「彼を信頼している」1G1Aで王者撃破に導いたラカゼット、決勝点のネルソンを称賛

2020.07.16 11:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが、1ゴール1アシストの活躍を披露したプレミアリーグ第36節のリバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。15日に王者リバプールをホームに迎えたアーセナルは、20分にFWサディオ・マネに先制を許す展開に。しかし、ラカゼットは32分にDFヴィルヒル・ファン・ダイクのバックパスをカットし同点ゴールを記録。さらに、44分にはGKアリソン・ベッカーのパスミスを逃さなかったラカゼットがクロスを供給すると、FWレイス・ネルソンが逆転ゴール。3試合ぶりの勝利でヨーロッパリーグ出場権獲得にわずかな望みを残した。

◆ラカゼットが2ゴールに絡む…アーセナルvsリバプール

1ゴール1アシストでチームを逆転勝利に導いたラカゼットは試合後、「試合に勝てたからとても嬉しいよ。少しプレッシャーがあって試合がスタートしたが、その代償を払いたくなかった。その後、今日のリバプール相手にも、しっかりプレーをすることができた」と試合を振り返った。

得点シーンでリバプールのミスを誘発したことに関して「監督は全チームと全試合に対応している。プレッシャーをかけるようにアドバイスをくれた。うまくいくときもあれば、いかない時もある。今日はミスを逃さず、得点できたから幸せだ」と述べた。

また、決勝点をアシストしたネルソンについては「彼にはとても才能があり、裏ではとても練習をしている。彼を信頼しているよ。全トレーニングでたくさん練習をしていた。今日はスタメンでプレーしたけど、それに値すると思う。彼にはとても満足している」と賛辞を送った。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドのレジェンドがアルテタの選択を批判「侮辱的な采配だった」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるアンディ・コール氏が、マンチェスター・シティ戦でアーセナルのミケル・アルテタ監督の采配を痛烈に批判した。イギリス『ミラー』が伝えている。 プレミアリーグ第5節でマンチェスター・シティに0-1で敗れ、今シーズン2敗目を喫したアーセナル。この試合、アルテタ監督はリーグ戦4試合で3ゴールをマークし、現在チーム得点王となっているフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットをベンチに置き、ウィングが本職のブラジル代表MFウィリアンをセンターフォワードに起用した。 この采配について、現役時代にストライカーとして通算187ゴールを記録したコール氏は、イギリス『talkSPORT』のなかで「ラカゼットへの侮辱だ」とアルテタ監督の采配に憤りを見せている。 「彼はラカゼットに失礼なことをしていると思う。ウィリアンはセンターフォワードではない」 「トップスコアラーのセンターフォワードをベンチに座らせて、『君(ラカゼット)は彼(ウィリアン)がセンターフォワードとしてプレーするのを見ていなさい』と言うのは、私は非常に敬意を欠いていると思うよ」 結局この試合でアルテタ監督の采配は奏功せず、ウィリアンはシュートどころかボックス内でパスを成功させることもできないまま、69分にラカゼットと交代。シティ戦後にこの采配の理由をメディアから問われたアルテタ監督は、戦術上仕方がなかったと説明した。 「我々は異なるフォーメーションで、いつもと違うスペースを占めるような多様性を持つ必要がある。シティのプレー、相手へのチェイシング、使用可能なスペースなどを考えると、ウィリアンが適任だった」 「2人のストライカー(ラカゼットとエディ・エンケティア)をベンチに座らせるのは本当に難しかった。しかし、それは戦術的な判断だったんだ」 昨シーズン指揮官に就任してから、ここまで称賛の声が絶えなかったアルテタ監督。今回裏目に出た采配を糧に、今後どのような手腕を振るっていくか注目したい。 2020.10.20 15:03 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手、ウォーミングアップ中に負傷のDFホールディングは最大4週間の離脱か

