元日本代表FW大黒将志が栃木と双方合意の下で契約解除、今季は選手登録されず

2020.06.26 12:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは26日、元日本代表FW大黒将志(40)との契約解除を発表した。

大黒はガンバ大阪の下部組織出身で、1999年にトップチーム昇格。北海道コンサドーレ札幌へのレンタル移籍を途中経験すると、2005年にはフランスのグルノーブルへ移籍。その後、セリエAのトリノでもプレーした。

2008年に東京ヴェルディに移籍しJリーグへ復帰すると、横浜FC、FC東京、横浜F・マリノス、中国の杭州緑城、京都サンガF.C.、モンテディオ山形を経て、2018年に栃木へと加入していた。

栃木では、加入1年目にJ2リーグで40試合に出場し12得点を記録。昨シーズンは29試合で6得点を記録していた。

今シーズンはこれまで選手登録がされていなかった大黒だが、クラブと選手合意のもとでの契約解除となった。
コメント
関連ニュース
thumb

栃木が今季柏ユースから昇格したDF井出敬大の加入を発表

栃木SCは26日、柏レイソルのDF井出敬大(18)の加入を発表した。 井出は、柏の下部組織出身。U-15、U-18とステップアップし、今シーズンからトップチームへと昇格していた。 井出は栃木を通じて、加入のコメントを寄せている。 「栃木SCに関わる全てのみなさん、初めまして、井出敬大です。まず、このクラブでプレーできることに感謝し、1人のプロサッカー選手として、そして1人の人間として、必ず成長したいと思います」 「ここまで僕の成長を支えてくれた両親やコーチたちに恩返しできるよう、1日でも早くピッチに立ち、チームの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 2020.06.27 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木SC、FW本庄竜大が21歳で現役引退 「この経験は一生の財産です」

栃木SCは31日、FW本庄竜大(21)の退団および現役引退を発表した。 栃木県宇都宮市出身の本庄は、栃木SCジュニアユース、ユースを経て2018年にトップチームへ昇格。しかし、トップチームでの公式戦の出場はなく、ブランデュー弘前FC、東京ユナイテッドFCへの育成型期限付き移籍を経験。 今年2月には東北社会人サッカーリーグ1部に所属するコバルトーレ女川へ再び育成型期限付き移籍をしていた。 本庄は、約10年間を過ごした栃木のクラブ公式サイトを通じて、クラブ関係者および多くの方々へ向けた感謝の言葉を述べている。 「この度、諸事情により栃木 SCを退団し、現役引退をする事になりました。栃木SCには約10年間お世話になり、僕をここまで育ててくれた栃木SC関係者の皆さんにはとても感謝しています。また、期限付き移籍でお世話になったブランデュー弘前、東京ユナイテッドFC、コバルトーレ女川の関係者の皆さんや、小さい頃からお世話になったサウスFC、TEAMリフレSCの関係者の皆さんにも感謝しています」 「本当にサッカーに出会えてよかったと心から思っていると同時に、この経験は一生の財産です。これからはサッカーはできませんがまだまだ僕も若いし、何かを成し遂げたい意欲がとても強いので、新たな目標に向かって進み続けて、将来は直接的でも間接的でもいいので栃木SCに恩返しができたらと思っています」 「この経験を無駄にすることなく、もっともっとチャレンジして失敗して、謙虚さや思いやりのある大人になりたいと思います。大切な人を失うと二度と戻って来ることはありません。後悔しないよう生きていきたいです。最後になりますが、皆さん僕なんかよりも大変な思いをしている時期だと思いますが、このような報告になってしまい申し訳ありません。本当に皆さんお世話になり、ありがとうございます」 2020.05.31 16:24 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木GK川田修平に第一子が誕生「この状況に決して負けず、家族と一緒に成長したい」

栃木SCは24日、GK川田修平(26)に第一子が誕生したことを発表した。 川田はクラブ公式サイトを通じて待望の第一子誕生の喜びを伝えている。 「この度、私事ではありますが第一子が誕生いたしました。父親として我が子を守り、共に様々なことを経験し、そして我が子から沢山のことを教わりながら、この状況に決して負けず、家族と一緒に成長していけるようより一層頑張ります」 大宮アルディージャから2017年に栃木へ完全移籍で加入した川田は、昨シーズンの明治安田生命J2リーグでキャリアハイの9試合に出場していた。 2020.05.24 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木が活動自粛期間を延長…再開時期は状況を鑑みて検討

栃木SCは20日、新型コロナウイルスの感染予防および拡散防止として、トップチームの活動自粛期間延長を発表した。 新たな活動自粛期間はさらなる変更の可能性こそあるものの、5月6日まで。当初は22日までを予定している状況だった。 なお、5月7日以降の活動は政府の見解や自治体の要請内容、感染症の発生状況などを鑑みて対応を検討。変更の場合も決定次第、告知していくという。 2020.04.20 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

栃木FW本庄竜大が東北1部のコバルト―レ女川へ武者修行

栃木SCは27日、FW本庄竜大(20)が東北社会人サッカーリーグ1部のコバルト―レ女川へ育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2021年1月31日までとなる。 ジュニアユース時代から栃木の下部組織でプレーしてきた本庄は、2018年にトップチーム昇格。2018シーズンには東北1部リーグのブランデュー弘前FC、昨シーズンは関東1部リーグの東京ユナイテッドFCに期限付き移籍していた。 コバルト―レ女川へ移籍することが決まった本庄は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、コバルトーレ女川に移籍することに決まりました。チームの目標であるJFL昇格の為に頑張ります。プレーするチームは変わりますが、引き続き応援して頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします」 2020.02.27 13:10 Thu
twitterfacebook