元イングランド代表GKハート、海外移籍を視野…今季限りでフリーに

2020.05.26 17:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーンリーに所属する元イングランド代表GKジョー・ハート(33)が2度目の海外挑戦を示唆した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

かつてマンチェスター・シティの正守護神として2度のプレミアリーグ制覇に貢献したほか、イングランド代表としても通算75キャップを誇るハート。ジョゼップ・グアルディオラ監督がシティに到着した2016年にこれまでのキャリアが暗転して、2018年からバーンリーに完全移籍したが、シーズンが進むにつれてイングランド代表GKニック・ポープのポジションを明け渡してしまった。

今季もそうした流れから脱却できず、ここまで公式戦3試合の出番のみ。リーグ戦の出場に至っては2018年12月を最後に遠ざかっている。今季契約でバーンリーと契約満了となるなか、イギリス『ガーディアン』で今後の去就について語り、トリノでプレーした2016-17シーズン以来となる国外移籍も視野に入れていることを明かした。

「(国外移籍の可能性に関して)完全にオープンだ。できるだけ高いレベルでプレーしたい思いだけさ」

「イングランドだと、それは叶わないと思う。このプレミアリーグを制したことがないのなら、踏み出す準備もしていなかったかもしれないけどね」

「でも、誤解しないで。イングランドで新たなビッグチャンスがほしいのが本音だが、それは難しいだろう。大役を担いたい。それが僕の求める全てだ」

「レアル・マドリーに行けるとは思っていない。自分の能力が落ちたとも思っていないが、どんな感じでフットボールが動いているのかは熟知している」

「僕はクラブで重要な役割を託してもらって、自分の全てを捧げたいだけだ」
コメント
関連ニュース
thumb

レスター、バーンリーDFタルコウスキに再関心 今季は全38試合にフル出場

レスター・シティが、バーンリーのイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ(27)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 プレミアリーグ最終節でマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、来季はヨーロッパ・リーグ(EL)に回ることになったレスター。今季はDFジョニー・エバンスとDFチャグラル・ソユンクにおんぶに抱っこだった守備陣の強化のため、昨年も関心を抱いていたタルコウスキに再び注目しているという。 しかし、プレミアリーグで中堅の位置を確保しているバーンリーにとってタルコウスキは欠かせない戦力だ。2015-16シーズンの冬に加入し、翌シーズンに自身にとって初挑戦だったプレミアの舞台で徐々に頭角を現し始めた同選手。今ではイングランド代表にも選ばれる選手となり、今季はリーグ戦全38試合にフル出場した。 その代わりとなる選手を見つけるのは困難で、バーンリーは5000万ポンド(約69億1000万円)のタグを付けてオファーを牽制。レスターが獲得するのは今夏も難しいと予想されている。 2020.08.05 18:08 Wed
twitterfacebook
thumb

バーンリー、歴代2位の出場数を誇る主将ベン・ミーと契約延長!

バーンリーは29日、イングランド人DFベン・ミー(30)の契約を1年延長したことを発表した。契約に含まれていたオプションを行使した格好で、2022年6月30日までとなった。 マンチェスター・シティの下部組織出身のミー。レスター・シティへのレンタル経験もあり、バーンリーには2011年夏にレンタルで加入した。半年後の2012年1月に完全移籍に移行し、ここまでの9年間でクラブ歴代2位の公式戦321試合に出場している。 ここ数年はリーダーの一人としてチームを牽引。2017-18シーズンにはプレミアリーグで7位という成績を収め、クラブ初のヨーロッパリーグ予選出場に貢献した。とりわけ今シーズンは、GKトム・ヒートンがアストン・ビラに移籍したことで、主将としての責任はより大きくなっていた。 「このクラブはとても居心地がよく、素晴らしいキャリアを積んできた。キャプテンバンドを巻いた今季は僕にとって本当に大きな意味があった」 「契約延長出来てとても嬉しいよ。このまま前進を続けられると良いね。これからの可能性にワクワクしているよ」 「選手として、主将として今よりもっとプレーし成長したい。それが僕の情熱だ。多くの試合を通じて学べることはまだまだある。楽しみにしているよ」 2020.07.30 13:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルブスが後半AT被弾で痛恨のドロー…上位追走のチャンスを生かせず《プレミアリーグ》

ウォルバーハンプトンは15日、プレミアリーグ第36節でバーンリーと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 上位陣の足踏みによりチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にわずかな望みを残す6位のウルブス(勝ち点55)が、10位バーンリー(勝ち点50)のホームに乗り込んだ一戦。 前節エバートンを撃破し連敗をストップさせたウルブスは、その試合から先発メンバーを4人変更。ペドロ・ネトやジョニー、デンドンケルらに代えてアダマ・トラオレやジョタ、モウティーニョらを先発で起用した。 ポデンセ、ヒメネス、ジョタの3トップで試合に臨んだウルブスは立ち上がりからボールを持つと10分、右サイドを突破したアダマ・トラオレのクロスからヒメネスがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKが正面でキャッチ。 膠着状態が続く中、ウルブスは41分に決定機。ポデンセのロングパスでゴール左手前まで侵入したジョタが胸トラップから左足を振り抜いたが、このシュートは左サイドネットに外れ、前半はゴールレスで終了した。 後半も主導権を握るが先制点が遠いウルブスは、70分にポデンセを下げてドハーティを投入。すると76分、ドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレのパスをバイタルエリアで受けたドハーティがミドルシュート。これが相手DFにディフレクトすると、こぼれ球をボックス中央に走り込んだヒメネスが右足のボレーシュートでゴール右に突き刺した。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにウルブスに悲劇が訪れる。94分、このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにウルブスに悲劇が訪れる。ブレイディのロングパスをボックス右のバーズリーが頭で折り返すと、バイシクルシュートを狙ったウッドの前でドハーティがクリア。しかし、VARによる判定でクリアの際にドハーティのハンドが確認され、バーンリーにPKを与えてしまう。 このPKをウッドが確実に決め、1-1でタイムアップ。逃げ切りに失敗したウルブスが、痛恨のポイントロスで上位追走に失敗した。 2020.07.16 04:22 Thu
twitterfacebook
thumb

クロップが引き分けのバーンリー戦を総括「リバプールvsニック・ポープのような時間帯も」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 11日にホームで行われたプレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦したリバプールは34分にDFアンドリュー・ロバートソンのヘディングシュートで先制。しかし、幾度となくGKニック・ポープの攻守に遭い、追加点を奪えずにいると、69分に追いつかれ、1-1の引き分けに終わった。 クロップ監督は試合後、チームのパフォーマンスに満足感を示しつつ、バーンリーの守護神を務めるポープの存在に苦しんだゲームだったと語った。 「試合の大半で良いパフォーマンスだった。リバプールvsニック・ポープのような時間帯もあった。バーンリーのようにあれだけ組織的で、素晴らしい姿勢を持つチームとの対戦はサッカー界において最大の挑戦だと思う」 「我々はスーパーな決定機も作り出したが、1人だけ我々を否定しようとしていた男がいた。それがニック・ポープさ。それがこの試合の問題点だった。バーンリーがそこを突いて、この結果を手にするためのドアを開いたんだ」 「CKの場面でアリ(アリソン・ベッカー)が3、4人の相手にプレッシャーを受けているのを目にした。多くなかったが、FKもあった。それは相手の望み通りの状況だったのは明白で、我々にとっても常に脅威になってくる」 「だが、我々は本当によくやった。80分間のパフォーマンスには満足している。それ以上にバーンリーとの対戦では最高の試合の1つだったと思う。なのに、1ポイントしか取れなかったのは1点しか挙げられなかったからだ」 2020.07.12 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

下位相手に痛恨ドローのリバプール、プレミア歴代最多勝ち点記録更新に黄色信号が灯る《プレミアリーグ》

南野拓実の所属するリバプールは11日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦し、1-1の引き分けに終わった。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 2017-18シーズンのマンチェスター・シティが記録したプレミアリーグ歴代最多勝ち点(100)の更新を狙うリバプール(勝ち点92)は、ミッドウィークに行われた第34節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦からスタメンを4人変更。負傷が発表されたヘンダーソンやチェンバレン、アーノルドらに代えてマネ、ファビーニョ、ロバートソンらがスタメンに名を連ねた。 立ち上がりから攻勢に出るリバプールは16分、マネのパスで左サイド深くまで侵入したロバートソンがマイナスの折り返しを供給。ニアのフィルミノがスルーしたボールをボックス中央のサラーが左足で狙ったが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 さらに18分にもリバプールに決定機。最終ラインから供給されたロングフィードのクリアボールをボックス内で回収したサラーがフィルミノとのパス交換からシュートを放ったが、これもGKポープの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、リバプールは34分に右CKのセカンドボールからチャンス。C・ジョーンズのパスをバイタルエリア中央で受けたファビーニョがボックス右へ浮き球のパスを入れると、ファーサイドから走り込んだロバートソンがヘディングシュ-ト。これがゴール左に突き刺さった。 迎えた後半も主導権を握るリバプールは49分、サラーのスルーパスに抜け出したフィルミノがボックス左からシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。 追加点が遠いリバプールは、クーリングブレーク直後にピンチを迎える。69分、自陣で獲得したFKからバーズリーがロングフィードを供給。これをボックス内のタルコウスキが折り返すと最後はジェイ・ロドリゲスがワンバウンドしたボールをハーフボレーでゴール左隅に突き刺した。 同点とされたリバプールは、81分にワイナルドゥムを下げてチェンバレンを投入。すると後半アディショナルタイム3分、ファン・ダイクのロングパスで右サイドを抜け出したアーノルドの折り返しをゴール前のサラーが右足で合わせたが、これが相手GKにキャッチ去れ万事休す。 結局、試合はそのまま1-1で終了。下位相手に勝ち点3を取りこぼしたリバプールがプレミアリーグ歴代最多勝ち点を更新するには、残りの3試合を全勝することが絶対条件となった。 2020.07.12 01:10 Sun
twitterfacebook