インテル、エンドンベレ獲得に向けてトッテナムと交渉? シュクリニアルとトレードの可能性も

2020.07.31 11:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムに所属するフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(23)に対して、インテルからの関心が浮上した。イギリス『ガーディアン』が伝えた。

昨夏、クラブレコードとなる5500万ポンド(現レートで約75億4000万円)でリヨンからトッテナムに加入したエンドンベレ。プレミアリーグ開幕節のアストン・ビラ戦でデビューゴールを挙げ、最高のスタートを切ったが、昨年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督にプレー内容を叱責されるなど、適応に苦戦した。

そのエンドンベレに関して、インテルはトッテナムとすでに交渉を開始している模様。トッテナム側は4500万ポンド(約61億6000万円)の値札をつけているというが、インテルはこの金額が高額だと考えているようだ。

一方、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンの退団が決定しているトッテナムのモウリーニョ監督は、その後釜としてインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(25)に関心を示しているため、トレードの可能性もあるとのことだ。

また、インテルからバイエルンにレンタル移籍中で完全移籍への切り替えも取り沙汰されているクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(31)にも関心。同選手に関しては、モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドを率いていた時に獲得に動いた経緯がある。
コメント
関連ニュース
thumb

【ELラウンド16プレビュー】約5カ月ぶりの再開! 1stレグ延期の2カードは中立地ドイツで一発勝負

約5カ月の中断を経てヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2nレグが6日に再開される。ベスト8進出を懸けて戦うラウンド16第2戦の展望を紹介していく。 ◆ラウンド16・2ndレグ◆ ▽8/5(水) 《25:55》 シャフタール vs ヴォルフスブルク コペンハーゲン vs イスタンブールBBSK 《28:00》 インテル vs ヘタフェ※ マンチェスター・ユナイテッド vs リンツ ▽8/6(木) 《25:55》 セビージャ vs ローマ※ レバークーゼン vs レンジャーズ 《28:00》 バーゼル vs フランクフルト ウォルバーハンプトン vs オリンピアコス ◆ラウンド16・1stレグ結果◆ ヴォルフスブルク 1-2 シャフタール イスタンブールBBSK 1-0 コペンハーゲン リンツ 0-5 マンチェスター・ユナイテッド レンジャーズ 1-3 レバークーゼン フランクフルト 0-3 バーゼル オリンピアコス 1-1 ウォルバーハンプトン ※一発勝負形式に変更 ★スペインvsイタリアの2カードは中立地ドイツでの一発勝負 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 新型コロナウイルス(COVID-19)による深刻な影響を受けたEL。3月12日に行われたラウンド16初戦から約5カ月の中断を経て、ようやく再開に漕ぎ着けたものの、大幅なレギュレーションの変更を余儀なくされている。 各国リーグ戦と同様に無観客開催は当然のこと、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、準々決勝以降は感染が比較的抑えられているドイツでの一発勝負形式のトーナメントに変更。ただ、ラウンド16の2ndレグに関してはホーム&アウェイの公平性から、1stレグをすでに完了している6カードに関しては初戦をアウェイで戦ったチームの本拠地での無観客開催が決定。一方、3月時点でパンデミックが深刻化し、渡航許可などの問題で延期となっていたインテルvsヘタフェ、セビージャvsローマの2カードは、準々決勝以降の開催地であるドイツでのシングルマッチ形式に変更となっている。 その特殊な形式での初陣となるのが、5日にヴェルティンス・アレーナで開催される今季セリエA2位のインテルとラ・リーガ8位のヘタフェによる堅守を売りとするチーム同士の一戦だ。 チャンピオンズリーグ(CL)3位敗退組として決勝トーナメントからの参戦となったインテルは、ルドゴレツを一蹴して今ラウンドに到達。セリエAでは格下相手の取りこぼしに課題も、5勝3分けの8戦無敗で2位フィニッシュ。クラブ上層部との確執が表面化しているコンテ監督の存在は懸念材料も、完全移籍での買い取りに向け交渉が続いていた、絶好調のFWサンチェスがメンバー入りを果たしている点は朗報だ。一発勝負に向けては前線のオプションで明らかにアドバンテージを有しており、スタメン選考、5枚の交代カードの切り方など、我慢比べの展開の中で違いを生む指揮官の采配が勝敗のカギを握る。 一方、ヘタフェは5敗2分けの7戦未勝利でリーグ戦を終えている上、その7試合で奪ったゴールはわずかに1点と深刻な得点力不足に喘いでおり、ここまでの準備期間での攻撃の改善に注目したい。格上を相手にする今回の一戦ではとにかく相手に先制点を与えることだけは避けたい。 そのインテルvsヘタフェの翌日に行われるもうひとつのスペインとイタリア勢同士の対決となるセビージャとローマは、意外にも公式戦では初対決。だが、セビージャSDモンチ氏や古巣対決となるローマのDFファシオとFWペロッティなど、クラブ間の関係性は深い。 今シーズンのセリエAを5位でフィニッシュし、リーグ戦でのCL出場権を逃したローマは、今大会初優勝でCL出場権を目指す。シーズンを通した安定感のなさがトップ4を逃した要因だが、最後は7勝1分けの見事な戦績で終えており、[3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに絶好調だ。レンタル契約終了に伴い、ディフェンスリーダーのDFスモーリング不在は大きな痛手だが、MFザニオーロの復帰によって攻撃の破壊力は抜群だ。 対して堅守を武器にロペテギ新体制1年目を見事に4位フィニッシュしたセビージャは、すでに来季CL出場権を手にしているが、大会最多優勝チームとして6度目の優勝を目指す。引き分けの多さは目立つものの、2月半ば以降の公式戦17戦無敗(8勝9分け)と相手を上回る好調さを維持している。ただ、ローマに比べて、約2週間早くシーズンを終えたことが、良い休養、試合勘の欠如、のいずれに該当するかは注目ポイントになりそうだ。 ★ユナイテッド&レバークーゼンは試運転の試合に <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前述の2カードと異なり、今ラウンドに関しては無観客を除き通常通りの開催となる6カードでは、1stレグの結果によって優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドやレバークーゼン、シャフタールあたりが余裕を持った形で試合に臨めそうだ。 とりわけ、今シーズンのプレミアリーグを3位でフィニッシュし、勢いに乗るユナイテッドは敵地で行われたリンツとの初戦を5-0で圧勝しており、今後の戦いを睨んでターンオーバーの採用が見込まれるところ。総力戦となる今後の戦いに向け、MFブルーノ・フェルナンデスや若手3トップに続く選手たちの台頭が期待される。 また、今シーズンのブンデスリーガを5位で終えたレバークーゼンは、レンジャーズとの敵地での初戦を3-1で勝利しており、ユナイテッド同様に大きなアドバンテージを手にしている。さらに、対戦相手のレンジャーズは3月以降、公式戦を戦っておらず、試合勘が大きく危惧されるところだ。今回の一戦を含め、残りのトーナメントではすべてホームアドバンテージを得られるだけに、今後に弾みを付けるような戦いを見せたい。今季限りでの退団が有力視されるMFハフェルツのラストダンスにも注目だ。 その他の対戦カードではシャフタール(ウクライナ)、オリンピアコス(ギリシャ)、イスタンブールBBSK(トルコ)と国内リーグを制覇して勢いのある王者のプレーにも注目したい。 ★長谷部&鎌田が大逆転に挑む! <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF長谷部誠、MF鎌田大地と日本人選手が唯一所属するフランクフルトは、スイスの名門バーゼルと対峙したホームでの初戦を0-3で落としており、逆転でのベスト8進出には奇跡が必要な状況だ。 それでも、9位フィニッシュとなったブンデスリーガでは3勝1分けの4戦無敗という良い形でシーズンを終えており、チーム状態は悪くない。また、今季ELで6ゴールを挙げている鎌田に加え、シーズン終了後にヒザを手術した長谷部も実戦復帰を果たしており、万全の状態で敵地での一戦に臨めるはずだ。 2020.08.05 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

いざヘタフェ戦へ!コンテ監督「持っている力を全て出し尽くす」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のヘタフェ戦の試合前会見に臨んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インテルは5日、ELでヘタフェと対戦する。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって中断が続いていた今大会は、ベスト8以降は1試合のみのノックアウト形式をとり、試合も中立地となるドイツで行われる。 インテルはコロナの影響でこのラウンド16は1stレグも延期に。そのためヘタフェ戦から一発勝負となるが、今季手に出来る唯一残されたタイトル獲得へ全力を尽くすことを誓った。 「持っている力を全て出し尽くす。そのために選手たちとここに来た。我々のアイデアを盗もうとする者が出てくるのは必然だが、一歩一歩進んでいかなければならない」 なお、ヘタフェ戦を勝ち抜いた場合はレバークーゼンvsレンジャーズの勝者と対戦することになるが、コンテ監督は目の前の仕事だけに集中している。 「明日はとても難しい試合になるだろう。まずはこの試合に集中しなければならない。次の試合について考えるのはそのあとだ」 「だけど全ては明日次第だ。勝つか負けるかのどちらかだが、我々は相手に打ち勝ち、前進するという熱意を示すため、全力を注がなければならない」 2020.08.05 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがELヘタフェ戦の招集メンバー発表、サンチェスがメンバー入り

インテルは3日、5日に行われるヨーロッパリーグ・ラウンド16のヘタフェ戦に向けた招集メンバーを発表した。 一発勝負で行われるヘタフェ戦に向け、招集メンバーにはマンチェスター・ユナイテッドから完全移籍での加入が合意したと報じられるFWアレクシス・サンチェスが入った。 その他、度重なる負傷で戦列を離れていたMFステファノ・センシもメンバー入りしている。一方でヒザの負傷によりMFマティアス・ヴェシーノがメンバー外となった。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆インテル招集メンバー GK サミル・ハンダノビッチ ダニエレ・パデッリ DF ディエゴ・ゴディン ステファン・デ・フライ アンドレア・ラノッキア アシュリー・ヤング ダニーロ・ダンブロージオ クリスティアーノ・ビラギ ミラン・シュクリニアル アレッサンドロ・バストーニ MF ヴィクター・モーゼス ルシアン・アグメ ロベルト・ガリアルディーニ ステファノ・センシ ボルハ・バレロ ニコロ・バレッラ クリスティアン・エリクセン マルセロ・ブロゾビッチ アントニオ・カンドレーバ FW アレクシス・サンチェス ロメル・ルカク ラウタロ・マルティネス </span> 2020.08.03 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、サンチェス買い取りへ! ELヘタフェ戦後に発表か

インテルが、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)の買い取りに関してマンチェスター・ユナイテッドと合意したようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 今シーズンからレンタルでインテルに加入しているサンチェス。ケガがあった中でセリエA22試合で4ゴール9アシストの成績を残したが、とりわけコロナ明けは先発の機会を増やし、2位フィニッシュに貢献した。 以前から獲得の噂があったインテルだが、この度完全移籍でユナイテッドと合意した模様。伝えられるところでは、移籍金は1500万ユーロ(約18億6600万円)で2023年までの3年契約になるという。 なお、発表は5日に行われるヨーロッパリーグのヘタフェ戦後になるとのこと。先月2日の発表では、サンチェスはヘタフェ戦の前にユナイテッドに戻ることになっていた。 2020.08.03 20:41 Mon
twitterfacebook
thumb

「この状況では無理」バルセロナ会長、ラウタロとネイマールの獲得を否定

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、今夏の獲得が噂されている2選手について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 バルセロナはウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後継者として以前からインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(22)の獲得に動いている。加えて、パリ・サンジェルマン(PSG)でプレーするブラジル代表FWネイマール(28)の復帰も目指しているとされている。 しかし、バルトメウ会長は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による経済的打撃で大型補強を否定。1億1100万ユーロ(約130億円)の契約解除金が設定されているラウタロに関して、「ラウタロについてはバルセロナはインテルと会談をしたが中断した。この状況で大規模な投資はない」と述べている。 また、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの譲渡で獲得に動くとの憶測が飛び交ったネイマールについても「ネイマール? この状況では不可能だ。PSGも彼を売却したくない」と断言している。 2020.08.03 18:35 Mon
twitterfacebook