ザニオーロがふくらはぎ痛で古巣インテル戦を欠場へ

2020.07.19 07:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが19日に行われるセリエA第34節インテル戦を欠場するようだ。イタリア『スカイ』が報じている。

同メディアによればふくらはぎを痛めているとのことで、パウロ・フォンセカ監督は無理をさせないだろうと伝えている。1月に右ヒザ半月板損傷と前十字じん帯断裂の大ケガを負い、7月に復帰を果たしたザニオーロは11日のブレシア戦でゴールを挙げ、復活をアピールしていた。

5位に位置するローマはチャンピオンズリーグ出場圏内の4位ラツィオまで12ポイント差あり、ヨーロッパリーグ圏外の8位サッスオーロとは10ポイント差あることから、逆転スクデットを狙うインテルに比べると、勝ち点3が必須の状況ではない立ち位置となっている。


コメント
関連ニュース
thumb

ローマDFクンブラ、同点ゴールを記録も失点シーンを反省「避けられるはずだった」

ローマのアルバニア代表DFマラシュ・クンブラが3-3の引き分けに終わったミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日にセリエA第5節で首位のミランと対戦したローマ。FWズラタン・イブラヒモビッチに2ゴールを許すなど、3度リードされる展開となったが、FWエディン・ジェコ、MFジョルダン・ヴェレトゥ、クンブラのゴールで追いつき、3-3の引き分けに持ち込んだ。 ヨーロッパリーグ(EL)のヤング・ボーイズ戦に続いて公式戦2試合連続ゴールを記録したクンブラはゴールについて、「ボックス内にボールを供給できれば、チャンスになることがよくある。コーナーからの得点は非常に簡単な場合があるんだ。ボールがファーポストに当たるのではないかと思ったけど、最終的にうまくいったね」と振り返った。 しかし、先制点を与えた場面についても触れると「僕はすべての分野で改善できると思う。イブラヒモビッチの最初のゴールも避けられるはずだったが、ミスを犯してしまった。最終的にゴールを決めてミスを補うことができた」と失点に悔やむも、取り戻せたと語った。 2020.10.27 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン相手に3度追いついたフォンセカ監督「勝利するためのプレーをしていた」

ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督が、打ち合いとなったミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日にセリエA第5節でミランと対戦したローマ。3回ビハインドになるも、FWエディン・ジェコ、MFジョルダン・ヴェレトゥ、DFマラシュ・クンブラのゴールで追いつき、3-3の引き分けに持ち込んだ。 試合後のインタビューに応じたフォンセカ監督は「試合の進め方は良かった」と試合を振り返り、選手たちの姿勢を褒めた。 「ポジティブな面は、3ゴールを決めたことだが、ネガティブな面は3ゴールを許したことだ。しかし、とても互角の試合だった」 「序盤の数分で失点してしまったが、その後は勇気を持って、クオリティの高いビルドアップをして、チームは良い反応を見せた。しかし、我々はピッチのファイナルサードの決定機で、何度もミスを犯してしまった」 この試合では、ローマとミランにそれぞれPKのシーンがあったが、この件については「私は何も言いたくない。間違いを犯す可能性があることは理解している。審判が今日ミスをした場合、彼は両チームに対してミスを犯したことになる」と語るに留めた。 2020.10.27 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランvsローマは壮絶ドロー! イブラ3戦連続ドッピエッタも3度のリード守り切れず開幕5連勝ならず…《セリエA》

セリエA第5節、ミランvsローマが26日にサンシーロで行われ、3-3のドローに終わった。 前節、インテルとのダービーを2-1で制したセリエA開幕4連勝の首位ミランは、23日に行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦のセルティック戦も3-1で勝利。今年6月半ばのコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦以降、21戦無敗(16勝5分け)と圧倒的な強さを示している。 開幕5連勝を目指す今回のビッグマッチでは、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された守護神のドンナルンマがハウゲと共に招集外となり、今季新加入のGKタタルサヌがデビューを飾ったものの、フィールドプレーヤーはインテル戦と同じメンバーが起用された。 一方、フォンセカ体制2年目となった今季のローマは、選手登録違反によってヴェローナとの開幕節を0-3の敗戦扱い(実際の試合は0-0)となる最悪の船出となった。だが、以降はユベントスにドロー、ウディネーゼ、ベネヴェントに連勝を飾り、直近のELヤング・ボーイズ戦も一部主力を温存した中、2-1で逆転勝利を収めている。首位チームとのアウェイゲームではシステムを[3-4-2-1]に戻して、前線にはジェコとムヒタリアン、ペドロが並んだ。 マンデーナイト開催の注目のビッグマッチは開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドで仕掛けたレオンが左足でクロスを入れると、DFクンブラがクリアし切れずにファーに流れたボールを、飛び出したGKミランテの手前で長い足を伸ばして触ったイブラヒモビッチが流し込んだ。 イブラヒモビッチの2試合連続ゴールで幸先良くリードを奪ったミランは、その後もリズム良くボールを動かしながら追加点を狙っていく。 一方、ローマも左サイドのムヒタリアンを起点に徐々に相手陣内深くに侵攻すると、こちらも頼れる主砲が仕事を果たす。14分、右CKの場面でキッカーのペッレグリーニが右足インスウィングの浮き球のボールを入れると、飛び出したGKタタルサヌが触れずにファーへ流れたところをDFロマニョーリに競り勝ったジェコが頭で合わせ、こちらも2試合連続ゴールとした。 両主砲のゴールで振り出しに戻った試合は、ここから睨み合いの状況がしばらく続いていく。だが、前半半ばを過ぎて互いに2点目に迫る場面を作り出す。まずは28分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前のテオ・エルナンデスが左足で際どいシュートを放つと、その直後にもチャルハノールの正確なプレースキックに合わせたロマニョーリ、ケアーのセンターバックコンビが決定的なヘディングシュートを放つが、GKミランテの好守と右ポストに阻まれる。 一方のローマは30分過ぎにイバニェス、ペッレグリーニが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKタタルサヌの好セーブに阻まれた。 その後、前半終了間際の43分にはイブラヒモビッチが身体を張って得たペナルティアーク付近のFKから名手・チャルハノールが壁の間を抜く強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKミランテの好守に遭い、前半は1-1で終了を迎えた。 後半も引き続き拮抗した展開が予想されたが、前半同様に勢いを持った入りを見せたホームチームが電光石火のゴールを奪う。47分、左サイドをドリブルで突破したレオンが丁寧にマイナスの折り返しを入れると、タイミング良く中央に走り込んできたサレマーカーズが右足のワンタッチでニアを射抜いた。 前半の反省を生かせずにまたしても立ち上がりの失点となったローマはすぐさま反撃を開始。52分、自陣から長い距離を持ち上がったペドロから縦パスを受けた左サイドのムヒタリアンが正確な折り返しを入れる。これをボックス右に抜け出したジェコが右足インサイドのダイレクトシュートで合わすが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。 その後は連戦の疲労を感じさせる行ったり来たりのオープンな展開が続く中、試合の主役の座はジャコメッリ主審に移っていく。69分にはボックス内でムヒタリアンのシュートのこぼれ球に反応したペドロとベナセルが交錯。一見すると、ペドロのファウルのように見えたものの、ここでVARの介入もなく即PK判定が下される。これをキッカーのヴェレトゥが決めた。 この微妙な判定にミラン陣営の不満が募り、試合は徐々に荒れ模様の様相を見せるが、今度はミランにお返しのような判定が下される。78分、ボックス内でルーズボールに反応したチャルハノールとDFマンチーニの微妙な接触でPKが与えられる。 これをキッカーのイブラヒモビッチがきっちり決め切って出場3試合連続でのドッピエッタ達成で得点ランキングトップの6ゴールに到達した。 この3点目で勝負ありかに思われたが、ローマが驚異の粘りを見せる。84分、左CKの場面でキッカーのヴェレトゥの鋭いボールがニアのイブラヒモビッチに当たってファーに流れると、これに反応したクンブラが見事な右足ボレーで流し込み、決勝点を決めたヤング・ボーイズ戦に続く2試合連続ゴールとした。 これで一気にわからなくなった試合は最後まで白熱の展開を見せるが、試合終盤にミランに訪れたセットプレーの決定機ではケシエのヘディングがGKミランテに、ラストプレーのロマニョーリのヘディングは枠のわずか右に外れ、このままタイムアップ。 壮絶な打ち合いとなったミランとローマのビッグマッチは3-3のドローに終わり、3度のリードを守り切れなかったミランは公式戦無敗を22試合に更新も、開幕5連勝を逃がす結果となった。 2020.10.27 07:02 Tue
twitterfacebook
thumb

【セリエA第5節プレビュー】ミランvsローマが月曜に開催、冨安と吉田は強豪と対戦

前節行われたミラノ・ダービーではミランがFWイブラヒモビッチのドッピエッタでインテルの反撃を振り切り、開幕4連勝とした。そしてナポリがアタランタを4発粉砕する圧勝劇を演じた。迎える第5節は月曜にミランvsローマのビッグマッチが行われ、ボローニャDF富安とサンプドリアDF吉田の日本代表センターバックコンビは、それぞれ強豪ラツィオ、アタランタと対戦する。 まずはミランvsローマから。インテル戦ではコロナから復帰したイブラヒモビッチが前半に挙げた2ゴールをうまく守り抜き、リーグ戦では5シーズンぶりとなるダービー勝利を飾ったミラン。開幕4連勝とし単独首位に立った中、ダービー勝利でさらに勢いに乗ったロッソネロは、ローマをも飲み込むことはできるか。 対するローマは前節ベネヴェント戦では一時同点に追いつかれながらも終わってみれば5発圧勝とした。連勝で2勝1分け1敗スタートとした中、絶好調のミランに黒星を付けることはできるか。共に木曜にアウェイでのヨーロッパリーグを戦っているが、好ゲームを期待したい。 続いてラツィオvsボローニャ。ラツィオは前節サンプドリア戦ではFWインモービレを欠いた中、攻撃陣が沈黙してまさかの完敗(0-3)を喫した。それでも、火曜に行われたCLではうまく切り替え、ドルトムント相手に3-1の快勝を飾った。12季ぶりの出場となるCLで気持ちの良い勝利を飾って勢いに乗った中、リーグ戦での白星を取り戻せるか。 一方、リーグ屈指の攻撃力を誇るサッスオーロに4失点を食らって痛恨の逆転負けを喫したボローニャ。冨安はオウンゴールで相手の決勝点となる4失点目を献上し、悔しい結果となった。昨季得点王のインモービレがドルトムント戦でも1ゴール1アシストと活躍した中、冨安はインモービレを抑え込むことができるか。 そしてアタランタvsサンプドリア。ナポリ戦ではまさかの4失点完敗を喫し、開幕からの連勝が3で止まったアタランタ。それでも水曜に行われたCLではミッティラン相手に4-0の快勝でバウンスバックを果たした。攻撃陣が引き続き好調であることを示した中、セリエAで白星を取り戻せるか。 対するサンプドリアの吉田は前節ラツィオ戦では突破力に優れるFWコレアと相対し、見事に封じて見せた。これでチームは吉田が先発に戻ってから2連勝。良い流れに乗る中、アタランタの強力攻撃陣に対しても吉田が守備を締め、連勝を伸ばせるか。 クロトーネ戦を低調なドローで終えたユベントスは、火曜に行われたCLではディナモ・キエフ相手にFWモラタの2発で白星スタートとした。ただ、相変わらず内容は低調ですっきりしない試合が続いている。今節は2勝1分け1敗スタートのヴェローナが相手となるが、内容面で改善は見られるか。 そしてミラノ・ダービーに敗れたインテルは水曜に行われたCLボルシアMG戦では、FWルカクが2発を決め、優勢に試合を進めていたが2-2の引き分けに終わった。そのインテルはジェノアとのアウェイ戦に臨むが、公式戦4試合ぶりの勝利となるか。 最後にアタランタに4発快勝としたナポリは2勝2敗スタートのベネヴェントとのアウェイ戦で連勝を目指す。 ◆セリエA第5節 ▽10/23(金) 《27:45》 サッスオーロ vs トリノ ▽10/24(土) 《22:00》 アタランタ vs サンプドリア 《25:00》 ジェノア vs インテル 《27:45》 ラツィオ vs ボローニャ ▽10/25(日) 《20:30》 カリアリ vs クロトーネ 《23:00》 ベネヴェント vs ナポリ パルマ vs スペツィア 《26:00》 フィオレンティーナ vs ウディネーゼ 《28:45》 ユベントス vs ヴェローナ ▽10/26(月) 《28:45》 ミラン vs ローマ 2020.10.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマに敗れたベネヴェント、ピッポは判定に不満「なぜVARを使わない」

ローマに敗れたベネヴェントのフィリッポ・インザーギ監督が判定に不満を表している。 18日に行われたセリエA第4節のローマ戦。昇格組のベネヴェントは、ここまで3試合を消化し、2勝1敗と上々の成績を残してきた。この試合でも立ち上がり5分にFWジャンルカ・カプラーリのゴールで先制する幸先の良いスタートを切る。 前半のうちに逆転を許したものの、55分にPKを獲得し、FWジャンルカ・ラパドゥーラのゴールで同点に。しかし、66分に今度はGKロレンツォ・モンティポがPKを献上。再び勝ち越しを許すと、そこからさらに2失点し、アウェイで5-2で敗戦した。 試合後、インザーギ監督はPK判定に不満を露わ。モンティポのプレーはPKではなかったと主張し、自チームに与えられたPKを含めて、VARを使わなかったことに疑問を呈した。イタリア『メディアセット』がコメントを伝えている。 「なぜモニターで見直さなかったのか。モンティポはボールに触れたと言っていたが、それでもPKであるなら、彼はどうすれば良かったのだ? 私はPKだと思わないね」 一方で、昇格組ながらローマと互角に戦った選手たちを称賛。「良い試合だった」とパフォーマンスの継続を求めている。 「オリンピコに来て、10本の枠内シュートを放ち、少なくとも70分までは互角に戦った。良い試合だったよ。5-2という結果はフェアではないが、このパフォーマンスを続けていきたい」 「一部の選手はセリエA初挑戦のため、エラーがあるのは当たり前のこと。だが、アウェイでローマにリードしていたというのも評価すべきだ。2-2に追いつき、3-3にするチャンスもあった」 2020.10.19 15:37 Mon
twitterfacebook