ジダンがベイルとの関係悪化の報道に待った「彼との関係はずっと良好」

2020.06.18 17:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブのウェールズ代表FWガレス・ベイルとの関係について語った。スペイン『マルカ』が報じている。今シーズンここまでリーグ戦15試合2ゴールと、目立った活躍を見せることができていないベイル。リーグ戦再開後初戦となったエイバル戦では、後半から途中出場したものの、何もできないまま試合を終えていた。

ジダンとベイルの関係は2017-2018シーズンのキエフで行われたリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)で、ベイルがベンチスタートとなった際、関係悪化が最高潮のレベルに達し、それ以来修復不可能なほど冷え切っていると言われている。

しかし、18日に行われるバレンシア戦の前日会見にて、ベイルとの関係について問われたジダン監督は、同選手との関係は良好であると述べた。

「(彼との関係は)今までと同じだ」

「彼は試合でプレーできてハッピーだったが、背中に痛みがあった。だからまだ本調子でないように見えたんだろう」

「彼との関係はずっと良好だ。試合に出ていないと私と彼の関係が悪いように思うかもしれないが、我々はどんな選手か知っているし、今まで何を成し遂げてきたかも知っている」

「キエフでも何も起きていない」

「私はベイルが今までやってきたことをリスペクトしているが、あなた方メディアがベイルについて何を書こうとそれをコントロールすることはできない。しかし彼との関係はいたって普通だ」
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン、ヴィニシウスとの軋轢が生じたベンゼマを擁護「ピッチ上では良く起こること」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに対する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの行為はよくあることだと擁護した。クラブ公式サイトが伝えている。 ベンゼマは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のボルシアMG戦のハーフタイム中に、フランス代表DFフェルラン・メンディに対して「ヴィニシウスを相手にするな」と耳打ちしている映像がフランス『Telefoot』に収められていた。周囲とのリンクアップで輝きを放つベンゼマにとって、独力で打開を試みようとするプレーが多いヴィニシウスに憤りを感じていたようだ。 その後のトレーニングで両者が和解したとも報じられている中、31日に行われるラ・リーガ第8節のウエスカ戦の試合前会見に出席したジダン監督は、こうした確執は「常に起こる」とベンゼマを擁護。選手たちが話し合うことが重要だと語った。 「それはもう済んだ話。重要なのは選手同士の対話だ。問題ないよ。ピッチの上ではよくあることで、最後には丸く収まるものだ。我々は他のことにエネルギーを使いたい」 「この種の問題が起こるのは良いことだ。我々が生きているという証拠だからね。彼らは会話をしただけ。全てが完璧だ。皆よくトレーニングをしているし、大切なのはそのエネルギーを明日の試合にぶつけることだ」 「こういったことは常にピッチで起こりうることで、熱くなっていれば別の誰かが別の誰かに当たってしまうこともあるだろう。だからベンゼマのイメージが悪くなるとは思わない。私も言われたことがあるしね」 「問題を起こそうとして言っているのではなく、普通に起こることで自然なこと。大事なのは選手同士で話し合い、翌日には解決していることだ」 「国民やマスコミがこういう事が好きなのはわかるが、これからもありうる事だと思う。それがこのチームの性格なのだ」 またウエスカに対しては、18位と下位に沈んでいるものの手強いチームだと話し、3日後に控えるチャンピオンズリーグのインテル戦に紛らわされることなく、目の前の一戦に集中するとコメントした。 「ウエスカは危険な相手。スペインに小さなチームは存在しない。競争力のある強力な相手だから我々もピッチで全てを出す必要がある。それこそがこのリーグをスペクタクルなものにしているのだ。これは決勝戦だと思って闘う。非常に重要な3ポイントであり、獲得するために努力をする」 「明日はファイナルだ。火曜日(11月3日)の試合について考えることはしない。我々のやるべきことは、その日その日を考えること。今日や明日以降のことは考えない。選手たちもわかっているよ」 2020.10.31 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

現役時代にマドリー行きを断っていたピレス氏、アーセナル移籍は「母からは猛反対された」

フランス代表のレジェンドであるロベール・ピレス氏が、スペイン『アス』の独占インタビューの中で現役時代の逸話を明かしている。 2015年にインドのゴアでのプレーを最後に現役生活に終止符を打ったピレス氏。2000年から6年過ごしたアーセナルでは、プレミアリーグ無敗優勝を成し遂げたインビンシブルの一員として神格化された存在にある。 現在もクラブのアンバサダーを務めるなど結びつきは強いが、実はアーセナル加入前は他の選択肢もあったという。インタビューの中でレアル・マドリーとユベントスからもオファーが来ていたことを明かした。 「マドリー、ユーベ、アーセナルという選択肢の中からひとつを選ばなければならなかった。かなり悩まされたけど同時に特権でもあった」 「マドリー移籍に迫っていたが、(アーセン)・ヴェンゲルが何度も何度も電話をかけてきて私の頭の中を侵食していくんだ。結果的にそれが私の心を動かしたんだけどね」 「だけど母にアーセナルへ行くと伝えると、スペイン出身の彼女は『本当に馬鹿な息子だね、英語なんてまともな喋れやしないのに。あんたにはスペインが最適だよ』と言われちゃったよ。誰もがマドリーにノーとは言えないと言ってたけど、私には言えた」 ピレス氏はその後、2006年にアーセナルを退団しビジャレアルに移籍。ここでも懐疑的な目が向けられていたようだ。 「ジャーナリストを含めてフランスの多くの人々が私に『正気か』と尋ねてきたよ。正直私もビジャレアルがどんなチームなのか、地図上のどこにあるのか知らなかった」 「でも素晴らしい選手たちがいて、(マヌエル・)ペジェグリーニのような偉大な指揮官に10人の幹部、そして素晴らしく熱心なファンがいた。私は4年間在籍したが、ヨーロッパのビッグクラブにあるようなプレッシャーがなくて心地良かったよ」 「ビジャレアルでプレーするためにマドリーを断ったんだろうね」 2020.10.31 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

名手トニ・クロースのレアル初ゴールは狙いすましたスナイプショット【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はドイツ代表MFトニ・クロースがレアル・マドリーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆名手クロースの狙いすました一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzdFBOb1o3VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バイエルンユース出身のクロースは、同クラブでプロデビュー。リーグ屈指のMFとして頭角を現すと、2014年夏にレアル・マドリーへ加入した。 抜群のパス精度で攻撃の起点となるクロースだが、時折見せる正確なシュートも持ち味であり、ここまで公式戦284試合に出場し、19ゴールをマーク。その記念すべきマドリー初ゴールは、2014年11月8日に行われたラ・リーガ第11節のラージョ・バジェカーノ戦で決めたゴールだった。 前半に2点のリードを奪ったマドリーだが、1点を返され2-1として迎えた55分、右サイドでボールを持ったFWクリスティアーノ・ロナウドが右サイドからボックス内に侵入。タッチが伸びながらも、中央にマイナスのパスを出す。このパスに後方から走り込んだクロースが合わせてダイレクトシュート。インサイドで丁寧に狙いすましたシュートはゴール右下の完璧なコースに決まり、見事なマドリー初ゴールとなった。 このゴールで点差を広げたマドリー。その後も得点を重ね、5-1で大勝している。 2020.10.31 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーが堅守のビルバオ相手に決めた破壊力抜群の速攻【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベンゼマがマドリーの鮮やかな速攻から作ったチャンスをフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1SzdFR0hOeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンユース出身のベンゼマは、同チームでストライカーとして頭角を現すと、2009年にレアル・マドリーへ加入。主力として活躍を続けている。 不動のセンターフォワードとして、決定的な仕事をやってのけるベンゼマだが、2014年10月5日に行われた、ラ・リーガ第7節のアスレティック・ビルバオ戦では、見事な連携からゴールを決めている。 堅守を誇るビルバオ相手に3-0と大きなリードを付けて迎えた69分、自陣でボールを受けたMFルカ・モドリッチが相手のプレスをかわして前を向くと、一気に攻撃のスイッチが入る。 モドリッチから裏へ走るFWクリスティアーノ・ロナウドにスルーパスが入ると、中央のベンゼマとFWガレス・ベイルも並走。ボックス内まで侵入したC・ロナウドが中へパスを送り、ゴール前で合わせたベンゼマが難なく沈め、あっという間の速攻から4点目を奪った。 その後マドリーはさらにリードを広げ、5-0の大勝を収めている。 2020.10.30 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第8節プレビュー】CL連戦続く中、強豪は下位との対戦に!

先週末に開催された第7節では、王者レアル・マドリーが全世界注目の“エル・クラシコ”を制した他、強豪クラブではアトレティコ・マドリーを除きセビージャ、ビジャレアルが勝ち点を取りこぼす一節となった。 チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の連戦が続く間に開催される今節は、ヨーロッパの戦いに参戦中の各クラブが比較的与しやすい相手と対戦する。 宿敵バルセロナを敵地で3-1のスコアで下したマドリーは、連勝を目指してFW岡崎慎司を擁する昇格組のウエスカをホームで迎え撃つ。前節のクラシコ戦では決勝点となったPKを巡る判定が物議を醸したが、後半に守備面の修正を図って盛り返すなど、勝利に相応しい内容だった。ただ、直近のCLではボルシアMG相手に試合終了間際のFWベンゼマ、MFカゼミロの連続ゴールで辛くも2-2のドローの持ち込む低調な戦いを見せており、王者の本領発揮にはまだまだ時間がかかりそうだ。 ここまでCL2戦未勝利という中、来週ミッドウィークにインテルとの重要なホームゲームを控えており、今回のウエスカ戦ではその一戦に万全の状態で臨むため、ある程度のターンオーバーが見込まれる。その中でMFモドリッチと共に、ボルシアMG戦で好パフォーマンスを見せたMFアザールのプレーに注目したい。今季ラ・リーガ初出場が期待される中で真価を示せるか。なお、王者相手に戦列復帰が期待された岡崎はすでに練習復帰しているものの、現地報道では欠場が濃厚だという。 一方、クラシコで敗れてラ・リーガ連敗のバルセロナは、27日にバルトメウ会長含むクラブ首脳が不信任投票を前に辞任するという重大な事案が発生した。ただ、その影響が危惧されたCLのユベントス戦では前会長と確執があったFWメッシが1ゴール1アシストを含む圧巻のパフォーマンスを披露すれば、同会長の置き土産となったMFペドリも17歳とは思えない異次元のパフォーマンスをみせ、クラシコ敗戦を払しょくする2-0の勝利を手にした。 その勢いに乗って連敗ストップを目指す今節はアラベスとのアウェイゲームに臨む。DFアラウホの負傷により、センターバックの選手層に問題を抱えているが、ユベントス戦を出場停止で欠場したDFピケが復帰するため、ひとまず大きな問題にはならないはずだ。今回の試合ではようやく本領発揮のメッシと共に、ペドリやFWアンス・ファティ、FWトリンコンといった若手アタッカー陣の活躍に期待したい。 バルセロナと同様にラ・リーガ連敗中のセビージャは敵地サン・マメスで難敵アスレティック・ビルバオと対戦する。直近のCLではスタッド・レンヌを攻守に圧倒してFWデ・ヨングのゴールで1-0の勝利を収めたが、再三の決定機を逃がしており得点力不足解消には至らず。そのため、リーグ屈指の守備陣を揃えるアスレティック相手に真価が試される。 また、直近ラ・リーガ連勝中のアトレティコはCLでもRBザルツブルクとの打ち合いを3-2で制し、復調の気配を漂わせる。直近3戦負けなしと好調を維持する曲者オサスナとの一戦では直近の公式戦2試合連発中のMFマルコス・ジョレンテのプレーに注目だ。 岡崎を除く日本人選手ではビジャレアルMF久保建英がバジャドリーとマンデーナイト開催の一戦、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁するエイバルがカディスとのフライデーナイト開催の一戦に臨む。 直近の公式戦3試合連続スタメン出場中の久保は、前節のカディス戦では精彩を欠いたものの、直近のELカラバフ戦では前半こそ左ウイングでのプレーに苦戦も、後半は盛り返して良いイメージを残して試合を終えている。ただ、エースFWジェラール・モレノの戦列復帰が見込まれるバジャドリー戦ではベンチスタートとなる可能性が高いようだ。 一方、前節セビージャをウノセロで破るなど、直近2勝1分けと好調を維持するエイバルでは開幕から全試合スタメンを飾っている乾の存在感が光る。対して武藤はそのセビージャ戦で出場なしに終わるなど、ラ・リーガ、チームへの順応に手間取っている印象だ。上位陣相手に好成績を収めている昇格組カディスとの一戦では直近4試合でわずか1失点の堅守をこじ開けられるか。 その他ではメガクラブを抑えて首位に立つレアル・ソシエダがセルタと、その首位チームを勝ち点1差で追うグラナダがレバンテと対戦する。 《ラ・リーガ第8節》 ▽10/30(金) 《29:00》 エイバル vs カディス ▽10/31(土) 《22:00》 レアル・マドリー vs ウエスカ 《24:00》 アスレティック・ビルバオ vs セビージャ 《26:30》 オサスナ vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 アラベス vs バルセロナ ▽11/1(日) 《22:00》 ベティス vs エルチェ 《24:00》 セルタ vs レアル・ソシエダ 《26:30》 グラナダ vs レバンテ 《29:00》 バレンシア vs ヘタフェ ▽11/2(月) 《29:00》 ビジャレアル vs バジャドリー 2020.10.30 19:00 Fri
twitterfacebook