フィオレンティーナ、来季の新指揮官候補にエメリ氏をリストアップ!

2020.07.02 22:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナが新指揮官候補としてウナイ・エメリ氏と接触を図っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が自身のSNSで主張している。今シーズン、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でシーズンをスタートしたフィオレンティーナだが、成績不振を理由に昨年12月末に同監督を更迭。現在はセリエAで経験豊富なジュゼッペ・イアキーニ監督がチームを指揮しているが、降格圏と6ポイント差の13位と前体制とほとんど順位は変わっていない。

そういった状況もあり、フィオレンティーナの首脳陣は来シーズンに向けて新監督招へいの動きを見せている模様。そして、スキラ氏が伝えるところによれば、現時点での有力候補の1人であるエメリ氏とすでに話し合いの場を持ったようだ

これまでバレンシア、セビージャ、パリ・サンジェルマンで実績を残してきたエメリ氏だが、昨年11月末に成績不振によって就任2年目でアーセナルの指揮官を解任。

以降、フリーの状態が続くスペイン人指揮官にはミランやベティスなどからの関心が伝えられていた。
コメント
関連ニュース
thumb

K・P・ボアテングの獲得をモンツァが正式発表!延長OP付きの1年契約

モンツァは28日、フィオレンティーナから元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(33)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ヘルタ・ベルリンでプロキャリアをスタートしたボアテングは、これまでトッテナムやドルトムント、シャルケ、フランクフルト、バルセロナなど、ヨーロッパ各国のクラブを渡り歩いてきた。 昨年夏にはフィオレンティーナへ加入も、今年1月に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍。今夏にフィオレンティーナへレンタルバックしたが、スポーツ・ディレクターを務めるダニエレ・プラデ氏は今季も構想外であることを明かしており、新天地を求めることが確実となっていた。 ボアテングの加入したモンツァは、2018年9月に同選手がミラン在籍時にオーナーを務めたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が買収。ミラン時代の盟友アドリアーノ・ガリアーニ氏や元ミラン指揮官のクリスティアン・ブロッキ監督とタッグを組み、昨季はセリエCのジローネAで首位を独走。 その後、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断されると、イタリアサッカー連盟(FIGC)は6月8日に各ジローネ(A、B、C)の首位クラブのセリエB昇格を発表。これにより1年でのセリエB昇格が決定した。 なお既報によれば、今回の移籍に関してはベルルスコーニ氏との関係に加え、ボアテング本人のミラノに在住する家族との時間を増やしたいという意向が強く反映されており、ミラノからおよそ20kmの距離にあるモンツァなら家族との同居も可能となる。 2020.09.29 03:01 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルが打ち合い制して今季初白星! コンテ監督、3失点の守りに「バランスが重要」

インテルのアントニオ・コンテ監督が4得点の攻撃面に手応えを口にしつつ、3失点の守備面に改善の必要性を説いた。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは26日に行われたセリエA第2節でフィオレンティーナと対戦。2-3で迎えた後半終盤にFWロメル・ルカクとDFダニーロ・ダンブロージオが立て続けにゴールネットを揺らして、4-3の逆転勝利を収めた。 先制を許す苦しい展開から見事に打ち合いを制して、今季初勝利を掴み取ったコンテ監督は試合後、攻撃面を評価。今後に向けて、守備面の修正が必要だとの認識を示した。 「選手交代が利益をもたらした。満足しているよ。選手たちもそう認識している。長くて大変なシーズンになるだろうから、誰しもに出番が回ってくる可能性があり、全員が必要になってくる」 「3ポイントは非常に重要だ。多くのチャンスがあり、4ゴールを奪う方法を見つけた。それはポジティブな一面だが、それと同時に3失点もしてはいけない。チームは同点に追いつく前にも攻撃に転じていた。我々の迫力ある攻撃がフィオレンティーナに深刻な問題を与えた」 「だが、攻撃時はバランスも意識しなければいけない。この点については注意が散漫だったから、改善の必要がある。高いレベルでリーグを戦いたいのであれば、バランスが全ての基本だ。今日の我々は新たな守り方を試したが、チーム全体で正しい守備をしなければいけない」 「インテルは昨季の戦いを経て、国際的な面でも評価を高め、相応しいレベルまで戻った。結果の先には道があり、選手がメンタル面で成長していく姿を目の当たりにするのは監督にとって大切なこと。選手たちは欲望とプライドを示してくれた。これからもファンを喜ばせるためにこの道を歩み続けたい」 2020.09.27 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤の劇的2発でフィオレンティーナとの白熱シーソーゲームを制したインテルが白星スタート!《セリエA》

インテルは26日、セリエA第2節でフィオレンティーナをホームに迎え、4-3で勝利した。 ユベントスとスクデット争いを展開することが期待されるインテルは、8月にヨーロッパリーグを戦っていた影響で1週間、開幕が遅くなった中、新戦力のハキミはベンチスタートとなり、コラロフとバイエルンから復帰したペリシッチが先発となった。 トリノ相手にウノゼロの白星スタートを切ったフィオレンティーナに対し、昨季同様[3-5-2]で臨んだインテルは2トップにルカクとL・マルティネス、右にヤング、左にペリシッチ、3バックの中央にバストーニを据えた。 そのインテルは開始3分に失点する。左サイドからビラギの上げたクロスをクアメに落とされ、ボナヴェントゥーラのリターンパスをクアメに押し込まれた。 失点を受けて前がかるインテルは17分にもピンチ。リベリのパスを受けたボックス右のクアメにシュートに持ち込まれたが、GKハンダノビッチがセーブした。 すると18分にはL・マルティネスがPKを獲得しかけたが、VARの末にファウルはなかったとして無効となった。 その後もインテルがポゼッションする展開で推移した中、フィオレンティーナの守備を崩せずに苦戦していたが、追加タイム2分に追いついた。カウンターの流れからバレッラが持ち上がり、ボックス手前左のL・マルティネスへパス。L・マルティネスはゴール右上にシュートを突き刺した。 1-1で迎えた後半、52分にインテルが逆転に成功する。エリクセンの浮き球パスをボックス左で受けたL・マルティネスが右足を振り抜くと、チェッケリーニの足に当たってディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 しかし57分、リベリのラストパスを受けたボックス左のカストロヴィッリにゴールを許し、試合は振り出しに。 さらに64分、リベリの絶妙なロングスルーパスでボックス内に侵入したキエーザにゴールを許し、2-3とされてしまう。 再び追う展開となったインテルはハキミとセンシを投入。するとルカクに決定機が2度訪れるも決めきれず、73分にはバレッラのミドルシュートが枠を捉えたが、GKドラゴウスキの好守に阻まれてしまう。 そしてビダル、ナインゴラン、サンチェスを投入したインテルが終盤にかけて攻勢に出ると、88分に追いついた。サンチェスのフィードをボックス右に走り込んだハキミがダイレクトで折り返すと、ルカクが蹴り込んだ。 さらに1分後、インテルに劇的な勝ち越しゴールが生まれる。左CKからサンチェスがクロスを上げると、ファーサイドのダンブロージオがヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってインテルが劇的勝利。フィオレンティーナとの白熱のシーソーゲームを制して白星スタートとしている。 2020.09.27 05:43 Sun
twitterfacebook
thumb

K・P・ボアテングがセリエB昇格のモンツァ移籍へ! オーナーは元ミランのベルルスコーニ

元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(33)が、セリエBに昇格したモンツァに移籍する見込みだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ヘルタ・ベルリンでプロキャリアをスタートしたボアテングは、これまでトッテナムやドルトムント、シャルケ、フランクフルト、バルセロナなど、ヨーロッパ各国のクラブを渡り歩いてきた。 昨年夏にはフィオレンティーナへ加入も、今年1月に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍。現在はフィオレンティーナへレンタルバックしているものの、先日にスポーツ・ディレクターを務めるダニエレ・プラデ氏は、「ケヴィン・プリンスは昨シーズンのプレーヤーの中で唯一、我々のプランに100%フィットしないプレーヤーだ」と、構想外を言い渡していた。 今夏に新天地を求めることが確実となっていた中、元ガーナ代表MFはミラン在籍時に会長を務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が所有するモンツァを移籍先に選択。すでにクラブ間、個人間でも合意に至っており、今週末までに移籍が完了する見込みだという。 今回の移籍に関してはベルルスコーニ氏との関係に加え、ボアテング本人のミラノに在住する家族との時間を増やしたいという意向が強く反映されているという。なお、モンツァとミラノはおよそ20kmの距離にあり、家族との同居も可能だ。 ボアテングはジェノア、ミラン、サッスオーロ、フィオレンティーナに続く、自身5つ目のイタリアのクラブをセリエA昇格に導けるか。 2020.09.24 19:22 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル退団のボルハ・バレロがヴィオラに3年ぶりの復帰! 背番号は「6」に!

フィオレンティーナは16日、元スペイン代表MFボルハ・バレロ(35)の復帰を発表した。背番号は「6」に決定。契約期間に関する言及はないが、1年契約となる見込みだ。 レアル・マドリーのカンテラ出身のボルハ・バレロは、これまでマジョルカ、WBA、ビジャレアルでプレー。 その後、2017年夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したボルハ・バレロは、3シーズンで公式戦100試合に出場。アントニオ・コンテ監督が就任した昨シーズンは出場機会を減らし、セリエAでは19試合にとどまった。そして、3年契約の満了に伴い、クラブを退団しフリーの状況となっていた。 なお、2012年から2017年まで過ごしたフィオレンティーナでは背番号「20」を背負い、公式戦212試合に出場し、17ゴール45アシストを記録。中盤の絶対的な主力として活躍していた。 2020.09.16 20:05 Wed
twitterfacebook