DAZNがベルギーリーグの独占放映権獲得!今週末開幕の新シーズンから放送

2020.08.05 13:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は5日、8日(土)に開幕するベルギーのジュピラー・プロ・リーグの2020-21シーズン独占放映権獲得を発表した。

多くの日本人選手もプレーしているジュピラー・プロ・リーグ。シント=トロイデンでは、GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF松原后、FW中村敬斗が在籍。また、MF森岡亮太(シャルルロワ)やFW伊東純也(ヘンク)、MF三好康児(アントワープ)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、MF小林祐希(ベベレン)も参戦している。

開幕節では日本人選手所属チームの2試合とメヘレンvsアンデルレヒトの試合が放送される。

■ベルギーリーグ配信予定(日本時間)
▽8月8日(土)
《23:30》
クルブ・ブルージュ vs シャルルロワ
▽8月9日(日)
《20:30》
シント=トロイデン vs ヘント
《25:15》
メヘレン vs アンデルレヒト


関連ニュース
thumb

「タキは素晴らしい状態」バースデーゴールの南野拓実をクロップ監督も称賛「本当に素敵な時間だった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、日本代表MF南野拓実を称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第22節でブレントフォードをホームに迎えた。 アフリカ・ネーションズカップ(AFCON)により、エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネという2人の強力なアタッカーを欠いているリバプール。しかし、ブレンフォードを全く寄せ付けなかった。 前半は少し苦しんだ中、44分にファビーニョのゴールで先制すると、69分にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで追加点を奪う。 すると74分に南野はそのオックスレイド=チェンバレンと交代で出場。迎えた77分、突然チャンスが訪れる。相手ゴールキックの場面、後方からビルドアップしようとしたブレントフォードだったが、投入されたばかりの南野が激しいチェイス。GKに一度戻してボールを繋ごうとするが、今度はロベルト・フィルミノがパスの受け手へとチェイスしボール奪取。これを南野に繋ぐと、細かい2人のパス交換から最後は南野が蹴り込み追加点を奪った。 この試合は南野の27回目のバースデーに行われており、貴重なバースデーゴールを奪い、チームは3-0で勝利した。 13日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)の準決勝のアーセナル戦では、大きな決定機でミスをしていた南野。それもあったからか、バースデーということもありチームメイトが大きく祝福してくれたが、クロップ監督も南野のバースデーゴールを祝福した。 「今日は、全言語によるバースデーソングに始まり、本当に素敵な時間だった。だから、タキは試合前の既に素敵な曲により、ブーストがかかっていたことは明らかだ」 「その一方で、出場してからあれだけ試合に参加し、この素晴らしいゴールを決めたということは、彼にとっても我々にとっても、絶対的な助けとなった。とても重要だったよ」 「私が言ったように、タキは素晴らしい状態にあり、それが助けとなった」 ケガからやっと復帰し、プレー機会を得ている南野。この試合へ臨むまでのリズムも良かったとした。 「少し前のことだ。もちろん、ケガはリズムや全てのものを止めてしまう。彼は今、最後の試合で90分をプレーし、今日は出場した。そのリズムは、彼に合っていたのだろう」 「木曜日から日曜日、ケガから戻った後は簡単ではないので、今日はスタートではなかった。それが良かった。私が言ってきたように、彼は良い状態だ」 2022.01.17 07:40 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川が4戦連発、ビーレフェルトは最下位グロイター・フュルトにドロー《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは16日、ブンデスリーガ第19節でグロイター・フュルトをホームに迎え、2-2で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節フライブルク戦を2-2で引き分けた17位ビーレフェルト(勝ち点17)は、今季6ゴール目を豪快なミドルシュートで決めた奥川が[4-2-3-1]の左MFで先発となった。 最下位グロイター・フュルト(勝ち点6)に対し、押し込む入りとしたビーレフェルトは8分、ボックス手前右でパスを受けた奥川がボックス内へ侵入。スピードに乗ったまま右足を振り抜き、ゴール左へ蹴り込んで先制した。 奥川の4戦連発弾で試合を動かしたビーレフェルトは続く23分、奥川のクロスからヴィマーがヘディングシュートで牽制。さらに32分にはボックス左からクルーガーが際どいシュートを浴びせた。 しかし35分、一瞬の隙を突かれて同点とされる。ルウェリングに単騎突破を許してボックス内へ侵入され、そのままシュートを決められた。 迎えた後半、52分にティルマンの直接FKでゴールを脅かされたビーレフェルトはGKオルテガの好守で凌ぐも、67分に逆転される。サイド攻撃を受け、最後は直前に投入されていたニールセンにヘディングシュートを決められた。 その後も守勢が続いていたビーレフェルトだったが、83分にファインゴールで追いつく。ルーズボールをペナルティアーク中央のカストロが左足ボレーで一閃。パーフェクトなシュートがゴール左に突き刺さった。 このまま2-2で終了。奥川が4戦連発ゴールを決めたビーレフェルトだったが、最下位相手に勝ち点1を得るにとどまった。 2022.01.17 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田が先制弾もフランクフルト、アウグスブルクにドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは16日、ブンデスリーガ第19節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場している。 前節ドルトムント戦を2-3と逆転負けした8位フランクフルト(勝ち点27)は、鎌田と前節途中出場の長谷部が先発となった。 16位アウグスブルク(勝ち点18)に対し、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは長谷部が3バックの中央で、鎌田が2シャドーの一角でスタート。 立ち上がりからボールを握ったフランクフルトは22分に最初のチャンスを生かして先制する。ショートカウンターに転じた流れからボレのラストパスを受けた鎌田がボックス中央に侵入。GKをかわしてゴールに流し込んだ。 鎌田の今季リーグ戦2ゴール目で先手を取ったフランクフルトは29分に追加点のチャンス。ソウの縦パスを受けたリンドストロームがボックス内に侵入。シュートを放ったが、左ポストに嫌われた。 すると38分、ワンチャンスで追いつかれる。ボックス左に抜け出したグレゴリッチュに角度のない位置からシュートを決められた。 1-1で迎えた後半、開始5分にFKの流れから鎌田がボレーシュートでゴールに迫ったフランクフルトは、続く53分にはリンドストロームが直接FKでGKを強襲。 その後も押し込むと63分には鎌田がヘディングシュートでゴールに迫ったが、後半半ば以降は膠着状態に。そんな中、終盤の88分に勝ち越しのチャンス。鎌田のパスを受けたボックス右のリンドストロームがシュート。しかし、GKにセーブされてしまう。 追加タイムには大ピンチを迎えたフランクフルトだったが、ニーダーレヒナーのボックス内からのシュートはGKラマイがファインセーブで凌ぎ、1-1でタイムアップ。フランクフルトは勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2022.01.17 01:29 Mon
twitterfacebook
thumb

