レアルFWヨビッチが自宅隔離、接触した友人が新型コロナ陽性反応

2020.07.09 09:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、自宅で隔離されることとなった。スペイン『アス』が伝えた。

報道によると、ヨビッチは新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応がでた友人と接触していたとのこと。マドリーはプロトコルに従い、ヨビッチを自宅隔離させたとのことだ。

◆多くの期待を受けたヨビッチがお披露目

ヨビッチの友人は、6日の昼にベオグラードからマドリッドへと渡航。当初の計画では、ヨビッチが友人であっても訪問者を受け入れないということだったが、外国人選手でもあるためにクラブが別の手段を考えたようだ。

マドリーの対応は、選手を訪ねてくる全ての人に検査を実施。その結果、ヨビッチの友人が陽性反応を示したために今回の措置となったようだ。

6日はマドリーのトレーニングが休みであった前、ヨビッチは検査を受けたが結果は陰性。しかし、プロトコルに則り、自宅隔離の措置となった。

なお、マドリーは10日にアラベス戦を控えているが、今後の進行状況によっては、検査の範囲などが拡大される可能性もあるようだ。

ヨビッチは、新型コロナウイルスの感染拡大による中断期間でセルビアへ帰国。しかし、自宅隔離の決まりがある中に外出し、セルビア国民からも大きな非難を受けることに。さらには自宅で骨折したために、中断明けのトレーニングを行えないという不始末も起こしていた。

5日に行われたラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦には終了間際にカリム・ベンゼマと交代して入り試合に復帰していた。
コメント
関連ニュース
thumb

会長の現場干渉で監督辞任のスコールズ氏が敗訴、多額の賠償金を支払う羽目に

元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏が、古巣から賠償金を求められることとなった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、スコールズ氏は、自身が監督を務めていたオールダム・アスレティックと問題を起こしていた。 事の発端はスコールズ氏が監督を務めていた間に起こっている。 スコールズ氏は、2019年2月にオールダムの監督に就任。しかし、わずか31日で辞任していた。 その理由は、ファーストチームの問題にアブダレ・レムサガム会長が干渉しないという約束をしていたとのこと。しかし、そこに関与して来たことで仕事が行えなくなったと非難していた。 しかし、オールダム側はスコールズ氏が一方的に監督を辞任したとして、裁判所に訴えた結果、オールダムが勝訴。スコールズ氏はチームのメンバー選考などが問題なくできていたとし、契約違反であるとの裁定を出していた。 スコールズ氏は、2019年3月12日に行われたリンカーンとの試合で、キャプテンであるピーター・クラークを起用しないように言われたと主張していた。しかし、スコールズはクラークを起用。試合は2-0で敗れ、その結果翌日にスコールズ氏は辞任していた。 この結果、オールダムは5桁(数万ポンド)の賠償金をスコールズ氏に請求することとなったようだ。 監督として7試合を指揮したスコールズ氏だったが、1勝3分け3敗と全く結果を残せていなかった。 2020.08.07 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ブリッジは“不倫男”テリーを未だに許さず? 自身の近くに引っ越し発覚後、自宅を売却に出す

元イングランド代表DFのウェイン・ブリッジ氏は、チェルシー時代に自身の元恋人と不倫関係にあった元イングランド代表DFのジョン・テリー氏を未だに許してないのかもしれない。イギリス『サン』が報じている。 ブリッジ氏とテリー氏は、同じ39歳でチェルシーとイングランド代表で共闘してきた親友だった。しかし、2010年1月にブリッジ氏が当時交際し、1人の息子をもうけていたヴァネッサ・プロンセルと、既婚のテリー氏に不倫疑惑が持ち上がり、両者の関係は完全に破綻。 この騒動がキッカケでテリー氏はイングランド代表キャプテンをはく奪され、ブリッジ氏も“不倫男”との共闘を望まず、代表辞退という重い決断を下していた。 さらに、不倫問題発覚後、初の直接対決となった試合では当時マンチェスター・シティに在籍していたブリッジ氏が、試合前の握手を拒否。さらに、シティのチームメイトだった元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、得点直後にテリー氏の前に立ちはだかってブリッジ氏を指さすパフォーマンスを見せるなど、大きな話題をさらっていた。 その後、ブリッジ氏は2013年に現在の妻であるイギリス人歌手のフランキーサンド・フォードさんと結婚し、2人の息子を授かっている。 その事件から10年が経った今年に入って両氏は、再びメディアの話題に挙がることに。 『サン』が伝えるところによれば、テリー氏は今年4月にロンドン近郊のサリーに430万ポンド(約6億円)の邸宅を購入し、すでに引っ越しも済ませているという。 そして、その新居から数分の距離にはブリッジ氏と家族が住む550万ポンド(約7億6000万円)の邸宅があった。 しかし、同メディアによると、ブリッジ夫妻はテリー氏の引っ越しが原因かは不明なものの、現在その自宅を売りに出しているという。 この動きに関してある関係者は、「ウェインとジョンは明らかに最高の友人とは言えない。今は不動産市場に不確実性があるが、ウェインとフランキーは新たなスタートを求めている。そして、現在の場所から少し離れた場所に引っ越しをすることを決めた」と、説明している。 今回の引っ越しは単なる偶然の可能性が高そうだが、ブリッジはやはり“不倫男”を許していないのか…。 2020.08.05 15:02 Wed
twitterfacebook
thumb

“故意の咳”は一発退場の対象に? FAが新ガイドラインの適用へ

イングランドサッカー協会(FA)は、今の時代に合ったルール変更を予定しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2019-20シーズンのプレミアリーグも、1日に行われたFAカップ決勝をもって終了。残すは、プレミアリーグへの最後の昇格枠を争うチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレーオフ決勝のみとなった。 新型コロナウイルス(COVID-19)という未曾有の感染症により、およそ3カ月リーグが中断。その後再開し、シーズンを全うすることができた。 しかし、選手の入場方法を含めた様々なことにガイドラインが設けられ、無観客で試合が行われるなど、その影響は少なくなく、来シーズンにも影響が出るとみられている。 そんな中、FAは主審たちを守る新たなルールを決定するようだ。その1つが、選手たちの咳だ。 FAは、対戦相手やレフェリーに対し、意図的に咳をした選手は、新たなFAのガイドラインに従い、レッドカード、またはイエローカードの対象となるようだ。 FAは、「レフェリーは、意図的に誰近距離から故意に対戦相手はマッチオフィシャルの顔に向けて咳をした選手」に対して行動を起こすとし、「攻撃的、侮辱的、虐待的な言葉遣いや身振り」に該当するとしている。 なお、通常の咳はこの対象外となるが、ピッチへの唾吐き行為なども継続して禁止事項に。プレー以外の部分でも、衛生面を守らない選手には、罰則が与えられることになるという。 2020.08.03 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スイス検察がインファンティーノ会長を捜査、FIFAが潔白を主張

スイス検察から捜査を受けている国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長だが、潔白であるとFIFAが主張したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 事件は7月30日に起こった。スイス検察は、インファンティーノ会長がスイス連邦検察官のマイケル・ラウバー氏と密会していたとし捜査を開始。これは公的地位の乱用にあたるとしていた。 しかし、不正行為が疑われたことに関してラウバー氏は否定。チューリッヒに本部があるFIFAとの会議は「日常的」なことであるとし、「遠隔犯罪は何もなかった」と説明。「調査する理由など絶対にない」と潔白であると主張していた。 ラウバー氏は、裁判所が会議を隠ぺいし、FIFA周辺の汚職調査中に監督官にウソをついたとして辞任していた。 司法長官室(OAG)を監督する当局は、そのため疑いをかけたとのこと。しかし、FIFAは真っ向から不正な行為は何もないと主張し、インファンティーノ会長の潔白を発表した。 「FIFA会長とスイス連邦検察官との会議の時点で、OAGは20以上のFIFA関連の事件の調査を行なっており、FIFAはこれらの訴訟の被害者だ。したがって、FIFA会長がスイス連邦検察官に会うということは完全に論理的なものだ」 「調査の目的は常にFIFAの全面的なサポートを提供することだった。FIFAの会長と関係者は、国内で最も上級の法律担当者に会いに行き、FIFAで行われた変更について説明し、犯罪者の不正行為に対する起訴に協力した」 「FIFA会長は、誠意を持って、そしてFIFAを代表してそこに出向いた」 2020.08.03 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖フューチャーズでもプレーした元カメルーン代表キャプテンのタタウ氏が57歳で死去

かつてカメルーン代表のキャプテンも務め、サガン鳥栖の前身である鳥栖フューチャーズでもプレーしたステファン・タタウ氏が亡くなった。57歳だった。イギリス『BBC』が伝えた。 タタウ氏は、カメルーン代表の一員として1990年のイタリア・ワールドカップに出場。キャプテンとしてチームをベスト8へ導いた事で知られている。 また、1994年のアメリカ・ワールドカップにも出場。キャプテンとして3試合に出場していた。 クラブレベルではカメルーンでプレーし、1995年1月からは鳥栖フューチャーズでプレー。2年間プレーし、そのまま現役を引退した。 なお、死因についてはまだ発表されていない。 2020.08.02 21:15 Sun
twitterfacebook