今治が岡山からFWレオ・ミネイロを完全移籍で獲得、J2で通算25得点のストライカー

2020.08.25 10:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC今治は25日、ファジアーノ岡山のブラジル人FWレオ・ミネイロ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「33」となる。レオ・ミネイロはブラジルの複数クラブでプレーした後、2015年から2年間、FC岐阜への期限付き移籍を経験。その後、大邱FC、釜山アイパーク、カタールのアルマーク・ヒヤへのレンタルを経て、2018年にアビスパ福岡へ完全移籍。2019シーズンから岡山でプレーしている。

2019シーズンは明治安田生命J2リーグで10試合に出場。今シーズンは、中断期間中に左ヒザ軟骨を損傷。ケガの影響もあり公式戦の出場はなかった。J2通算98試合25得点、天皇杯では3試合で1得点を記録していた。

レオ・ミネイロは両クラブを通じてコメントしている。

◆FC今治
「FC今治の皆さまには、ここでプレーする機会をいただけたことを感謝しています。そして、チームの目標であるJ2昇格に貢献できることに幸せも感じています。クラブの歴史を作るため、日々仲間と共に最善を尽くします」

「サポーターの皆さま、多くの方はまだ私のことをご存知ではないと思いますが、FC今治の目標達成のために、私の全力を注ぐことをお約束します。試合では私の特長や得意なプレーをお見せしたいです」

「皆さまとともに多くの喜びを分かち合える瞬間を楽しみにしています。ともに闘いましょう! 」

◆ファジアーノ岡山
「まず初めに、岡山で出会った全ての方々に感謝を伝えたいと思います。選手達、監督、コーチの皆さま、サポーターの皆さま、フロントスタッフの皆さん、ありがとうございました」

「日常生活ではとても幸せに過ごすことができましたが、残念ながらファジアーノ岡山のJ1昇格の助けにはなれませんでした。それだけが心残りです」

「私は新たな挑戦に旅立つため、今日、皆さんにお別れしなければなりません。約1年半お世話になり、ここに愛着も湧いています。ファジアーノ岡山のことはいつまでも心の中に残り続け、ずっと応援しています。ここにいる全ての方々の成功を願っていますし、チームのみんながファジアーノをJ1に昇格させるために力強く頑張ってくれると信じています。ありがとうございました!」
コメント
関連ニュース
thumb

今治DF原田亘が左足関節じん帯損傷… 全治は約3~4週間の見通し

FC今治は21日、DF原田亘の負傷を報告した。 クラブによると、原田は18日に行われた明治安田生命J3リーグ第22節のアスルクラロ沼津戦で負傷し、左足関節じん帯損傷と診断。全治に3~4週間程度を要する見込みとのことだ。 2019年に今治へ加入した原田は昨シーズンの日本フットボールリーグ(JFL)で30試合4得点の成績を収め、クラブのJリーグ初参戦に貢献。今シーズンはここまでの明治安田J3で21試合出場し1得点をマークしていた。 2020.10.21 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

今治MF越智亮介が左下腿三頭筋損傷で全治3、4週間

FC今治は15日、MF越智亮介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、越智は11日に行われた明治安田生命J3リーグ第21節のヴァンラーレ八戸戦で負傷。左下腿三頭筋損傷と診断され、全治3〜4週間程度を要するとのことだ。 越智は八戸戦に56分から途中出場。試合の最後までプレーしていた。 FC琉球から今シーズン今治に加入した越智は、ここまでJ3リーグで10試合に出場していた。 2020.10.15 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

J3所属の5クラブにJ3クラブライセンスが交付、J2昇格を逃した場合は今治もJ3ライセンスに

Jリーグは25日、2021シーズンのJ3クラブライセンスの判定結果を発表した。 2020シーズン明治安田生命J3リーグに所属していたクラブから、ヴァンラーレ八戸、福島ユナイテッドFC、Y.S.C.C横浜、アスルクラロ沼津、FC今治の5クラブにJ3クラブライセンスが交付された。 なお、FC今治はJ2クラブライセンスを申請しJ2クラブライセンスが交付されたものの、J2に昇格することができなかった場合にはスタジアムの改修を行わない意向を表明しているため、スタジアムがJ2基準を満たさないことからJ2クラブライセンスが効力を失うこととなる。 2020.10.13 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

今治、FW有間潤が左足ハムストリング損傷…

FC今治は8日、FW有間潤の負傷を報告した。 クラブの発表によると、有馬は今月5日のトレーニング中に負傷。左足ハムストリング損傷と診断され、全治には6~8週間程度を要する見込みだという。 有間は今シーズン、明治安田生命J3リーグで13試合に出場して1得点をマークしている。 2020.10.08 13:32 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪 U-23と今治の一戦は微妙な判定もありながらゴールレスドロー《J3》

2日、明治安田生命J3リーグ第19節のセレッソ大阪U-23vsFC今治がヤンマースタジアム長居で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 前節はY.S.C.C.横浜を相手に6ゴールを奪ったC大阪U-23と、福島ユナイテッドFC、ガイナーレ鳥取を連勝中の今治の対戦となった。 最初にチャンスを作ったのはC大阪U-23。14分、山内が左サイドでロングボールを受けると、カットインからロングシュート。しかし、これは枠を捉えられない。 今治は26分、ボックス右からのクロス。ファーサイドで澤上が折り返すと、最後は中央で片井がシュート。しかし、至近距離からのシュートをGK茂木が鋭い反応でセーブし、得点を許さない。 さらに前半アディショナルタイムには、チョン・ハンチョルが自陣からのロングフィード。これに抜け出した林がボックス内からシュート。しかし、西尾が対応しブロックする。 この流れから得たCKから上原がクロスを送るとニアサイドで澤上がシュート。しかし、サイドネットを揺らしゴールとはならない。 ゴールレスで迎えた後半も互いに攻め込むが決定力を欠いてしまう。72分には、途中出場の桑島が上原のクロスを走りながらヘッド。シュートはゴール方向に飛ぶが、わずかに枠を外れる。 83分には今治が決定機。楠美がボックス手前からシュート。これがクロスバーに当たって跳ね返ると、近藤が拾い最後は桑島がシュート。これがネットを揺らすが、微妙な判定でオフサイドとなり、ゴールは認められない。 終盤にはC大阪U-23が押し込む展開も、最後まで決定力を欠き得点は生まれず。ゴールレスドローに終わった。 ◆明治安田生命J3リーグ第19節 ▽10/2(金) セレッソ大阪U-23 0-0 FC今治 ▽10/3(土) ヴァンラーレ八戸 vs 福島ユナイテッドFC アスルクラロ沼津 vs カマタマーレ讃岐 AC長野パルセイロ vs SC相模原 カターレ富山 vs ガイナーレ鳥取 ブラウブリッツ秋田 vs いわてグルージャ盛岡 鹿児島ユナイテッドFC vs 藤枝MYFC ▽10/4(日) ガンバ大阪 U-23 vs Y.S.C.C.横浜 ロアッソ熊本 vs FC岐阜 2020.10.02 21:39 Fri
twitterfacebook