すでにプレミア歴代最多の12回!アグエロがデビュー4戦目で決めた自身初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.07.30 09:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたハットトリックだ。
◆D・シルバとナスリの絶妙パスをアグエロが決めきる

アグエロは2011年夏からシティに加わり、公式戦通算370試合に出場してクラブ史上最多の254得点をマーク。これまでにプレミアリーグで歴代最多の12回のハットトリックを達成しているが、その始まりは2011年9月10日に行われたプレミアリーグ第4節のウィガン戦だった。

まずは13分、FWカルロス・テベスが左サイドをドリブルで突破すると、ボックス内のMFダビド・シルバへとパス。相手を引き付けたD・シルバが走り込んだアグエロへと横パスを出し、受けたアグエロが右足を振り抜いた。

63分には、MFサミル・ナスリの絶妙なスルーパスに反応すると、ボックス内からダイレクトでゴール右へ。さらに69分には、相手のマークを強引に突破したD・シルバがアグエロへ見事なスルーパス。抜け出したアグエロが再び冷静にゴール右へと流し込み、デビューからわずか4試合目でのハットトリック達成となった。

関連ニュース
thumb

リバプールがミスリンタート氏の招へいに関心、今季限りで退任表明のSD後任に?

リバプールが新たなスポーツ・ディレクター(SD)の候補として、スヴェン・ミスリンタート氏(50)の招へいを検討しているようだ。 リバプールは辣腕で知られたマイケル・エドワーズSDが昨シーズン限りで退任。後任として、これまでエドワーズ氏をサポートしていたジュリアン・ウォード氏が内部昇格の形で任命された。ポルトガル方面に強いコネを持つウォード氏は、今夏にベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得するなど、エドワーズ氏退陣後の最初の移籍市場で存在感を発揮していた。 しかし、そんなウォード氏が11月に突如として今シーズン限りでの退任を発表。予想外の行動に対してクラブ側は慰留に努めるも本人の意志が固く、後任の選定が急務となっている。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、リバプールはその候補としてミスリンタート氏の招へいに関心を示している模様だ。 ミスリンタート氏はかつてユルゲン・クロップ監督と共に、ドルトムントでFWロベルト・レバンドフスキやMF香川真司ら数々の才能を発掘。クラブのブンデスリーガ2連覇などに多大な貢献を果たした人物だ。ドルトムント退団後はアーセナルを経て2019年4月からシュツットガルトのSDに就任。日本代表DF伊藤洋輝を獲得するなど若手発掘で変わらずの手腕を発揮したが、先月限りで退任となった。 フリーとなったミスリンタート氏自身も、リバプールでの仕事に関心を持っていると報じられており、クラブがどのような決断を下すかに注目が集まっている。 2022.12.01 17:03 Thu
twitterfacebook
thumb

「自分がいないW杯に興味なし?」ハーランドがボローニャで目撃される… その目的とは?

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがボローニャで目撃されたようだ。 今夏にドルトムントからシティへ移籍し、公式戦24試合で29ゴール4アシストと絶好調のハーランド。現在は代表チームがカタール・ワールドカップ(W杯)と無縁なこともあり、束の間のオフに入ったとされる。 そんななか、イタリア『カルチョメルカート』によると、28日にイングランドや母国ノルウェーのみならず、W杯開催地のカタールからも遠く離れたイタリア北部のボローニャでハーランドが目撃されたとの情報が。 どうやらハーランドはこの前日、イタリア北部のマラネッロという小さな町に滞在。マラネッロは高級スポーツカーでお馴染みのフェラーリが本社を置く町として広く知られ、ハーランドもフェラーリ購入のために訪れていたという。 その翌日にはマラネッロから近いボローニャへと移動し、観光とショッピングを満喫したとのこと。『カルチョメルカート』には「ユーベのメディカルチェックかと思ったのに」、「自分がいないW杯には興味がないのかも」といった珍コメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】腕時計ブランドとコラボしたハーランド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BREITLING(@breitling)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.30 21:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

元コートジボワール代表のコロ・トゥーレが英2部ウィガンで監督業スタート!

チャンピオンシップ(イングランド2部)のウィガンは29日、元コートジボワール代表のコロ・トゥーレ氏(41)を監督に任命したことを発表した。 現役時代にアーセナルやマンチェスター・シティ、リバプールなどで活躍したコロ・トゥーレ氏は、2017年夏にセルティックで引退し、そのまま当時の指揮官だったブレンダン・ロジャーズの下でアシスタントコーチに就任。現在はそのロジャーズ監督とともにレスター・シティで同職を務めている。 現在リーグ戦22位に沈むウィガンでは、昨季のリーグ1優勝に導いたリーム・リチャードソンを解任し、12月中旬のリーグ再開に向けて後任を探していた。候補としてはコロ・トゥーレ氏の弟であるヤヤ・トゥーレ氏も挙がっていたようだ。 2022.11.29 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

前線の強化模索のリバプール、W杯で活躍中のガーナ代表MFの状況を注視か

リバプールがアヤックスのガーナ代表MFモハメド・クドゥス(22)獲得に関心を示しているようだ。 今夏にFWサディオ・マネ、FWディヴォク・オリジ、FW南野拓実ら多くのアタッカーが退団したリバプール。加えて、ウィングとして起用されることもあるMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンも契約満了による来夏の退団が濃厚視されており、前線の層の薄さが懸念されている。 イギリス『リバプール・エコー』によると、クラブは前線の層を強化するため、クドゥスに対しての関心を強めている模様だ。リバプールは10代の頃からクドゥスにスカウトを送っており、ユルゲン・クロップ監督も今季チャンピオンズリーグ(CL)で対戦した際にアンフィールドでゴールを決めたガーナ代表MFを高く評価しているとのことだ。 クドゥスは2020年にデンマークのノアシェランからアヤックスに加入。今季は公式戦21試合で10ゴール2アシストしているほか、現在開催中のカタールW杯でも2試合で2ゴール2アシストを記録するなど、大舞台で輝きを放っている。 2022.11.29 16:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly