アトレティコ、D・コスタが約8カ月ぶりのゴールも再開初戦はドロー…《ラ・リーガ》

2020.06.14 23:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第28節、アスレティック・ビルバオvsアトレティコ・マドリーが14日にサン・マメスで行われ、1-1のドローに終わった。

3月初旬に行われた第27節を最後に、新型コロナウイルスの影響で約3カ月の中断を余儀なくされたラ・リーガ。11日のセビージャ・ダービーをもって再開に漕ぎつけた中、日曜のランチタイムキックオフの一戦では10位のアスレティックと、6位のアトレティコによる強豪対決が開催された。

中断前のチャンピオンズリーグ(CL)で前大会王者リバプールを破る会心の勝利を手にしたアトレティコは久々の実戦に向け、軽傷を抱えるフェリックスに代えてマルコス・ジョレンテをジエゴ・コスタの相棒に据えた以外、ほぼベストメンバーを起用した。

無観客という特殊な状況下での再開にやや硬さが見える両チーム。それでも、先に主導権を掴んだアウェイチームは12分、ジョレンテのスルーパスに抜け出したカラスコがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、右足のシュートはわずかに枠の左に外れた。

その後、互いに相手に合わせて立ち位置を工夫しながら攻め手を窺う状況が続く。25分にはカパのクロスをゴール前でうまく合わせたイニャキ・ウィリアムズのヘディングシュートが枠の右隅を捉えるが、ここはGKオブラクが見事なパラドンで阻止。

それでも、前半半ばを過ぎて主導権を掴んだアスレティックは37分、右サイドに流れたウィリアムズからのサイドチェンジを受けたユーリが左サイド深い位置からグラウンダーのクロスを供給。そして、タイミング良くボックス中央に走り込んできたムニアインが利き足とは逆の右足のワンタッチシュートをゴール右隅へ流し込み、オブラクの牙城を破った。

しかし、すぐさま反撃に転じたアトレティコは失点からわずか2分後に追いつく。高い位置で縦パスをカットしたサウールがペナルティアーク付近のコケの足元に繋ぐと、コケはすかさずゴール前に走り込むジエゴ・コスタへスルーパスを通す。最後は冷静にGKとの一対一を制し、昨年10月のバレンシア戦以来となる約8カ月ぶりの今季3点目とした。

ジエゴ・コスタの久々のゴールにより1-1で折り返した試合は後半も拮抗した展開となる。頻繁に左サイドへ流れて相手の背後を狙うウィリアムズとユーリの攻撃参加を軸にホームチームがやや優勢に試合を運ぶが、堅守アトレティコもDFサビッチを中心に粘りの守備で対応する。

約3カ月ぶりの実戦ということもあり、互いに運動量が低下し始めると、両ベンチは5枚に変更となった交代枠を積極的に使っていく。その中でアトレティコはジエゴ・コスタ、カラスコ、ジョレンテに代えてモラタ、レマル、コレアとフレッシュなアタッカーを続けてピッチに送り込む。

すると80分、アトレティコに絶好の得点機が舞い込む。左サイド深くに抜け出したレマルの折り返しをGKが弾き損ねると、ファーにフリーで詰めたアリアスがすかさずゴールへ蹴り込むが、ここはGKウナイ・シモンの必死のセーブに阻まれた。

その後、引き分けを意識してか、後ろを5枚に変更したアスレティックに対して、アトレティコがリスクを冒して攻めに出るが、アリアスの決定機以降、さしたるチャンスを作れぬまま試合はタイムアップ。

再開初戦で白星を逃したアトレティコは、中断前から3戦連続ドローとなり、4位浮上のチャンスを逃す結果となった。
コメント
関連ニュース
thumb

CLライプツィヒ戦を控えるアトレティコ、遠征に向けた検査で2名に新型コロナ陽性反応が発覚…

アトレティコ・マドリーは9日、土曜日に行われた新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で2名に陽性反応が出たことを発表した。 アトレティコは、8日にポルトガルで行われるチャンピオンズリーグ(CL)ファイナル8に向けて新型コロナの検査を実施。その結果、2名に陽性反応が確認されたという。なお、感染者は自宅で隔離措置を取っているとのことだ。 13日にポルトガルで行われるCL準々決勝のRCライプツィヒを控えるアトレティコは、公式サイトで以下のように声明を発表している。 「チャンピオンズリーグ準々決勝に向けてリスボンへの遠征に参加する選手とすべてのスタッフは、8日にUEFAのプロトコルに従って新型コロナウイルスの検査を実施した」 「そして本日、その中の2名に陽性反応が確認された。感染者は現在、それぞれの自宅での隔離措置をとっている。なお、今回の結果はスペイン及びポルトガルの保健当局、UEFA、スペインサッカー連盟、ポルトガルサッカー連盟、スペイン・スポーツ上級評議会(CSD)に報告した」 「これによりリスボンへの遠征に参加する選手、スタッフ及び濃厚接触者と思われる人々は新たな検査を実施する必要があり、ポルトガルへの出発時期やトレーニングスケジュール、ポルトガルでの宿泊施設などが変更される可能性がある。クラブはすぐにUEFAと調整を行い、新たな契約を作成する」 2020.08.10 06:02 Mon
twitterfacebook
thumb

今季CL優勝はアトレティコで決定? ユーベ敗退であのジンクスが…

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を優勝するのは、アトレティコ・マドリーとなるかもしれない。 7日に行われたユベントスとリヨンのCLラウンド16・2ndレグは、ホームのユベントスが2-1で勝利。だが、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったリヨンのベスト8進出が決定した。 そして、このユベントス敗退によってアトレティコのCL初優勝の可能性が大きく高まっている。 ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコは、2013-14シーズン以降、グループステージ敗退となった2017-18シーズンを除き、ほぼ毎年のようにCL決勝トーナメントに進出。その間に2度のファイナル進出を果たすなど、多くのビッグクラブを撃破している。 ただ、唯一の天敵がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。アトレティコは、レアル・マドリー在籍時のC・ロナウドに2度のファイナルでの敗戦を含む4年連続で敗北を強いられると、昨シーズンはラウンド16で対峙した際、ユベントスのC・ロナウドに撃破されていた。 しかし、決勝トーナメントで敗れたのは、あくまで天敵が在籍するレアル・マドリーとユベントスの2チームのみ。それ以外ではバイエルン、バルセロナ、チェルシーと錚々たるビッグクラブに土を付けている。 そして、今シーズンも前回大会王者リバプールを相手に劇的な勝ち上がりを見せている。13日に予定される準々決勝ではRBライプツィヒとの対戦が決定しているが、ここを乗り越えた場合、いよいよジンクス発動か…。 ◆シメオネ監督のCL成績 2013-14シーズン/準優勝(レアル・マドリーに敗戦) 2014-15シーズン/ベスト8(レアル・マドリーに敗戦) 2015-16シーズン/準優勝(レアル・マドリーに敗戦) 2016-17シーズン/ベスト4(レアル・マドリーに敗戦) 2017-18シーズン/グループステージ敗退 2018-19シーズン/ベスト16(ユベントスに敗戦) 2020.08.08 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

D・コスタがCL制覇に意気込み 「夢のタイトル獲得を目指して人生を捧げる」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWジエゴ・コスタがチャンピオンズリーグ(CL)制覇に意気込みを語った。 今季のラ・リーガで3位フィニッシュを決め、来季CL出場権獲得のミッションをクリアしたアトレティコは今月から再開するCLの戦いにおいて、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断前に前回覇者リバプールとのラウンド16を制して、ベスト8に進出。その準々決勝でブンデスリーガ3位フィニッシュのRBライプツィヒと激突する。 中断明け後のラ・リーガで3得点2アシストの数字を収め、復調気配を漂わせたD・コスタはクラブ公式チャンネルのインタビューに応対。ライプツィヒを下してのベスト4進出を目指すとともに、ファンに向けても力強いメッセージを発信した。 「彼らは素晴らしいチームだ。すごく良い戦いを披露している。ブンデスリーガの試合は結構、家でチェックしていて、よくボールを持ってプレーするチームだ。でも、プレッシャーはない。彼らの夢や野心は僕らと一緒。誰もが優勝を目指している。すごく複雑で難しいゲームになるから、突破に向けて集中力を高めないと」 「アトレティコは世界でも最高のファンがいるチームだ。彼らと一緒なら、何だってイージーになる。彼らがいるといないで全然違ってくる。彼らがいないのは僕らにとって、マイナスポイントだが、家で呼応してくれると思う。僕らは夢のタイトル獲得を目指して、人生を捧げる。彼らのために優勝できたら、すごく嬉しい」 2020.08.07 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長、ハメスの獲得を否定「計画に加わると思えない」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長が、レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(29)の獲得を否定した。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏、2年間のレンタル期間を過ごしたバイエルンを去り、マドリーへ復帰したハメス。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外と目されていたことから、アトレティコやナポリ行きの可能性も取り沙汰されたが、最終的には残留を決断した。 しかし、シーズン序盤戦こそ出場機会を手にしていたハメスだったが、昨年11月の負傷を機に出場機会が激減。ラ・リーガ第34節以降は自己志願でベンチ外となっていた。 今夏も退団が濃厚と見られ、新天地を探しているハメスだが、アトレティコ移籍の可能性が再浮上。コロンビアメディアでは移籍オペレーションが80%進んでいるとも報じられていたが、セレソ会長は「ハメスがアトレティコ・マドリーの計画に加わるとは思えない」と獲得の可能性を否定した。 なお、ハメスの新天地候補としてマンチェスター・ユナイテッドやエバートン、ウォルバーハンプトンが関心を示しているとみられている。 2020.08.06 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

コレア、チェルシー関心のオブラクに「移籍する必要はない」

アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアが同僚のスロベニア代表GKヤン・オブラクの残留を希望した。 長年、退団の可能性が取り沙汰されているオブラク。今夏の移籍市場でもスペイン代表GKケパ・アリサバラガのパフォーマンスに満足していないチェルシーが大金を用意しているとも報じられている。 スペイン『マルカ』の単独インタビューに応じたコレアは、オブラクを「彼のようなGKを見たことがない」と称え、残留を希望している。 「僕たちは彼と一緒にいられて嬉しいよ。彼はたくさん守ってくれている。僕らのために長年、多くのポイントを獲得してくれたGKだ。彼はここでとても幸せだし、マドリッドでの生活が大好きだと思う」 「彼は全てを兼ね備えているからNo.1だね。世界最大のクラブが彼を望んでいるけど、アトレティコにいるから移籍する必要はないよ」 また昨夏、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(現レートで約156億3000万円)でベンフィカから加入し、ラ・リーガ27試合で6ゴール1アシストを記録したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスについても言及している。 「アトレティコ・マドリーのストライカーになるのは簡単ではないけど、彼には多くの才能がある。優秀で人の意見を聞けるグッドボーイだ。少しずつ実力を発揮するだろう。そして、アトレティコの人々をたくさん喜ばしてくれると思うよ」 2020.07.31 15:45 Fri
twitterfacebook