遠藤加入のウニオン・ベルリン、ヴォルフスブルク退団のDFクノッヘをフリーで獲得!今夏8人目の補強

2020.08.05 02:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンは4日、ヴォルフスブルクを退団していたDFロビン・クノッヘ(28)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は明かされていない。2005年にヴォルフスブルクの下部組織に加入したクノッヘは、2011年にトップチームデビュー。ここまで7シーズンを過ごして、公式戦226試合に出場し14ゴール5アシストをマーク。今シーズンはブンデスリーガ21試合に出場し、2年連続となるヨーロッパリーグ出場権の獲得に貢献した。

ウニオン・ベルリンへの加入が決まったクノッヘは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「15年間プレーしてきたクラブから移籍することは簡単なことではなかった。それでもウニオン・ベルリンでプレーできることを嬉しく思っている。このクラブは素晴らしい成長をみせているし、昨シーズンは多くのファンを熱狂させていたね。首脳陣との話し合いはとてもポジティブなものだったよ。それは今回の移籍を決める大きな要因となったね」

なお、ウニオン・ベルリンにとってクノッヘは、FWセドリック・トイヒャート、MF遠藤渓太、MFニコ ジェベルマン、DFニコ・シュロッターベック、GKアンドレアス・ルセらに次ぐ今夏8人目の補強選手となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ウニオン・ベルリン、レバークーゼンからFWポヒャンパロを獲得! 遠藤渓太に新たな相棒

ウニオン・ベルリンは30日、レバークーゼンからフィンランド代表FWヨエル・ポヒャンパロ(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 2013年にレバークーゼンに加入したポヒャンパロは、アーレンとデュッセルドルフへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンからトップチームでプレー。 そしてボルシアMGとの開幕戦では、途中出場から1ゴールをマーク。続く第2節ハンブルガーSV戦でも途中出場からハットトリックを決め、一時新たな逸材ストライカーの誕生と話題になった。 しかし、鮮烈なデビューから一転、以降は度重なるケガに苦しめられ、レバークーゼンではゴールはおろか出場機会を得られない厳しい状況が続いていた。それでも、今年1月にシーズン終了までのレンタル移籍で加入したハンブルガーSVではブンデスリーガ2部で14試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復活のキッカケを掴んでいた。 なお、186cmの恵まれた体躯にストライカーらしい動き出しや決定力を備える生粋のフィニッシャーは、日本代表MF遠藤渓太の新たな相棒となるはずだ。 2020.09.30 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、リバプールからGKカリウスをレンタル移籍で獲得

ウニオン・ベルリンは28日、リバプールからドイツ人GKロリス・カリウス(27)を1年間のレンタル移籍で獲得した。背番号は20を着用する。 5シーズンぶりの母国復帰となったカリウスは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ベルリンでの新たな挑戦を楽しみにしている。ブンデスリーガでまたプレーが出来ることを嬉しく思っているよ。ウニオンはブンデス昇格を果たしただけでなく、多くのリスペクトも集める特別なクラブだ。僕は自分の役割を果たし、クラブが掲げるブンデス残留という目標の助けになりたいよ思っているよ」 シュツットガルトやマンチェスター・シティの下部組織で育ったカリウスは、2011年8月にシティからマインツへとレンタル移籍。2012年1月には完全移籍していた。 マインツでは、正守護神として96試合に出場。その活躍が認められ、2016年7月にリバプールへと完全移籍。 ベルギー代表GKシモン・ミニョレとのポジション争いに勝ち、正守護神としてプレーするも不安定なパフォーマンスを連発。特に、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦のミスをファンからも大きく糾弾され、2018年8月から2年間のレンタル移籍でベシクタシュへと加わっていた。 ベシクタシュでは公式戦67試合でプレーするも、同様に不安定なパフォーマンスを見せてしまい叩かれることに。それでも、2019-20シーズンはスュペル・リグで25試合に出場。ヨーロッパリーグでも5試合に出場していた。 2020.09.29 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールGKカリウスが遠藤渓太のウニオン・ベルリン移籍へ、ここ2年はベシクタシュでプレー

遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンが、リバプールのドイツ人GKロリス・カリウス(27)の獲得に近づいているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 報道によると、カリウスは27日にベルリンへ到着しているとのこと。28日にもメディカルチェックを受診し、ウニオン・ベルリンと契約を結ぶようだ。なお、1年間のレンタル移籍となる見込みだ。 カリウスの件については、マネジャーを務めるオリバー・ルーネルト氏が「新たに加わる可能性がある」と獲得を示唆していた。 シュツットガルトやマンチェスター・シティの下部組織で育ったカリウスは、2011年8月にシティからマインツへとレンタル移籍。2012年1月には完全移籍していた。 マインツでは、正守護神として96試合に出場。その活躍が認められ、2016年7月にリバプールへと完全移籍。ベルギー代表GKシモン・ミニョレとのポジション争いに勝ち、正守護神としてプレーするも不安定なパフォーマンスを連発。特に、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦のミスをファンからも大きく糾弾され、2018年8月から2年間のレンタル移籍でベシクタシュへと加わっていた。 ベシクタシュでは公式戦67試合でプレーするも、同様に不安定なパフォーマンスを見せてしまい叩かれることに。それでも、2019-20シーズンはスュペル・リグで25試合に出場。ヨーロッパリーグでも5試合に出場していた。 今シーズンからリバプールに復帰したものの、ポジションはなく、ウニオン・ベルリンへのレンタル移籍を決断したようだ。 2020.09.28 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリンの遠藤渓太がケガから復帰! 26日のボルシアMG戦でデビューか

ウニオン・ベルリンの日本代表MF遠藤渓太がトレーニングに復帰したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 7月に横浜F・マリノスから期限付き移籍でウニオン・ベルリンに加入した遠藤。8月12日に行われたヴュルツブルガー・キッカーズとのテストマッチに左ウイングで出場し実戦デビューも果たした。 その後も新天地での生活が続く中、同30日に行われたアヤックスとの親善試合でハムストリングを負傷。この影響で、今月19日のブンデスリーガ開幕節のアウグスブルク戦は欠場していた。 だが、22日のトレーニングでケガから復帰。26日に予定されている第2節のボルシアMG戦に向けて準備を進めている。 当トレーニングではまた、リバプールからレンタルで獲得したU-23ナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイー(23)が移籍後初めて練習に参加。20日に加入が発表されたばかりで、遠藤同様にボルシアMG戦がデビューとなる可能性が高い。 2020.09.22 21:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、アウグスブルク戦で負傷のゲントナーの離脱を発表…

遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンは21日、元ドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナーの負傷を発表した。 ゲントナーは19日に行われたブンデスリーガ第1節のアウグスブルク戦に先発出場していたが、左足を負傷し26分にセバスティアン・グリースベックと交代していた。 クラブの発表によると、ゲントナーは左ふくらはぎに損傷が見つかったとのこと。数週間の離脱になるとしている。 2005年にシュツットガルトでプロデビューしたゲントナーは、2007年夏から2010年冬まで一時ヴォルフスブルクに移籍した時期があったが、キャリアの大半をシュツットガルトでプレー。 2019-20シーズンもブンデスリーガ29試合に出場して5アシストと主力としてプレーしたが、クラブはプレーオフでウニオン・ベルリンに敗戦し3シーズンぶりの2部降格が決定。ゲントナーはシーズン終了後に契約満了で退団し、今夏にフリーでウニオン・ベルリンに加入していた。 2020.09.22 07:30 Tue
twitterfacebook