アーセナルのDFロブ・ホールディングがしばらく戦列を離れることになるようだ。 ホールディングは17日に行われたプレミアリーグ第5節のマンチェスター・シティ戦で先発メンバーに名を連ねていた。 しかし、ウォーミングアップ中にハムストリングに張りを覚えたため、ダビド・ルイスが代わりに先発することに。試合は1-0でシティに敗れていた。 ミケル・アルテタ監督は「どれほど悪いかは分からない」とホールディングの状態をコメント。「ただ、ロブを試合から外し、ダビドを試合で起用するという決断を下すのは十分悪いことだった」とコメントしていた。 イギリス『デイリー・メール』によれば、ホールディングはハムストリングの負傷で3〜4週間の離脱になるとのことだ。 今シーズンのホールディングは、ここまで公式戦6試合に出場。しかし、この負傷により、ヨーロッパリーグ(EL)のラピド・ウィーン戦、ダンドーク戦、モルデ戦に加え、プレミアリーグのレスター・シティ戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、アストン・ビラ戦を欠場することになるようだ。 2020.10.20 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

盟友・メルテザッカーが不遇のエジル問題に言及「ピッチ外で多くの変化があった」

アーセナルのアカデミーでチーフを務める元ドイツ代表DFペア・メルテザッカー氏が、盟友である元ドイツ代表MFメスト・エジルについて語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 長らくアーセナルの攻撃の中心として活躍してきたエジル。クラブ内での最高給を受け取っており、ゲームメイクやアシスト力はワールドクラスと評されてきた。 しかし、近年は出場機会が減少。パフォーマンスの低下も叫ばれる中、ミケル・アルテタ監督就任後は一時的に出場機会を得ていた。 そんな中、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断。その後再開したが、そこからエジルは1秒も出場していない。 さらに、今シーズンは一度もメンバー入りしていない他、ヨーロッパリーグの登録メンバーからも除外されており、構想外の状態が続いている。 アルテタ監督は外国籍選手が多いことから、苦渋の決断でエジルをリストから外したとコメント。一方で、テクニカル・ディレクターのエドゥ氏と共に「ファーストチームでプレーするレベルではない」とエジルの問題も指摘していた。 そんな中、かつてはチームメイトとしてもプレーしてきたメルテザッカー氏が『Klick and Rush』のポッドキャストでコメント。今年に入ってからエジルには、ピッチ外で大きな変化があり、それがプレーに影響を与えていると語った。 「フィールドから離れた場所では多くの変化があった」 「彼は結婚し、家族がいる。おそらく彼がフォーカスする部分が変わったんだろう。それでも、彼はサッカーができることに喜びを感じているよ」 「彼は私がブレーメン、アーセナル、そしてドイツ代表の3つのチームで共にプレーした唯一の選手だ。だから、彼が今プレーさせてもらえない状況にあることをとても残念に思うよ」 メルテザッカーによれば、エジルは3月に第一子を授かったとのこと。この事が人生における転機になった可能性があり、フィールド上でのパフォーマンスに影響を与えている可能性があると考えられるようだ。 2020.10.19 21:36 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-0 アーセナル《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsアーセナルが17日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20201018_01_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 6.5 最終的な点差を考えると、前半にサカの2本の決定機を止めたことが勝利を得る上で大きな要素に。それ以外でも攻守にそつなし   DF 2 ウォーカー 6.5 センターバックの一角としてより対人を意識したハードな守備で相手の快足アタッカーを完封。ビルドアップの質も安定   3 ルベン・ジアス 7.0 ほぼぶっつけ本番の中で特殊過ぎる可変システムにおいて困難なラインコントロールをほぼ完璧にこなす。ラポルテに続きペップのお気に入りとなる予感   6 アケ 6.5 ほぼ左サイドバックの役割をきっちりこなした。ペペとのマッチアップでも危なげない対応を続けた   MF 26 マフレズ 6.0 守備ではカンセロらと共にティアニーの対応に当たりつつ、攻撃時は鋭い仕掛けや意外性のあるプレーで、とりわけ前半は攻撃を牽引した   27 カンセロ 6.5 サイドバック、サイドハーフ、インサイドハーフと3役をこなすマルチロールぶりを発揮。攻撃の良さが目立った一方、守備では軽いプレーも散見   16 ロドリ 6.0 センターバックとアンカーを行き来しながら全体のバランスを整えた。早い時間帯にカードをもらったが、粘り強い対応でバイタルエリアをケア   20 ベルナルド・シウバ 6.5 特殊な可変システムを機能させる上で、豊富な運動量、献身的なプレーはチームを大いに助けた。嫌らしい位置取りで中盤の支配力を高めた   47 フォーデン 6.0 先制点の起点に。試合を通して一番決定機が多かっただけに、決め切るところは突き詰めたい。それでも、求められた仕事はきっちりこなした   (→フェルナンジーニョ -)   FW 10 アグエロ 6.0 負傷明けでいきなりの先発。コンディションはまだまだだったが、掴みどころのないポジショニングで起点となり、フォーデンの好機を幾度も演出   (→ギュンドアン 5.5) アグエロ同様に今季初出場。ミスのない捌きに、急所を突くパスなど上々の試運転に   7 スターリング 6.5 消えている時間帯もあったが、やはり決勝点の価値は大きい。   監督 グアルディオラ 6.5 アーセナルの長所を巧みに消す予想外の奇策を機能させ、師弟対決を制す   ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20201018_01_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 レノ 6.0 結果こそ出ていないものの、好パフォーマンスが続くシティ戦で再び存在感を放った。   DF 2 ベジェリン 5.5 軽いプレーも散見されたが、全体的な守備は及第点。攻撃時は中央に立ち位置を取って幾度か起点となるなど工夫は見られた   23 D・ルイス 5.5 ホールディングのアップ中の負傷を受けて緊急出場。失点に絡んだが、それ以外は粘り強く守れていた。際どい高速クロスで見せ場も   6 ガブリエウ 6.0 難敵相手にも高水準のパフォーマンスを披露。ビルドアップでかなり圧力をかけられたが、要所でかいくぐって見せた   3 ティアニー 5.5 相手の徹底対策にあったものの、時間を経るごとに攻撃面で良い仕事を見せた。ただ、自主隔離の影響もあり、終盤はかなりバテていた   MF 8 セバージョス 5.5 いつも通り、攻守にハードワークを披露。ただ、前線が抑え込まれたことで、決定的なパスはなかなか出せなかった   34 ジャカ 5.5 献身的に守備をこなしたが、セバージョス同様にチャンスメークの部分で苦しむ試合に   (→トーマス -) アーセナルデビュー。短い出場時間の中で顔見せ程度に   7 サカ 6.5 チャレンジゆえのミスや決定機を決め切れないなど課題は出たものの、相手の徹底マークを上回る質の高いプレーを幾度も見せた   FW 19 ペペ 5.0 左サイドを中心に攻撃した中、フィニッシュの仕事に絡みたかったが、相手の守備にうまく封じられた   (→エンケティア -)   12 ウィリアン 5.0 最前線での起用となったが、攻守両面で貢献は限定的だった   (→ラカゼット 5.0) 流れを変える役割を求められたが、フィニッシュの局面に絡めず   14 オーバメヤン 5.0 一度サカの決定機を創出したが、良い形で攻撃に絡めず、リバプール戦のように消えてしまった   監督 アルテタ 5.5 師匠の奇策を上回れず、今季2敗目。それでも、大崩れしないところにチームとしての芯の強さを感じる   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルベン・ジアス(マンチェスター・シティ) 若くしてベンフィカの最終ラインを仕切っていた統率力と、高い戦術理解度を発揮して難解な可変システムを採用した中、ほぼ完璧なラインコントロール。ビルドアップや対人対応においてもその能力の高さを見せつけた。   マンチェスター・シティ 1-0 アーセナル 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前23) 2020.10.18 04:44 Sun
twitterfacebook
thumb

スターリング弾守り抜いたペップのシティがアルテタ率いるアーセナルとの師弟対決制す!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsアーセナルが17日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。   今シーズン、覇権奪還を目指すシティだが、第3節のレスター・シティ戦で今季初黒星を喫すると、前節のリーズ・ユナイテッド戦も1-1のドローに終わり、直近2戦未勝利とスタートダッシュに失敗。インターナショナルマッチウィークを挟んで仕切り直しとなる今季の対ビッグ6初戦ではアーセナルをホームで迎え撃った。デ・ブライネ、ガブリエウ・ジェズスを負傷で欠く中、グアルディオラ監督は復帰を時期尚早としていたアグエロを先発起用。さらに、アーセナル対策か、より流動的な可変式の[3-1-4-2]の布陣を採用した。   一方、アーセナルはシティ同様に第3節でリバプール相手に今季初黒星を喫したものの、前節のシェフィールド・ユナイテッド戦を2-1のスコアで競り勝ち、立て直しに成功。今回の一戦を皮切りにレスター、マンチェスター・ユナイテッドと難敵との連戦が続く中、アルテタ監督の古巣シティを相手に連勝を狙った。注目の先発メンバーでは直前のウォームアップで負傷したホールディングに代わってダビド・ルイスがスクランブル起用されたものの、代表戦での自主隔離が緩和されたティアニーが復帰し、現状のベストメンバーが並んだ。ただ、最前線にオーバメヤンではなくウィリアンを配するマイナーチェンジを施した。   開始直後にスターリングのお膳立てからマフレズがいきなり際どいミドルシュートを放ったものの、以降は戦術的な要素が色濃く映る試合展開に。   アーセナルが普段通り、ティアニーとサカを起点とした左肩上がりの攻撃を仕掛けてきたのに対して、シティは相手のビルドアップをマンツーマン気味に掴みに行く攻撃的な守備と共に、右サイドにウォーカー、カンセロ、マフレズの3人を並べる特殊な形で対応。さらに、マイボール時には流動的なスターリング、アグエロの2トップ、中央に立ち位置を取るカンセロがうまく間でボールを受けてアーセナルのプレスをいなしていく。   この奇策により試合の主導権を掌握したホームチームは圧倒的にボールを握りながらじっくりと攻め手を窺う。すると、23分にはルベン・ジアスから右サイドに張るマフレズに縦パスが入り、そこから中央で浮いたアグエロを経由してボックス左に走り込んだフォーデンにパスが繋がる。カットインからの右足のシュートはGKレノの好守に遭うが、こぼれ球に反応したスターリングが冷静に左足で流し込んだ。   まんまと先手を奪ったシティはその後も主導権を譲らず、果敢に追加点を狙っていく。27分にはカンセロのパスをボックス右で受けたマフレズ、34分には相手のビルドアップを嵌めて奪ったショートカウンターからボックス左でフリーのフォーデンにビッグチャンスも、GKレノの好守に阻まれる。   一方、徐々に相手守備の対応に慣れ始めたアーセナルはティアニーとサカの左サイドから幾度か決定機を創出。40分にはオーバメヤンのスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したサカがGKとの一対一のビッグチャンスを迎えるが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは絶妙な飛び出しを見せたGKエデルソンのビッグセーブに阻まれた。   シティの1点リードで折り返した試合は、前半終盤から盛り返したアーセナルがやや優勢な入りを見せる。各自の立ち位置に若干の修正を施したことで、よりビルドアップがスムーズになり、相手陣内でのプレーを増やしていく。だが、ルベン・ジアスを中心とする繊細なラインコントロール、ベルナルド・シウバらの献身的な守備を前に決定機まで持ち込むことができない。   徐々にこう着状態に入った中、シティは65分にアグエロを下げて新型コロナウイルスから回復した今季初出場のギュンドアンをピッチに送り込み、中盤での支配力を高める。一方、何とかゴールをこじ開けたいアーセナルは、ウィリアンを下げてストライカーのラカゼットをピッチに送り込んだ。   これで再び試合に動きが出てきたものの、アタッキングサードでの判断ミスや連係ミスが目立ち、相手GKを脅かす場面は皆無。その後、アーセナルはエンケティア、これがデビュー戦となるトーマスを83分に同時投入して勝負に出るが、オーバメヤンら前線のアタッカーに最後まで決定的なシュートチャンスは訪れぬままタイムアップ。より動きのあった前半にスターリングが挙げたゴールを最後まで守り抜いたシティがスペイン人指揮官同士の師弟対決を制し、3戦ぶりの白星を手にした。 2020.10.18 03:38 Sun
twitterfacebook