「不適切なジョーク」でヤヤ・トゥーレがチャリティ追放、グループチャットで性的コンテンツを共有し苦情

2020.09.06 10:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナやマンチェスター・シティなどでプレーした元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが不適切なジョークによりチャリティから追放されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

中国甲級リーグ(2部)の青島黄海を今年1月に退団し、その後はフリーとなっているヤヤ・トゥーレ。6日にオールド・トラッフォードで行われるサッカーエイドのチャリティマッチに出場する予定だった。

しかし、メッセンジャーアプリ『WhatsApp』のグループチャットで不適切なジョークを投稿したとのこと。裸の女性が浴室でシャワーを浴びている姿が写った動画を送り、「最大で19人の女性がホテルにいる選手を喜ばせられるよ」と送ったようだ。

このグループチャットには女性の選手も居たため、ヤヤ・トゥーレのジョークに対してクレームが出たとのこと。その結果、今回のチャリティから追放されることとなってしまった。

ヤヤ・トゥーレは自身のツイッターで今回の件について謝罪している。

「サッカーエイドに関わるみんなに謝罪したい。不適切なジョークを深く後悔しています」

「ジョークのつもりでしたが、他の参加者の気持ちに対する配慮に欠けていました」

「ですが、ジョークは数分で削除しました。そして、グループ内の全員にも謝罪しました」

「僕たちは正当な理由でここに集まり、今回のことは試合の焦点から外れます。焦点は、世界中の子供たちを助けるために、みんなを連れてくることです」

「不適切なジョークを見るのは悲しいと注目を集めてしまいました。チャリティマッチの美しさに、集中する必要があります」

「状況に関係なく、僕は完全に責任を負います。僕はそのようなジョークをすべきでない大人の男です」

「ミスをしたことを謝罪します。日曜日のサッカーエイドで、高い意識と募金を集めることを願います」

また、サッカーエイドの広報担当者は今回の件についてコメント。正式に不参加になることを発表した。

「不適切なコンテンツがプライベートなグループチャットで共有されたため、日曜日の試合に参加しなくなった」

「メッセージはすぐに削除され、完全に謝罪もされた」

「ユニセフのためのサッカーエイドは、今回関係した個人とこの件について話し合い、今年のイベントへの参加をしないことが決定した」

「判断の誤りではあったが、行動は起こってしまったことの価値と、その原因が一致していないように感じられた。彼が今年の試合から外れることは正しいことだった」

サッカーエイドは、イングランド11とワールド11の対戦で行われ、イングランド11はウェイン・ルーニーサム・アラダイス氏が指揮を、ワールド11はハリー・レドナップ氏とブライアン・ロブソン氏が指揮を執る。

関連ニュース
thumb

アンス・ファティのやんちゃなドレッドヘアーに驚きの声!実は5月にイメチェン

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティの新しいヘアースタイルに注目が集まっている。 バルセロナは15日、2021-22シーズンのホームユニフォームの発表会を本拠地カンプ・ノウで開催。18歳のファティも出席した。サイドを刈り上げた短髪のイメージが強いファティだったが、発表会には髪を編み込んだドレッドヘアーで参加した。 この髪型自体は5月から取り入れており、ユーロ2020に臨むスペイン代表チームを訪問した際にもドレッドヘアーだったが、ファティはシーズン序盤に負ったケガの影響で昨年11月以降ピッチに立っておらず、久々にその姿を見たバルセロナサポーターからは多くの驚きの反応が。その中には「(ジョバニ・)ドス・サントス感ある」「最初誰だか分からなかった」「髪型どうしちゃったの」といった声があった。 バルセロナの下部組織育ちのファティは今シーズンからファーストチームに正式昇格。公式戦10試合の出場で5得点4アシストと輝きを放っていたが、昨年11月初旬に左ヒザの内側半月板損傷という重傷を負ってしまった。手術を受けたものの術後の経過が思わしくなく、今年1月・3月と三度メスを入れ、照準を来季へ合わせている。 新たなヘアースタイルで心機一転の活躍となるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】アンス・ファティのドレッドヘアー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">New look, Ansu Fati <a href="https://t.co/K695hd8NmB">pic.twitter.com/K695hd8NmB</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1405196658892328967?ref_src=twsrc%5Etfw">June 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.17 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドとは真逆!? ポグバの行動はまさかの1260億円の増益、会見で瓶を退けたハイネケンの株価上昇

フランス代表MFポール・ポグバの行動が、まさかの増益に貢献しているようだ。フランス『sportune』が報じた。 15日に行われたグループF第1節のフランス代表vsドイツ代表。フランスが1-0で勝利した中、マン・オブ・ザ・マッチに選出されたポグバが試合後の記者会見に出席した。 しかし、ポグバはその際に目の前に置かれていたハイネケンの瓶を手に取り、足元に置くことに。そのまま会見は進んだ。 ポグバは敬虔なイスラム教徒であるため、アルコールが禁止されており、自身の視界に入れたくなかったとみられている。 ただ、この行動はハンガリー代表戦前にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、試合前の記者会見で自身が嫌うコカ・コーラのペットボトルを目の前から退けたものと同じ行動となり、オマージュしたと大きな話題となっていた。 両者の行動に移したいとは違うものの、スポンサーの商品を退かしたという似たような行動だが、2人がもたらせた影響は大きく異なったようだ。 C・ロナウドが退けたコカ・コーラは、株価が暴落。40億ドル(約4400億円)の損失になったとスペイン『マルカ』が報じていた。 ポグバが瓶を退かしたハイネケンも同様の動きが市場で見られたかと思われたが、ハイネケンの株価は16日の市場が開いた時から1.65%上昇。9億5000万ユーロ(約1260億円)も増加し、C・ロナウドとは全く逆の影響があったとされている。 個人の好みと宗教上の理由と違いはあるものの、ここまで真逆の効果があることは説明が難しいものとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ポグバの行動でハイネケンは1260億円を儲ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpRGJ4MkcyVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

キックオフ前に空からピッチに侵入で負傷者が…UEFAが危険行為に声明「必要な措置を講じる」

15日に行われたユーロ2020グループF第1節、フランス代表vsドイツ代表の一戦であわや大惨事という事態に陥った。 キックオフ直前、両チームの選手がピッチに散っていく中、スタジアム上空から黄色いパラグライダーに乗った人物が、かなりのスピードに乗ってピッチへと着陸。スタジアムは騒然となった。 イギリス『ガーディアン』によると、この流れでキックオフが遅れただけでなく、数名が負傷。パラグライダーはカメラを運ぶワイヤーに絡まり、その破片がピッチとスタンドに落下したとのことだ。 この乱入者のもとにはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが駆け寄り無事を確認していたが、医師の診察を受けた後に警備員に連れ去られた。 この人物は国際環境NGO『GREENPEACE』のメンバーで、パラシュートには「KICK OUT OIL!」という言葉と団体名が書かれていた。 『ガーディアン』は、今回の事態を受けたユーロを主催する欧州サッカー連盟(UEFA)の声明を伝えている。 「今夜のミュンヘンでのフランスとドイツの試合が始まる少し前に、抗議者が空中からスタジアムに侵入し、ピッチに着陸しようとしました」 「この軽率な行為は、この試合に関わる多くの人々に非常に深刻な影響をもたらす可能性があり、数人を負傷させ、彼らは現在入院中です。法務当局は必要な措置を講じます」 「UEFAとそのパートナーは、ユーロ2020で持続可能な社会のために全力で取り組んでおり、二酸化炭素排出量を削減するために多くの施策を実施しています。幸いなことに、試合はこのような無謀で危険な行動の影響を受けませんでしたが、それでも数人が負傷しました」 また、『GREENPEACE』のドイツ語版ツイッターは、一連の行動を「大会のスポンサー(フォルクスワーゲン)に対し、気候に悪影響を与えるディーゼル車とガソリン車の販売を中止させることを目的としていた」と説明。 負傷者が出たことに関しては、「本日の一連の事態について謝罪します。#Greenpeaceの行動において、技術的な不具合により緊急着陸を行い、1人が負傷したようです。 皆様のご健勝をお祈り申し上げます」と謝罪している。 <span class="paragraph-title">【動画】かなりのスピードでパラグライダーが突っ込む…</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kufwVIwtF8U" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.06.16 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの行動が4400億円の損失に!? 会見時にコカ・コーラの株価が下落

サッカー界のスーパースターであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの影響力は、世界をも動かすようだ。 C・ロナウドは、ユーロ連覇を目指し自身5度目の大会出場。キャプテンとして、初戦のハンガリー代表戦に向けた記者会見に出席した。 その際、会見が始まる前に着席したC・ロナウドは、おもむろに自身の前に置かれたペットボトルに手を伸ばす。 それは2本のコカ・コーラ。これを手に取ったC・ロナウドは、これを退けてスタッフへと渡し、水のペットボトルを掲げて「アグア(ポルトガル語で水)。コア・コーラ…」と言っていた。 C・ロナウドは、最高のパフォーマンスを発揮するために、コンディションに気を配っており、ハードなトレーニングはもちろんのこと、食事にも気を遣い、アルコールを全く摂取しないなど徹底。コカ・コーラなどのジャンクフードは快く思っていないことを以前から表明しており、今回もそれに準じた行動だった。 しかし、この行動が思わぬ大きな影響を及ぼすこととなっている。 スペイン『マルカ』によると、C・ロナウドが目の前から退けたことで、コカ・コーラの株価が暴落。この行動により10億ドル(約1100億円)の損失を被ったとのことだ。 ヨーロッパの株式市場は午後3時に開かれたが、その時点での価値は56.10ドル(約6177円)だったが、30分後にC・ロナウドとフェルナンド・サントス監督が記者会見に出席した後に、1株あたり55.22ドル(約6080円)まで急落したとのことだ。 およそ1.6%の下落を引き起こしたC・ロナウドの行動。最終的にコカ・コーラは2420億ドルから2380億ドルと市場価値が下がり、40億ドル(約4400億円)の損失となってしまったとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドがコカ・コーラのペットボトルをどかす</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTWUQ1QWpwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.16 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

マディソンが初トロフィーを記念したクールな“タトゥー”を披露!「夢は叶う」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソンが新たなタトゥーを披露した。自身のインスタグラムで伝えている。 2018年夏にノリッジからレスターに加入したマディソンは、加入初年度からレギュラーの座を射止めると、今シーズンも公式戦42試合に出場して11ゴール11アシストをマーク。FAカップではチェルシーを決勝で破り優勝。自身のキャリアで初のタイトルを獲得していた。 そんなマディソンは10日、自身のインスタグラムで、スタジアムを目の前に佇む背番号「10」の少年とFAカップのトロフィーを描いた新たなタトゥーを披露。そこには「夢は本当に叶う」という文字も刻まれていた。 今回マディソンにタトゥーを入れたのは、タトゥーアーティストのダレン・マクガバン氏。これまでにもマンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードやFWメイソン・グリーンウッドなど何人ものプレミアリーグの選手のタトゥーを担当している。 <span class="paragraph-title">【写真】マディソンが入れたクールな“タトゥー”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">James Maddison(@madders)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.13 09:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly