、ボックス内でルーズボールに反応したチャルハノールとDFマンチーニの微妙な接触でPKが与えられる。 これをキッカーのイブラヒモビッチがきっちり決め切って出場3試合連続でのドッピエッタ達成で得点ランキングトップの6ゴールに到達した。 この3点目で勝負ありかに思われたが、ローマが驚異の粘りを見せる。84分、左CKの場面でキッカーのヴェレトゥの鋭いボールがニアのイブラヒモビッチに当たってファーに流れると、これに反応したクンブラが見事な右足ボレーで流し込み、決勝点を決めたヤング・ボーイズ戦に続く2試合連続ゴールとした。 これで一気にわからなくなった試合は最後まで白熱の展開を見せるが、試合終盤にミランに訪れたセットプレーの決定機ではケシエのヘディングがGKミランテに、ラストプレーのロマニョーリのヘディングは枠のわずか右に外れ、このままタイムアップ。 壮絶な打ち合いとなったミランとローマのビッグマッチは3-3のドローに終わり、3度のリードを守り切れなかったミランは公式戦無敗を22試合に更新も、開幕5連勝を逃がす結果となった。 2020.10.27 07:02 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、GKドンナルンマとFWハウゲが新型コロナウイルス陽性反応

ミランは26日、選手2人とチームメンバー3人が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 ミランの発表によると、25日夜に受け取った検査結果で、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマとノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲが陽性反応を示したとのことだ。 なお、メンバー3人を含めた5人はいずれも無症状であり、すでに自宅隔離措置をとっているとのこと。地元保健当局にも通知したという。 26日はプロトコルに従って残りのチーム全体で検査を実施したが、新たな陽性反応者は出ていないとのことだ。 ドンナルンマは今シーズンのセリエAで全4試合に出場。ハウゲはボデ/グリムトから今季加入し、ここまでセリエAでは1試合の出場に終わっているが、ヨーロッパリーグのセルティック戦でゴールを記録していた。 ミランでは、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが陽性反応を示していたが、先日復帰していた。 2020.10.26 21:05 Mon
twitterfacebook