スパーズ加入間近のドハーティ、加入に向けては過去の清算がまず必要?

2020.08.28 16:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏のトッテナム移籍が有力視されるウォルバーハンプトンのアイルランド代表DFマット・ドハーティ(28)は、同クラブに加入する前に清算すべき事柄が残っているようだ。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。

ハイバーニアン、ベリーへの武者修行を除き、2010年からウルブス一筋のキャリアを歩むドハーティは、チャンピオンシップ(イングランド2部)時代の2014-15シーズン以降、右サイドバックやウイングバックの絶対的な主力に君臨。

クロス精度は今一つも、180cm代半ばの恵まれた体躯を生かした守備強度と、90分を通して上下動を繰り返せるスプリント能力、今季公式戦7ゴールを挙げている得点力は大きな魅力だ。
そして、プレミアリーグ屈指の右サイドバックには現在、トッテナムへの移籍が取り沙汰されており、複数の国内メディアは近日中の移籍成立の可能性を伝えている。

渦中のドハーティだが、スパーズ加入に向けては、愛するクラブとの決別という、心の整理がまず必要なようだ。

『SPORT BIBLE』が伝えるところによれば、ドハーティは以前からトッテナムの宿敵であるアーセナルのファンだという。

そして、2012年には自身の公式『ツイッター』に、「僕は永遠にアーセナルを愛している」との熱烈な投稿を行っていた。それ以外にも、「僕はアーセナルの大ファンだ」など、アーセナル愛を綴っていた。
そのため、トッテナム加入に際して、まず行うべきは愛するアーセナルへの想いを断ち切ることだ。

ちなみにドハーティは2019年4月のリーグ戦でアーセナルと対戦した際、1ゴールを決めており、そのときには豪快なゴールセレブレーションを行っており、案外アーセナル愛は薄れているかもしれない。

なお、トッテナムではドハーティ以外にも、フランス代表MFムサ・シソコやコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエが過去にアーセナルのユニフォームを着ていたことで、揶揄されていた経緯がある。

関連ニュース
thumb

トッテナムの岩渕真奈が初ゴール!加入後2戦目、反転からの左足で結果残す

トッテナムに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈が移籍後初ゴールをマークした。 今季のアーセナルでは出場機会の乏しかった岩渕は、出場機会を求めて今冬に今シーズン終了までの期限付き移籍でトッテナムへ加入。25日の女子コンチネンタルカップ準々決勝で早速加入後初先発を飾った。 29日に行われた女子FAカップ4回戦のロンドン・シティ戦にも続けて先発。目に見える結果も残した。 トッテナム1点リードの前半アディショナルタイム、速い攻撃から右サイドへの展開となると、アシュリー・ネビルからのグラウンダークロスをニアで受けに行く。岩渕は右足で打つと見せかけてボディフェイントから反転し、中央から左足。シュートはDFの足に当たってコースが変わり、右隅へと吸い込まれた。 ツキもあったとはいえ、フィニッシュまでの動きは見事。中盤でボールの収まりどころとなるなど、69分の交代まで精力的なプレーを披露した。 試合は追加点を挙げたトッテナムが5-0で勝利。次のステージへ駒を進めている。 <span class="paragraph-title">【動画】カットバックから見事なターンで岩渕がトッテナム移籍後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@buchi_mana</a> nets her first for <a href="https://twitter.com/SpursWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@spurswomen</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/WomensFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WomensFACup</a> <a href="https://t.co/AknwC8tsQp">pic.twitter.com/AknwC8tsQp</a></p>&mdash; Vitality Women&#39;s FA Cup (@VitalityWFACup) <a href="https://twitter.com/VitalityWFACup/status/1619682441140248578?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬3人目の補強目指す! インカピエ獲得へオファー掲示か?

トッテナムが、レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(21)獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今冬の移籍市場でオランダ代表FWアルノー・ダンジュマを確保し、スポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロの獲得にも迫るトッテナム。 今月31日の市場閉幕が間近に迫る中、アントニオ・コンテ率いるチームは、さらにクオリティ不足が顕著なセンターバックの補強に動く構えだ。 『ビルト』によると、トッテナムは予てより関心を示すエクアドル代表DF獲得に向け、レバークーゼンに対して2500万ユーロ(約35億3000万円)の口頭オファーを掲示したという。 すでに5年半契約での個人間合意も伝えられるものの、レバークーゼンと2026年まで契約を残すインカピエに関しては、レバークーゼンが早い時期の売却を望んでおらず、要求額にも大きな開きがあるため、前述のオファーが受け入れられる可能性は限りなく低いという。 そのため、トッテナムは残り2日間で大幅に改善したオファーを再掲示し、且つレバークーゼンが後釜を確保する必要があり、このタイミングでの交渉成立は非常に困難なオペレーションとなるはずだ。 母国のインデペンディエンテ・デル・バジェの下部組織出身のインカピエは17歳でトップチームデビュー。アルゼンチンのタジェレスを経て、昨夏にレバークーゼンへ加入。 エクアドルのフル代表ですでに24キャップを刻む21歳は、昨季のレバークーゼンで公式戦33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録。左サイドバックとセンターバックの2つのポジションで攻守に安定したパフォーマンスを披露。 184cmと上背はないが、そのサイズを補って余りあるパワーとスピード、若さを感じさせない冷静な守備対応が光る。また、サイドバックとしてはクロス精度に課題があるものの、センターバックとして求められる持ち運びや配球力も備えるモダンなプレースタイルだ。 2023.01.29 22:51 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ移籍迫るペドロ・ポロ、スポルティング最後の一戦でサポーターへ別れ

トッテナム移籍が決定的となったスポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)がサポーターへ別れを告げた。 右ウイングバックの補強を目指すトッテナムがトープターゲットとして追っていたポロ。トッテナムは値下げや選手譲渡などの交渉を続けていたが、最終的には契約解除金の4500万ユーロ(約63億7000万円)を満額支払うことでクラブ間合意に至ったとされている。 そんな中、28日にポルトとのタッサ・ダ・リーガ決勝が行われ、スポルティングは0-2で敗戦。悔しい結果となったが、フル出場したポロにとってはこれが最後の試合。試合後はスタンドの観客へ別れの挨拶をし、大きな声援に包まれながらピッチから去っていった。 これで正式発表を待つばかりとなったポロ。ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるスペイン代表DFは、2019年8月にマンチェスター・シティに加入。だが、トップチームで出場機会はなくバジャドリー、スポルティングにレンタルに出されていた。 その後、2年のレンタル期間に目覚ましい活躍を披露し、昨年5月にスポルティングが完全移籍で買い取っていた。 それから1年経たずしてトッテナムへステップアップ。2028年夏までの5年半契約を結ぶ見込みだ。<span class="paragraph-title”>【動画】スポルティングのサポータへ別れを告げるペドロ・ポロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Será que foi o último jogo de Porro pelo Sporting? <a href="https://twitter.com/hashtag/sporttvportugal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sporttvportugal</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TA%C3%87AnaSPORTTV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TAÇAnaSPORTTV</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/AllianzCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllianzCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Ta%C3%A7adaLiga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TaçadaLiga</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SportingCP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SportingCP</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCPorto?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCPorto</a> <a href="https://t.co/T3LYPE5VKk">pic.twitter.com/T3LYPE5VKk</a></p>&mdash; SPORT TV (@SPORTTVPortugal) <a href="https://twitter.com/SPORTTVPortugal/status/1619456844413419521?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯4回戦突破のスパーズ、副官はデビュー即ゴールのダンジュマを称賛 「素晴らしいクオリティ」

トッテナムのアシスタントコーチであるクリスティアン・ステッリーニ氏が選手たちのパフォーマンスを称えた。 トッテナムは28日に行われたFAカップ4回戦でプレストン・ノースエンドと対戦。 序盤からボールを握って押し込むと、試合を折り返して50分に韓国代表FWソン・フンミンの見事なミドルシュートで先制する。69分にもソン・フンミンが追加点を奪い、2点差をつけると、先日加入したオランダ代表FWアルノー・ダンジュマを投入。87分にはそのダンジュマがデビュー戦ゴールを決め、3-0で勝利した。 格下相手にきっちり勝ち切って5回戦進出を決めたトッテナム。アントニオ・コンテ監督に変わって試合後の会見に出席したステッリーニ氏は得点を挙げた2選手を称賛した。 「ソンは試合の勢いの中で自分のタイミングを待ってゴールを決めた」 「アルノーと一緒に仕事ができることに興奮している。彼の強みを発揮させたい。彼は素晴らしいクオリティを持っており、攻撃の多くのポジションをこなせる」 また、この一戦でゲームキャプテンを務めたコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを中心に、クリーンシートを達成した守備陣についても高く評価した。 「ディフェンスラインの3人は素晴らしいプレーをしてくれたので、彼らにも賛辞を送りたい。とても幸せだ。ダビンソンがキャプテンになり、ディフェンスラインをリードしたことでクリーンシートを達成できたのだ。良い夜だった」 「プレストンは前半、とても良く守っていたし、良く走っていた。我々の守備陣も前半は相手にカウンターを許さなかったし、良い内容だったと思う。そして後半にソニーが得点を決めたことで、相手との差と余裕が生まれた」 2023.01.29 13:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly