セルタ守護神ルベン・ブランコが右モモの大腿直筋断裂で4~5カ月の離脱…

2020.07.11 06:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルタは10日、スペイン人GKルベンブランコの負傷離脱を発表した。

7日に行われたラ・リーガ第35節のアトレティコ・マドリー戦に先発出場したルベン・ブランコだが、試合終盤の81分に右モモを負傷。そのままGKイバン・ヴィジャールとの交代を余儀なくされた。

そして、クラブのメディカルスタッフによる精密検査の結果、右大腿直筋の腱の断裂が発覚。同選手は数日中に手術を受けるとのことだ。

また、クラブは離脱期間について4~5カ月と明かしており、来シーズンの開幕に間に合わないことが決定。復帰は11月以降になる見込みだ。

2010年にセルタの下部組織に入団したルベン・ブランコは、2013年にトップチームに昇格。2018-19シーズンから正守護神の座を掴むと、今シーズンもここまでラ・リーガ34試合に出場していた。


関連ニュース
thumb

セルタがローマFWカルレス・ペレスを買取OP付レンタル移籍で獲得…かつてバルサでプレー

セルタは9日、ローマのスペイン人FWカルレス・ペレス(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 1年間のレンタル移籍で買い取りオプションもついているという。 バルセロナの下部組織出身のカルレス・ペレスは、2019年7月にファーストチームに昇格。2020年1月にローマへとレンタル移籍し、2020年9月に完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦13試合で2ゴール3アシストを記録。ローマでは公式戦75試合で8ゴール7アシストを記録していた。 2021-22シーズンもセリエAで19試合に出場し1ゴール1アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも6試合に出場し2ゴールを決め、チームの優勝に貢献していた。 また、世代別のスペイン代表を経験しており、かつては大きく期待された選手。バルセロナの選手として2019年の夏には来日しており、ヴィッセル神戸相手に2ゴールを決める活躍を見せていた。 2022.08.10 09:27 Wed
twitterfacebook
thumb

性的暴行で有罪判決のサンティ・ミナにサウジからオファー

性的暴行で有罪判決となったセルタのスペイン人FWサンティ・ミナ(26)に、サウジアラビアのアル・シャバブからオファーが届いているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 同選手は今年5月、2017年6月に起こした女性への性的暴行の件で有罪判決を受けた。懲役4年、保護観察5年、5万ユーロの賠償金、そして12年間の500m以内への接近を禁じられ、チームからは一時的に除外された状況にある。 先月にアル・シャバブとギリシャのアリス・サロニカからオファーがあったものの、逆転判決を目指して控訴中のサンティ・ミナは拒否していた。ところが、現時点で逆転は不可能と判断した26歳は、サッカーを続けるため、サウジアラビア行きを考慮し始めたようだ。 セルタとしても、有罪判決を受けた選手をチームにとどめておくことはできず、売却はやぶさかではない。給与が高額ということもあり、迅速に移籍を進めたい考えのようだ。 2022.08.09 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマのカルレス・ペレスがセルタへレンタル移籍、2年半ぶりの母国復帰

セルタは8日、スペイン人MFカルレス・ペレス(24)のレンタル移籍に関してローマと基本合意に達したことを報告した。メディカルチェックが済み次第、1年間の契約にサインすることになる。 バルセロナのカンテラーノとして知られるカルレス・ペレス。2018-19シーズンのラ・リーガ最終節でトップチームデビューを果たし、翌シーズンから本格的にトップチームに昇格したものの、なかなか出場機会に恵まれず、2020年1月にローマへレンタル移籍した。 ローマでは途中出場がメインとなったが、半シーズンでセリエA14試合に出場。半年後に買い取り義務により1100万ユーロで完全移籍した。だが、翌シーズン以降もサブから地位を向上できず、ここ2シーズンで公式戦58試合に出場も、その多くがベンチスタートだった。 今夏は放出候補に挙げられ、以前からセルタ行きが報じられていたカルレス・ペレス。この度、レンタルでの移籍が決まり、2年半ぶりに母国に戻ることになった。 なお、ローマでは同日、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)がサンプドリアにレンタル移籍したことも発表されている。 2022.08.09 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトのFWパシエンシアがセルタへ完全移籍…3年契約

セルタは6日、フランクフルトの元ポルトガル代表FWゴンサロ・パシエンシア(28)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2025年6月までとのこと。セルタは今夏7人目の補強となる。 パシエンシアは、ポルトの下部組織出身で、ファーストチーム昇格後は、オリンピアコス、リオ・アヴェ、ヴィトーリア・セトゥーバルへのレンタル移籍を経験。2018年7月にフランクフルトへと完全移籍する。 フランクフルト移籍後は、2020-21シーズンはシャルケへとレンタル移籍を経験。公式戦85試合で20ゴール7アシストを記録した。2021-22シーズンはブンデスリーガで18試合3ゴール、ヨーロッパリーグでは5試合で2ゴールを記録していた。 2022.08.06 22:07 Sat
twitterfacebook
thumb

セルタ、DFセルヒオ・カレイラがビジャレアルへレンタル

セルタは5日、U-21スペイン代表DFセルヒオ・カレイラ(21)がビジャレアルへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 2020年10月にファーストチームデビューを飾った右サイドバックのS・カレイラは、これまでセルタで公式戦6試合に出場。 昨季はミランデスにレンタル移籍し、ラ・リーガ2部で38試合に出場し1ゴール3アシストを記録。主力としてプレーしていた。なお、ビジャレアルでは当面、Bチームでのプレーになるとのことだ。 2022.08.06 00:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly