クラブ・ブルージュ、アンデルレヒトへレンタル中のシャドリに関心…2年前にもオファー

2020.05.09 00:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クラブ・ブルージュが、モナコからアンデルレヒトにレンタル中のベルギー代表MFナセル・シャドリ(30)に関心を示しているようだ。地元メディア『La Derniere Heure』が報じている。トゥベンテやトッテナム、WBAなどでプレーしたシャドリは、2018年の夏にモナコへ完全移籍。加入初年度となった2018-19シーズンは、公式戦22試合に出場したがノーゴールとインパクトを残せず。

今シーズンはベルギー代表のチームメートであるDFヴァンサン・コンパニが選手兼監督を務めるアンデルレヒトへレンタル移籍。ジュピラー・プロ・リーグは新型コロナウイルの影響でシーズン半ばにして中止が決定したものの、ここまで17試合に出場し8ゴール5アシストをマークしていた。

『La Derniere Heure』によれば、レンタル中のアンデルレヒトはシャドリの買い取りを希望したが、同選手がモナコから受け取っている給与の半額しか準備できず交渉が難航。今季終了後にはモナコに戻ることが濃厚となっている。そこにクラブ・ブルージュが接触を図るという。

クラブ・ブルージュは、以前からシャドリに関心を示していたクラブで、2018年の夏にもモナコと同額の1200万ユーロ(当時レート:約15億6000万円)をオファーを提示していた。

なお、モナコとシャドリの契約は2021年までとなっており、市場推定移籍金は800万ユーロ(約9億2500万円)と見込まれている。
コメント
関連ニュース
thumb

森岡の開幕弾でシャルルロワが王者クラブ・ブルージュを撃破!《ジュピラー・プロ・リーグ》

森岡亮太の所属するシャルルロワは8日、ジュピラー・プロ・リーグ第1節でクラブ・ブルージュと対戦し、1-0で勝利した。森岡はフル出場、78分に今季初ゴールをマーク。 昨シーズン王者のクラブ・ブルージュのホームに乗り込んだシャルルロワは、森岡をトップ下で起用した[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。劣勢の展開が続いていたシャルルロワだったが、78分に相手陣内でパスをカットした森岡がショートカウンターへ移行。ボックス内までドリブルで運ぶと、左足でゴール右隅にシュートを突き刺した。 先制したシャルルロワは、83分に左クロスからゴール右に走り込んだ42がボレーシュート。さらに85分には、右クロスの流れたボールをボックス左の90が胸トラップから左足を振り抜いたが、シュートは共に枠を外した。 結局、試合は森岡の今季初ゴールを守り切ったシャルルロワが1-0で勝利。昨年王者を下して白星スタートを飾った。 クラブ・ブルージュ 0-1 シャルルロワ 【シャルルロワ】 森岡亮太(後33) 2020.08.09 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

GKミニョレがリバプール退団の理由を語る「正直に言って後悔したことはない」

クラブ・ブルージュのベルギー代表GKシモン・ミニョレが、6年間在籍したリバプール退団の経緯について語った。 2013年6月にサンダーランドからリバプールに加入したミニョレは、移籍1年目から正守護神として活躍。毎シーズン公式戦30試合以上出場してきたが、ドイツ人GKロリス・カリウスが2016年5月に加入したことにより、2017-18シーズンは後半戦からベンチを温めるようになった。 さらに、2018-19シーズンはローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカーが加入したことで、公式戦2試合の出場に留まっていた。その結果、出場機会を求めて昨夏の移籍市場で母国のクラブ・ブルージュに移籍していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTQTVZQXJSMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールのクラブ公式インタビューに応えたミニョレは、退団に至る決断について語った上で「後悔はしていない」と新たなクラブで満足していると語った。 「レギュラーとしてプレーしたかった」 「僕は今32歳だが、年齢を考えてもコンスタントに試合に出ていたいと思う年齢だ。GKにとっては特にそうだ。チームではスタメンで出るかベンチに座り続けるかしかないからね」 「だから僕にとっては、レギュラーとしてプレーする時期だった」 「ブルージュへの移籍のチャンスが巡ってきたとき、クラブ間の合意も素早かったし、僕との合意も済み、全てがスムーズに進んだよ」 「僕は決断を下した。それ以降正直に言って後悔したことはない」 「毎週のようにプレーできることは、ピッチ上に立つサッカー選手とはどんなものだったかを思い出させてくれた。移籍の決断をしてとても良かったと思っている」 「今回のコロナウイルスの件でも同じことを学ぶことができた。(リバプールでは)1年半もの間ベンチに座っていたし、よくなかった」 「今もまた、(コロナウイルスの影響で)試合や競争がないと、それが恋しいと感じているよ。だからそんな状況にはもうこれ以上置かれたくないと思っている」 「リバプールを離れるという決断は難しいものだったが、自分が下した決断に嬉しいと思っているよ。それ以来とても上手くいっている」 「(ブルージュで)リーグを優勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権も得たし、まだ国内のカップ戦を勝つチャンスも残っている。来シーズンの“スーパーカップ"という立ち位置で8月1日に試合を予定している」 「これも勝つことができれば、シーズン前に僕たちが立てた目標全てを達成したことになる。だから、そうできることを願っているよ」 2020.06.02 13:12 Tue
twitterfacebook
thumb

ベルギーカップ決勝が8月1日に開催! アントワープMF三好がリーグ王者に挑む

ベルギーサッカー協会(KBVB)は28日、2019-20シーズンのベルギーカップ決勝、クラブ・ブルージュvsアントワープを8月1日に開催することを決定した。 同試合は当初、3月22日に開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって延期となっていた。 ベルギーでは国家安全保障理事会によって7月31日までプロスポーツ活動の停止が決定したことを受け、5月15日に2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ(1部リーグ)、ベルギー・ファースト・ディビジョンB(2部相当)の打ち切りを決断していた。 しかし、決勝戦の会場となるボードゥアン国王競技場があるブリュッセル市など、各所と話し合いが行われた結果、無観客開催を条件に前述のプロスポーツ活動の停止が明ける8月1日にベルギーカップ決勝開催が認められた。 なお、今季のリーグ王者であるクラブ・ブルージュに挑むアントワープには、U-23日本代表MF三好康児(23)が在籍しており、ベルギーでの自身初のタイトル獲得を目指すことになる。 また、リーグ戦を4位で終えているアントワープはヨーロッパリーグ(EL)の予選ラウンドへの出場を決めているが、今回の決勝に勝利した場合、リーグ戦3位のシャルルロワに代わってELグループステージに直接参戦できる。 2020.05.28 20:07 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルらプレミア勢の争奪戦に? クラブ・ブルージュ指揮官が22歳ナイジェリア代表FWのステップアップを示唆

クラブ・ブルージュに所属するナイジェリア代表FWエマヌエル・デニス(22)に対して、今夏移籍の可能性が高いようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。 2017年夏にゾリャ(ウクライナ)からクラブ・ブルージュに加わったデニスは、スピードを売りとしているアタッカー。今季はジュピラー・プロ・リーグ20試合で5ゴールを挙げ、チャンピオンズリーグ(CL)ではレアル・マドリー相手に2ゴールを奪っている。 この活躍を受け、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの去就が不透明なアーセナルやウォルバーハンプトン、ニューカッスルが関心を示していると噂されている。 そうしたなか、クラブ・ブルージュのフィリップ・クレメント監督がベルギー『La Dernière Heure』で「デニスが退団する可能性は非常に高い。多くのクラブからの関心が予想され、新たな一歩を踏み出すときだ」と述べたという。 なお、クラブ・ブルージュは2022年6月30日まで契約を残すデニス関して、移籍金2200万ポンド(約28億5000万円)を要求するとみられている。 2020.05.18 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ジュピラー・プロ・リーグが今季終了を正式発表…森岡のシャルルロワ&三好のアントワープがEL出場権獲得

ジュピラー・プロ・リーグは15日、2019-20シーズンが正式に終了したことを発表した。 ベルギーサッカー協会(KBVB)は4月4日の時点でリーグ打ち切りを決定していたが、その後UEFA(欧州サッカー連盟)によって来季の欧州カップ戦締め出しの可能性を示唆され、その決定を見送り。再開に向けた動きも見られたが、6日にベルギーの国家安全保障理事会によって7月31日までプロスポーツ活動の停止が発表され、ジュピラー・プロ・リーグの再開が不可能となった。 この発表を受け、ジュピラー・プロ・リーグは15日に総会を開催。この総会で2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ、ベルギー・ファースト・ディビジョンB(2部相当)、ベルギーカップの正式終了が決定した。 今シーズンの順位については、レギュラーリーグで首位だったクラブ・ブルージュの優勝と、最下位だったワースラント・ベフェレンが2部降格が決定。また昇格クラブに関しては、2部リーグで前期優勝のOHルーヴェンと後期優勝のベールスホットが、2020-21シーズン前に一発勝負の昇格プレーオフを行い決定するとのこと。なお、プレーオフ実施できなかった場合は、前後期を通して最多勝ち点を獲得したウェステルローが昇格する。 その他、来季の欧州カップ戦について、チャンピオンズリーグ(CL)にはクラブ・ブルージュが本選から、2位のヘントが予選3回戦から出場。ヨーロッパリーグ(EL)には、3位のシャルルロワが本選から、4位のアントワープが予選3回戦から、5位のスタンダール・リエージュが予選2回戦から出場することになった。 なお、ジュピラー・プロ・リーグは来シーズンについて、8月7日に開幕することを併せて発表した。 2020.05.16 06:00 Sat
twitterfacebook