ドルトムント、格下相手の辛勝認める 殊勲のハーランドは「調子の悪い日でも勝つのが良いチーム」

2020.06.14 15:21 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは辛勝したデュッセルドルフ戦での苦戦を認めている。クラブ公式サイトが試合後コメントを伝えている。

ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第31節でデュッセルドルフとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。

首位のバイエルンと7ポイント差で2位に位置するドルトムントは、今節敗れた場合、数時間後に行われるボルシアMGでバイエルンが優勝を決定するという状況で16位のデュッセルドルフのホームに乗り込んだ。

試合は残留争いの真っただ中にいるホームチームの堅守速攻スタイルに大苦戦。前半に幾度か訪れたカウンターチャンスも、DFアクラフ・ハキミがGKとの一対一の絶好機を逃がすなど、ピリッとしない。

迎えた後半、60分過ぎに負傷明けのFWアーリング・ハーランドをピッチに送り込むが、逆に前がかりなところを相手のロングカウンターで突かれ、GKロマン・ビュルキのビッグセーブ、ポストに救われる場面も。

それでも、最後の最後に地力の差を見せたアウェイチームは、後半ラストプレーの場面でDFマヌエル・アカンジのクロスをハーランドが頭で合わせ、土壇場での劇的勝利となった。

同試合後、ゴール時の喜びで肉離れを起こしたとも伝えられるルシアン・ファブレ監督は、「タフな戦い」と格下相手の苦戦を認めている。

「本当にタフな戦いだった。1-0での勝利という結果は不当なものではないが、非常に苦しんだ末に得たものであることは確かだ」

「終盤はここで勝つためにあらゆるリスクを負った。得点チャンスを作り出すことが本当に難しかった。デュッセルドルフは非常に統率された戦いを見せた」

また、後半の好守でクリーンシートに貢献した守護神のビュルキは、「良いサッカーができなかった」と、チームのパフォーマンスを振り返っている。

「今日はとても苦しんだ。デュッセルドルフはとても守備的でカウンターしか狙っていなかった。そして、後半に入ってもそれをうまく機能させ、数回チャンスを作った。この試合をモノにできたのは、少しラッキーだったと言ってもいいね」

「今日はピッチで良いフットボールができなかった。ただ、ゴールが決まったときはとても嬉しかったよ。こういった勝利は気分が良いものなんだ」

一方、3戦ぶりの戦列復帰でバイエルンの今節での優勝を阻止する勝ち点3獲得に貢献したハーランドは、自身の復帰と共にシャルケとのダービー以来となる約1カ月ぶりのゴールを喜んでいる。

「出場するチャンスが来るのをずっと待っていたんだ。呼ばれたときは嬉しかったよ。そして、ゴールも決められた」

「チームにとって価値ある3ポイントだね。バイエルン戦からうまく立ち直り、また勝利を重ねられるようになったのが素晴らしい。デュッセルドルフの戦い方が悪いとは思わないよ。ただ、調子の悪い日でも勝つのが良いチームなんだ」

「だから、これからも毎試合、勝利を狙うよ。どこまで行けるかはそのあとだね」

これでリーグ3連勝のドルトムントは、17日に行われる第32節でマインツとのホームゲームに臨む。

関連ニュース
thumb

モデストがデビューのドルトムント、テルジッチ采配的中で堂安先発のフライブルクに逆転勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第2節、フライブルクvsドルトムントが12日に行われ、1-3でドルトムントが逆転勝利した。フライブルクのMF堂安律は85分までプレーしている。 フライブルクは開幕節、アウグスブルクに4-0と快勝。ダメ押しの4点目を決めた堂安は引き続き[4-2-3-1]の右MFで先発となった。 一方、レバークーゼンとの強豪対決となった開幕節を制し白星スタートとしたドルトムントは、アラーの長期離脱を受けて緊急補強されたモデストが早速先発。レバークーゼン戦で負傷交代したアデイェミは欠場となった。 立ち上がりからドルトムントが押し込み、フライブルクがカウンターで応戦する展開となった。 すると22分、ドルトムントはロイスとのパス交換からボックス左に侵入したモデストがGK強襲のシュートを浴びせた。 それでも34分、グリフォがボックス左角で得たFKを直接狙って牽制したフライブルクが1分後に先制する。 CKの流れでゴール前に残っていたギンターがヘッドで折り返し、ゴールエリア左のグレゴリッチュが技ありのループヘディングシュートを流し込んだ。 迎えた後半もドルトムントがボールを持つ流れが続いたものの、フライブルクの守備を崩せないことを受けてT・アザールに代えてバイノー=ギテンス[写真]、マレンに代えてムココ、ダフードに代えてブラントを投入していく。 すると77分、ドルトムントが相手のミスで追いつく。中央からバイノー=ギテンスがミドルシュートを放つと、GKフレッケンは守備範囲だったが、後方にファンブルしてゴールに吸い込まれた。 バイノー=ギテンスのプロ初ゴールで追いついたドルトムントは続く84分、一気に逆転する。左サイドからバイノー=ギテンスが切れ込み、ボックス内でブラントにつなぎ、最後はムココが押し込んだ。 そして88分、後半から出場していたヴォルフが右サイドからのカットインシュートでゴールに突き刺したドルトムントが3-1で逆転勝利。途中出場した選手たちの活躍で2連勝スタートとしている。 2022.08.13 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

左SB探しを続けるシティ、ドルトムントのポルトガル代表DFも候補に?

マンチェスター・シティがドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(28)の獲得に関心を抱いているようだ。 シティでは今夏にウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコがアーセナルに移籍。ポルトガル代表DFジョアン・カンセロのバックアッパーが不在となっており、クラブは新たな左サイドバックの獲得に着手している。 そこでターゲットに浮上したのがブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)だったが、選手はチェルシー行きを選択。シティの左サイドバック探しは白紙に戻っている。 イギリス『デイリー・メール』によると、何としても今夏に左サイドバックを確保したいクラブは獲得候補の1人としてゲレイロにオファーを出すか検討している模様だ。 ゲレイロは2016年夏にドルトムントに加入すると、左サイドバックの主軸に定着。昨シーズンは負傷や新型コロナウイルス感染がありながらも公式戦28試合に出場し、チームのトップ4入りに貢献した。 高い攻撃能力を備えているゲレイロはジョゼップ・グアルディオラの求める条件に合致したサイドバックだが、一方でドルトムントが売却に応じるかは不透明であり、今後の交渉が注目される。 なお、シティはゲレイロのほかにベンフィカのスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(26) 、シュツットガルトのクロアチア代表DFボルナ・ソサ(24)もリストアップしているが、果たして今夏に左サイドバックの補強は実現するだろうか。 2022.08.11 16:37 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ケルンのエースFWモデストを完全移籍で獲得!

ドルトムントは8日、ケルンからフランス人FWアントニー・モデスト(34)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月末までで、背番号は20を着用する。 ドルトムントへの移籍を決断したモデストは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ケルンでは素晴らしい時間を過ごすことができた。本当に感謝しているよ。それでも僕は、チャレンジすることを決断した」 「ドルトムントからのオファーは、この年齢でチャンピオンズリーグでプレーし、最高のレベルで自分を証明するまたとない機会を与えてくれました。この機会を嬉しく思うとともに、チームとクラブ全体の成功のためにすべてを捧げることを約束するよ」 ニースでプロデビューを果たしたモデストは、その後アンジェ、ボルドー、ブラックバーン、バスティア、ホッフェンハイム、ケルン、天津権健足球倶楽部、サンテチェンヌなど数多くのクラブでプレー。昨シーズンはケルンで公式戦35試合に出場して、23ゴール4アシストを記録していた。 今夏、FWアーリング・ハーランドの後釜としてアヤックスからコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーを獲得したドルトムントだったが、新たなエースとなるはずだったアラーに精巣腫瘍が見つかり、最低でも数カ月はチームに復帰できない見込みとなっており、穴埋めのストライカーを探していた。 2022.08.09 06:25 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルはDFシュクリニアルをとどめるべき... PSM5試合10失点を受けて伊紙が主張

インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)をチームにとどめるべきであると、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が主張している。 今夏、しきりにパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が報じられるシュクリニアル。現時点ではインテルが5000万ユーロ(約69億円)のオファーを拒否するも、それを受けたPSG側が新たなオファーを検討中と伝えられており、交渉成立の可能性は残されているものと考えられる。 だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、2つのポイントを挙げてインテルにシュクリニアル残留を呼びかけている。 まずプレシーズンマッチで露見した守備の懸念だ。インテルはリヨンやビジャレアル、モナコ、RCランス、ルガーノと対戦し、5試合で10失点。ケガ明けのシュクリニアルもコンディションが万全でなく、唯一スタメン出場したビジャレアル戦で4失点を喫するなど、守備に不安を残した状態でセリエA開幕を迎えることとなった。 しかし、インテルにとってシュクリニアルは唯一無二の存在。最終ラインはシュクリニアルを中心に構築すべきであり、もし放出すればこれまでの積み上げが台無しになる危険があると考えられている。 次に後釜となる選手への懸念だ。インテルは当初、トリノで昨季のセリエA最優秀DF賞を受賞したブラジル人DFグレイソン・ブレーメルをリストアップ。ブレーメル自身もインテル移籍に惹かれていたものの、最終的にはオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの後釜としてユベントス入りを決断している。 現在はドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)を注視しているとのこと。だが、ドルトムント側が売却に消極的なうえ、獲得できたとしてもイタリアサッカーへの適応など不安要素が多いと分析されている。 2022.08.08 19:09 Mon
twitterfacebook
thumb

元恋人へのDV疑惑で刑事告訴されたシュルツ、ブラピと噂になったモデルと現在交際中

元恋人への暴行容疑で刑事告訴された元ドイツ代表DFニコ・シュルツ(29)だが、現在はモデルの新たなパートナーがいるようだ。 シュルツは、元パートナーに対し、2020年に当時妊娠中だった元恋人が出産する2週間前にお腹を蹴ったという疑惑が浮上。さらに、それ以外にも度重なるDV行為があったとして元恋人から刑事告訴されていた。 現在は捜査が行われている中、ドルトムントはシュルツ本人と代理人と話し合いを行い、状況を確認。本人が否定していることもあり、現時点では選手を守るスタンスをとり、懲戒処分を与えない声明を発表した。 そのシュルツだが、現在はすでに新たなパートナーが存在。モデルのニコール・ポトゥラルスキさん(29)と交際しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 2人はここ数カ月時間を共にしているようで、ポトゥラルスキさんがインスタグラムで2人の関係を公開している。 ポーランドにルーツを持つポトゥラルスキさんは、ベルリンで活躍するモデル。16歳からモデルとして活躍し、ファッションブランド『ヴィクトリアズ・シークレット』とも関係があるという。また、息子もいるようだ。 過去にはハリウッド俳優のブラッド・ピットとも関係があったとされるも、その関係が公式に確認されたことはなかった。 シュルツは2019-20シーズンからドルトムントでプレー。しかし、今シーズンはチームの構想に入っていないとされ、ここまで試合には変わらず、親善試合でも起用されることはなかった。 まずはピッチ外での問題がどう転ぶのか。ピッチ上での活躍はその後になりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】シュルツと現在交際しているモデルのポトゥラルスキさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgsDa9GjDJa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgsDa9GjDJa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgsDa9GjDJa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Nico(@nico.potur)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.08 13:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly