バルサに離脱組復帰! ユムティティ&ファティがトレーニング合流

2020.06.03 17:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナが再開を目指して調整を続けるなか、フランス代表DFサミュエル・ユムティティとU-21スペイン代表FWアンス・ファティの2選手が復帰を果たしたようだ。

ユムティティは先月に右ふくらはぎを痛めて戦線離脱。ファティは同月29日に右ヒザの違和感があり、それからトレーニング参加を見送っている状況だった。

スペイン『マルカ』が報じたところによると、両選手は1日に行われたピッチ上でのトレーニングから戻り、翌日も問題なくメニューを消化したという。

11日から再開するラ・リーガに向けてケガ人も続々と戻り、ポジティブな雰囲気に包まれるバルセロナ。13日に敵地で行われる再開初戦の第28節でマジョルカと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

セティエン監督、CLドロー結果に言及も優先はバジャドリー、ナポリとの戦い

バルセロナを率いるキケ・セティエン監督が、11日に行われるバジャドリー戦に向けた公式会見に出席した。『ESPN』が会見コメントを伝えている。 前節、互いに退場者1人ずつを出したエスパニョールとのバルセロナ・ダービーを1-0で制し、連勝を飾った2位のバルセロナ(勝ち点76)。しかし、2日後に行われたアラベス戦で首位のレアル・マドリー(勝ち点80)が8連勝を飾っており、ポイント差は「4」のまま変わらず。 そして、11日に行われるラ・リーガ第36節のバジャドリー戦でバルセロナが引き分け以下に終わった場合、残り2節を残してマドリーの優勝が決定する可能性が出てきている。 そういった状況の中、10日に行われた公式会見に出席したセティエン監督は勝ち点3必須の一戦に向けた意気込みを語っている。 「リーグ優勝への望みを繋ぐためにはバジャドリー戦での勝利が必須だ。マドリーが躓く可能性? フットボールではすべてが起こり得る。我々はこれまでもそういった不可解な出来事を見てきた。だが、我々がすべきことはバジャドリー戦に焦点を当てることだ」 「もちろん、我々にはライバルの失敗が必要なことを理解している。しかし、まずは自分たちのことだけに集中すべきだ。私は常に個々の試合に最大限の力を注いできたし、プレーヤーたちにも最善を求めている」 また、今回の会見前にはチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝&準決勝の組み合わせ抽選会が実施された。そして、ナポリとのCLラウンド16の2ndレグを残すバルセロナは、仮にナポリを破った場合、ベスト8でチェルシーとバイエルンの勝者と対戦することが決定した。 その抽選結果について質問を受けたセティエン監督だが、「ナポリに勝たないと意味がない」と、カンプ・ノウで戦うことが決定したナポリとの2ndレグに集中すべきだと主張している。 「抽選結果にはあまり期待していなかった。ナポリ戦に集中しなければならないからだ。ナポリに勝たないと意味がない」 「我々がホームで2ndレグを戦えることは公平なことだと思う。それからドローの結果を知り、対戦相手を分析していくことは良いことだが、前提はナポリとの戦いにある」 「現時点でチャンピオンズリーグがより難しい戦いだとは考えていない。まずは残りの3つのリーグ戦で勝利することを考え、それからナポリ戦を考えるつもりだ」 2020.07.11 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナがラージョの16歳新星の獲得に成功!

バルセロナがラージョの新星の獲得に成功したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今回、バルセロナが確保に成功したのは、ラージョのユースチームに在籍するU-16スペイン代表MFファビアン・ルッツィ(16)。 ブラジル出身のルッツィはセンターフォワードや攻撃的なMFを主戦場とする万能型アタッカーで、すでにパコ・ヘメス監督が率いるトップチームでトレーニングをこなしているという。 その逸材に関しては同じマドリードに本拠を構えるレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強や国外からの関心が伝えられていたが、最終的にバルセロナ行きで合意に至ったという。 なお、当面はユースチームやリザーブチームが主戦場となるが、将来的には同年代のFWアンス・ファティらとのトップチームでの活躍が期待されているとのことだ。 2020.07.11 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

安部裕葵が所属するバルセロナBがピミエンタ監督と契約更新

バルセロナは9日、日本代表FW安部裕葵が所属するバルセロナBのフランセスク・シャビエル・ガルシア・ピミエンタ監督(45)との契約更新を発表した。2021年6月30日までの契約となる。 バルセロナのカンテラで育ったピミエンタ監督はファーストチームに昇格することはなかったものの、現役引退前に下部組織の監督に就任。U-16、U-18、U-19などで監督を歴任した。 <div id="cws_ad">◆ケガからの復帰に向けて安部がトレーニング<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzYmRKcGp4ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年4月からはバルセロナBの監督に就任。今シーズンはセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)で3位に導く手腕を見せていた。 若手の育成に定評があるピミエンタ監督の下から、来シーズンも新たなスター候補は誕生するだろうか。 2020.07.11 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

テア・シュテーゲンが見せた超人的反応!ラウタロも苦笑いのスーパーストップ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆テア・シュテーゲンのスーパーストップ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnbkdMWlRmNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回はバルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが見せたセーブだ。 ボルシアMGユース出身のテア・シュテーゲンは、“ポスト・ノイアー”一番手としてドイツで頭角を現し、2014年7月にバルセロナへ移籍。加入当初こそチリ代表GKクラウディオ・ブラーボとのローテーションでの起用だったが、2016年からは、同選手の移籍もあり、バルセロナの守護神として活躍を続けている。 その超人的な反応でバルセロナのピンチを救ってきたテア・シュテーゲンだが、2019年10月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのインテル戦では、試合の流れを変えるスーパーセーブを見せた。 前半3分にインテルのFWラウタロ・マルティネスのゴールで先制を許し、ホームでリードされていたバルセロナ。これ以上失点できない場面だったが、再びピンチを迎える。 右サイドでボールを持ったMFアントニオ・カンドレーバがボックス内へクロスを上げると、この日1ゴールのラウタロがフリーで叩きつけるようなヘディングシュートを放つ。ファーポスト側へ流れるかと見えたボールがヘディングにより突然進路を変えた格好になったが、テア・シュテーゲンはここで超人的な反応を見せる。身体の進路とは逆の方向へ飛ぶボールに対して、重心を左足になんとか留めると、左手を伸ばし、強烈なヘディングをセーブしてみせた。 追加点を許せば試合が終わってしまう可能性もあった場面で見せたスーパーストップ。相手に傾きかけた流れを手繰り寄せるセーブでチームを救ったテア・シュテーゲン。この後バルセロナは後半の2得点で逆転勝利を収めている。 2020.07.10 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

まさにバケモノ…!メッシが国王杯ビルバオ戦でみせた衝撃の4人抜きモンスターゴール!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めた怪物級のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがたった1人で相手ディフェンスを蹂躙!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6UHJpVGdhOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フットボール史上最高の選手と呼び声高い“天才”リオネル・メッシ。17歳でのトップチームデビュー以来、バルセロナで類稀な才能を活かし、ゴラッソを量産し続けている。 そんなメッシが決めた数々のスーパーゴールの中でも、特に語り継がれるゴールの1つとして知られるのが、2015年5月30日、コパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオ戦で決めたゴールだ。 0-0で迎えた前半20分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったメッシは、ビルバオの選手から徹底的なマンマークを受ける。サイドでの1対1の駆け引きの中でサイド突破を試みたメッシだが、相手選手3人に囲まれてしまった。 進路を完全にブロックされ、さすがのメッシでも突破は不可能に見えたが、絶妙な緩急と細かいボールタッチで一瞬にして3人を抜き去ると、そのまま一気に加速してボックス内へ侵入。後ろから来る追手を難なくいなすと、ボックス内でプレスに来た相手DFの動きを細かいターンでかわし、一瞬の隙を見てニアポストに強烈なシュート。虚を突かれた相手GKのニアポストをぶち抜き、ハーフラインからたった1人で強固なビルバオディフェンスを崩壊させ、先制点をもぎ取った。 変幻自在な極上のドリブルテクニック、瞬時の判断力とそれを正確に実行する技術の高さ。まさにメッシのすごさが凝縮されたモンスターゴールだ。試合はメッシのこの圧巻のゴールを含め、3点を決めたバルセロナが3-1で勝利し、3年ぶり27度目の国王杯優勝を果たしている。 2020.07.10 11:30 Fri
twitterfacebook