ジェノアがラツィオからMFバデリ、アタランタから若手MFメレゴーニを獲得

2020.09.17 00:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアは16日、ラツィオに所属するクロアチア代表MFミラン・バデリ(31)を完全移籍で、アタランタに所属するU-21イタリア代表MFフィリッポ・メレゴーニ(21)をレンタル移籍で獲得した。クロアチア代表として50試合の出場歴を持つセントラルMFのバデリは、2014年から4年間、フィオレンティーナに在籍。2018年の夏にラツィオに完全移籍したものの、元ブラジル代表MFルーカス・レイバの前に控えに回り、セリエAでの先発は14試合に留まると、昨夏にフィオレンティーナにレンタルで復帰。

フィオレンティーナでは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のもとシーズン前半はセリエA16試合に出場。しかし、昨年12月に同監督が解任されると、後任のジュゼッペ・イアキーニ監督からは信頼を得られず、シーズン後半はセリエA7試合の出場に留まっていた。

一方、名門アタランタユース育ちのメレゴーニは、2017年1月のセリエA第21節サンプドリア戦でトップチームデビュー。その後、2018年の夏にセリエBのペスカーラへレンタルで加入すると、リーグ戦13試合で1ゴール1アシストを記録したが、2019年3月にじん帯断裂の重傷で長期離脱。

しかし、ペスカーラは昨夏にメレゴーニのレンタル延長を希望し、2019-20シーズンの残留が決定。昨季はリハビリでシーズン前半を棒に振ったが、昨年12月14日のフロジノーネ戦で復帰すると、セリエBで12試合、セリエA昇格プレーオフ1試合に出場した。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェノアでクラスターか 選手&スタッフ14名の新型コロナ感染を報告

ジェノアがさらなる新型コロナウイルスの陽性者を報告した。 ジェノアでは先週末の27日に行われたセリエA第2節のナポリ戦前にデンマーク代表MFラッセ・シェーネとイタリア代表GKマッティア・ペリンの陽性反応を確認。両選手ともに欠場していた。 そして、チームは翌28日に検査を実施。選手とスタッフを併せた計14名に陽性反応が検出され、定められるプロトコルに則った対応に動き、当局に報告したという。 クラスター発生が疑われるジェノアは10月3日にセリエA第3節でトリノと対戦。今後について、「状況が進展した際は最新情報を提供する」と説明している。 2020.09.29 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ロサーノ2発などジェノアに6発のナポリが圧勝で開幕2連勝!《セリエA》

ナポリは27日、セリエA第2節でジェノアをホームに迎え、6-0で圧勝した。 パルマとの開幕戦を2-0で勝利したナポリは、オシムヘンが移籍後初スタメンを飾り、2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 昇格組のクロトーネに4-1と快勝したジェノアに対し、ナポリが圧力をかける入りとなると、10分に先制する。ボックス左からのメルテンスのクロスをファーサイドのロサーノがボレーで合わせた。 その後も12分にオシムヘンのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、19分にはオシムヘンのお膳立てからロサーノが決定的なシュートを浴びせた。 しかし23分、ナポリは左足太ももを痛めたインシーニェがプレー続行不可能となり、エルマスを投入した。 それでも28分、右サイドからのFKにオシムヘンが決定的なヘディングシュートを浴びせたナポリが、ハーフタイムにかけても主導権を渡さず1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、開始27秒にナポリが追加点を挙げる。オシムヘンのヒールパスを受けたジエリンスキがボックス中央からゴールに蹴り込んだ。 さらに57分、敵陣でボールを奪ったジエリンスキがラストパスを送ると、メルテンスがペナルティアーク中央からシュートを蹴り込んで3点目。 続く65分には相手の横パスをカットしたメルテンスのパスを、ロサーノが決めてドッピエッタ。4-0としたナポリは69分にエルマス、72分にはポリターノもゴールを挙げ、終わってみれば6-0で圧勝し、開幕2連勝としている。 2020.09.28 03:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノアがユベントスからイタリア代表DFペッレグリーニをレンタルで獲得

ジェノアは26日、ユベントスからイタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ペッレグリーニは、ローマの下部組織出身で、2019年7月にユベントスへと完全移籍。2019-20シーズンはカリアリへとレンタル移籍していた。2019-20シーズンはセリエAで24試合に出場し4アシストを記録していた。 また、世代別のイタリア代表を経験してきたペッレグリーニは、A代表にも招集。UEFAネーションズリーグにも選ばれたが出場はなかった。 なお、ペッレグリーニは背番号「88」を背負い、週末のナポリ戦に出場が可能となる。 2020.09.26 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

9日前にインテル加入のU-19スイス代表FWマレス、即ジェノアへ買取OP付きレンタル

ジェノアは25日、インテルのU-19スイス代表FWダリアン・マレス(19)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。なお、インテルは買い戻しオプションを付けているとのことだ。 U-19スイス代表で4ゴールを挙げている189cmの大型FWであるマレスは、2019年6月にルツェルンでプロデビュー。昨季はスイス・スーパーリーグで19試合に出場して1ゴール4アシストを記録していた。 そのマレスは今月16日に移籍金400万ユーロでインテルに加入し、2025年6月までの契約を結んだが、わずか9日後にジェノアへのレンタル移籍が決まる形となった。 2020.09.26 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

去就不透明のバロテッリ、ジェノアが関心か

ジェノアが、ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)に関心を持っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 昨夏に故郷のブレシアに移籍したバロテッリだが、チームの2部降格を受けて今夏の移籍が取り沙汰されている。一説ではトルコの強豪ベシクタシュとメジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーからの関心も伝えられたが、代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が「彼はヨーロッパに留まるだろう」とコメントし、噂を一部否定した。 そんな中、現在バロテッリに興味を持っているのはジェノアなのだそう。同クラブは今夏の移籍市場でフリーの元イタリア代表FWマッティア・デストロをはじめ、スロベニア代表MFミハ・ザイツや、クロアチア代表FWマルコ・ピアツァ、イタリア代表DFダビデ・ザッパコスタを獲得するなど、印象的な補強に動いている。 一方でマジョルカの名前も上がっているが、スペイン2部クラブへの移籍の可能性は高くないように見える。 2020.09.22 15:52 Tue
twitterfacebook