モナコ、今季限りでの退団選手発表! ベナーリオに、主砲スリマニ&バカヨコらレンタル組も…

2020.06.25 13:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコは24日、新シーズンに向けたチーム始動に先駆けて今シーズン限りで退団する数名の選手を公表した。6月30日付けで契約終了になる選手では、GKのポジションで元クロアチア代表GKダニエル・スバシッチ(35)、元スイス代表GKディエゴ・ベナーリオ(36)、セネガル代表GKセイドゥ・シー(24)の3選手が退団となった。



今月初めに退団がアナウンスされていたスバシッチは2012年1月に加入し、2012-13シーズンのリーグ・ドゥ優勝、2016-17シーズンのリーグ・アン制覇に貢献するなど、公式戦292試合に出場。ただ、今シーズンは昨夏に加入したフランス代表GKバンジャマン・ルコントに守護神の座を奪われ、リーグ戦の出場はなかった。

一方、2017年にヴォルフスブルクから加入したベナーリオは、在籍3年間で公式戦39試合に出場していた。また、前線ではクラブ生え抜きのU-20フランス代表FWムサ・シラ(20)が契約満了。クラブ通算34試合4ゴールの数字を残していた。

さらに、今回のリリースでは契約満了選手と共にレスター・シティから1年間のレンタル移籍で加入していたアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)と元ポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(31)の2選手、同じくチェルシーからレンタル移籍で復帰していたフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(25)の退団も明かされている。

スリマニはフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルとの好連係からリーグ・アン18試合で9ゴール7アシスト、シウバは中盤の主力としてリーグ・アン22試合に出場。一方、財政面の問題により買い取りオプション行使を見送る形となったバカヨコはリーグ・アン20試合1ゴール2アシストの数字を残していた。

関連ニュース
thumb

ニューベルがバイエルン脱出へ「あそこに戻っても意味がない」

モナコにレンタル中のドイツ人GKアレクサンダー・ニューベル(25)にバイエルンに戻るつもりはないようだ。 2020年夏にシャルケからバイエルンに移籍したニューベル。守護神マヌエル・ノイアーの後輩ということもあり、大きな期待がかけられたが、そのノイアーの分厚い壁に阻まれ、ほとんど出番を回ってこない状況だ。 そこで昨夏からモナコにレンタル。すると昨季は正GKとして公式戦49試合に出場。レンタル2年目の今季も全試合に出場しており、試合に出られる喜びを噛み締めている様子だ。 そんな中、『Get French Football News』のインタビューに応じた25歳は、バイエルンに戻る意向が現状ではないことを確認。モナコを含めて選択肢は豊富にあると、移籍を示唆した。 「マヌエルがまだそこにいて、契約が2024年まで残っている限り、僕にとって戻るのは意味のないことだ。25歳の僕にとっては2番手や他の役割は論外なんだ」 「トップレベルでプレーするための選択肢はたくさんある。全てがオープンだ。もちろんモナコもその一つだよ」 2022.09.29 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「やっと…」ついに初ゴールを決めた南野拓実が勝利とゴールを喜ぶ「さらに良い状態になることを願っています」

モナコの日本代表MF南野拓実が、スタッド・ランス戦の勝利とゴールを喜んだ。 18日、リーグ・アン第8節でモナコはスタッド・ランスとアウェイで対戦した。 南野はこの試合もベンチスタート。一方のスタッド・ランスは日本代表MF伊東純也が先発出場した。 試合は互いに譲らない展開の中、スタッド・ランスはまたしても前半に退場者が。一方のモナコは、数的優位になったにも関わらず、攻撃が上手くいかない。 それでも47分に一瞬の隙を突いてアレクサンドル・ゴロビンがネットを揺らし先制。すると、65分にそのゴロビンに代わって南野が投入される。 この日の南野は、裏への抜け出しなど良い動きをするも周りと合わず。それでも、シンプルなプレーを繰り返し、チームの攻撃が回りだすと87分、ブリール・エンボロからの展開を受けた南野がGKとの一対一を制して移籍後初ゴール。さらに、90分には南野がウィサム・ベン・イェデルの今季初ゴールをアシスト。0-3で快勝した。 CKから既に1アシストは記録していたが、待望のゴールにはアウェイに訪れたファンも歓喜爆発。チームメイトも南野のゴールを祝福するなど、ついにスタートを切った感があった。 試合後、南野は喜びを見せるとスタンドのファンへユニフォームをプレゼント。そして勝利とゴールを喜んだ。 「勝てて嬉しいです。もちろん得点できたことも嬉しいです。やっとです」 「サッカーでは全てが可能です。これが引き金となって、さらに良い状態になることを願っています」 <span class="paragraph-title">【動画】喜ぶ南野が試合後にユニフォームをプレゼント&歓喜のコメント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">️ La réaction de <a href="https://twitter.com/takumina0116?ref_src=twsrc%5Etfw">@takumina0116</a> après cette victoire et son premier but sous les couleurs monégasques<br><br>‣ 0-3 <a href="https://twitter.com/hashtag/SDRASM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SDRASM</a> <a href="https://t.co/i1LPTpjA8P">pic.twitter.com/i1LPTpjA8P</a></p>&mdash; AS Monaco (@AS_Monaco) <a href="https://twitter.com/AS_Monaco/status/1571503268660121600?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実がモナコ初ゴールをしっかり決める!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFOFpyc29NVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.09.19 11:58 Mon
twitterfacebook
thumb

「もっと、もっと」モナコ指揮官が初ゴールとアシストで勝利貢献の南野拓実に言及「より成長できるだろう」

モナコのフィリップ・クレメント監督が、初ゴールを記録し勝利に貢献した日本代表MF南野拓実について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、リーグ・アン第8節でモナコはスタッド・ランスとアウェイで対戦した。 南野はこの試合もベンチスタート。一方のスタッド・ランスは日本代表MF伊東純也が先発出場した。 試合は互いに譲らない展開の中、スタッド・ランスはまたしても前半に退場者が。偶発的とはいえ、危険な行為としてブラドレイ・ロコが退場。およそ70分間を10名で戦うこととなった。 一方のモナコは、数的優位になったにも関わらず、攻撃が上手くいかない。今季の難しさを示すような展開となったが47分に一瞬の隙を突いてアレクサンドル・ゴロビンがネットを揺らし先制する。 畳みかけたいモナコだったがチームはうまくまわらず、65分に南野を投入。すると87分、ブリール・エンボロからの展開を受けた南野がGKとの一対一を制して移籍後初ゴール。さらに、90分には南野がウィサム・ベン・イェデルの今季初ゴールをアシスト。0-3で快勝した。 これでリーグ戦3連勝としたモナコ。クレメント監督は初ゴール、そしてアシストで勝利に貢献した南野について言及した。 「もっと、もっとと感じている。まだまだ、他の攻撃的な選手との繋がりを作っていかなければいけない」 「攻撃的な要素よりも、守備的な選手が新しいクラブに来ることは常に簡単なことだ」 「彼らにとって、オートマティックになるように構築するのは時間がかかる」 「我々は長期的に彼に投資しているのだから、これから数カ月でより成長できるだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実、巧さを見せた移籍後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFOFpyc29NVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.09.19 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

南野が伊東との直接対決で1G1Aの躍動! オナイウは途中出場も見せ場なし【リーグ・アン日本人選手】

リーグ・アン第8節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 今節ではスタッド・ランスvsモナコで短い時間ながらも伊東と南野の日本人対決が実現した。開幕から苦戦が続くホームのランスでは伊東が引き続きスタメン起用となったが、チームは前半半ばにロッコが一発退場となり、いきなり数的不利を背負った。その中で個での局面打開が期待された伊東は右サイドで幾度となく突破するシーンを見せるが、決定機を演出するまでには至らず。 その後、試合はアウェイのモナコが後半立ち上がりにゴロビンのゴールで先制に成功。畳みかけるアウェイチームは、65分にジェウソン・マルティンスと共に南野を投入。加入以降、低調なパフォーマンスを批判され続けてきた日本代表FWだが、この試合ではその批判を払しょくする活躍を披露。1点リードの試合終盤の87分にエンボロからの完璧なスルーパスに抜け出すと、冷静にGKとの一対一を制して待望のリーグ・アン初ゴールを記録。さらに、直後にはベン・イェデルの3点目もアシストし、チームの3-0の勝利に大きく貢献した。一方、伊東はフル出場も悔しい連敗となった。 また、オナイウはリールとのアウェイゲームで1-2のビハインドで迎えた後半の76分から出場。攻撃の活性化を期待されて右サイドに入ったものの、攻撃力を売りとする対面のDFイスマイリに押し込まれる場面が多く攻撃面ではほぼ見せ場を作れず。試合終盤にセットプレーの局面ではフリーでクロスに飛び込む場面もあったが、味方との呼吸が合わずにフィニッシュまで持ち込めなかった。そのため、決定機を逸した前節に続き消化不良の形で試合を終えている。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽9/17 モンペリエ 2-1 ストラスブール ◆負傷の影響でベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽9/17 リール 2-1 トゥールーズ ◆76分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽9/18 スタッド・ランス 0-3 モナコ ◆先発フル出場 ★南野拓実[モナコ] ▽9/18 スタッド・ランス 0-3 モナコ ◆65分から途中出場し、1ゴール1アシスト 2022.09.19 06:15 Mon
twitterfacebook
thumb

南野拓実が移籍後初ゴール&ダメ押しアシスト! 伊東純也との日本人対決をモナコが制する《リーグ・アン》

18日、リーグ・アン第8節のスタッド・ランスvsモナコが行われ、0-3でモナコが勝利した。 スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也は2トップの一角で先発出場。モナコの日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなった。 16位のスタッド・ランスと9位のモナコの一戦。まずはスタッド・ランスが攻め込んでいく。 開始4分、スタッド・ランスはチャンス。伊東からのパスを受けたバログンがボックス内右を攻めるが、ブロック。それでも相手のパスを拾ったゼネリが運び出してシュート。しかし、GKがキャッチする。 さらに7分にもモナコがボールを失うと、拾ったバログンがロングシュート。しかし、これは枠を越えて行ってしまう。 するとモナコにアクシデント。11分にルベン・アギラールが下がり、ヴァンデウソンが入った。 そのモナコは21分、スルーパスに反応したエンボロがシュートに行くもセーブされると、こぼれ球をマイナスのパス。ベン・イェデルが狙うも、GKディウフがスーパーセーブで防ぐ。 するとその流れからのプレーでスタッド・ランスにまさかの事態。前線へロングフィードを送ったロッコが、ブロックに入ったエンボロにファウル。蹴った足の着地がエンボロの踵を踏む形となり、故意のプレーではないものの一発退場処分。スタッド・ランスは8試合中5試合で退場者を出すこととなった。 伊東は右サイドで幅を取り、タイミングを見て得意のドリブルで突破を試みる。何度か突破を見せるが、決定機までは作れない。 ゴールレスで後半を迎えた中、数的不利なスタッド・ランスはゼネリを下げて、ディアキテを起用。それに伴い、伊東はポジションを変え、[4-4-1]の左サイドに入る。なお、モナコもマタゾを下げて、カマラを投入する。 するとモナコは47分にいきなりスコアを動かす。ディザジが運びながらバイタルエリアで浮き球のクロス。これに対し、フリーのゴロビンがファーサイドでヘッド。これが決まり、モナコが先制する。 そのモナコは53分、ボックス手前左からカマラがミドルシュート。これがゴール右を襲うが、GKディウフがなんとかセーブする。 スタッド・ランスは、ブシが負傷でピッチを後にしており、54分にカユステを投入。伊東はまた右サイドに戻ることとなった。 すると61分、スタッド・ランスは右CKを獲得。伊東がクロスを送ると、ニアサイドでアグバドゥがヘッド。これはクロスバーに嫌われると、バログンが跳ね返りを頭で押し込むが、オフサイドを取られてゴールは認められない。 モナコは64分にビッグチャンス。上手くスルーパスに抜けたベン・イェデルがフリーのままボックス内でシュート。しかし、GKディウフが好セーブを見せる。 1点をリードしているモナコは、65分に先制ゴールのゴロビン、アクリウシェを下げて南野、ジェウソン・マルティンスを投入する。 その南野は69分に味方のパスカットからフリーでパスを受けて運び出すが、すぐに相手DFに対応されてボールロスト。攻撃の芽を積まれてしまう。 スタッド・ランスは74分、右サイドを伊東が突破。切り返しで相手を振り切り中にカットイン。マイナスのパスをグラヴィジョンがダイレクトシュートも、枠をわずかに越えていく。 南野はゲームの組み立てに参加し、モナコにリズムが生まれると87分にその時がやってきた。縦パスを受けたエンボロが前線のスペースへパス。これをフリーで受けた南野が持ち出し、落ち着いてGKとの一対一を沈めてリーグ・アン初ゴール。モナコがリードを広げる。 ついにゴールを決めた南野は90分、自陣からドリブルで持ち出し前線のベン・イェデルへロングボール。すると、ベン・イェデルがしっかりと蹴り込み初ゴール。モナコはリードを3点に広げた。 アディショナルタイムにも南野はロングボールに抜け出したが、これはシュートを打てず。それでもモナコは南野の活躍もあり、0-3でスタッド・ランスを下した。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実、巧さを見せた移籍後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YqpYRBVWNGM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.18 21:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly