ジェノアがラツィオからMFバデリ、アタランタから若手MFメレゴーニを獲得

2020.09.17 00:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアは16日、ラツィオに所属するクロアチア代表MFミラン・バデリ(31)を完全移籍で、アタランタに所属するU-21イタリア代表MFフィリッポ・メレゴーニ(21)をレンタル移籍で獲得した。クロアチア代表として50試合の出場歴を持つセントラルMFのバデリは、2014年から4年間、フィオレンティーナに在籍。2018年の夏にラツィオに完全移籍したものの、元ブラジル代表MFルーカス・レイバの前に控えに回り、セリエAでの先発は14試合に留まると、昨夏にフィオレンティーナにレンタルで復帰。

フィオレンティーナでは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のもとシーズン前半はセリエA16試合に出場。しかし、昨年12月に同監督が解任されると、後任のジュゼッペ・イアキーニ監督からは信頼を得られず、シーズン後半はセリエA7試合の出場に留まっていた。

一方、名門アタランタユース育ちのメレゴーニは、2017年1月のセリエA第21節サンプドリア戦でトップチームデビュー。その後、2018年の夏にセリエBのペスカーラへレンタルで加入すると、リーグ戦13試合で1ゴール1アシストを記録したが、2019年3月にじん帯断裂の重傷で長期離脱。

しかし、ペスカーラは昨夏にメレゴーニのレンタル延長を希望し、2019-20シーズンの残留が決定。昨季はリハビリでシーズン前半を棒に振ったが、昨年12月14日のフロジノーネ戦で復帰すると、セリエBで12試合、セリエA昇格プレーオフ1試合に出場した。
コメント
関連ニュース
thumb

去就不透明のバロテッリ、ジェノアが関心か

ジェノアが、ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)に関心を持っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 昨夏に故郷のブレシアに移籍したバロテッリだが、チームの2部降格を受けて今夏の移籍が取り沙汰されている。一説ではトルコの強豪ベシクタシュとメジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーからの関心も伝えられたが、代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が「彼はヨーロッパに留まるだろう」とコメントし、噂を一部否定した。 そんな中、現在バロテッリに興味を持っているのはジェノアなのだそう。同クラブは今夏の移籍市場でフリーの元イタリア代表FWマッティア・デストロをはじめ、スロベニア代表MFミハ・ザイツや、クロアチア代表FWマルコ・ピアツァ、イタリア代表DFダビデ・ザッパコスタを獲得するなど、印象的な補強に動いている。 一方でマジョルカの名前も上がっているが、スペイン2部クラブへの移籍の可能性は高くないように見える。 2020.09.22 15:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェノア、ピアツァとザッパコスタのレンタルを発表

ジェノアは19日、ユベントスからクロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(25)、チェルシーからイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(28)をそれぞれレンタルで獲得したことを発表した。どちらも1年契約となる。 ディナモ・ザグレブから2016年夏にユベントスに加入したピアツァだが、1年目にケガの影響でアピールに失敗すると、2018年1月にシャルケへレンタル移籍。2018-19シーズンはフィオレンティーナ、昨シーズンは2月からアンデルレヒトに貸し出され、ユベントスでの出場はここまで21試合にとどまっている。 アンデルレヒトでは新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中止となったことにより、出場したのは4試合のみだった。 一方、ザッパコスタもチェルシーでは出場数が伸びず、昨シーズンはローマにレンタル移籍。しかし、その最初の試合で十字靭帯断裂の大ケガを負ってしまい、コロナ明けの6月に復帰するも、出場したのはリーグ戦9試合のみと、戦力として貢献することはできなかった。 昨シーズンのセリエAで17位だったジェノアは、今夏の移籍市場でフリーの元イタリア代表FWマッティア・デストロ(29)をはじめ、アタランタからドイツ人DFレナート・チボラ(21)とイタリア人MFフィリッポ・メレゴーニ(21)、フェネルバフチェからスロベニア代表MFミハ・ザイツ(26)らをレンタルで獲得している。 2020.09.19 18:14 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、ジェノアのU-21イタリア代表FWピナモンティの買い戻しを発表

インテルは18日、ジェノアのU-21イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(21)の買い戻しオプションを行使したことを発表した。買い戻し金額は2000万ユーロ(約24億8000万円)とのことだ。 インテルの下部組織出身のピナモンティは、U-15からイタリア代表の世代別代表でゴールを量産してきた188cmの大型ストライカー。2016年12月にインテルでトップチームデビューを飾った後、2017-2018シーズンにフロジノーネへのレンタル移籍を経て、昨季は買い取りオプション付きのレンタルでジェノアに移籍し、セリエAで32試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 ジェノアは今月1日に1950万ユーロで買い取りオプションを行使していたが、インテルが過密日程を考慮してか、買い戻しに動いた格好だ。 2020.09.19 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェローナがジェノアFWファヴィッリを買い取りオプション付きのレンタルで獲得

エラス・ヴェローナは18日、ジェノアのイタリア人FWアンドレア・ファヴィッリ(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 リボルノとユベントスの下部組織出身で、U-21イタリア代表歴のある191cmの大型FWであるファヴィッリは、2018年夏にユベントスからジェノアへ買い取りオプション付きのレンタルで移籍。そして昨年夏に1200万ユーロの移籍金で完全移籍に切り替わっていた。しかし、ジェノアでの在籍2シーズンでは公式戦28試合の出場で1ゴールに終わっていた。 2020.09.18 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ザッパコスタがジェノアにレンタルへ 近くメディカルチェック予定

チェルシーのイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(28)はジェノアに移籍しそうだ。 ザッパコスタは2017年にトリノから4年契約でチェルシー入りして、昨夏からローマにレンタル。しかし、右ヒザ前十字じん帯断裂のケガもあり、公式戦9試合の出番にとどまった。 そんなザッパコスタは今夏からチェルシーにレンタルバックを果たしたものの、フランク・ランパード監督の構想外に。どうやらジェノアで再起を期することになるようだ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッター(@FabrizioRomano)で明かした見立てによると、両クラブはシーズンローンで合意に達したという。 また、ザッパコスタ自身もジェノアと個人合意。明日にもメディカルチェックを受ける予定だ。 2020.09.18 09:05 Fri
twitterfacebook