シント=トロイデンで奮闘の鈴木優磨が目標を語る「いつか5大リーグで」

2020.06.19 20:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンのFW鈴木優磨が今後の目標を語った。ベルギー『Het Belang van Limburg』の情報をもとに、『Voetbal Belgie』が伝えている。

2019年夏に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと完全移籍した鈴木は、右ハムストリング筋損傷で早々に離脱。しかし、復帰した後は主力として活躍し、海外初挑戦となったシーズンは公式戦25試合に出場し7ゴールを記録していた。

シント=トロイデンには、日本代表GKシュミット・ダニエル(←ベガルタ仙台)、DF松原后(←清水エスパルス)、FW伊藤達哉(←ハンブルガーSV)と日本人選手も多く在籍する一方で、昨シーズン在籍していた日本代表FW鎌田大地がフランクフルトに復帰、日本代表DF冨安健洋がセリエAのボローニャへ、日本代表MF遠藤航がシュツットガルトへと移籍している。

鈴木は、自身の目標を鎌田や冨安、遠藤と同様に他クラブへ飛躍することに設定し、彼らに続くことを目標としているようだ。

「ベルギーリーグをリスペクトしているけど、もっと上を目指しています」

「鎌田大地のようなプロジェクトにサインするか? 自分を他の人と比較したくはないです。いつかヨーロッパの5大リーグのどこかでプレーしたいと思っています。だから、ブンデスリーガに限定することはしません」

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、シーズン途中で打ち切りに。来シーズンは鈴木がさらなる飛躍を遂げられるかに注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

マジョルカ久保建英、今季4ゴール目に「すごく嬉しい」 次節セビージャ戦に意気込み

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英がチームのラ・リーガ残留に向けた戦いに集中した。クラブ公式サイトが伝えている。 残留圏17位と6ポイント差の降格圏18位に沈むマジョルカ。残留に勝ち点3が是が非でも必要のなか、9日に本拠地で行われた第35節で12位レバンテを迎え撃った。 <div id="cws_ad">◆久保建英もゴール!マジョルカvsレバンテ<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0hzswsez2y11dmnwd2skowke" async></script></div> 11試合連続の先発出場となる久保を右サイドハーフに起用したマジョルカは1点リードで後半を迎えるが、レバンテにペースを握られる展開を強いられてしまう。 しかし、1-0で迎えた84分、味方のシュートが相手GKに弾かれると、久保がこぼれ球を左足でプッシュ。8試合ぶりの今季4点目で貴重な追加点をもたらした。 86分にお役御免で久保をベンチに下げたマジョルカは2-0でレバンテを下して、2試合ぶりの白星。残留に望みを繋いだ。 久保は試合後、「ゴールを決められて、すごく嬉しいです。結果は自分たちが追い求めているもので、チームにも満足しています。思い通りの試合ができていて、常に信じる気持ちを持っています。この調子を続けていかないといけないです」と語った。 そのマジョルカの次節は12日に行われ、4位セビージャとのアウェイ戦。マジョルカの攻撃を牽引する久保は「相手に臆せず、追い詰めていきたいです。うまくいけば、(サンチェス・)ピスファンでも3ポイントを手に入れられると思います」と意気込んだ。 2020.07.10 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のエイバル、降格圏のレガネスとゴールレスドロー《ラ・リーガ》

エイバルは9日、ラ・リーガ第35節でレガネスをホームに迎え、0-0で引き分けた。エイバルのMF乾貴士は62分からプレーしている。 前節セビージャ戦を落とし、残留圏内ぎりぎりに位置する17位エイバル(勝ち点35)は、セビージャ戦で先発した乾がベンチスタートとなった。 降格圏に位置する19位レガネス(勝ち点28)に対し、互角の攻防で推移したエイバルは、16分にキケ・ガルシアがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 しかし、枠内シュートはこの1本のみに終わり、前半は目立ったチャンスを作れずに後半へ折り返した。 迎えた後半も一進一退の攻防が続いた中、エイバルは62分に乾ら3選手を投入する。乾が左サイドに入った中、圧力を強めたエイバルだったが、徐々に守勢に回った。 そして終盤にかけては引き分けでも悪くないエイバルが守備に徹してゴールレスドロー。勝ち点1を加え、残留に一歩近づいた。 2020.07.10 04:36 Fri
twitterfacebook
thumb

久保が今季4ゴール目!マジョルカが逆転残留へ大きな勝利《ラ・リーガ》

マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテをホームに迎え、2-0で勝利した。マジョルカのMF久保建英は86分までプレーし、今季4ゴール目を挙げた。 前節アトレティコ・マドリーに完敗し、残留圏内のエイバルと6ポイント差の降格圏に位置する18位マジョルカ(勝ち点29)は、久保が引き続き[4-2-3-1]の右MFで先発となった。 12位レバンテ(勝ち点43)に対し、立ち上がりから仕掛けたマジョルカは3分、久保のクロスからクチョ・エルナンデスがヘディングシュートを浴びせた。 そして30分にはボックス手前右から久保が強烈なミドルシュートを浴びせ、GKを強襲。すると40分にマジョルカが先制する。右サイドからのポソのクロスにクチョ・エルナンデスがヘッドで押し込んだ。 マジョルカが1点をリードして迎えた後半、レバンテの攻撃を受け止めて時間を進めていく。 そして終盤の84分、久保にゴールが生まれる。ハーフラインからドリブルを開始した久保が、ボックス右まで持ち上がり右足のシュートでGKを強襲。二次攻撃でセビージャのシュートのルーズボールを久保が左足で押し込んだ。 久保の今季4ゴール目で勝勢となったマジョルカは、そのまま2-0でシャットアウト勝利。残留圏内の暫定17位アラベスに3ポイント差としている。 2020.07.10 04:32 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安ボローニャのミハイロビッチと吉田サンプのラニエリが次節ベンチ入り禁止

セリエA懲戒委員会は9日、DF冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督と、DF吉田麻也の所属するサンプドリアのクラウディオ・ラニエリ監督が次節ベンチ入り禁止となることを発表した。 ミハイロビッチ監督は8日に行われたセリエA第31節サッスオーロ戦で、82分にDFミシェル・ダイクスに対して出されたイエローカードを巡って主審に抗議し、一発レッドカードを提示されていた。退席する際に主審へ暴言を吐いていたミハイロビッチ監督には1万5000ユーロ(約180万円)の罰金も科されている。ボローニャは次節、パルマとの中位対決を戦う。 また、ラニエリ監督は8日に行われたセリエA第31節アタランタ戦で、66分に2枚目のイエローカードを受けて退席していた。サンプドリアは次節、ウディネーゼとの残留争いに臨むが、指揮官不在となる。 2020.07.10 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「すぐに手を挙げた」シント=トロイデンCEOがガンバ大阪からレンタルのFW中村敬斗の獲得経緯を明かす

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンは9日、2020-21シーズンに向けた新ユニフォーム発表会見を行った。 会見はオンラインで行われ、クラブのCEOを務める立石敬之氏らが出席。その中で、ガンバ大阪からのレンタル移籍が発表されたFW中村敬斗についての質問が出た。 中村の獲得経緯と、日本人選手のステップアップの足掛かりとなていることについて立石CEOが回答。中村は予てから狙っていたとし、トゥベンテが手放すとわかりすぐに手を挙げたと経緯を明かした。 「冨安健洋(ボローニャ)、遠藤航(シュツットガルト)、鎌田大地(フランクフルト)が各地で活躍しています。ベルギーリーグが5大リーグに比べてレベルが下がるのではとお声を頂いていますが、日本人選手が最初にヨーロッパに挑戦するということを考えると、最初のステップをしっかりしなければ、日本にとんぼ返りするというケースをいくつも見てきました」 「彼らのサポート、教育を意識づけをする中で、十分な準備をして、その後にドイツやイタリアなどへ戦場を変えていっています」 「中村敬斗に関しては、彼自身を高校時代からよく知っています。そんなに不安はありません。彼のメンタリティ、スキルには疑問はありませんが、まだフィジカル面などには不安もあります。ポテンシャルは先ほど名前を出した3人とも変わらないですし、オランダリーグの経験もあります」 「トゥベンテでの活躍もあったものの、新型コロナウイルスの影響でオランダリーグは非常に大きな影響を受けています。オランダリーグは放映権料よりも、入場者数と飲食で賄っている部分が多いため、収益バランスが無観客試合になると影響が大きく出るリーグです。経済的なダメージが非常に大きかった。そのため、中村を保持できなかったと思います」 「我々は予てから興味を持っていたので、すぐに手を挙げさせていただきました」 2020.07.09 22:10 Thu
twitterfacebook