ジュピラー・プロ・リーグが今季終了を正式発表…森岡のシャルルロワ&三好のアントワープがEL出場権獲得

2020.05.16 06:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジュピラー・プロ・リーグは15日、2019-20シーズンが正式に終了したことを発表した。ベルギーサッカー協会(KBVB)は4月4日の時点でリーグ打ち切りを決定していたが、その後UEFA(欧州サッカー連盟)によって来季の欧州カップ戦締め出しの可能性を示唆され、その決定を見送り。再開に向けた動きも見られたが、6日にベルギーの国家安全保障理事会によって7月31日までプロスポーツ活動の停止が発表され、ジュピラー・プロ・リーグの再開が不可能となった。

この発表を受け、ジュピラー・プロ・リーグは15日に総会を開催。この総会で2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ、ベルギー・ファースト・ディビジョンB(2部相当)、ベルギーカップの正式終了が決定した。

今シーズンの順位については、レギュラーリーグで首位だったクラブ・ブルージュの優勝と、最下位だったワースラント・ベフェレンが2部降格が決定。また昇格クラブに関しては、2部リーグで前期優勝のOHルーヴェンと後期優勝のベールスホットが、2020-21シーズン前に一発勝負の昇格プレーオフを行い決定するとのこと。なお、プレーオフ実施できなかった場合は、前後期を通して最多勝ち点を獲得したウェステルローが昇格する。

その他、来季の欧州カップ戦について、チャンピオンズリーグ(CL)にはクラブ・ブルージュが本選から、2位のヘントが予選3回戦から出場。ヨーロッパリーグ(EL)には、3位のシャルルロワが本選から、4位のアントワープが予選3回戦から、5位のスタンダール・リエージュが予選2回戦から出場することになった。

なお、ジュピラー・プロ・リーグは来シーズンについて、8月7日に開幕することを併せて発表した。
コメント
関連ニュース
thumb

コロナで主力欠いたラツィオ、クラブ・ブルージュに辛くもドロー《CL》

ラツィオは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 開幕節のドルトムント戦を快勝したラツィオは、インモービレやルイス・アルベルト、ラッツァーリら主力が新型コロナ陽性で欠場となった中、2トップにコレアとカイセド、中盤アンカーにパローロ、インサイドにミリンコビッチ=サビッチとアキャプロを起用した。 開幕節でゼニトを下したクラブ・ブルージュに対し、一進一退の攻防で立ち上がった中、14分にラツィオが先制する。マルシッチの横パスを受けたコレアがペナルティアーク中央から左足のシュートでゴール左に蹴り込んだ。 自陣に引くラツィオがリードを保つ中、42分にPKを献上してしまう。CKの守備時にパトリックが相手選手を倒してPKを献上してしまった。そしてこれをヴァナケンに決められ、1-1で前半を終えた。 後半からパトリックに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したラツィオは、パローロを右センターバックに、アンドレアス・ペレイラを左インサイドMFに、アンカーにアキャプロを配置した。 しかし、流れを変えられずにいると、56分には左サイドのファレスに代えてアタッカーのムリキを投入。 それでも劣勢は変わらず、64分にはフォルメルにヘディングシュートでゴールを脅かされたが、GKレイナがファインセーブで凌いだ。 劣勢のラツィオは77分にようやく決定機。アチェルビのロングフィードに抜け出したミリンコビッチ=サビッチがボックス内に侵入してGKと一対一となるも、ミニョレの好守に阻まれた。 結局、試合は1-1で決着。コロナで主力を欠いたラツィオは劣勢を強いられたが、敵地から勝ち点1を持ち帰ることに成功している。 2020.10.29 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

CLゼニト戦控えるクラブ・ブルージュで3選手がコロナ感染…ベルギー代表ミニョレも

クラブ・ブルージュは18日、ベルギー代表GKシモン・ミニョレを含む3名の選手が新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 ジュピラー・プロ・リーグでは6勝1分け2敗で首位に立つクラブ・ブルージュは、20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のゼニト戦に先駆けて検査を実施。その結果、コートジボワール人DFオディロン・コスヌ、チェコ代表FWミハエル・クルメンチク、そしてミニョレの3名に陽性反応が示されたという。また、CEO(最高経営責任者)のヴァンサン・マンナート氏も感染が確認されたようだ。 3選手とも主力として活躍している選手で、今夏にチェコのヴィクトリア・プルゼニから加入したクルメンチクは6試合で3ゴール1アシストをマークしていた。 4名とも症状は出ておらず、現在は隔離中とのことで、ゼニト戦に向けた遠征には参加しないことも伝えられている。 2020.10.19 19:41 Mon
twitterfacebook
thumb

クラブ・ブルージュ守護神ミニョレが新契約にサイン 2季連続リーグMVPのファナケンも延長

クラブ・ブルージュが2日、ベルギー代表GKシモン・ミニョレ(32)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。 ミニョレはシント=トロイデンでプロデビュー後、サンダーランドを経て、2013年にリバプール移籍を果たすと、在籍6季で公式戦204試合に出場。昨夏からクラブ・ブルージュに活躍の場を移した。 そのクラブ・ブルージュでは正守護神として公式戦44試合に出場して、ジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献。今季もここまでリーグ開幕から全7試合でゴールマウスを守っている。 また、昨季の公式戦47試合で17得点3アシストの数字を収め、2季連続のリーグMVPに輝いたベルギー代表MFハンス・ファナケン(28)も2025年まで契約を延長。今季もここまで7試合の出場で4得点2アシストをマークしている。 2020.10.03 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

森岡の開幕弾でシャルルロワが王者クラブ・ブルージュを撃破!《ジュピラー・プロ・リーグ》

森岡亮太の所属するシャルルロワは8日、ジュピラー・プロ・リーグ第1節でクラブ・ブルージュと対戦し、1-0で勝利した。森岡はフル出場、78分に今季初ゴールをマーク。 昨シーズン王者のクラブ・ブルージュのホームに乗り込んだシャルルロワは、森岡をトップ下で起用した[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。劣勢の展開が続いていたシャルルロワだったが、78分に相手陣内でパスをカットした森岡がショートカウンターへ移行。ボックス内までドリブルで運ぶと、左足でゴール右隅にシュートを突き刺した。 先制したシャルルロワは、83分に左クロスからゴール右に走り込んだ42がボレーシュート。さらに85分には、右クロスの流れたボールをボックス左の90が胸トラップから左足を振り抜いたが、シュートは共に枠を外した。 結局、試合は森岡の今季初ゴールを守り切ったシャルルロワが1-0で勝利。昨年王者を下して白星スタートを飾った。 クラブ・ブルージュ 0-1 シャルルロワ 【シャルルロワ】 森岡亮太(後33) 2020.08.09 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

GKミニョレがリバプール退団の理由を語る「正直に言って後悔したことはない」

クラブ・ブルージュのベルギー代表GKシモン・ミニョレが、6年間在籍したリバプール退団の経緯について語った。 2013年6月にサンダーランドからリバプールに加入したミニョレは、移籍1年目から正守護神として活躍。毎シーズン公式戦30試合以上出場してきたが、ドイツ人GKロリス・カリウスが2016年5月に加入したことにより、2017-18シーズンは後半戦からベンチを温めるようになった。 さらに、2018-19シーズンはローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカーが加入したことで、公式戦2試合の出場に留まっていた。その結果、出場機会を求めて昨夏の移籍市場で母国のクラブ・ブルージュに移籍していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTQTVZQXJSMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールのクラブ公式インタビューに応えたミニョレは、退団に至る決断について語った上で「後悔はしていない」と新たなクラブで満足していると語った。 「レギュラーとしてプレーしたかった」 「僕は今32歳だが、年齢を考えてもコンスタントに試合に出ていたいと思う年齢だ。GKにとっては特にそうだ。チームではスタメンで出るかベンチに座り続けるかしかないからね」 「だから僕にとっては、レギュラーとしてプレーする時期だった」 「ブルージュへの移籍のチャンスが巡ってきたとき、クラブ間の合意も素早かったし、僕との合意も済み、全てがスムーズに進んだよ」 「僕は決断を下した。それ以降正直に言って後悔したことはない」 「毎週のようにプレーできることは、ピッチ上に立つサッカー選手とはどんなものだったかを思い出させてくれた。移籍の決断をしてとても良かったと思っている」 「今回のコロナウイルスの件でも同じことを学ぶことができた。(リバプールでは)1年半もの間ベンチに座っていたし、よくなかった」 「今もまた、(コロナウイルスの影響で)試合や競争がないと、それが恋しいと感じているよ。だからそんな状況にはもうこれ以上置かれたくないと思っている」 「リバプールを離れるという決断は難しいものだったが、自分が下した決断に嬉しいと思っているよ。それ以来とても上手くいっている」 「(ブルージュで)リーグを優勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権も得たし、まだ国内のカップ戦を勝つチャンスも残っている。来シーズンの“スーパーカップ"という立ち位置で8月1日に試合を予定している」 「これも勝つことができれば、シーズン前に僕たちが立てた目標全てを達成したことになる。だから、そうできることを願っているよ」 2020.06.02 13:12 Tue
twitterfacebook