J・マルティネス、現役引退orシュツットガルトでキャリア続行?

2020.07.29 15:39 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルティモネンセに所属する元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネス(33)の胸中は、現役引退かシュツットガルトでの現役続行で揺れているようだ。ドイツ『transfermarkt』が報じている。ポルト在籍時に、プリメイラ・リーガ3年連続得点王に輝いたJ・マルティネスは、2015年夏に鳴り物入りでアトレティコ・マドリーへ加入。しかし、この移籍をキッカケに順風満帆だったキャリアが暗転。

アトレティコでは思うような成功を収められず、わずか半年で中国スーパーリーグの広州恒大へ完全移籍。しかし、度重なる足首のケガに悩まされ、在籍2年間でわずか4ゴールとここでも大きく期待を裏切り、2018年3月にクラブとの契約を解消。その後、2018年9月からポルティモネンセに加入し、慣れ親しんだポルトガルの地で復活を目指したが、在籍2年間で公式戦54試合12ゴールと振るわず、チームも今シーズンのプリメイラ・リーガを17位で終え、無念の降格となった。

そういった苦境や足首の問題を受けて、マルティネスは現役引退を考慮していることを明かした。

「まだ100%、キャリアを終える決断をしたわけではないけど、1年前から考えていたことだった。今後数日のうちに、どのような決断をするのか発表するつもりだ」

「足首のケガは僕にとって大きなリスクになっている。そういった状況の中では自分が思った通りのプレーができないんだ」

その一方で、マルティネスの代理人を務めるグスタボ・ガロ氏は、コロンビアのテレビ番組『Gol Caracol』で同選手の現役続行の可能性を示唆している。降格に伴いポルティモネンセ退団は確実とし、来シーズンからブンデスリーガに復帰するシュツットガルト移籍の可能性を認めている。

「私とジャクソンは長い間、去就に関して話し合ってきた。そういった中で、彼にはシュツットガルトへのオプションがあることも伝えている。彼はそのオプションを好んでいるように見えるし、彼の好きなようにさせたいと思っている。ただ、彼はまだ現役を終えることは考えていないよ」

なお、シュツットガルトでは元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(35)の現役引退に加え、アルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレス(22)に移籍の可能性があり、センターフォワードの補強が急務となっている。

ただ、ガロ氏はマルティネスが前述の足首の問題でフルタイムでの活躍が難しいことを認めており、移籍に向けては幾つかの障害があるという。

「ジャクソンは足首の問題で毎試合のようにプレーすることはできない」

「彼は正直な男で、交渉するクラブに対しても自身のコンディションを維持するために特別なトレーニングが必要なことを伝えている」

その研ぎ澄まされた得点感覚を考えれば、時間限定のジョーカーとしてまだまだ活躍が期待されるところだが、マルティネスはシュツットガルトあるいは他クラブでのキャリア継続か、現役引退かいずれの選択肢を選ぶことになるのか…。
コメント
関連ニュース
thumb

今季3点目含む全3ゴールに絡む大活躍も堂安は守備陣を称賛「彼らがマン・オブ・ザ・マッチ」

ビーレフェルトに所属する日本代表MF堂安律がシュツットガルト戦を振り返った。 ビーレフェルトは20日、ブンデスリーガ第17節でシュツットガルトと対戦し、3-0で快勝。89分までプレーした堂安は今季3点目を含む全3ゴールに絡む大活躍を見せた。 シュツットガルトの日本代表MF遠藤航との日本人対決となったこの試合だが、まずは27分に左サイドからのラーセンのグラウンダーのボールに堂安がニアサイドに飛び込み、流れたところをファーサイドのクロスが決め、ビーレフェルトが先制に成功する。 後半開始2分には堂安が右サイドから右足で入れたクロスが相手のオウンゴールを誘い追加点。 さらに86分にドリブルでボックス右に侵入した堂安が右足でグラウンダーのシュートをゴール左に流し込み、ビーレフェルトが快勝している。 堂安は試合後に自身のインスタグラムを更新。「チームの素晴らしいパフォーマンスは勝ち点3に値する。特に、無失点で守ったディフェンスのチームメイトを称賛してほしい。彼らがマン・オブ・ザ・マッチだ」と3試合連続のクリーンシートを達成した味方ディフェンスを称賛した。 直近3試合負けなしのビーレフェルトは勝ち点17のリーグ15位で前半戦を折り返し。次節は23日にフランクフルトとホームで対戦する。 <div id="cws_ad">◆堂安律がカウンターから試合を決めるゴール<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A0%82%E5%AE%89%E5%BE%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#堂安律</a> がカウンターから試合を決めるゴール<br><br>長い距離を走り切り、右足を振り抜いた<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスリーガライブ</a> <a href="https://t.co/9iy6sN4DnO">pic.twitter.com/9iy6sN4DnO</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1352007466507145216?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.21 16:05 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安が遠藤航の前で今季3点目、全3ゴールに絡む大活躍でビーレフェルトが快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、ビーレフェルトvsシュツットガルトが20日に行われ、3-0でビーレフェルトが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は89分までプレーし、シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦をゴールレスドローとした15位のビーレフェルト(勝ち点14)は、堂安が開幕から17試合連続でスタメンとなった。 一方、前節ボルシアMG戦をラストプレーのPK弾で2-2の引き分けに持ち込んだ10位シュツットガルト(勝ち点22)は、ワマンギトゥカとニコラス・ゴンサレスを出場停止で欠く中、堂安同様に遠藤も開幕から17試合連続でスタメンとなった。 徐々にポゼッションを高めて押し込む展開としたシュツットガルトが16分に最初の決定機。ソサの左クロスをボックス中央で受けたカラジッチがシュートに持ち込んだが、GKの守備範囲だった。 その後も最前線のカラジッチを中心にゴールチャンスが訪れたシュツットガルトだったが、27分に先制したのはビーレフェルト。左サイドからのラーセンのグラウンダーのボールに堂安がニアサイドに飛び込み、流れたところをファーサイドのクロスが決めた。 ハーフタイムにかけてもシュツットガルトが押し込む展開としたものの、チャンスを生み出せず、ビーレフェルトが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始2分にビーレフェルトがリードを広げる。堂安が右サイドから右足で入れたクロスがケンプフのオウンゴールを誘った。 理想通りの試合展開としたビーレフェルトは58分、堂安のセンタリングのルーズボールにクロスが押し込みにかかるも、GKの好守に阻まれる。 3点目とはならなかったビーレフェルトだったが、GKオルテガの好守もあって2-0のリードを保つと86分、堂安に今季3ゴール目が生まれる。ドリブルでボックス右に侵入した堂安が右足でグラウンダーのシュートをゴール左に流し込んだ。堂安が全3ゴールに絡んだビーレフェルトがシュツットガルトに快勝としている。 2021.01.21 06:44 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、ラストプレーのPK弾でボルシアMGにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは16日、ブンデスリーガ第16節でボルシアMGをホームに迎え、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節アウグスブルクに快勝して4試合ぶりの勝利とした10位シュツットガルト(勝ち点21)は、遠藤がボランチの位置で開幕から16試合連続スタメンとなった。 前節バイエルンに逆転勝利した7位ボルシアMG(勝ち点24)がハイプレスをかけてきたのに対し、遠藤を起点にビルドアップを図るシュツットガルトは13分にマンガラがGK強襲のシュートを浴びせる。 しかし、15分にエンボロ、18分にノイハウスと際どいシュートを打っていたボルシアMGの攻勢が強まっていった中、34分にPKが与えられる。シュティンドルのスルーパスでボックス右に侵入してきたライナーをソサが倒してしまった。 オープンな展開で推移していた中、このPKをシュティンドルに決められたシュツットガルトは、ハーフタイムにかけては自陣に引いたボルシアMGを崩せずに1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、シュツットガルトが前がかる中、54分に同点のチャンス。右CKからファーサイドのシュテンツェルがシュートに持ち込んだが、GKゾンマーのセーブに阻まれる。 それでも58分に追いつく。左サイドからのソサのアーリークロスをゴール前に飛び込んだニコラス・ゴンサレスがダイビングヘッドで流し込んだ。 ところが3分後、シュツットガルトは勝ち越しゴールを許してしまう。カウンターの流れからシュティンドルのスルーパスに抜け出したザカリアにボックス左へ侵入され、シュートを決められてしまった。 再び追う展開となったシュツットガルトだったが、後半半ば以降は攻撃のギアが上がらずに試合は終盤へ。 それでもラストプレーとなった追加タイム4分、シュツットガルトにVARの末、PKが与えられる。ボックス内のカラジッチがベンセバイニに抱え込まれて倒された。このPKをワマンギトゥカが決めてシュツットガルトが土壇場で追い付き、勝ち点1をもぎ取っている。 2021.01.17 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、セカンドGKブレドロウと契約延長

シュツットガルトは15日、ドイツ人GKファビアン・ブレドロウ(25)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 RBライプツィヒでプロキャリアをスタートしたブレドロウは、2017年に加入したニュルンベルクでブンデスリーガ昇格に貢献。その後、2019年夏にシュツットガルトに活躍の場を移すと、ここまで公式戦8試合に出場している。 過去にU-20ドイツ代表でのプレー経験もある25歳は、スイス人GKグレゴール・コベルのバックアップとして好調のチームを支えている。 2021.01.16 01:04 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤先発のシュツットガルトがアウグスブルクに4発快勝で4試合ぶりの白星を飾る!《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは10日、ブンデスリーガ第15節でアウグスブルクと対戦し4-1で勝利した。 リーグ戦3試合勝利のない11位のシュツットガルト(勝ち点)が、10位アウグスブルク(勝ち点19)のホームに乗り込んだ一戦。シュツットガルトの遠藤は[3-4-2-1]のボランチの一角で先発し90分まで出場している。 試合は早い段階で動く。8分、ドリブルでボックス左から侵入したクリモビッツがオックスフォードに倒されてシュツットガルトがPKを獲得。このPKをニコラス・ゴンサレスがゴール左隅に沈め、先制に成功した。 先手を取ったシュツットガルトは、セットプレーから立て続けにピンチを迎える。14分、バイタルエリア中央右で与えたFKからキッカーのカリジウリに際どいシュートを枠の左に飛ばされるが、ここはGKコベルがわずかに触りのクロスバーを直撃した。さらに17分には、カリジウリの右CKからニアのバルガスにヘディンシュートを許したが、これも枠に上に外れた。 やや押し込まれる展開の続いたシュツットガルトだったが、29分にカウンターから追加点を奪う。ケンプフのロングフィードで左サイドを抜け出したソサがボックス左まで持ち上がると、マイナスの折り返しを走り込んだワマンギトゥカがゴール右隅に流し込んだ。 さらにシュツットガルト、36分にもドリブルで仕掛けたクリモビッツがボックス左から際どいシュートを放ったが、2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、シュツットガルトは開始早々に失点を許す。46分、敵陣でこぼれ球をカットしたリヒターがダイレクトで左サイドに展開。ボックス左まで侵入したバルガスの折り返しをゴール前に駆け上がったリヒターが流し込み、アウグスブルクが1点を返した。 立ち上がりに失点したシュツットガルトは、61分に反撃。右サイドから切り込んだニコラス・ゴンサレスのクロスをファーサイドのカストロが右足ボレーで流し込んだ。当初、カストロのオフサイドと判定されたが、VARのレビューの結果、判定が覆りゴールが認められた。 76分にドリブルで持ち上がったアントンを倒したリヒターが2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位まで手にしたシュツットガルトは、87分にも途中出場のディダヴィがゴールネットを揺らし、4点目。 その後、90分に遠藤を下げたシュツットガルトはこのまま危なげなく試合を終わらせ、4-1で勝利。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾るとともに、2021年初勝利を飾った。 2021.01.11 01:31 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly