ドログバのCL初ハットトリックはチェルシーではなくマルセイユ時代【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.07.19 17:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏がマルセイユ時代に決めたハットトリックだ。

◆ドログバのCL初ハットトリック

ル・マンでのデビュー後、リーグ・アンで頭角を現していたドログバ氏は、マルセイユへ移籍。2004年にチェルシーへ移籍するまで、エースストライカーとして活躍した。

2003年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグのパルチザン・ベオグラード戦では、自身にとってCL初のハットトリックを決めている。

0-0ので迎えた62分、マルセイユのFWミドがボックス右端で仕掛けると、相手DF2人に囲まれながらも左足でクロスを供給。走り込んだドログバが、相手GKとの混戦になりながらも押し込み、先制点を記録した。

そして68分、カウンターのチャンスからMFキャメル・メリアンがクロスを放り込むと、ドログバが豪快に頭で叩き込み、追加点を奪う。

さらに84分、またもカウンターからドログバが抜け出し、最後は左足で流し込み、見事ハットトリックを達成した。

ドログバ氏は、このシーズンのCLでポルトとも対戦。当時ポルトを指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督の目に留まり、2004年に同監督と共にチェルシーへ移籍している。
コメント
関連ニュース
thumb

ビッグクラブを渡り歩くモラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆モラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIeFVGNU5xQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリー下部組織出身のモラタは、2014年に7月にユベントスへ移籍すると、得点力が開花して2シーズン連続2桁ゴールを記録。2016年6月にマドリーに復帰すると、シーズン20ゴールの活躍を見せた。 2017年4月5日に行われたラ・リーガ第30節のレガネス戦では見事ハットトリックも達成している。 この試合で、マドリーは残留圏内ぎりぎりの17位に位置していたレガネスに対し、主力を温存する。 それでも15分に先制すると、さらに18分、右CKからDFナチョがヘディングで合わせてファーに流れると、ゴールエリア左のモラタがふわりと浮かせたヘディングシュートでうまくゴールへ流し込み、追加点を奪った。 勢いの止まらないマドリーは続く23分にはMFマテオ・コバチッチのスルーパスをボックス中央で受けたモラタがダイレクトでシュートを流し込み、一気に3-0とした。 その後2点を返されたマドリーだが、迎えた後半開始3分に左サイドのMFハメス・ロドリゲスのFKにモラタが頭で合わせたシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれ、試合を決定付けた。 結果を残したモラタだったが、2017年からはチェルシーへ移籍しプレミアリーグ初挑戦。2019年1月からはアトレティコ・マドリーでプレーし、 スペイン、イタリア、イングランドのビッグクラブを渡り歩いている。 2020.08.13 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

エース不在でも関係なし!メッシ欠場のエルチェ戦でサンチェスがハットトリックの大暴れ!【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 <div id="cws_ad">◆メッシ不在のバルセロナで、サンチェスがハットトリックの大暴れ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnRTEydW5tYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、インテルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。 2006年に若くしてウディネーゼと契約したサンチェスは、レンタル移籍で南米に留まり経験を積むと、2008年夏にウディネーゼに加入。天才ドリブラーとして欧州トップクラブの注目を集め、2011年にバルセロナに加入し、スリートップの一角として活躍した。 そんなサンチェスは、2014年1月5日に行われた、ラ・リーガ第18節、エルチェ戦では、エース不在の中、ハットトリックを決め、チームを大勝に導いている。 エースのリオネル・メッシをケガで欠くバルセロナは、MFセスク・ファブレガスをスリートップの真ん中に置き、“ゼロトップ”のシステムで試合に臨んだ。 すると、開始早々の7分、カウンターからチャンスを作ったバルセロナは、左サイドを攻略したDFジョルディ・アルバがボックス内に鋭いクロスを入れるとサンチェスがこれを中央で合わせ、見事なゴールで先制する。 さらに、追加点を奪い、2-0として迎えた63分、完璧な崩しからボックスでボールを持ったFWペドロ・ロドリゲスが中で待つサンチェスにラストパスを出す。これをサンチェスが落ち着いて流し込み、3点目を加える。 極め付きは69分、ゴール正面でバルセロナがFKを得ると、これをサンチェスが完璧なFKを叩き込み、見事なハットトリックを達成した。 試合はサンチェスのハットトリックを含む4得点を奪ったバルセロナが、4-0でエースメッシの不在を感じさせない大勝を収めている。 2020.08.13 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ケインを襲った悲劇!ハットトリックしたのに直後に急造GKとしてホロ苦失点…【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めた、印象的なハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆”GK”ケインを襲った悲劇<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVYVJ2cUh1ZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014-15シーズンからトッテナムのエースストライカーとしてゴールを量産し続けるケイン。今や頼れる主将だが、トップチーム定着したての頃には、やや可哀想な経験もしている。 2014年10月23日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループリーグのアステラス戦。ケインはいつものようにセンターフォワードとして先発出場すると、まずは13分にミドルシュートを叩き込み、先制点を獲得する。 さらに、MFエリク・ラメラのスーパーゴールなどで3-0とリードを広げると、75分にケインが味方のシュートのこぼれ球を詰め、2点目を記録。 そして81分にはDFフェデリコ・ファシオのクロスを頭で沈め、見事ハットトリックを達成した。 しかし、ここからケインに悲劇が訪れる。 交代枠を使い切った87分にGKウーゴ・ロリスが退場となるアクシデントが発生。その代役をケインが務めることとなった。 不安そうな表情を見せながらも、キーパーグローブをはめたケインはゴールマウスにポジションを移す。 しかし、89分の相手のFKの場面で直接狙われると、目の前でバウンドしたシュートをケインはファンブル。そのままゴールを許してしまった。 せっかくハットトリックを達成したにもかかわらず、やや悲しい結末となってしまったこの試合。すでに5点をリードしており、試合の結果に大きく影響を与えなかった点は幸いだった。 2020.08.12 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッと爽快!ナポリ時代のカバーニが放った豪快すぎる3発!【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがナポリ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆衝撃の3発!カバーニの豪快すぎるハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3NUVNb2xpRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年7月、パレルモからナポリへと移籍したカバーニ。2013年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍するまでの3シーズンで公式戦138試合で104ゴール14アシストを記録していた。 そのカバーニがナポリ時代に決めたハットトリックを紹介。2011年9月18日に行われたセリエA第3節のミラン戦でのものだ。 開始11分にアルベルト・アクイラーニにゴールを許し先手を奪われたナポリだったが、カバーニが火を噴く。 まずは13分、エセキエル・ラベッシがボックス右からのFKでクロスを入れると、ボックス中央でクリスティアン・マッジョがヘッド。これがカバーニに渡るとダイレクトボレーでGKの股間を抜き、同点に追いつく。 さらに36分には、ワルテル・ガルガノがドリブルで持ち上がると、左サイドを上がってきたカバーニへパス。これをボックス内左で右足一閃。強烈なシュートがニアサイドをブチ抜き、2点目を奪う。 後半に入っても勢いは止まらず。52分には右サイドからのクロスをアレッサンドロ・ネスタがクリア。しかし、このクリアボールを至近距離でカバーニがダイレクトシュート。目の覚めるようなシュートがネットに突き刺さり、ハットトリックを達成した。 3ゴールとも豪快かつ目にも留まらぬスピードの強烈シュート。フリーになったカバーニは一体どこに向かうのだろうか。 2020.08.11 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチが決めた、味方に感謝すべき巧妙ハットトリック!【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラ、味方に感謝すべきハットトリック!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoVzJhalNBdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今年1月にミランへと帰還すると、在籍半年でセリエA18試合に出場し10ゴールを記録。38歳とは思えない驚異の得点力を見せたイブラヒモビッチ。 衰えを知らないイブラヒモビッチは、これまで5度のリーグ得点王を受賞。今回紹介するのはPSGで初めて得点王となった2012-13シーズンの2012年12月11日に行われたリーグ・アン第17節のヴァランシエンヌ戦でのハットトリックだ。 ジェレミー・メネーズとの2トップを組んでいたイブラヒモビッチ。この試合のファーストゴールは、28分だった。 ボックス内右に侵入したメネズがフリーでシュート。これはGKがセーブするも、跳ね返ったボールをFWエセキエル・ラベッシがダイレクトシュート。これをボックス中央でイブラヒモビッチがコースを変え、先制する。 ラッキーな形で1点目を決めたイブラヒモビッチは49分に追加点。相手のクリアボールを拾ったMFハビエル・パストーレがボックス外からミドルシュート。これをGKがセーブするも、跳ね返りを押し込んで、またしてもラッキーな得点を決めた。 さらに54分、スルーパスに抜け出したメネーズがドリブルでボックス内に侵入。GKも前に出てきた中で横パスを出すと、最後はイブラヒモビッチが無人のゴールへ流し込みハットトリック達成。3ゴール全てが味方のお膳立てのおかげでのハットトリック達成となった。 2020.08.11 09:00 Tue
twitterfacebook