3位浮上のランパード監督、好調両ウイングを絶賛!

2020.07.08 14:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランク・ランパード監督が、辛勝だったクリスタル・パレス戦を振り返った。チェルシー公式が伝えている。7日にプレミアリーグ第34節でクリスタル・パレスと対戦したチェルシー。試合は開始6分に先制すると、27分にはMFクリスチャン・プリシッチのゴールでリードを広げた。しかし、そこから打ち合いとなり、最終的にアウェイで2-3で勝利。前節のワトフォード戦からの連勝で、順位を3位に上げた。

これでコロナ明け5試合で4勝としたチェルシーだが、とりわけプリシッチは、この5試合は3ゴールと2つのPK奪取の活躍で、ワトフォード戦後には昨シーズンまで同クラブでプレーしたベルギー代表FWエデン・アザールとの比較まで飛び出すほど。ランパード監督もいよいよ本領発揮のアメリカ代表MFのパフォーマンスには満足しているようで、安定してチームの攻撃を牽引し続けるMFウィリアンも含めた両ウイングを絶賛した。

「クリスチャンは非常に重要な存在だ。彼には素晴らしい才能がある。ここに来た当初は休む間もなくてコンディション調整になかなか苦労していたが、今では本当に良くなった。ひとつ上のレベルに達したと感じているよ。周りに合わせるだけでなく、得点にも絡むようになった」

「世界トップクラスの選手たちというのは安定してゴールやアシストを記録しチームを勝利に導く。今は彼がそうだね。とても嬉しいよ」

「ウィリアンの影響力は計り知れないね。クリスチャンも彼も我々にとって心強い存在だ。ウィリアンは毎試合その存在感を示してくれる。スピード、ドリブル、そしてクオリティ。卓越した選手だよ」

「だが、今日は60分まであまり良くなかった。我々は他の試合のようにスムーズにボールを運べず、少し持ちすぎてしまっていた。ビリー・ギルモアはかなり良くやってくれたと思うが、中盤の出来に関しては全体的に満足のいくものではなかった」

また、この試合で決勝点を上げたFWタミー・エイブラハムにも言及。リーグ戦では第22節以来のゴールとなった若きストライカーを称えている。

「彼は喉から手が出るほどゴールを欲していたから、このゴールは重要な意味を持つことになるだろう。しばらくゴール出来ないのはストライカーにはよくあることだが、これが自信につながってくれればと思う。状態は良いよ。選択肢にもなっている。FW陣には満足しているんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

昨年引退のGKチェフがプレミアリーグで現役復帰の可能性、選手登録させたランパード監督「とても簡単な決断だった」

チェルシーの黄金期を支えたGKペトル・チェフ(38)に現役復帰の可能性が誕生した。 チェフは、2004年7月にスタッド・レンヌからチェルシーに加入。2015年7月にアーセナルに移籍するまで、チェルシーの正守護神として君臨した。 当時は世界最高のGKの1人としても高い評価を受け、プレミアリーグで4度、FAカップで4度、EFLカップで3度優勝。また、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでも1度ずつ優勝を経験。公式戦494試合でゴールを守っていた。 2019年7月にアーセナルで現役を引退。奇しくも現役ラストマッチは、古巣チェルシーとのヨーロッパリーグ決勝だった。その後、はアドバイザーとしてチェルシーに所属していたが、この度プレミアリーグの登録メンバーに名を連ねることとなった。 プレミアリーグの登録は10月20日が期限となっており、来年1月まで登録が不可能に。その最終日に確定した登録メンバーリストに、チェフの名前が載っていた。 現役を退いてから1年が経過したチェフだが、チェルシーのフランク・ランパード監督が、クラブ公式サイトを通じてこの件についてコメントした。 「ペトルは、しばらくの間GKとトレーニングを行ってきた」 「周知の事実だと思うが、彼は何日も一緒にトレーニングをしているし、彼らの経験としても貴重なものだ」 「彼らのトレーニングにも役立っているし、チェフがクオリティと経験をGK陣に伝えていることで私も助かる」 登録した理由は未だに流行が続いている新型コロナウイルス(COVID-19)とのこと。選手登録枠も空きがあったことで、臨時のために登録。しかし、プレーする可能性も否定はしなかった。 「我々のスカッドには空きがあった。今年はCOVID-19のせいで、選手足りないようにも思えるし、年間を通じて、選手選考と隔離に対応できるため、とても簡単な決断だった」 「ペトルはまだ本業があるが、必要な時はピッチに立つだろう」 「彼はとても良い状態で、比較的若い。おそらくプレーを続けることは可能だろう」 「チェルシーでの彼の役割を担い、とてもうまくやっている。彼は私をとても助けてくれ、とても親しく協力体制を築けている」 現在のチェルシーは守乱が続いており、正守護神もスペイン代表GKケパ・アリサバラガ、セネガル代表GK エドゥアール・メンディが争い、GKウィルフレッド・カバジェロも控えている状況だ。それでもチェフがプレーする可能性をランパード監督は除外しなかった。 「今シーズン、彼が多くプレーするのをみられるかどうかはわからない。シーズンの流れやCOVID-19と隔離にも依存するだろう。ただ、そのためにペトルをスカッドに入れることは簡単だった」 2020.10.21 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパード、ケパとメンディの守護神争いについて言及「メンディがファーストチョイス」

チェルシーのフランク・ランパード監督が20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節のセビージャ戦での守備陣のパフォーマンスを評価した。クラブ公式サイトが伝えている。 ランパード監督率いるチェルシーは、ホームにセビージャを迎えた一戦。両チームとも惜しいチャンスこそあったが、守備陣の奮闘もありゴールは生まれず、ゴールレスドローでの決着となった。 ランパード監督は、クリーンシートを達成した守備陣の中でも特に奮闘していたブラジル代表DFチアゴ・シウバとセネガル代表GKエドゥアール・メンディを称賛。注目の守護神争いについても言及した。 「今日のチアゴ・シウバはとても良かった。彼は我々が期待していた通り、クオリティと経験の両方を見せてくれたし、周りのプレーヤーにも影響を与えてくれた。彼のおかげで、クリーンシートを保つことができた」 「今シーズン、彼の負荷をマネジメントする。私はすでに彼ととても親しい関係があり、私のキャリアの終盤にその地位にいた。彼を最適な状態で試合に臨めるようにするため、メンテナンスやトレーニング、試合での起用をとても意識する」 また、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとの守護神争いを繰り広げるメンディについては、「ファーストチョイス」と正守護神になることを口にした。 「メンディは、チェルシーに来てからの3試合で非常に良いプレーをしている。今日は良いセーブをしてくれたし、これで2回目のクリーンシートを達成したことになる。彼が加入してきたとき、私は彼を競争相手としては素晴らしい選手だと言った」 「しかし、彼のクオリティを知り、また彼が我々に見せてくれたことによって現時点では彼がファーストチョイスだ。しかし今でもGKのポジションは常に競争が起こっている」 2020.10.21 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパードがドローも無失点をポジティブに捉える「我々には大きな意味がある」

チェルシーのフランク・ランパード監督が20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節のセビージャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ランパード監督率いるチェルシーは、ホームにセビージャを迎えた一戦。両チームとも惜しいチャンスこそあったが、守備陣の奮闘もありゴールは生まれず、ゴールレスドローでの決着となった。 ランパード監督は試合後、この引き分けに満足しているとコメント。3失点を喫した17日のプレミアリーグ第5節サウサンプトン戦から改善したとも語った。 「私は選手たちにプロとしての要素があったことに満足している。私は選手たちと試合のマネジメントについて話した。サウサンプトン戦は我々にとって痛手だったが、今日のリアクションは本当にポジティブなものだった」 「セビージャはヨーロッパサッカーにおいてトップチームであり、間違いなくCLでクリーンシートを達成するのに必要な集中力は、チームにとって大きなものだった」 「良い守備をした時に下した決断、長い時間守った時の決断で良いものがたくさんあり、ここから構築するための良い基盤となっている」 「クオリティが高く、タフな相手との対戦となったこのグループステージの初戦が重要になることは理解していた。このクリーンシートは我々にとって大きな意味を持っている」 「セビージャは我々のチームに多くの問題を与えた。彼らはボックス内にクロスを入れてくるし、フィジカルが強く、プレスをかけづらい独特のプレーをしてくる」 「しかし我々は多くの点で彼らに匹敵していたし、両チームとも動きがわずかだったので、マネジメントをするには良いゲームだった。0-0という結果に満足している」 2020.10.21 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

グループE突破候補のチェルシーとセビージャの激突は互いに譲らずドロー決着!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のチェルシーvsセビージャが20日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 一昨季前のヨーロッパリーグ(EL)王者であるチェルシーが、昨季のEL王者であるセビージャを本拠地スタンフォード・ブリッジに迎えた一戦。 直近のサウサンプトン戦では2-0とリードしながら3-3の引き分けに持ち込まれたチェルシーは、その試合から先発を3人変更。GKケパやアスピリクエタ、 A・クリステンセンに代えて負傷明けのGKメンディやチアゴ・シウバ、R・ジェームズが先発に名を連ねた。 一方、直近のグラナダ戦(0-1で●)でラ・リーガ初黒星を喫したセビージャは、その試合から先発を4人変更。ムニルやカルロス・フェルナンデス、エスクデロらに代えてL・デ・ヨングやオカンポス、グデリらが先発で起用された。 グループE突破の本命同士の一戦は強豪対決らしく一進一退の攻防が続く。そんな中、セビージャがセットプレーから最初の決定機を迎える。19分、左サイドで獲得したFKからスソがクロスを供給すると、ファーサイドのグデリがヘディングシュート。これが相手DFに当たりコースが変わったが、好反応を見せたGKメンディが左手一本で弾き出した。 対するチェルシーは、セビージャの素早い攻守の切り替えに手を焼き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 良い流れを掴みかけていたセビージャだったが、33分にアクシデント。右モモ裏を痛めたセルジ・ゴメスがピッチに座り込み、そのままジョルダンとの交代を強いられた。 それでもセビージャは、前半終了間際の45分にスソ、46分にオカンポスと立て続けにチェルシーゴールに迫ったが、GKメンディの牙城は崩せず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、積極的な入りを見せたチェルシーは48分、チルウェルの左CKからズマがヘディングシュート。さらに56分には、ボックス左手前でパスを受けたヴェルナーがカットインからミドルシュートでゴールを狙ったが、共にシュートはGKブヌがキャッチした。 流れを変えたいセビージャは、58分にスソを下げてオリベル・トーレスを投入。対するチェルシーは、62分にマウントを下げてツィエク、65分にジョルジーニョを下げてコバチッチをピッチに送り出した。 この交代後、先にチャンスを迎えたのはセビージャ。67分、ラキティッチの左CKをファーサイドのジョルダンが右足ボレーで合わせたが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。 膠着状態のまま終盤に差し掛かると、セビージャは80分にラキティッチとL・デ・ヨングを下げてフランコ・バスケスとエン=ネシリを投入。一方のチェルシーは、後半アディショナルタイムにヴェルナーとプリシッチを下げてエイブラハムとハドソン・オドイを送り出したが、互いに決定機を作り出せず。 試合はゴールレスドローでタイムアップ。グループ突破候補の対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 また、もう一試合のレンヌvsFCクラスノダールは、1-1の引き分けに終わった。試合は後半立ち上がりの56分にレンヌがギラシーのPKで先制したが、FCクラスノダールは直後の59分にC・ラミレスのゴールで追いつく。結局、その後は得点が動かず、1-1で試合終了となった。 チェルシー 0-0 セビージャ 2020.10.21 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーGKメンディ、代表先での負傷から練習に復帰 CLセビージャ戦出場の可能性

チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール ・メンディに戦列復帰の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が同国『テレグラフ』をもとに報じている。 今夏にスタッド・レンヌから加入したメンディは今月の代表ウィークでセネガル代表に選出されたが、トレーニング中に太ももを負傷。17日にホームで行われた代表ウィーク明け初戦のプレミアリーグ第5節のサウサンプトン戦(3-3で引き分け)を欠場した。 20日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のセビージャ戦も微妙だったメンディだが、サウサンプトン戦後からトレーニングに復帰。セビージャ戦に出場する可能性がある模様だ。 メンディは3日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦(4-0で勝利)でリーグ戦デビュー。チェルシーが失点の多さを指摘されているなか、完封勝利に貢献している。 2020.10.20 21:15 Tue
twitterfacebook