アタッカー補強目論むレバークーゼン、ラザロ争奪戦参戦か!?

2020.08.14 00:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンがインテルに所属するオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(24)の獲得レースに参戦する可能性が浮上した。ドイツ『キッカー』が伝えている。昨夏にインテルに加入したラザロだったが、熾烈なレギュラー争いに敗れると出場機会を求め、今冬にニューカッスルへレンタル移籍。ニューカッスルでは、公式戦15試合の出場で2ゴールをマークしたが、買い取りオプションは行使されず、インテルに復帰していた。

今冬に獲得した元イングランド代表MFアシュリー・ヤングや元ナイジェリア代表FWビクター・モーゼスの活躍により新シーズンも構想外とみなされているラザロには、RBザルツブルクで一度指導を受けたマルコ・ローゼ監督率いるボルシアMGやRBライプツィヒが獲得に関心を示しているとされている。

そんな中、『ビルド』は新たにレバークーゼンも獲得レースに名乗りを挙げたと伝えた。同紙によれば、買取オプション付きのレンタル移籍での獲得を目指すボルシアMG、ライプツィヒに対し、完全移籍での獲得を目指すレバークーゼンは、チェルシーへの移籍が噂されるドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)の移籍が完了次第、インテルが求める2000万ユーロ(約25億円)の移籍金を準備するとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【EL第1節結果まとめ】ナポリ敗戦も強豪は順当に白星発進! 日本人4選手全員が初戦でプレー

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が22日に行われた。 ◆強豪は順当に白星発進! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補に挙がるアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢では、ナポリを除く全チームが白星発進となった。 グループB初戦でラピド・ウィーンのホームに乗り込んだアーセナルは、主導権こそ握りながらもゴールレスで試合を折り返すと、後半立ち上がりにGKレノのビルドアップのミスから先制点を献上。それでも、主力を投入した後半半ば以降にダビド・ルイスの2ゴールに絡む活躍で試合を引っくり返し、2-1の逆転勝利を飾った。 一方、グループJ初戦でホームにLASKリンツを迎えたトッテナムはデビュー戦となったカルロス・ヴィニシウスがルーカス・モウラ、ソン・フンミンのゴールをアシスト。さらに、初先発のベイルも2点目のオウンゴールに繋がるクロスを供給するなど、きっちり仕事を果たした。また、今季の公式戦10試合目にして初のクリーンシートを記録する3-0の快勝で、選手層の厚みを強調する実りある一戦となった。 セリエA勢ではミランとローマが、それぞれセルティック、ヤング・ボーイズ相手に苦戦を強いられたものの、ミランがブラヒム・ディアスにクルティッチとハウゲの加入後初ゴールで3-1の勝利。一方、ローマは前半にPKから先制を許す苦しい展開となった中、後半半ばに投入されたジェコとムヒタリアンのアシストからブルーノ・ペレス、クンブラと2人のDFにゴールが生まれ、2-1の逆転勝利を飾っている。 その他の強豪チームではレバークーゼンがニースを相手にベララビの2ゴールなど攻撃陣が圧巻の6ゴールを奪い、6-2の圧勝。ベンフィカもヌニェスのハットトリックの活躍により、レフ・ポズナンに4-2で快勝。レスター・シティはイヘアナチョが1ゴール2アシストの躍動をみせ、ホームでゾリャを3-0のスコアで退けている。 また、PSVではゲッツェに公式戦2試合連続ゴールが生まれたが、EL初参戦のグラナダにホームで1-2の逆転負けを喫している。 ◆久保、三好、北川がELデビュー! 菅原がナポり相手に金星! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになったが、初戦から全選手がプレー機会を得た。 その中でひと際鮮烈な輝きを放ったのが、ビジャレアル加入後初先発でELデビューを飾ったMF久保建英。ホームで開催されたスィヴァススポル戦で先発フル出場を果たすと、13分に味方のシュートのこぼれ球を押し込んで、移籍後&EL初ゴールを奪取。さらに、20分と57分にはバッカとフォイスのゴールをアシストする衝撃のELデビューを飾り、チームも5-3で勝利している。 また、アントワープのMF三好康児はルドゴレツ戦でELデビューを飾り、フル出場を果たした中で攻守両面でハードワークし、2-1の逆転勝利に貢献。一方、ラピド・ウィーンのFW北川航也はアーセナル戦で、1-2のビハインドとなった76分に途中投入され、ELデビュー。だが、格上相手に見せ場を作るまでには至らず、惜敗となった。 デビュー組の3選手とは異なり、2年連続のEL参戦となったAZのDF菅原由勢は、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情の中、強豪ナポリとのアウェイゲームにおいて3トップの右で先発出場。決勝点の起点となる重要な攻撃面の貢献に加え、守勢を強いられた中で守備面でも献身的な働きをみせ、1-0の勝利に大きく貢献した。 ■ELグループステージ第1節結果 ◆グループA ヤング・ボーイズ 1-2 ローマ CSKAソフィア 0-2 クルージュ ◆グループB ダンドーク 1-2 モルデ ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル ◆グループC レバークーゼン 6-2 ニース ハポエル・ベエルシェバ 3-1 スラビア・プラ ◆グループD スタンダール・リエージュ 0-2 レンジャーズ レフ・ポズナン 2-4 ベンフィカ ◆グループE PSV 1-2 グラナダ PAOK 1-1 オモニア ◆グループF ナポリ 0-1 AZ リエカ 0-1 レアル・ソシエダ ◆グループG ブラガ 3-0 AEKアテネ レスター・シティ 3-0 ゾリャ ◆グループH スパルタ・プラハ 1-4 リール セルティック 1-3 ミラン ◆グループI マッカビ・テルアビブ 1-0 カラバフ ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル ◆グループJ トッテナム 3-0 LASK ルドゴレツ 1-2 アントワープ ◆グループK ディナモ・ザグレブ 0-0 フェイエノールト ヴォルフスベルガー 1-1 CSKAモスクワ ◆グループL ホッフェンハイム 2-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ リベレツ 1-0 ヘント 2020.10.23 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンの新戦力アリアスが半年離脱 代表戦で大ケガを負う

今夏にレバークーゼン入りしたコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスだが、シーズンの大半を棒に振りそうだ。 アリアスは今夏に買取オプション付きのシーズンローンでアトレティコ・マドリーからレバークーゼンに加入。今月の代表ウィークでコロンビア代表から招集がかかり、9日にホームで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第1節のベネズエラ代表戦に先発した。 しかし、前半の立ち上がりに相手FWダルウィン・マチスの対応にあたろうとスライディングを試みた際、左足が芝に深く引っかかって負傷。10日にレバークーゼンが発表したところによると、全治6カ月の離脱見込みだという。 アリアスは診断の結果、左腓骨の骨折と足首のじん帯断裂が確認され、保有権を持つアトレティコとの合意で来週の半ばにもコロンビアからスペインに飛び、マドリードで手術を受ける模様だ。 レバークーゼンのスポーツディレクター(SD)を務めるシモン・ロルフェス氏は「今回の深刻なケガは我々全員にも影響を及ぼすもの。サンティアゴは偉大なキャラクターの持ち主で、大きな野望を胸に我々のところにきた。彼のことを考えると、残念だ」とコメントしている。 2020.10.11 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表DFアリアスに悲劇…ベネズエラ戦で左脛が大きく変形する重傷負う…

レバークーゼンに所属するコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスが、9日のベネズエラ代表戦で左足に重傷を負った。フランス『レキップ』が伝えている。 アリアスは9日にホームで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第1節のベネズエラ戦(3-0)に先発出場。しかし、前半立ち上がりにスペースに抜け出した相手FWダルウィン・マチスの対応にあたった際、スライディング時に左足が芝に深く引っかかってしまい負傷。 尋常ではない痛がり方を見てマチスやチームメートのMFハメス・ロドリゲスがすぐに駆け寄るも、アリアスの左足首の上の脛付近は完全に逆方向に曲がってしまっており、全員が顔を背けたり、頭を抱えた。 さらに、この事態に気が動転した主審は全く責任がないマチスに対してレッドカードを掲示し、後に事情を知ってカードを取り消す一幕もあった。 現時点でアリアスのケガの詳細は不明も、重傷であることは明白であり、少なくとも半年以上の戦線離脱は避けられない模様だ。 なお、アリアスは今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーから買い取りオプション付きの1年間のレンタルでレバークーゼンに加入したが、選手本人、クラブにとって大きな打撃となりそうだ。 2020.10.10 19:41 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、強豪レバークーゼンにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは3日、ブンデスリーガ第3節でレバークーゼンをホームに迎え、1-1で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節マインツ戦で2点を演出し、シュツットガルトの今季初勝利に貢献した遠藤がボランチで3試合連続スタメンとなった一戦。 ライプツィヒに前節引き分けたレバークーゼンに対し、開始3分にCKからピンチを迎えたシュツットガルトは、7分に失点する。CKの流れから左サイドのヴィルツのクロスをファーサイドのシックにヘッドで決められた。 シックの移籍後初弾で先制されたシュツットガルトは、オープンな戦いを続ける中、29分に決定機。右CKからマヴロパノスのヘディングシュートがバーを直撃した。 シックとシンクフラーフェンを負傷により交代枠を2枚使ったレバークーゼンに対し、ハーフタイムにかけてはシュツットガルトが押し込む展開としたが、1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、レバークーゼンの攻勢を受けたシュツットガルトはGKコベルの好守で1点差を保つと、76分に追いついた。左サイドからのクレメントのFKをカラジッチがヘッドで叩き込んだ。 そして終盤にかけてのレバークーゼンの攻勢を凌いだシュツットガルトが引き分けに持ち込み、勝ち点1を挙げている。 2020.10.04 02:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、レバークーゼンからFWポヒャンパロを獲得! 遠藤渓太に新たな相棒

ウニオン・ベルリンは30日、レバークーゼンからフィンランド代表FWヨエル・ポヒャンパロ(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 2013年にレバークーゼンに加入したポヒャンパロは、アーレンとデュッセルドルフへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンからトップチームでプレー。 そしてボルシアMGとの開幕戦では、途中出場から1ゴールをマーク。続く第2節ハンブルガーSV戦でも途中出場からハットトリックを決め、一時新たな逸材ストライカーの誕生と話題になった。 しかし、鮮烈なデビューから一転、以降は度重なるケガに苦しめられ、レバークーゼンではゴールはおろか出場機会を得られない厳しい状況が続いていた。それでも、今年1月にシーズン終了までのレンタル移籍で加入したハンブルガーSVではブンデスリーガ2部で14試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復活のキッカケを掴んでいた。 なお、186cmの恵まれた体躯にストライカーらしい動き出しや決定力を備える生粋のフィニッシャーは、日本代表MF遠藤渓太の新たな相棒となるはずだ。 2020.09.30 18:55 Wed
twitterfacebook