トリノがベロッティ狙うトッテナムからのオファーを拒否 完全移籍以外は受けつけず

2020.09.13 16:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノがイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(26)に対するトッテナムからのオファーを拒否したようだ。2015年夏にパレルモから加わり、得点源としての地位を確立するベロッティ。2016-17シーズンの終盤からキャプテンとしての役割も託され、昨季もエースとして、公式戦44試合の出場で22得点4アシストの数字を残した。

イタリア『スカイ』によると、このたびトッテナムから5000万ユーロ(約62億9000万円)の買い取りオプションが付随したレンタルのオファーが届いたが、トリノは拒み、完全移籍の話のみを受けつけると通達したという。

以前にもミランやアトレティコ・マドリーの関心が取り沙汰されたが、トリノ残留の道を選択したベロッティの契約は2022年まで。トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は先日、今夏にイングランド代表FWハリー・ケインに次ぐストライカーの獲得希望を明らかにしている。
コメント
関連ニュース
thumb

トリノ、トレイラ獲得に“複雑な”条件付きレンタルを打診か

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)を狙うトリノが複雑な条件を提示しているようだ。 昨シーズンは公式戦39試合に出場したトレイラだが、今季はミケル・アルテタ監督の構想外となり、この夏の退団が確実視されている。12日に行われたプレミアリーグ開幕節のフルアム戦ではメンバー外だった。 アーセナルはトレイラの売却金を2400万ユーロ(約29億8000万円)に設定し、アトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)獲得費の一部に充てようと考えている模様。しかし、イタリア『トゥットスポルト』の情報によると、トリノはレンタル移籍を打診。買い取りオプションも付くようだが、その行使条件がかなり複雑なものとなっている。 ヨーロッパリーグ出場権や公式戦出場数、ここまではシンプルだが、ゴール数やアシスト数、さらには代表招集の回数まで条件に含め、それらが特定の数字に到達した場合にのみ、買い取り義務が発生する仕組みをトリノ側は提案しているとのこと。 さらにその買い取りにかかる移籍金は、条件達成度合いで上下するのだという。 非常に複雑なオファーだが、トリノはすでにロンドンに代理人を派遣し、残り2週間程となった移籍市場閉幕までに契約をまとめる意向のようだ。 トレイラ本人も移籍に前向きだと伝えられており、他にオファーがなければ取引が実現する可能性が高いと見られている。 2020.09.18 18:17 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノがサンプドリアDFムッルを買取OP付きレンタルで獲得

トリノは17日、サンプドリアのイタリア人DFニコラ・ムッル(25)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 左サイドバックのムッルはカリアリの下部組織出身。2017年夏にカリアリから900万ユーロの移籍金でサンプドリアに加入し、公式戦89試合に出場して8アシストを記録した。昨季はセリエAで28試合に出場していた。 移籍先のトリノでは新シーズンよりサンプドリア時代に指導を受けていたマルコ・ジャンパオロ監督が指揮を執る。 2020.09.18 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安所属のボローニャがミハイロビッチ監督の愛弟子である元イタリア代表DFデ・シルベストリを獲得

ボローニャは17日、トリノを退団していた元イタリア代表DFロレンツォ・デ・シルベストリ(32)の獲得を発表した。契約期間は発表されていないが、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば2年契約にサインした模様だ。 186cmの大型右サイドバックであるデ・シルベストリはフィオレンティーナ、サンプドリア、トリノで現ボローニャ指揮官のシニシャ・ミハイロビッチ監督の指導を受けてきた愛弟子だ。昨シーズンは公式戦37試合に出場するなど、右ウイングバックの主力を務めていた。 昨季、右サイドバックのレギュラーを務めていたDF冨安健洋としてはポジションを争うライバルになるかもしれない。 2020.09.17 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアム、イタリアで飛躍を遂げたDFオラ・アイナとトリノからレンタルで獲得

フルアムは11日、トリノからナイジェリア代表DFオラ・アイナ(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 チェルシーの下部組織で育ったアイナは、2016年にトップチームデビュー。その後、チャンピオンシップ(イングランド2部)ハル・シティへの武者修行を経て、2018年の夏にトリノへレンタルで加入すると、左ウイングバックを主戦場にリーグ戦30試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 この活躍が認められ、昨夏にトリノが買い取りオプションを行使し完全移籍を果たすと、2019-20シーズンも主力として公式戦37試合に出場していた。 2シーズンぶりのイングランド復帰となるアイナは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「フルアムのようなクラブでプレー出来ることはとても嬉しいし光栄だ。僕が生まれ育ち、家族も近くにいる首都に戻ってこれたことは素晴らしいことだね」 「このクラブには多くの若手選手がいるね。僕はマイケル・ヘクターやジョシュ・オノマーと仲が良いんだ」 「僕はどちらの足でも問題なくプレー出来るから求められればどこでもプレーするよ。僕はスピードがあり攻撃的なプレーを好むと思われがちだが、チームのために汚れ役を引き受けるのも好きだよ」 2020.09.12 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

冨安所属のボローニャ、経験豊富な元伊代表DF2選手が加入か

日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが経験豊富な2人のベテランDFを迎え入れることになるようだ。 現在、加入が間近に迫っているのは、トリノに所属する元イタリア代表DFロレンツォ・デ・シルベストリ(32)。 186cmの大型右サイドバックはフィオレンティーナ、サンプドリア、トリノで現ボローニャ指揮官のシニシャ・ミハイロビッチ監督の指導を受けてきた愛弟子だ。昨シーズンは公式戦37試合に出場するなど、右ウイングバックの主力を務めたが、8月31日付けでクラブとの契約が終了している。 イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えるところによれば、デ・シルベストリとボローニャはすでに条件面で合意に至っており、1日に予定されるメディカルチェックを受診後、2年契約にサインする見込みだという。 一方、獲得に向けて交渉を進めているのが、インテルに所属する元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(32)だ。 インテル在籍10年間で公式戦200試合以上に出場してきた195cmの長身センターバックは、センターバックの5番手として昨シーズンの公式戦12試合に出場していた。 イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、現行契約は2021年までとなっているが、クラブサイドは功労者に対してフリーでの移籍を容認する構えだという。 現時点ではボローニャが新天地の有力候補に挙がっているが、古巣ジェノアやパルマも移籍先の候補だという。 2020.09.01 20:45 Tue
twitterfacebook