途中投入の南野拓実が27歳のバースデー弾! 完勝のリバプールが3戦ぶり白星で2位浮上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、リバプールvsブレントフォードが16日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は74分からプレーし、1ゴールを記録した。 2022年初戦となったチェルシーとの上位対決を2-2のドローで終え、リーグ戦2戦連続未勝利と足踏みが続く3位のリバプール(勝ち点42)。前日に行われた頂上決戦を首位のマンチェスター・シティが勝利したことで、暫定でのポイント差が「14」に広がった中、今節では前回対戦でドローに持ち込まれた13位のブレントフォード(勝ち点23)を相手にリーグ3戦ぶりの白星を狙った。 クロップ監督は、10人のアーセナルを相手にゴールレスドローに終わった3日前のEFLカップ準決勝1stレグから先発2人を変更。ミルナーと南野に代えてカーティス・ジョーンズ、オックスレイド=チェンバレンを起用。3トップは右からオックスレイド=チェンバレン、フィルミノ、ジョタという並びとなった。 戦前の予想通り、立ち上がりから圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいくリバプールは、両サイドバックが常に高い位置を取ってピッチの幅を取りながら厚みのある攻撃を仕掛けていく。 アレクサンダー=アーノルドのミドルシュートや再三のセットプレーでゴールチャンスを窺う中、22分にはビッグチャンス。右CKの流れからゴール前でこぼれ球に反応したファン・ダイクが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKアルバロ・フェルナンデスの足を使った見事なセーブに阻まれる。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開するリバプールだが、割り切って自陣深くにブロックを構えるブレントフォードの粘り強い守備に手を焼く。直近のアーセナル戦同様の手詰まり感が出始める中、徐々に焦りからか自陣でのミスが出ると、カウンターから一発を狙うトニー、ムベウモの2トップに続けて際どい場面を作られる。 それでも、これを凌いだホームチームは44分、左CKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドが右足インスウィングのボールを入れると、ニアの密集をすり抜けてバウンドしたボールをファーでDFアイエルのマークを一瞬外したファビーニョが頭で流し込み、最高の時間帯に先制点を奪い切った。 苦しみながらも1点リードで試合を折り返したリバプールは、後半も危なげなくゲームをコントロールしていく。早い時間帯の同点を目指して前がかりとなる相手の攻撃を受け止めながら、前半からの遅攻に加え、速攻の形から2点目に迫っていく。 ジョタのポスト直撃のシュートなど、徐々にゴールの匂いを色濃くさせる攻撃を見せるリバプールは、後半半ばに待望のゴールを奪う。左サイドのロバートソンからの絶妙なピンポイントクロスをファーに飛び込んだオックスレイド=チェンバレンがダイビングヘッドで合わせ、今季のリーグ戦初ゴールとした。 これで勝利に大きく近づいたリバプールだが、相手との接触で足を痛めたオックスレイド=チェンバレンがプレー続行困難となり、74分に南野が投入される。 すると、この日が27歳のバースデーとなった日本代表FWがフィルミノの完璧なお膳立てによって自ら祝砲を挙げる。77分、相手ゴールキックのリスタートの場面で南野とフィルミノが連動したプレスで相手ボックス内でボールを奪うと、ゴール前でGKとDFを引き付けたフィルミノから丁寧なプレゼントパスを受けた南野が冷静に右足のシュートをゴールネットへ流し込み、直近のアーセナル戦の決定機逸を払しょくする今季リーグ2点目とした。 この3点目で勝利を確信したクロップ監督は、ジョタを下げて17歳FWゴードンをプレミアリーグデビューさせる。その後は3トップの中央に入った南野が積極的にボールを呼び込んでゴードンの初ゴールのチャンスを演出するなど、余裕のあるプレーを披露。 4点目こそ奪えなかったものの、相手にほぼ攻撃の形を作らせなかったリバプールが、3-0の完勝でリーグ戦3試合ぶりの白星を手にして2位に浮上した。 2022.01.17 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

浅野先発ボーフム、PK失敗響いて連勝ならず《ブンデスリーガ》

ボーフムは15日、ブンデスリーガ第19節でマインツとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ボーフムのFW浅野拓磨は61分までプレーしている。 後半戦スタートとなった前節、浅野が先発に復帰してヴォルフスブルクに勝利した11位ボーフム(勝ち点23)は、浅野が2試合連続スタメンとなった。 10位マインツ(勝ち点24)に対し、[4-3-3]で臨んだボーフムは浅野が右ウイングでスタート。守勢の入りとなった中、19分にCKからコチャプのヘディングシュートが枠に向かったが、威力を欠いてGKにセーブされる。 引き続き劣勢のボーフムは26分、バレイロにGKリエマン強襲のシュートを浴びせられるも、31分にPKを獲得する。浅野のパスを受けたボックス右のポルターがベルに倒された。しかし、キッカーのポルターが枠の右を狙ったシュートはGKゼントナーにセーブされてしまう。 ハーフタイムにかけては互角の攻防で推移した中、ゴールレスで迎えた後半、開始3分にボーフムは失点する。CKの流れからブルクハルトの右クロスをユステに蹴り込まれた。 失点を受けて前がかったボーフムだったが、シュートに持ち込めずにいると61分に浅野がピッチを後に。 しかし、その後も好機を作るには至らず0-1のまま敗戦。PK失敗も響き、連勝はならなかった。 2022.01.16 04:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly