アンダルシア・ダービー控えるセビージャ指揮官「有利不利はない。素晴らしいチームが2つあるだけ」

2020.06.11 14:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャのフレン・ロペテギ監督が、11日のベティスとのアンダルシア・ダービーに向けた記者会見を行った。スペイン『マルカ』が伝えている。

新型コロナウイルスによる3カ月の中断期間を経て再開するラ・リーガ。その初戦はセビージャとベティスによる、スペイン屈指の熱狂的ダービーだ。ロペテギ監督は「我々はこの新しい現実を想定して、異なる側面に対応できるようにしなければならない。世界的に大きな反響を及ぼす歴史的な一戦になるはずだ」と語る。

ロペテギ監督の言う異なる側面のひとつに5人交代制がある。長期ブランクや過密日程による選手のコンディションへの懸念から、特別ルールとして多くのリーグで採用されている。試合に最も大きな影響をもたらすと予想されているが、スペイン人指揮官はやることは変わらないと楽観視しているようだ。

「最初のアプローチは同じだ。交代枠が増えることによって物理的または戦術的な幅が広がるかもしれないが、5人交代は強制されるものじゃない。選択肢ではあるが義務ではないのだ。チーム次第だろう」

そして、本題となるベティスにも言及。ベティスの実力を評価した上で「素晴らしい2チームによる美しい試合」を期待しているとメディアに話した。

「美しい試合が見たい。有利なチームはなく、良いチームが2つあるだけだ」

「これからやるべきことは、自分たちが持っているもの、求めているものを全てピッチの上で展開していくこと」

「ベティスにはスピードがあり有能な選手も揃う素晴らしいチームだ。規律もあって私は彼らを最大限に尊敬している」

「見事な試合を期待しているよ。もちろん勝利もね。私は良い準備期間が過ごせたと思っている。願わくばチーム全体がそうであって欲しい」

「どちらが有利ということはない。私を悩ませているのはピッチの上で良いパフォーマンスが披露出来るかどうかということだけだ」
コメント
関連ニュース
thumb

公式戦17戦無敗のセビージャ、絶好調ローマ相手にも普段通りを強調 「自分たちのスタイルで」

セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督は、絶好調のローマ相手にもあくまで自分たちの戦い方を貫く構えだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)最多5度の優勝を誇るセビージャは今季のラ・リーガを4位で終えており、すでにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保。しかし、最多優勝記録更新に向けて高いモチベーションを維持している。 なお、今年3月に予定されたラウンド16の1stレグは新型コロナウイルスの影響で延期となっており、このカードは準々決勝以降を一斉開催で行う、中立地ドイツでのシングルマッチ形式に変更されている。 そして、6日にデュイスブルクで行われる一発勝負に向けた前日会見に臨んだロペテギ監督は、[3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに直近7勝1分けと絶好調の対戦相手に対しても、特別な対策をすることなく普段通りの戦いを強調。ちなみに、セビージャは引き分けの数こそ多いものの、8勝9分けと公式戦17戦無敗を継続中だ。 「現時点で確かなのは、対戦相手は素晴らしい状態で本当に良いフットボールを見せる、強力なチームだということだ。パウロ・フォンセカも素晴らしい監督だ。とは言っても、ローマはセビージャにとって手の届くところにいるチームだ」 「我々は勝ちたいと強く思っているし、非常に強いライバルを相手に素晴らしいパフォーマンスを見せられるようにベストを尽くすつもりだ。2ndレグがないことも念頭に置いておくよ」 「誰が相手であっても、我々は自分たちが認知されているチームだと思っているし、大幅な戦術変更はない。スタメンに関しては一つ懸念があるが、事実上解決されている」 「我々は自分たちのスタイルで試合に臨み、その後、ローマの反応を見ることになるだろう」 また、ロペテギ監督は新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、今回の試合を欠場することになったセルビア代表MFネマニャ・グデリに関しても言及している。 「彼がこの試合に出られないのは残念だが、現時点でのベストメンバーで臨むつもりだ。もちろん、試合に勝つためには途中出場のプレーヤーの働きも重要なことは理解している」 2020.08.06 21:02 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ指揮官、最多優勝誇るセビージャ撃破に意気込む 「素晴らしいチームとのタフな一戦」

ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督は、大会最多優勝を誇るセビージャ撃破に向けた強いモチベーションを持っている。クラブ公式サイトが前日会見コメントを伝えている。 今シーズンのセリエAを5位でフィニッシュし、リーグ戦でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を逃したローマは、ヨーロッパリーグ(EL)初優勝でCL出場権獲得を目指す。 そして、今回のラウンド16で対峙するのは、大会最多5度の優勝を誇る今季ラ・リーガ4位のセビージャだ。 なお、今年3月に予定された1stレグは新型コロナウイルスの影響で延期となっており、このカードは準々決勝以降を一斉開催で行う、中立地ドイツでのシングルマッチ形式に変更されている。 そして、6日にデュイスブルクで行われる一発勝負に向けた前日会見に臨んだフォンセカ監督は、難敵撃破に向けてチーム全体が高いモチベーションを抱いていると主張している。 「チームは本当にやる気を持ってここに来ている。我々は今、非常に良いフォームにある。そして、素晴らしい相手とのタフな試合になることはわかっている。ただ、プレーヤーは良い結果を残すため、気持ちを昂らせているよ」 「非常に変わった形の試合だ。我々は2試合を戦うことがないため、勝てなければ、その時点で家に戻ることになる。私にとってはすべてが重要な試合であり、どの試合でも勝ちたいと思っている。明日の試合に関してもその考えは変わらないよ」 また、ポルトガル人指揮官は最新のチームニュースについても言及。マンチェスター・ユナイテッドとのレンタル契約終了に伴い、登録メンバー外となった元イングランド代表DFクリス・スモーリングの不在を嘆きながらも、代役を担うブラジル人DFロベルト・イバニェスへの期待を口に。さらに、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロの先発起用も明言している。 「クリスは我々にとって非常に重要なプレーヤーだったが、今はここにはいない。我々はここにいるプレーヤーたちに集中する必要がある。明日の試合に向けて、ここにいるすべてのプレーヤーに完全な自信を持っている。イバニェスがスモーリングの代わりに先発するのは明らかだし、彼はケガをする前から良いプレーをしていた。彼を完全に信頼している」 「ザニオーロは明日の試合で先発出場すると言わざるを得ない。(鼻骨の手術を行った)ペッレグリーニについてはまだ決めていない」 [3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに絶好調のローマは、7勝1分けの素晴らしい戦績でセリエAの戦いを終えていた。 2020.08.06 20:24 Thu
twitterfacebook
thumb

チルウェルからシフト? チェルシーもレギロン獲得レースに名乗りか

レアル・マドリーが保有権を持つセビージャのスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)を巡る獲得レースにチェルシーも加わった模様だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 昨夏にレアル・マドリーからレンタルでセビージャ入りして、公式戦34試合2得点4アシストの数字を収めるレギロン。ラ・リーガでも31試合に出場して、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フィニッシュに貢献した。 そんな左サイドバックは今季終了後にレアル・マドリー復帰が既定路線だが、先週にエバートンが移籍金1800万ポンド(約24億9000万円)のオファーを打診。しかし、今夏に左サイドバックの強化を目論むチェルシーも参戦の動きがあるようだ。 そのチェルシーのフランク・ランパード監督はスペイン代表DFマルコス・アロンソとイタリア代表DFエメルソン・パルミエリを評価しておらず、長らくレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェルを追っているとされる。 しかし、チェルシーとレスターの交渉は移籍金額で依然として溝がある模様。移籍金8000万ポンド(約110億9000万円)を求めるレスターは態度を軟化させているが、いまだ合意の道筋を見いだせておらず、近くレギロン獲得の入札に動くという。 一方で、レアル・マドリーはレギロンを評価しているが、左サイドバックの人材に困っておらず、新型コロナウイルス感染拡大で崩れた財政バランスを整えるためにも選手売却が必要な状況とみられる。 なお、セビージャはもう1年間のレンタルを希望している様子だが、欧州各国のクラブも関心を示しているため、引きとめが難しい状況であることも察しているようだ。 2020.08.04 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがELセビージャ戦に向けた招集メンバー発表、スモーリングは招集外

ローマは3日、6日に行われるヨーロッパリーグ・ラウンド16のセビージャ戦に向けた招集メンバーを発表した。 一発勝負で行われるセビージャ戦に向けて、マンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入していたDFクリス・スモーリングは、完全移籍での交渉がまとまらず招集外となった。また、退団が濃厚とされるMFハビエル・パストーレもメンバー外となっている。 一方で長期離脱から復帰したMFニコロ・ザニオーロがメンバー入りした他、リーグ再開後に主力としてプレーしていたDFブルーノ・ペレス、DFロジェール・イバニェスらがメンバー入りしている。その他のメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ローマ招集メンバー GK パウ・ロペス アントニオ・ミランテ DF ブルーノ・ペレス フェデリコ・ファシオ ロジェール・イバニェス ジャンルカ・マンチーニ ダビデ・サントン レオナルド・スピナッツォーラ アレクサンダル・コラロフ MF ブライアン・クリスタンテ アマドゥ・ディアワラ ユスティン・クライファート ヘンリク・ムヒタリアン ロレンツォ・ペッレグリーニ カルレス・ペレス ディエゴ・ペロッティ ジェンギズ・ウンデル ジョルダン・ヴェレトゥ ゴンサロ・ビジャール ニコロ・ザニオーロ FW エディン・ジェコ ニコラ・カリニッチ </span> 2020.08.04 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍決定で再起を図るロニー・ロペスに絶望…「言葉が出ない」

ポルトガル代表MFロニー・ロペス(24)の母親が亡くなった。各国のメディアが伝えている。 ロニー・ロペスは先月30日、セビージャからニースへのレンタル移籍が決まった。昨夏に加入したセビージャでは不遇の時を過ごしたが、再起を図ろうと新天地を求めた。 しかしその4日後、母の訃報が届いた。自身のSNSで伝えたロニー・ロペスは、感謝と別れのメッセージを綴った。 「言葉が出ない。僕がまたプレー出来ることを喜んでくれたばかりなのに。あなたは僕やダニエラ、ガブリエル、そして父さんのことを誇りに思ってくれていた」 「本当に受け入れ難いよ。でも、天は輝く星を手に入れた。お母さん、あなたはそこで僕たちを見守ってくれるのだろう」 「僕たちはあなたが教えてくれたこと、強くなって夢に向かって戦い続けることを誓う。ママが誇りに思ってくれるよう頑張るよ。想いは永遠に。愛してるよ」 なお、セビージャやニースからも追悼の言葉が寄せられている。 2020.08.03 16:23 Mon
twitterfacebook