コロナ禍での悲劇…オギュスタンがライプツィヒとリーズの契約問題で苦境…

2020.09.17 15:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス人FWジャン=ケビン・オギュスタン(23)が新型コロナウイルス(COVID-19)によって、より複雑化する移籍市場の犠牲者となっている。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。パリ・サンジェルマンの下部組織育ちのオギュスタンは、アンダー年代のフランス代表での活躍により、10代後半から将来を嘱望されたスピードとテクニックに長けた左利きのストライカーだ。

2017年夏に加入したRBライプツィヒでは加入初年度にブンデスリーガ25試合9ゴールを挙げる活躍により、更なる飛躍を予感させた。だが、以降は戦術理解の乏しさなど粗さが目立ち、ユリアン・ナーゲルスマン監督が新指揮官に就任した昨シーズンは前半戦をモナコ、後半戦をリーズ・ユナイテッドとレンタル先で過ごしていた。

そのオギュスタンに関しては、現在ライプツィヒとリーズの間で買い取りオプションの行使を巡る契約問題が起きており、今後国際サッカー連盟(FIFA)の介入を含めて法廷闘争に持ち込まれる可能性が高まっている。

当時、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズは、今年1月末にオギュスタンをレンタルする際の契約に、クラブがプレミアリーグに昇格した場合、2100万ユーロ(約26億円)の金額で買い取る条項を盛り込んでいたという。

しかし、世界屈指の戦術家として知られるマルセロ・ビエルサ監督の求める水準に達していなかったオギュスタンは、リーグ戦の出場がわずか3試合に留まった。

そして、コロナ禍により約3カ月のリーグ中断があった中、オギュスタンはレンタル契約終了に伴い、シーズンが終了していない6月30日付けで、クラブを去ることになった。

ただ、オギュスタンが去った後にリーズはチャンピオンシップ優勝を果たし、17年ぶりのプレミアリーグ昇格を決定。これが今回の契約問題の引き金となった。

新シーズンに向けてもオギュスタンを構想外としているライプツィヒは、リーズへのレンタル移籍の際の契約が有効だと主張し、前述の金額で買い取るように要求。

一方、リーズはオギュスタンがコロナ禍で認められた特例の短期レンタル契約延長にサインしていないため、あくまで6月30日付けで契約は終了しており、前述の契約条項は無効だと主張している。

既報では前述の契約に関してライプツィヒの主張が認められる可能性が高いというが、リーズが分割で支払う移籍金の最初の支払い期日が過ぎ、移籍金が不払いとなるまでライプツィヒ側が法的措置に出ることはできないという。

ただ、リーズがこのままの移籍金を支払わない場合、ライプツィヒはFIFAにこの契約問題を訴え出て、いよいよ法廷闘争に発展することになる。

なお、両者の主張が真っ向から対立している中、宙ぶらりんの状態となっているオギュスタンは孤独に自主トレーニングに励んでいるが、ライプツィヒは前述の主張もあって給与の支払い義務はないとしており、現在オギュスタンへの給与の支払いをストップしているという。

今後、両クラブが何らかの形で和解の道を選ぶのか、このまま法廷闘争に発展していくかは不明だが、まずは前途ある23歳のキャリアを再優先に最善の解決策を見いだしてほしいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

フルアムがライプツィヒからFWルックマンをレンタル移籍で獲得

フルアムは30日、RBライプツィヒから元U-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマン(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ルックマンはチャールトンの下部組織出身で、2017年1月にエバートンへ完全移籍。エバートンでは公式戦48試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 2018年1月にライプツィヒへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入。大きな期待が寄せられていた。 しかし、ライプツィヒでは、2019-20シーズンのブンデスリーガで11試合、チャンピオンズリーグで1試合、DFBポカールで1試合と多くの出場機会は得られず。これまで公式戦24試合に出場し5ゴール4アシストとレンタル移籍中の方が結果を残していた。 2020.09.30 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ディナモ・ザグレブから若手DFバルディオルを獲得!加入は来季で5年契約締結

RBライプツィヒは28日、ディナモ・ザグレブからU-21クロアチア代表DFヨスコ・バルディオル(18)を来夏に完全移籍で獲得することで合意した。契約期間は2021年7月1日~2026年6月30日までの5年間となる。 ディナモ・ザグレブの下部組織で育ったバルディオルは、2019年の夏にトップチームに昇格。昨シーズン序盤は出場機会に恵まれなかったが、後半戦から徐々に出場機会を伸ばし公式戦12試合に出場。また、U-19チームとして参加したUEFAユースリーグでは、全試合に出場しチームのベスト8進出に貢献した。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、移籍金は1600万ユーロ(約20億円)+最大200万ユーロ(約2億4600万円)の出来高ボーナスに加え、将来的な移籍金の20%がディナモ・ザグレブに入る契約となっているようだ。 ライプツィヒでは、ディフェンスラインを支える若きリーダーのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)がマンチェスター・ユナイテッドを筆頭とする国外のビッグクラブからの関心を示されており、今後の去就が不透明となっていた。そのため、有事に備えてセンターバックの確保に動いていた。 2020.09.29 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のウパメカノが去就に言及 「今はライプツィヒにいるが…」

RBライプツィヒのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)が去就に言及した。 ウパメカノは2017年1月にレッドブル・ザルツブルクからライプツィヒに加入して以降、屈強なセンターバックとして注目の的に。今年7月に2023年6月までの契約延長に至ったが、マンチェスター・ユナイテッドの関心が取り沙汰されるなど、その動向に注目が集まっている。 そんなウパメカノはフランス『Telefoot』のテレビ番組『Culture Foot』に出演した際、未来を訊かれると、あらゆる移籍の可能性にオープンな姿勢を示した。 「今はライプツィヒにいるが、いくつかの某クラブとディスカッションができたのは事実だ。前にも言ったように、今はライプツィヒに集中していて、ライプツィヒでプレーを続けるつもり。(将来が)わかるのはそれからだ。フットボール界だと、何が起こるかわからないものだけどね」 なお、ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は今月、引く手あまたのウパメカノに関して「今季もここにいるだろう。それは間違いない」と述べ、今季もとどまると明言している。 2020.09.25 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、トルコで才能を開花させたセルロートの獲得を発表!

RBライプツィヒは22日、クリスタル・パレスからノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年までの5年間で、背番号は19を着用する。 ノルウェー代表でドルトムントのFWアーリング・ハーランドの相棒としても活躍セルロートは、母国ローゼンボリの下部組織出身で2013年7月にトップチーム昇格。その後はフローニンヘンやミッティランを経て、2018年1月にクリスタル・パレスに加入。 イーグルスでは公式戦20試合で1ゴール1アシストと結果を残すことはできなかったが、昨夏に2年間のレンタル移籍で加入したトラブゾンスポルでその才能を完全に開花させると、公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。 今夏、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがチェルシーへ移籍し、チェコ代表FWパトリック・シック(現レバークーゼン)をローマへレンタルバックしたライプツィヒ。2019-20シーズンのブンデスリーガでは2人合わせて38ゴールを記録しており、得点力の減少を避けるためにもストライカーの確保が急務となっていた。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、移籍金は2000万ユーロ(約24億6000万円)+最大200万ユーロ(約2億4600万円)の出来高ボーナスに加え、将来的な移籍金の10%がクリスタル・パレスとトラブゾンスポルに入る契約となっているようだ。 2020.09.23 02:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがハーランドの相棒FWセルロート獲得間近、CEOが明言「ホームストレートにいる」

ストライカーの獲得に動いているRBライプツィヒだが、ノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(24)の獲得が迫っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 今夏、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがチェルシーに、チェコ代表FWパトリック・シックがローマへレンタルバックしてしまったライプツィヒ。2019-20シーズンのブンデスリーガでは2人合わせて38ゴールを記録しており、得点力が大きく減少したことになる。 ザルツブルクから韓国代表FWファン・ヒチャン(24)を獲得したものの、まだ足りない状況のライプツィヒは、セルロートの獲得に動いていた。 セルロートは、2019年夏にクリスタル・パレスから2年間のレンタル移籍でトラブゾンスポルに加入。2019-20シーズンは公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。 この活躍を受け、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムをはじめとするヨーロッパ5大リーグのビッグクラブからも関心を寄せられるまでになった。 ライプツィヒの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・ミンツラフ氏は「ホームストレートにいる」とコメント。また、スポーツ・ディレクター(SD)のマルクス・クレシェ氏は「我々はこの先の数日でポジティブな結論を得られると信じている」とコメントし、あと一歩のところまで来ていることを強調した。 セルロートはノルウェー代表としても24試合で8ゴールを記録。ドルトムントのFWアーリング・ハーランドの相棒としても活躍している。昨シーズン同様の活躍を見せれば大きな得点源を確保することになるが、ライプツィヒはうまく話をまとめられるだろうか。 2020.09.21 18:10 Mon
twitterfacebook