レスターがドイツ代表DFター獲得に関心? 第一希望フォファナ難航でターゲット変更か…

2020.09.12 15:41 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティがレバークーゼンに所属するドイツ代表DFヨナタン・ター(24)の獲得に動く構えだ。『スカイ・スポーツ』などで働くイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自身の公式『ツイッター』で主張している。レスターは、トルコ代表DFチャグラル・ソユンクと、北アイルランド代表DFジョニーエバンスがレギュラーセンターバックを務めているが、バックアップの1番手が36歳のイングランド人DFウェズ・モーガンと、以前からセンターバックの補強が必要と考えられている。

そういった中、現在クラブはサンテチェンヌに所属するフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)をトップターゲットに定めている。

フォファナ自身はレスター行きを希望しているものの、アーセナルに売却したU-21フランス代表DFウィリアム・サリバに続く逸材センターバックの流出を避けたいサンテチェンヌは、すでにレスターからの2900万ユーロ(約36億5000万円)のオファーを拒絶しており、獲得交渉が難航している。

これを受けて、レスターは新たな候補としてターへの関心を強めているようだ。192cmの恵まれた体躯とパワー、スピードに長けたアスリート型のセンターバックは、2015年にハンブルガーSVから加入して以降、最終ラインの主力として活躍している。

ただ、昨夏にアトレティコ・マドリー行きが噂されるなど、以前からクラブを離れる可能性が伝えられている。
コメント
関連ニュース
thumb

エバンスが後輩フォファナを称賛「トップクラスの選手になることは間違いない」

レスター・シティに所属する北アイルランド代表DFジョニー・エバンスは、フランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)の将来に期待を持っているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 昨シーズンのリーグ・アンで頭角を現したフォファナは、今夏にレスターがサンテチェンヌから推定総額総額4000万ユーロ(約50億円)の移籍金で獲得。DFチャグラル・ソユンクのケガなどで出番が回ってくると、11月の代表ウィーク前には公式戦6連勝チームにフル出場で貢献。そのうち4試合でクリーンシートを達成した。 昨シーズンのプレミアリーグ全試合に出場たエバンスは後輩フォファナを高く評価。「世界最高のセンターバックの一人になれるだろう」と太鼓判を押した。 「時々、彼が若いことを忘れてしまうことがある。彼には本物の熱量と熟練度が備わっている」 「トップクラスの選手になることは間違いないね。彼はすべての能力を備えている。ボールの扱いにも長けていて、アグレッシブルな守備もできる」 「自信に満ちているみたいだ。彼が出場した試合を振り返っても本当に成熟したプレーをしていると思う」 「どんな状況からも逃げ隠れはしないはずだ。あらゆる挑戦にも立ち向かうだろう。彼はそういうのを本当に楽しんでいるようだ。ピッチでのアグレッシブさを見れば分かるだろう」 また、エバンスは、1-0で勝利した第6節のアーセナル戦を取り上げて、フォファナがビッグプレイヤーになれる才能の片鱗を見たと話している。 「おそらく、あのフォーメーション(3バック)でプレーしたことがなかったと思う。それに加えて、プレミアリーグ最高のストライカーの一人である(ピエール=エメリク・)オーバメヤンを相手にしなければならなかった」 「その試合の彼のプレーは、そういった選手と戦うことができるという本物の熱意を証明した。自信に満ちていたね。彼が素晴らしい選手であると知ったのはその夜だよ」 2020.12.05 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

「選手たちは本当に不運だった」敵地でEL初黒星のレスター、指揮官は結果に不満

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がヨーロッパリーグ(EL)での敗戦が不運だったと嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 3日に行われたELグループG第5節において、レスターはウクライナのゾリャとアウェイで対戦。すでに決勝トーナメント進出は決定しているレスターだったが、2位ブラガとの差を広げるためにも勝利を狙いたい一戦になった。 ウクライナへの長距離遠征を避けるため、FWジェイミー・ヴァーディら数人の主力が帯同しなかったこの試合、レスターは相手GKの好セーブもあり、なかなかゴールを決めることができない。すると、84分にFWアラーヤル・サヤードマネシュに先制ゴールを奪われ、そのまま0-1のスコアで敗北した。 試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督は「選手たちは本当に不運だったと思う」と話し、結果に納得していない姿勢を示している。 「我々は試合に多くのことを注ぎ込んだ。質の高い瞬間をたくさん見せられたし、試合中には良いチャンスもあったと思う。ただ、相手のGKが何度か良いセーブをしたこともあり、我々は明らかにものにするべき1つ、2つのチャンスを逃してしまったね」 「選手たちは試合に力を入れていただけに、残念な結果になった。何人かのケガ人が出たにもかかわらず、彼らは試合に勝ちたいという強い気持ちを見せてくれたよ」 また、ロジャーズ監督はこの試合で敗れこそしたものの、まだグループ首位に立っていることを強調。グループステージ首位突破に向け、準備していくと意気込んだ。 「選手たちを責めることはできない。聞いて欲しい、我々はこの試合までに3勝1分けの成績を残していた。今晩の敗戦にはがっかりしているが、ここまでの結果が状況を和らげてくれている」 「我々は試合中に(負傷者の発生などで)多くの混乱があったが、全体的に選手たちはこの敗戦以上のものに値したと思う。グループ首位を目指して、最後の試合に臨んでいくよ。週末の重要な試合を終えたら、来週のELを最後までしっかり戦いたい」 2020.12.04 12:37 Fri
twitterfacebook
thumb

敗戦で首位肉薄のチャンスを逃したレスター、ロジャーズ監督も「望むレベルになかった」と嘆く

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、フルアム戦の敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 11月30日に行われたプレミアリーグ第10節において、現在4位のレスターはフルアムと対戦。今節はトッテナム、リバプール、チェルシーの上位3チームが揃って引き分けたこともあり、白星を挙げれば勝ち点で首位に並べる状況での一戦となった。 しかし、試合は現在降格圏で苦しむフルアム相手に苦戦。30分にFWアデモラ・ルックマンに先制点を決められると、38分にはPKを献上し、追加点を決められる。後半も動きは重く、86分にFWハーヴェイ・バーンズが1点を返したが、同点とするまでには至らず1-2のスコアで敗戦となった。 試合後、ロジャーズ監督は「疲労に苦しんでいる選手が1、2人いる」と明かし、ローテーションしながらチーム力を保つ難しさを語っている。 「当然、我々は疲労を感じている。それでも、もちろん試合に出て、我々ができる限りのパフォーマンスをしたいと思っている」 「我々はチームのフレッシュさを保つため、十分にチームをローテーションしていると思う。しかし、今夜のチームは我々のレベルに達していなかった」 また、ロジャーズ監督はインタビューの中で、敗戦こそしたものの評価できる部分はあるとし、特にベテラン選手2人を称賛した。 「我々のなかではジョニー・エバンスが傑出していたね。彼は男らしくプレーしていた。カスパー(・シュマイケル)も安定していたと思う。ゴールを守ることに集中していて、彼も男らしかった」 「バーンズのゴールも素晴らしかったよ。彼とジェンゴ(ジェンギズ・ウンデル)を投入してからは、彼らがボールを持ち運んでくれることで、我々に勢いを与えてくれたと思う」 「それ以外の部分で、今晩の我々は非常に若いプレーをしてしまった」 2020.12.01 11:17 Tue
twitterfacebook
thumb

三度追いつき決勝T進出を決めたレスター指揮官、前半には苦言も「後半は特に傑出していた」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、ブラガ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは26日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第4節でブラガと対戦。しかし、苦しい試合展開となった。 開始4分で失点するも9分にハーヴェイ・バーンズのゴールで同点に。それでも24分に再び失点し、2-1で折り返す。 後半はなかなかスコアが動かないなか、78分にルーク・トーマスが貴重な同点ゴール。さらに押し込んでいくが、90分に失点し敗戦のピンチに。それでも後半アディショナルタイム5分にジェイミー・ヴァーディが値千金の同点ゴールを奪い、3-3の引き分けに終わった。 レスターは引き分けに終わったが、もう1つの試合がAEKアテネvsゾリャの試合が0-3でゾリャが勝利したため、グループステージ突破が決定した。 ロジャーズ監督は試合後に「我々は(決勝トーナメント進出の)資格を得るという最初の目的を達成した。今、我々はこのまま進み、グループステージで1位を勝ち取ろうと思う」とコメント。まずは目標を達成したことを喜んだ。 一方で、3度リードされ3度追いついた試合だったが、後半のパフォーマンスを評価。チームとしての力を発揮できたと語った。 「本当に良い試合だった。後半は特に傑出していた。3回も後からゴールを奪った」 「前半は全く良くなかった。遅すぎた。つまり、守備面でも攻撃面でもおとなしすぎた。だから、前半は彼らの方がより良いチームだったが、後半はいくつか変更した」 「チームには、より良い動き、より良いゲームスピードという異なるダイナミクスをもたらせた。後半は素晴らしかった」 「とはいえ、我々はプレスのやり方を間違えたため、彼らが勝つチャンスもあった。ただ、グループとしてのメンタリティを象徴しており、最後に同点ゴールを奪おうとしていた。それは我々にとって完全に値するものであり、明らかにとても重要なポイントだった」 2020.11.27 10:23 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第4節結果まとめ】4チームが2節を残して決勝T進出

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が26日に行われた。 ◆レスター、アーセナル、ローマ、ホッフェンハイムが突破! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201127_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループステージ後半戦に入った中、2節を残して決勝トーナメント進出を決めたのはレスター・シティ、アーセナル、ローマ、ホッフェンハイムの4チーム。 グループBのアーセナルは今節、モルデとアウェイで対戦。一進一退の攻防を見せた中、0-0で試合を折り返すと、後半立ち上がりにいずれもジョー・ウィロックのお膳立てからペペ、ネルソンと連続ゴールが生まれる。さらに、83分には19歳の新鋭FWバログンに嬉しいトップチーム初ゴールが生まれ、3-0の快勝。比較的恵まれたグループの中で4連勝での突破を決めた。 同じく4連勝での突破を果たしたのがグループLのホッフェンハイム。今節ではリベレツとのアウェイゲームに臨んだ中、試合終盤の77分にバウムガルトナーのゴールで先制に成功すると、89分にはエースのクラマリッチがPKを決めて2-0の勝利を飾った。 安定した勝利を見せた2チームと異なり、劇的な形で突破を決めたのはグループGのレスター。ブラガとのアウェイゲームでは2度のビハインドを追いつくも、試合終了間際の90分に勝ち越しゴールを献上。だが、諦めないチームは95分、ボックス手前右でオルブライトンが斜めに入れたグラウンダーのクロスをゴール左に詰めたヴァーディが押し込んだ。そして、3度のビハインドを追いつく劇的な3-3のドローで無敗を維持し、ラウンド32行きを決めた。 また、グループAのローマは後半から途中出場のヴェレトゥが相手のオウンゴールを誘発するFKと、PKによるゴールで殊勲の働き。クルージュを敵地で0-2で破り、こちらも3勝1分けの戦績で突破を決めた。 その他の強豪チームではミランがリールと1-1のドローに終わった一方、レバークーゼンやトッテナム、ナポリは格下相手にいずれも快勝となっている。 日本人選手ではAZのDF菅原由勢を除き、アントワープMF三好康児、ビジャレアルMF久保建英がいずれも先発出場し、ラピド・ウィーンFW北川航也が途中出場している。 ■ELグループステージ第4節結果 ◆グループA CSKAソフィア 0-1 ヤング・ボーイズ クルージュ 0-2 ローマ ◆グループB モルデ 0-3 アーセナル ダンドーク 1-3 ラピド・ウィーン ◆グループC ニース 1-3 スラビア・プラハ レバークーゼン 4-1 ハポエル・ベエルシェバ ◆グループD レンジャーズ 2-2 ベンフィカ スタンダール・リエージュ 2-1 レフ・ポズナン ◆グループE グラナダ 2-1 オモニア PSV 3-2 PAOK ◆グループF AZ 0-0 レアル・ソシエダ ナポリ 2-0 リエカ ◆グループG AEKアテネ 0-3 ゾリャ ブラガ 3-3 レスター・シティ ◆グループH リール 1-1 ミラン スパルタ・プラハ 4-1 セルティック ◆グループI カラバフ 2-3 スィヴァススポル マッカビ・テルアビブ 1-1 ビジャレアル ◆グループJ LASK 0-2 アントワープ トッテナム 4-0 ルドゴレツ ◆グループK ヴォルフスベルガー 0-3 ディナモ・ザグレブ CSKAモスクワ 0-0 フェイエノールト ◆グループL リベレツ 0-2 ホッフェンハイム ヘント 0-2 ツルヴェナ・ズヴェズダ 2020.11.27 07:40 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly