セビージャ4選手が検疫ルール違反…定数以上の人数でパーティー

2020.05.25 09:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャの4選手が自宅待機の検疫ルールを破り、謝罪した。『ESPN』が報じている。

その4選手とはMFエベル・バネガ、MFルーカス・オカンポス、MFフランコ・バスケス、FWルーク・デ・ヨング。すでに削除されてしまったものの、バネガのガールフレンドが23日に自身のインスタグラムに投稿したパーティーの様子をアップした写真が規則破りの発覚に繋がった。

スペインは新型コロナウイルスのパンデミックにより、感染者23万人以上、死者2万8000人以上を確認。セリビアは国が段階的な規制緩和を講じるなかで、最大10名の集会が認められているが、写真をだけ見ると、パーティーに上記選手4名を含む12名が参加している。

これを受け、4選手はそれぞれSNSを通じて謝罪。スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長は24日、「リーグから処分を科すかどうかを公の場で言うつもりはない。選手は謝罪した。フットボールは社会の模範だ。細心の注意を払わなければ」と語っている。

諸外国と同じく世界的に流行する新型コロナウイルスの影響で3月から中断したラ・リーガだが、各クラブは社会的距離を遵守しながら個人トレーニングを再開。ペドロ・サンチェス首相は23日、6月8日からのリーグ再開を許可した。

関連ニュース
thumb

不振セビージャに快勝のアトレティコ、公式戦連敗ストップ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、セビージャvsアトレティコ・マドリーが1日に行われ、0-2でアトレティコが快勝した。 代表ウィーク前の前節ビジャレアル戦を1-1で引き分けた15位セビージャ(勝ち点5)は、ドルベリを最前線に、2列目にイスコ、ラメラ、オリベル・トーレスを起用した。 一方、レアル・マドリーとのダービーに敗れた7位アトレティコ(勝ち点10)は、これまで採用していた3バックから4バックに変更。[4-5-1]を採用し、中盤アンカーにヴィツェル、左サイドにクーニャ、最前線にモラタを据えた。 自陣に引いてセビージャにボールを持たせる形を取ったアトレティコは19分に最初のチャンス。コケがボックス右深くまで侵入してマイナスにクロス。モラタが受けてシュートを放ったが枠を捉えきれなかった。 それでも29分にアトレティコが先制する。コケのパスを受けたM・ジョレンテがボックス右に侵入。DFに対応されながらもシュートを決めきった。 先制後もアトレティコが組織的な守備でセビージャに好機を許さず、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、ラキティッチとヘスス・ナバスを投入して3バックに変更したセビージャが前がかる展開となったが、58分にアトレティコがリードを広げる。 GKオブラクのロングフィードを起点にクーニャがルーズボールを突つくと、これを拾ったモラタが独走。GKとの一対一をループシュートで流し込んだ。 2点を追う展開となったセビージャはエン=ネシリとパプ・ゴメスを投入。76分にはエン=ネシリのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオブラクのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけてはアトレティコが集中した守備でセビージャの反撃を許さず。シャットアウト勝利で公式戦連敗を止めている。 2022.10.02 03:27 Sun
twitterfacebook
thumb

不当解雇を理由にセビージャを起訴した元U-21フランス代表DF、FIFAが却下

不当解雇を理由にセビージャに訴訟を起こしていた元U-21フランス代表DFジョリス・ニャニョン(25)の訴えは却下されたようだ。 レンヌの下部組織出身で、2018年夏に1350万ユーロの移籍金でセビージャに移籍したニャニョン。当初は高い身体能力と守備センスを兼ね備えたセンターバックとして大きな期待を集めたものの、18-19シーズンは公式戦16試合の出場にとどまり、19-20シーズンはレンタルでレンヌに復帰していた。 20-21シーズンに至っては1試合のみの出場だった同選手は、2021年夏にセビージャから解雇された。理由はプロフェッショナリズムの欠如。当時のニャニョンは体重100kg超えでトレーニングに参加することがしばしばあり、ピッチ外での派手なライフスタイルや素行問題を巡ってフレン・ロペテギ監督を含むクラブ首脳と幾度となく衝突を繰り返していたとのこと。 完全に選手側に非がある案件だが、上述のようにニャニョンは不当解雇としてセビージャを相手取り、FIFAに申し立て。460万ユーロ以上の支払いを要求していた。 この件に関してセビージャは30日に声明を発表。FIFAが原告の訴訟を却下したことが伝えられた。一方で、ニャニョンにはスポーツ仲裁裁判所へ上訴できるようだ。 なお、ニャニョンはセビージャ解雇後、今年1月にサンテチェンヌに加入するも、一度もピッチに立つことなく再びフリーとなっている。 2022.10.01 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第7節プレビュー】セビージャvsアトレティコ! “FIFAウイルス”懸念の代表戦明け初戦

インターナショナルマッチウィーク前に行われた第6節では、マドリード・ダービーを制した王者レアル・マドリーが開幕6連勝を達成。また、バルセロナやベティス、アスレティック・ビルバオといった上位陣も着実に勝ち点3を積み重ねている。 “FIFAウイルス”が懸念されるカタール・ワールドカップ前最後のインターナショナルマッチウィークを経て再開される第7節では、15位のセビージャと7位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。 セビージャは前々節にエスパニョールを破って今季初勝利を挙げたが、以降はチャンピオンズリーグ(CL)でコペンハーゲン、ラ・リーガでビジャレアルに2戦連続ドローと復調の兆しは見受けられず。ロペテギ監督の早期解任は見送られたものの、アトレティコ、アスレティック、CLでのドルトムントとの連戦と、ここからの4連戦が現体制の命運を握る。直近2試合では守備面に一定の改善が見受けられたが、攻撃面は選手個々の不振に加え、未だ最適解を見いだせておらず、アトレティコの堅守攻略に不安を残す。 対するアトレティコもレバークーゼン、ダービーでの敗戦によって今季初の公式戦戦連敗と調子はいまひとつ。CLでは2連勝で首位に立つクラブ・ブルージュとの連戦を控えており、このセビージャ戦でのパフォーマンスを浮上の足掛かりとしたい。やり繰りに苦戦するディフェンスラインではダービーで退場のDFエルモソを出場停止で欠くが、DFサビッチ、DFヒメネス、DFレギロンらに復帰の目途が立ち、MFヴィツェルを本来の中盤に戻し、より安定したゲームコントロールが期待される。一方、開幕以降トーンダウンが顕著なストライカー陣には奮起が求められるところだ。 ヨーロッパ5大リーグでも唯一となる開幕6連勝と絶好調の王者レアル・マドリーは、5位のオサスナを相手に7連勝を狙う。中断前のアトレティコ戦では主砲ベンゼマを欠くことで苦戦も予想されたが、FWヴィニシウス、FWロドリゴ、MFバルベルデの若手トリデンテが決定的な働きをみせ、敵地で2-1の勝利を収めた。週明けに行われるCLではシャフタールとの首位攻防連戦が控えるが、まずは難敵オサスナを相手に結果を残したい。 オサスナ戦ではクラブ、代表でフル稼働だったMFモドリッチの離脱にDFアラバもコンディションに不安を抱えるが、代わって負傷明けのベンゼマの復帰が決定的と見られ、自身不在の中で躍動した若手アタッカー陣との共演による攻撃陣のさらなる爆発が期待される。一方、対戦相手のオサスナはここまで2連勝後に敗戦というサイクルが続き、直近のヘタフェ戦では敗戦を喫しているが、自慢の堅守を武器に王者を撃破して前述のサイクルを継続することになるのか。 その王者を2ポイント差で追う2位のバルセロナは、10位のマジョルカとのアウェイゲームで6連勝を目指す。中断前の前節は前半序盤に数的優位を得た結果、FWレヴァンドフスキのドブレーテの活躍などで3-0の完勝を収めた。ただ、週明けからインテルとの重要なCL連戦を控える中、このインターナショナルマッチウィークでは“FIFAウイルス”に罹患。DFアラウホ、DFクンデ、MFフレンキー・デ・ヨング、FWデパイが代表活動中に負傷した上、チーム残留組のDFベジェリンと4選手が離脱を余儀なくされた。 そのため、今回のマジョルカ戦ではインテル戦に備えて大幅なターンオーバー敢行が見込まれており、緊急事態の右サイドバックに関してはDFセルジ・ロベルトが間に合わない場合、DFクリステンセンかDFエリック・ガルシアを右に回してDFピケをセンターバックで起用するか、3バックへの変更が想定される。FWムリキら馬力のある相手攻撃陣にへの対応に不安を残すだけに、[5-3-2]のソリッドな戦いを志向するホームチームに対して攻撃陣の力で押し切りたい。 MF久保建英を擁する8位のレアル・ソシエダは、11位のジローナを相手に連勝を目指す。久保は前節のエスパニョール戦で果敢なプレスからFWセルロートのゴールをお膳立てし、公式戦2試合連続アシストを記録。チームの2-1の勝利にきっちり貢献した。今回のインターナショナルマッチウィークではアメリカ代表戦で上々のパフォーマンスをみせ、エクアドル戦は完全休養となっており、今回のジローナ戦でもスタメン起用が濃厚だ。チームでは今季絶望のFWサディクに加え、FWカルロス・フェルナンデス、FWチョがコンディションの問題を抱えており、前述のセルロートやカンテラーノらと共にフル稼働が求められるところだ。 その他では連勝を狙う3位のベティスと13位のセルタが対峙するカード、開幕から唯一未勝利が続く最下位のエルチェの試合に注目したい。 《ラ・リーガ第7節》 ▽9/30(金) 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs アルメリア ▽10/1(土) 《21:00》 カディス vs ビジャレアル 《23:15》 ヘタフェ vs バジャドリー 《25:30》 セビージャ vs アトレティコ・マドリー 《28:00》 マジョルカ vs バルセロナ ▽10/2(日) 《21:00》 エスパニョール vs バレンシア 《23:15》 セルタ vs ベティス 《25:30》 ジローナ vs レアル・ソシエダ 《28:00》 レアル・マドリー vs オサスナ ▽10/3(月) 《28:00》 ラージョ vs エルチェ 2022.09.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷セビージャ、衰え指摘される35歳フェルナンドが告白「よく眠れず、休めず…」

衰えが指摘されるセビージャのブラジル人MFフェルナンド(35)が、自身のコンディションについて言及した。 フェルナンドはA代表歴こそないものの、かつてはマンチェスター・シティにも在籍し、年齢を重ねてもなお圧倒的な存在感でセビージャの中盤に君臨。今季はラ・リーガで全7試合にスタメン出場している。 だが、今年3月に足首を負傷してからはフィジカルの衰えが指摘されるように。現在はチーム低迷の要因として槍玉にされている状況だ。 しかし、スペイン『エスタディオ・デポルディポ』のインタビューでは、未だ万全のコンディションではないと認めつつ、ケガだけが理由ではないと口にしている。 「今は良くなったが、病気で大変な数日を過ごした。よく眠れず、休めず、万全の状態でトレーニングに臨めなかった。もう35歳で、クラブは私の代わりを探す必要があると思うが、起こった出来事は年齢とは何ら関係のないものだった。病気でひどい時間を過ごしたが、ピッチにも立っていた」 「クラブの人間は私がとてもつらい時期を過ごしたと把握しているよ。今の自分が永遠に続くわけではないが、フットボーラーでこの年齢にしては、とても元気な方だと思うね(笑) 近いうちに100%の私に戻るだろう」 どういった病気なのかは明言しなかったものの、心理的な側面すらもうかがわせたフェルナンドの告白。現在はラ・リーガで15位に低迷するセビージャを、ここから浮上へと導く活躍に期待したい。 2022.09.29 20:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマがディ・スティファノ賞を含む個人三冠を達成!「まだまだやりたいことはある」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、スペイン『マルカ』主催のラ・リーガ年間最優秀選手賞に選出された。 2021-22シーズンのベンゼマの成績はリーグ戦32試合27ゴール12アシスト。第4節のセルタ戦ではハットトリックを成し遂げ、第25節から第30節にかけては、ケガで欠場した第29節のバルセロナ戦を除いて5試合連続ゴールを記録した。 エースの大車輪の活躍でマドリーも2シーズンぶりの優勝を収め、ベンゼマは昨季の『マルカ』の最優秀選手賞にあたるアルフレッド・ディ・スティファノ賞を受賞。また、得点王でピチーチ賞、ファン投票で選ばれるMVP賞の個人三冠を達成した。 「自分の仕事に誇りを持っているよ。クラブやチームメイトのサポートに感謝している。だけどもっとやりたいことがある。リーグを制覇して、多くのゴールを決めて、ピッチ上で楽しみたい。準備はできているよ」と、受賞の喜びとさらなる飛躍を誓っている。 また、最優秀監督に贈られるミゲル・ムニョス賞は、マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督と、コパ・デル・レイを制したベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が選ばれた。ペジェグリーニ監督は「次のチャレンジは次の試合に勝つこと。まだまだ勉強中だ」と謙虚な姿勢を示した。 そのほか、セビージャの守護神ボノが最小失点GKに与えられるサモラ賞を受賞。昨季30失点のチームの堅守を支えたボノは、今季不調のセビージャの挽回を願った。 フェアプレー賞のプエルタ=ハルケ賞は、ポンフェラディーナBに所属するウクライナ人GKニキータ・フェドロフに。同選手はロシア侵攻食い止める戦士としてウクライナに貢献。故ダニ・ハルケと故アントニオ・プエルタの母親からトロフィーを受け取っている。 2022.09.29 14:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly