ギグス、グリーリッシュ&サンチョ注視の古巣ユナイテッドに「私ならどっちも狙う」

2020.08.02 17:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェールズ代表の指揮を執るライアン・ギグス氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドに対して、アストン・ビラのイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(24)とドルトムントでプレーするイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の両獲りを勧めた。

今季のプレミアリーグで3位フィニッシュを決め、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したユナイテッド。来季に向け、長らくワイドプレーヤーの獲得が取り沙汰され、その候補としてグリーリッシュとサンチョの名が挙がっている。

最近の報道でプレミアリーグ残留を果たしたアストン・ビラが求める高額な移籍金の支払いを嫌い、グリーリッシュを見送り、サンチョに一本化したともいわれるが、ギグス氏は来季のCL参戦も見越して、両選手とも獲得すべきだと考えているようだ。

『Webby and O'Neill Youtube』に登場すると、古巣のターゲットに挙がるグリーリッシュとサンチョについて「2人とも良い選手だ」と語り始め、「2人ともサインできるチャンスがあるのなら、私は彼らの獲得に乗り出す」と述べた。

「グリーリッシュに関して言うと、彼はすでにプレミアリーグの環境に慣れており、適応の時間が不要。それは良い要素だ。外から見る私からすれば、彼はあの場所でプレーできるメンタリティの持ち主。選手のなかには周りに気を使いすぎてしまうものもいるのだがね。それと、今季の彼から良い点を挙げるなら、(公式戦で)10ゴールを挙げ、二桁得点をマークしたということ。ビラでPKもなく二桁ゴールを挙げた面は実に印象的だ」

「サンチョは素早く、ダイレクトなプレーヤーだが、インテンリジェンスもある。彼が良いのはボックス内でも慌てないところ。ワイドプレーヤーはパニックになりがちだが、彼は適切なパスも出せる。それに、カウンターアタックも得意だ。チームの重心が後ろに傾いているなかで、相手を振り切って、物事を起こすこともできる。2人ともサインできるチャンスがあるのなら、私は彼らの獲得に乗り出す」

なお、グリーリッシュの獲得に必要とされる移籍金額は8000万ポンド(約110億7000万円)。サンチョを引き抜くためには1億900万ポンド(約150億9000万円)が必要になってくるとみられる。
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャールがポグバの将来にヒント? 「これからの数シーズンで最高の姿を目にできるはず」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がフランス代表MFポール・ポグバ(27)の将来にコメントした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 昨夏に新たな挑戦を示唆したものの、今季もユナイテッドにとどまったポグバ。蓋を開けてみれば度重なる故障に苦しみ、公式戦8試合にとどまるなど散々な状況だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断明けから戦列復帰すると、今冬加入のポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと新たな中盤のホットラインを形成して、チームを来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となるプレミアリーグ3位フィニッシュに導いた。 しかし、契約は1年間の延長オプションを除くと、2021年まで。最近の報道で良好なチーム状況もあり、移籍願望から一転して残留を望み、延長交渉を開始したともいわれるが、現時点で将来が不透明な状況だ。そうしたなか、スールシャール監督が10日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のコペンハーゲン戦に先駆けた会見で、同日9日にユナイテッド復帰から4年が経ったポグバに関する質問が及ぶと、新契約締結の可能性を示唆した。 「ポールに関する質問に何度も答えてきた。プレーに戻り、フィットして、フットボールを楽しんでいる彼の姿は喜ばしいもの。失われた時間を取り戻さなければならず、それをしている最中だ」 「彼はいつもトレーニングに精を出して、いつも周りに素晴らしいパーソナリティを振りまいている。うまくいけば、彼が以前のようにトロフィーを掲げている姿を目の当たりにできるだろう」 「彼は本当に頑張っていて、幸せで、良いプレーも披露している。これからの数シーズンで最高の姿をお目にかかれるはずだ。私はそう確信している。このチームで成長していく姿が楽しみだ」 「リーダーの1人、中心選手の1人でなければならない。27歳になり、フットボーラーとしてのピークを迎えようとしているからだ。仕事を共にできるのを本当に楽しみにしている」 2020.08.10 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャール、EL8強の相手コペンハーゲンに言及 デ・ヘアorロメロの先発GKにも

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)準々決勝で対戦するコペンハーゲンに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 先のラウンド16でLASKリンツを破り、準々決勝以降の集中開催地となるドイツ行きを果たしたユナイテッド。ベスト8での相手はデンマークの強豪コペンハーゲンとなる。 スールシャール監督は10日の準々決勝に先駆けた会見で対峙するコペンハーゲンの印象を訊かれると、組織的なチームだと評した。 「(コペンハーゲンのベスト8進出は)驚きでも何でもない。ステイル(・ソルバッケン監督)が何を目指して、どのようにチームを作ってきたのか知っているからだ。もちろん、彼とは私がモルデを率いた時代に対戦したことがあって、個人的に長い付き合いもある」 「コペンハーゲンはヨーロッパの戦いで良い成績を残した素晴らしい歴史を持つクラブだ。選手も良い顔ぶれが揃っているが、彼らの最大の強みはチームワーク。常に良く組織化されているのがステイルのチームだ」 また、一発勝負となる準々決勝からの戦いに向け、ミスが目に付くスペイン代表GKダビド・デ・ヘアと、カップ戦要員として立ち位置を確立するアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロのどちらを使うのか注目が集まるGKの人選にも触れた。 「GK陣の充実ぶりを鑑みると、私は世界で誰よりも恵まれている監督だと思う。セルヒオ、ダビドがいて、ディーン・ヘンダーソンも戻ってくる。彼らはトップ中のトップのGKたちだ」 「今季のセルヒオは我々にとってどれほど重要な存在なのか示してくれた。ダビドも常にパフォーマンスを発揮してくれている。残るシーズンでどうするか決めないといけない」 2020.08.10 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

新体制移行のローマがスモーリング獲得に再び動く! 本人はイタリア残留希望を示唆?

ローマが元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)の完全移籍での買い取りに向け、再び動き始めたようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏、マンチェスター・ユナイテッドから300万ユーロ(約3億7000万円)の有償レンタルで加入したスモーリングは、公式戦35試合に出場し3ゴールを記録。首都ローマの新たな防衛大臣としてクラブ、ティフォージの双方から高い評価を集めていた。 しかし、2000万ユーロ(約25億円)を要求するユナイテッドに対して掲示した1400万ユーロ(約17億5000万円)のオファーは拒絶され、交渉は決裂。また、レンタル期間の延長オファーも断られ、同選手は今シーズンのセリエA終了後、レンタル期間終了に伴い、クラブを去っていた。 ただ、スモーリング退団後にローマは、ジェームズ・パロッタ会長からアメリカ『フリードキン・グループ』への5億9100万ユーロ(約738億円)のクラブ売却が合意に至っており、今月末までに新体制への移行が完了する予定だ。 これにより、財政問題を一時的に解決することができたローマは、積極的な補強に動くことはないものの、噂される一部主力の流出を回避できる見込みだ。さらに、新シーズンに向けて戦力を維持するため、今シーズンの主力を担ったスモーリングの買い取りを優先事項として交渉を進めていく構えだ。 なお、当のスモーリング本人は9日、自身の公式ツウイッターを通じて、家族との休暇の様子を写した写真と共に、笑顔とハートマーク、イタリアの国旗を並べた絵文字を投稿しており、イタリア残留を希望しているとも取れるメッセージを残している。 <div id="cws_ad">◆イタリア残留希望を示唆?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/EDoRrW0vWx">pic.twitter.com/EDoRrW0vWx</a></p>&mdash; Chris Smalling (@ChrisSmalling) <a href="https://twitter.com/ChrisSmalling/status/1292364193644060673?ref_src=twsrc%5Etfw">August 9, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチョを狙うユナイテッド、オファー次第でリンガード放出か

マンチェスター・ユナイテッドはイングランド代表MFジェシー・リンガード(27)のオファーに耳を傾ける準備ができているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 今季のリンガードは序盤こそ途中出場もあわせて一定の出番を手にしたものの、U-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドが先発の座を掴み始めると、ピッチに立つ機会がより激減。ここ公式戦2試合はいずれもゴールを決め、アピールを続けているが、今夏の売却候補に挙がっており、今後の動向に注目が集まっている。 イギリス『ガーディアン』によると、リザーブチームを率いた頃からリンガードを指導するオーレ・グンナー・スールシャール監督だが、余剰戦力としてみなしている模様。今夏にドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)を狙うユナイテッドは適切な額のオファーが届けば、売却を考慮しているという。 なお、リンガードの契約は2021年夏まで残っており、1年間の延長オプションも存在。派手さこそないが、クラブの生え抜きとして一定のパフォーマンスを披露してきたリンガードだが、果たして。 2020.08.07 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!ユナイテッドやセビージャ、インテルが勝ち上がり《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16が6日に終了し、ベスト8進出チームが決定した。 勝ち上がったのはイングランドからマンチェスター・ユナイテッドとウォルバーハンプトン、スペインからセビージャ、イタリアからインテル、ドイツからレバークーゼン、その他、シャフタール(ウクライナ)、バーゼル(スイス)、コペンハーゲン(デンマーク)の8チームとなっている。 準々決勝はいずれも一発勝負で行われ、10日と11日に行われる。組み合わせは以下の通り。 ◆準々決勝組み合わせ ▽8/10 マンチェスター・ユナイテッドvsコペンハーゲン インテルvsレバークーゼン ▽8/11 ウォルバーハンプトンvsセビージャ シャフタールvsバーゼル 2020.08.07 06:07 Fri
twitterfacebook